2016年04月17日

AVR-X7200WAセットアップ。 その1

オーディシー(Audyssey)は、デノンとマランツのAVアンプが採用するオートセットアップの仕組みであり、そのグレード「MultEQ XT32」は、呼び名こそ以前所有したAVR-4311当時から変わっていませんが、中身の方はそれなりにマイナーチェンジがなされているようです。

基本的に僕は、AVアンプのオートセットアップは使っています。
わざわざ書くのは、ほとんど使わずに自分の耳だけという人もいるからです。

しかし、オートセットアップでAVアンプに設定される数値、これを全くのデフォルトのままで使用することはありません。特に「音量」の設定値に関してはたまに記事で触れている通りで、聴感との差があるからです。

それと距離設定の僅かな変更はしますが、他はほとんど手を付けていません。
評論家諸氏がお約束のごとく「OFF」にしている項目もデフォルトの「ON」のままです。

では順に触れて行きます。
まずは専門誌のレビュー記事、あるいは実体験のある人もいると思いますが、「スピーカーの大きさ設定」についてです。

オーディシーの設定値は、なぜ大型スピーカーであっても「小」判定されるのか?という記事を目にします。
で結局、試聴室の大型スピーカーに合わせて「大」と変更した方が良いです。というような流れですね。

これはなぜって、オーディシー自身が「全てのスピーカーは小設定にすべし」と言っているのです。

そうしないと「あなたのシステムは全帯域(低音域)が十分に再生されていません」というようにホームページには記載されていたのですが、なぜか最近日本語のページが無くなってしまったのが残念です。

そもそも全てのスピーカーは小型であり、十分な低音再生のためにサブウーファーに振るべきというオーディシーの考え方から来ているようです。
ちなみにパイオニアのMCACCは全て大の判定でした。オーディシーは低域用に高い解像度を持たせていて、サブウーファーを含む低音再生に自信が有るようです。

実際の設定値です。
160417-1.jpgフロントスピーカーQ700以外は全て「小」ということです。
うちのケースでは、サラウンドスピーカーのiQ7がフロア型にも関わらず、なぜ「大」判定ではないのか?
というのが上に書いたようなレビュー記事の観点からの疑問になるわけですね。

各スピーカーのクロスオーバーの設定値は、こうなっています。
160417-2.jpgサラウンドスピーカーの数値を見ても、他と比べて十分に低域が再生されているという数値では無いと見て取れます。

ではこの設定のままで、あるいはサラウンドスピーカーを「大」に変更した場合、実際の聴感はどうか?
「大」設定にすると何かだぶつき、すっきりしない印象があります。「小」設定のままの方が音がクリアーです。

フロントスピーカーの設定もオーディシーに言わせると、マニュアルで「小」とすべきなのですが、これはまだ試していません。
AVアンプ側のデフォルトではフロントスピーカーのみが「大」となっていて、ここはそれもありだというデノン側の許容点なのかとも思います。

続きます。


追記
160417-4.jpg当初はもう少し5.2.4chで行く予定でした。

しかし、どうも後方音場に奥行きが無く、サラウンドスピーカーをこれ以上下げられない(120°以上に開けない)ことから、サラウンドバックスピーカーを追加した7.2.4chに変更したところです。

スピーカーは休眠状態だったiQ1を復帰。

やはり縦長の部屋にはサラウンドバックスピーカーは有効でした。
詳細は追ってまた。


熊本、大分と九州の皆さんにお見舞いを申し上げます。

 

posted by shu at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | AVR-X7200WA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

AVR-X7200WAファーストインプレ。その2

正直なところ、AVR-X7200WAがデノンのフラッグシップとは言え、パイオニア機からの買い換えということで、ある懸念材料がありました。それは次の2点についてです。

