2016年03月21日

今この時期のAVアンプ選び。

実は今月に入ってから、次期AVアンプの候補を何にするか・・もっぱらそのことにしか興味がなくなりました。

原因は例の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBDに、アトモスの収録が無いというニュース。
これはアトモス専用機所有者のモチベーションを、ダダ下がりにさせました。

これに加えて、DTS:Xのアップデートを受けたD&Mのユーザーからの「Neural:X」のレビューが散見されるようになった事、これが心中を穏やかにさせてくれませんでした。

明らかに最前線から外され、後方戦線に追いやられた感があります。
(大げさですけど本心です)

しかし今、いや昨年の初めごろからAVアンプの選択はだんだんと、さらに難しくなっています。

その難しさが露呈したのが、ONKYO&PIONEERのDTS:Xへの対応です。
昨年の10月発売の製品のアップデートはほぼ1年掛かり。他社に遅れること半年というユーザーにとっては非常に厳しい事態になりました。

ドルビーアトモスに加えて、DTS:Xという新たな音声フォーマットが時期をずらして登場するというこの変革期・・もっと言えばDTS:Xにはステージ2なるバージョンアップが控える予定で、さらにはAuro-3Dという第3のフォーマットも欧米ではスタートしているという事実。

こういう先行情報に踊らされるのは全く良くはありませんが、この時期に何を買っても安泰という訳には行かないという想像だけはつきます。(トリノフは別にして)


では、次期AVアンプ購入の選択肢として個人的な考えは・・

・今このタイミングで購入に踏み切る。
今やりたいこと、どうしたいかを優先して考えますが、半年後に新型が出る事を承知で。ということにはなります。

・では、もう半年待つ。

このまま前線から後退したまま、情報収集のみにあと半年費やすということができるかどうか・・。

もちろん、後から出る新型の方が良いのは何の製品でも同じでしょう。
特にAVアンプの場合はその機能が1年違うと、出来る出来ないという差が大きすぎます。
しかし具体的にどうなるのかは推測の域を出ず、考え過ぎもどうかと思います。


具体的候補は・・

・手持ちのプリメインアンプ、PMA-2000REを外部アンプとして使い、7.2.4chを実現できること。

予定では今年の秋に新型のPIONEER機を・・というのが考えられましたが、PMA-2000REとは相性が合わなかったので現実的には厳しいと思いました。

そうなるとデノンのAVR-X4200W、マランツのSR7010辺り。
ヤマハ機は、アトモスとDTS:Xとの掛けあわせをこの秋の新型では実現する可能性がありますから、そこまで「待ち」ならば選択肢に入ります。


能書きはこの辺にしますか。

前の記事で触れたように、既に結論は出ています

購入時期は今。
この時期に買えるベストな選択・・意外にもそれは通常では候補にならないはずで、上に挙げた機種の他にありました。


それは過去に所有したAVC-3808、AVR-4311以来の勝手知ったるデノンのAVR。





この機種です。
160321-1.jpg


これで最前線に復帰、追撃を開始します。(バカだねえ)



追記 
『今年は地味にやると言っただろうが』
『これだともはや、Bライフにあらず』という怒号が聞こえて来そうです。

続報で釈明します。


最新ファーストインプレです!
「Dolby Surround」と「Neural:X」には、優劣がつくような決定的違いはないと思います。
雰囲気だけの違いと見ています。


需要調査にご協力ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。


AVR-X7200WA DENON[デノン]  AVアンプ

タグ:AVアンプ DTS:X

 

posted by shu at 12:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

MCACC PROとサブウーファー2台使い、試行のまとめ。

本日、ONKYO&PIONEERから重要かつ、ユーザーにとっては非常に厳しいアナウンスがありました。
この事については、あらためて触れたいと思います。

さて今回の記事は、あるけじめと言うか、きりのためにアップした実践済みのレポートになります。
この意味については文末で書きます。

昨年末の話になりますが、こちらの記事5.2.4chのその後。で、2台のサブウーファーを置く位置について試行中であると書きました。今回はそれの後日談になります。

151223-1.jpgその記事での内容は、サブウーファー2台の設置パターンとして、前後に1台ずつ配置するものでした。

結果的に選んだのは、右コラムに常設してある配置図の通りなのですが、せっかくなので以下のパターンも追加で試していたのでした。


XQ60bの位置はそのままで、後ろにあったQ400bを前方の2箇所に置いた場合の比較をしました。
フロントスピーカー付近に2台を配置するという意味では一般的な方法ですかね。

160313.jpg

XQ60bを左フロントスピーカーとセンタースピーカーの間に置いて・・というパターンについては、明らかに見た目の異なるサブウーファーを、同じ並びに置くのはどうかという心理的なことで外しました。

さて、新たな前側設置の2つのパターンを比べた結果「1」の方が良好でした。(比較材料は前回の記事に準じます)
「2」のパターンの場合には、過去の他のパターンとくらべても音量が出ないのです。
位相スイッチを切替えても解決出来ずにあきらめました。
おそらく、低音の打ち消し現象を解消でき難い位置なのだと思います。

結果的には「1」のパターンと、現在の前後配置のパターンとの二択となりましたが、前後から包み込まれる感じを良しとして、後者のパターンを選択して今に至っています。

そもそも、2台のサブウーファーのサイズと形式の違いがある訳ですが、パイオニアのSC-LX78では問題無く最適化が出来ているように思います。

ただし、どこに置いてもOKということでは無く、以下のポイントを押さえる必要があると思います。

・同じ位相で使える位置である方が無難。
サブウーファーにある位相切替スイッチが2台とも同じポジション(正と正)にあることです。

場所によっては正と逆という組合せになることもあり、それでも使えるのですが、実は聴こえる音質が異なっているかも知れません。これはAVアンプのテストトーンを鳴らすとわかります。
テストトーンの音質が合っているに越したことはありません。雰囲気が違って来ます。

・より音量の出る組合せの位置を探す。
2台のサブウーファーの位置を変えると、音量の出る位置、出ない位置があります。

・格好良く左右対称というのは避けるべき。
センタースピーカーを挟んで、あるいはフロントスピーカーの外側1台ずつという左右対称の位置では、上に書いた様にそれぞれが逆相になる、または相互が打ち消しされる場合があるようです。


近年のAVアンプでは、サブウーファー出力が2個というのは、あたり前のようになっています。

しかしメーカーによってたとえば、7.2chなどと表記せずに、7.1chとしている場合があります。
もっとも元のサラウンドフォーマット自体は7.1chなのです。
それでも0.2chと表記している機種は、2台のサブウーファーを積極的に制御出来る仕組みがあるからだと、受け取れます。
単に出力端子が2個ある場合とは違うということです。

パイオニアのオートセットアップ、MCACC PROで2台のサブウーファー(異種及び前後配置)の制御は問題ありませんでした。


 
さて、冒頭書いた「けじめの記事」の意味です。
それは、この記事の内容がAVアンプSC-LX78を使って実践した内容の最後のレポートになるからです。

つまり、以降は別のAVアンプの元での実践記になります。
もちろん、今日のONKYO&PIONEERからのニュース以前に行動を起こしていますが、まだ確定していません。

これが確定しましたら、詳細を書きま・・す?・・書いたほうが良いですか?(笑)


もう1つ、ここでお願いがあります。
年に一度くらい、「このブログの需要」がどれほどか?これを知りたいと思っています。

方法は、下の拍手ボタンを押して頂ければ、その数で判断できます。 
よろしくお願いいたします。


モノは文句なしで良いのですが、今日のニュースでその・・
SC-LX59 Pioneer[パイオニア] AVアンプ


 

posted by shu at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | サブウーファー設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

Auro-3Dとは?

Auro-3Dなる、第3の新たなサラウンドフォーマットの名前を目にします。
なんでも海外ではソフト、ハード共に既に実働しているらしいですね。

そういう意味では、未だ実働していないに等しいDTS:Xに比べると、このAuro-3Dが先に来るべきだったのでは?・・・。

なんだか、最近のサラウンドフォーマットとその関連業界の動きはユーザーには全く読めません。
だから僕らは、何か記事が出ればそれで一喜一憂、右往左往・・。

一応、気になる人もいると思いますので、このAuro-3Dのスピーカー配置をうちの部屋でシミュレーションしてみました。
要するに、アトモスとの共用は可能なのかどうか?という疑問がありますから。
DTS:Xの事は考えないで良いでしょう。スピーカー配置にこだわらないと言っていますよね。
(言っていますよね。今のところは)

図中の赤い四角の薄型スピーカーがAuro-3D用のスピーカーです。
KEFのT101というスピーカーを、壁掛け設置を想定して書いたものです。
160306-2.jpg

基本は9.1chで、フロアの5.1chと前後のハイトスピーカー4本を仰角30°の高さに配置。
160306-1.jpg
前後のハイトスピーカーの高さが違いますが、これは考察したものではありません。テキトーです。
10.1chでは、トップスピーカーを1本追加。(位置が直上でないのは個人の考えです)
11.1chでは、さらにフロントのセンターハイトを1本追加。

こういう配置のスタイルであり、フロア、ハイト、トップの3層構造だということです。

これから見えるのは、従来のヤマハのシネマDSP用のスピーカー配置です。
アトモス用にフロントと、リアのハイトスピーカーを設置してある場合も同様です。

これならアトモスとAuro-3Dの共用は出来るでしょう。
ただし、アトモスの天井スピーカーとの共用は、わかりません。
多分、このままでも2層なので使えるのでしょう。

さて、このAuro-3Dが今後、国内で展開があるのかどうか?

こちらの記事には「今年が元年になるのでは」と書いてあります。
あるのですが、・・ここはAVアンプメーカーからのアナウンスを待ちましょうよ。

ここなんですよね。

こういう情報に振り回されるのはもう御免です。

そう言う僕自身も、その片棒を担いでいるのだと言われても仕方ないかも知れません。
だとすれば、申し訳ないことです。

冒頭書きましたように、この手の情報に関してはWEB上の記事を見ても良い事がありません。
フォーマットの供給元からの情報は、ユーザーからの距離が時系列で遠すぎます。

僕らが実際に製品を手にするメーカーからの情報、これを待ちましょう。



追記。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のブルーレイの収録音声がイマーシブオーディオでは無いらしい・・これにはがっかりしました。

上に書いた事も含めて業界が理解できず、思わず「この趣味なんぞ放り投げてしまえ」という衝動に駆られてしまいました。

あらゆる情報を断って、自身のこのブログも止めるか。

あるいは、それでも敢えて立ち向かうか?




KEF T101 WHITE ケーイーエフ 超薄型スピーカー1ペア(ホワイト)

タグ:Auro-3D

 

2016年02月21日

理想のサラウンド配置とは。

 天井スピーカーが加わった最新のサラウンドでは、従来以上にその配置に気を使う必要があると思っています。

前回の記事で載せた図に、天井スピーカーまでを含めた音場イメージの円を追加してみました。
160221-5.jpg

こうして見てみると、音場が後ろ寄りではないのか?という疑問をお持ちの方がいらっしゃっるかも知れません。

逆に言いますと、フロントスピーカーと視聴位置の空間が間延びしているわけですが、実際にはAVアンプ側でそれなりの最適化がなされているわけです。
しかし、補正値の数字を上げない工夫が必要なことも確かです。

 ここで一度、サラウンド配置の現状と理想のかたちを、明確に比較しておく必要があると思いました。

ドルビーアトモスの登場から1年を経たところでようやく、評論家諸氏による天井スピーカーの詳細な追い込みレポートを見る機会が増えました。

それによりますと・・
視聴位置の前後にシンメトリーな配置で、仰角はトップフロントが45°、トップリアは135°つまり45°の振り分け(ドルビーの推奨位置)が好ましいということです。

うちでは偶然似通った位置に収まっています。
しかし、視聴位置を基準にしているために「後ろ寄り」になってしまいます。

その「後ろ寄り」の原因・・これはスクリーンサイズによるものです。
僕がスクリーンを使い始めた当初は、4:3の100インチでした。よって視聴位置も長めであったという流れもありあり、サラウンドスピーカーが近くなるという部分については、壁掛けや天吊りで距離を稼ぐという考え方の時代があったためなのです。

これを最近になって(アトモス対応以降)フロントスピーカーの開き60°に修正したことで視聴位置は前に移動しましたが、依然として後ろ寄りなのは、まだスクリーンが大きいためです。

それと、サラウンドスピーカーの見た目の「相対的な近さ」も目立ちます。

これは視聴位置では変わりません。原因は部屋の大きさ、横方向の広さにあります。
図にしてみました。
160221-2.jpg

サラウンドスピーカーが本来あるべき位置(AVアンプがディレイを掛けて修正した仮想の位置)を書き入れたものです。
フロントスピーカーと等距離にあるべきサラウンドスピーカーは、部屋の横幅が広ければこういう位置にあるはずです。
そして視聴位置からの前後位置も遠くなります。
横から見たものがこれです。約39センチは後方に下がるわけです。
160221-1.jpg

では、これらを解決する天井スピーカー時代の理想のサラウンド配置とは?

僕の10畳の部屋でシミュレーションしてみました。
まずフロント60°サラウンド120°の角度は基本で、サラウンドスピーカーを部屋に収まるようにすると、必然的にこうなります。
160221-3.jpg

こじんまりとします。大きなスクリーンは難しくなって80インチ、あるいはTVの選択がが無難でしょうか。
図には40インチのTVを置いてみましたが、55から60インチまでは入ると思います。
当然ながら、天井スピーカーの収まりは良いです。

横から見た図です。
160221-4.jpg

フロントスピーカーから後方に置いた2台目のサブウーファーまで、音場イメージの中に収まっています。

これなら、センタースピーカーと後方のサブウーファーの位置を修正すると、真四角の8畳間にはほぼ、収まる配置だと思います。


 大半の人はこの大きさの部屋に(8畳以上)100インチを基準にして検討をし、「入るから」「もったいない」「TVと大差なくなるから」というような理由で、大きめの110、120インチという選択をされるのだと思われます。特に初めてのスクリーン導入時の選択であれば、その気持ちは解りますが・・。

画面が大きい(近い)と、画素が目立って嫌だなどと言っているのは、僕くらいなものです。(笑)
なので一般に受け入れられる考えでは無いのかもしれませんね。

しかし、このかたちを頭の隅に置いておいても良いかなと思いますが、どうでしょうか。


プロジェクタースクリーン 【業界初!!10年保証/送料無料】 チェーンスクリーン 80インチ(…

 

2016年02月06日

前後のセンター定位。

天井スピーカーの登場によってサラウンドも3D表現となり、スピーカーの配置と調整は一段とシビアになったと思っています。

これをAVアンプのオートセットアップ機能に任せたままですと、やはりまだ無理があります。
聴感との差を、マニュアルで修正した場合の効果は歴然とあるのです。

デフォルトのままですと
平面的で立体感に欠けるサラウンドであり、5.1chとの差を感じ難い
SEが(効果音)すべきところに定位しないので、リアルな空間の感じが出ない。
・・という様なことになります。

今回はそのマニュアル調整で、まず最初に押さえるべき重要なことについて触れます。


ステレオ再生では当然な事ですが、「センター定位」というフレーズを見聞きします。

音量バランスの調整などで、スピーカー間の真ん中に音像を定位をさせるのが基本なわけです。

では、ホームシアターの場合ではどうでしょうか。
左右は当然として、「前後のセンター定位」という意識はありますでしょうか?

以前の記事で、この事が重要だと書いたつもりでしたが、もっと具体的に説明します。

ここを考えて行くと・・・
天井スピーカーとフロアスピーカー(5.1などの基本配置)との関係。

さらには、
画面の大きさと視聴位置の関係。

最後には、
理想のサラウンド配置とは?・・このあたりまで見えて来ます。


下の図は、うちのシアタールームを真ん中で割って、左の壁側を見たものです。

160206-1.jpg

赤と青の囲みの部分は、聴感で感じる前後のスピーカー間の音像の定位を示したものです。
赤は天井スピーカー間、青はフロントスピーカーとサラウンドスピーカー間のそれです。

SC-LX78のオートセットアップ、MCACC PROによって設定された状態のままですと、なぜかこういう感じになっていました。これは右側のスピーカーについても同様です。

まず、天井スピーカーの前後のセンター定位に問題はありませんでした。
一方で、フロントスピーカーとサラウンドスピーカー間のセンター定位については、偶然にもスピーカー間のほぼ中央にあり、「スピーカー間の真ん中に定位するようにバランスを調整する」のであれば、正しい様にも思われます。

しかし、サラウンド空間表現とSEのリアルな定位感、何より天井スピーカーとの関係性を考えると、これでは良くありません。

フロア設置のスピーカーの前後のバランス、すなわち前後のセンター定位も、天井スピーカーのそれと合致しなくてはいけません。

このようにです。

160206-2.jpg

天井スピーカーは視聴位置を中心に前後に等距離(同じ角度)な設置が基本です。
よって、前後のセンターは自身の真横と言う事になります。

しかし、実際には図でも分かるように、サラウンドスピーカーの位置が視聴位置に近いため、定位を真横にすると、当然サラウンド音場が後ろ寄りに(サラウンドスピーカーの音が大きくて)なってしまいます。

この実情を踏まえて、実際には「真横」では無く「眼前横」のような位置へ定位するようにマニュアルで調整しています。

この際の追い込みについては、SC-LX78の場合「Fine SP Distance」が使えます。
これと音量バランス調整を組合せるのです。
(参考の過去記事はこちら


しかし、そもそも視聴位置が後方過ぎないか?前後センターが部屋のセンターでは無いのか?
という疑念が出てきます。

このあたり、次回もサラウンドのスピーカー配置の話です。



今一番おいしい思いをしているのが、こちらのオーナーさんでしょうね。
しかし高い買い物ですよ。
実際にはほんの一握り・・の人の話でしょうけど。

【送料無料】 デノン 【ハイレゾ音源対応】 9.2ch AVサラウンドレシーバー (ブラック)…

 


     スポンサードリンク