1.「フルバンドフェイズコントロール」という技術の有り無しの違い。
2.サブウーファー2台(異種であり前後配置)の制御。

まず1について。
さすがに技術の有り無しは効きますね。
この前書いた、瞬発力とサラウンドの定位のシャープさがやや不足する感じは、正にこの部分でしょう。

パイオニア機のSE(サウンドエフェクト)のシャープな定位は、サラウンド音場の見通しを広くする効果があるものと認識しました。

しかしAVR-X7200WAにはそれを補うだけのパワー感と、スピーカー間のシームレスなつながり、それに初めて聴く懐の深い低域表現能力があり、これは9.2chを別のスピーカーに入れ替えたかのようです。

では2番目の方・・これは上手く制御されています。
ほぼ1台のサブウーファーで鳴っているような感覚です。しかも9chプラス0.2chという感じを意識させないような繋がりの良さがあります。
空気を震わす重低音の再現性は今までに経験の無いレベルであり、サブウーファーツインドライブの面目も躍如といったところです。


さて、DTS:XについてはDTSのデモディスク2015版で幾つか体験することが出来ました。

160403-2.jpg一番上の「Divergent」が実写映画であり、音響効果もにそれなりのイマーシブ感(没入感)があります。

しかし、DTSは音が良いという従来からのイメージほど、ドルビーアトモスとの差があるようには感じませんでした。
ドルビーアトモス自体、音質は上がっていますので。

160403-1.jpg明快なオブジェクト感の違いがあるかどうかについても、まだセッティングの途中ですが、ドルビーアトモス、DTS:X共に似たようなものだと感じました。

今のところ、DTS:Xが無いと困るのは、ソフトがどんどん出てきた時でしょう。
聴けないからという理由が、イコール必要性という性質の問題ですから。

出来であるとかは、従来からの延長線上にあるものと理解して良いだろうと思います。雰囲気の違いですね。
音が良いとか、やや劣るとかいう比較はDTS:Xの方の弾数が無いに等しいので、まだ出来ませんね。

他で書かないようなインプレも少し・・

160403-3.jpgこれはセットアップマイク用の付属品スタンドです。
割にペラペラの紙製ですが、高さが変えられます。
もうちょっと厚紙ならばとは思いますが、あればあったで使えます。

Audyssey(オーディシー)のオートセットの測定ポイントは視聴位置から60センチ以内に、6から8箇所です。
メインポイント(視聴位置)はイスの上、他の位置では床の上、あるいはテーブル上などとそれぞの位置で高さが異なる場合、たとえばメインポイントでは三脚を、他の位置にはこのスタンドを使う方が効率的なのです。

三脚を上下に調整するのは面倒ですからね。
8箇所の測定にはマイクの移動など含めると25分程度掛るでしょうか。

160403-4.jpgリモコンは振動検知の自照式です。

緑色のボタン・・いよいよAVアンプにもエコモードが付いたのかと思いましたね。

エコモードなんぞ、ハイエンダー諸氏には無用かも知れませんが、Bライファーの僕は少々気にします。

そのエコモードがONまたはオートとOFF、それぞれ実際の消費電力はどの位か?
ワットチェッカーで計ってみました。

160403-6.jpgこれがエコモードOFFの時。
100W程ですね。

160403-5.jpgエコモードON。
60Wまで落ちました。

ボリュウムは-50dbから-27dbあたりまで試しましたが、ワット数の変化はほとんどありませんでした。

この範囲だとエコモードオートでも、ONと動作は同様でした。
相当の大音量時にはOFFになるのでしょう。

音質の変化はどうか?
それはありますね。わずかにダンピングの効きが弱くなりますが、ガックリ落ちるという印象はありません。
許容範囲かと言えば、僕ならソースによってOKしますかね。

5.2.4ch環境のままでAVR-X7200WAの素性とおよそのセッティング傾向がつかめたならば、第2形態・・7.2.4chに移行するつもりです。

同時にSC-LX78のMCACC PRO環境化でのサラウンドの印象をひな形にして、アナログ的手法・・スピーカー振り角、ルームアコースティックなどで(書くのは簡単ですが)その差を詰めて行く事、それが今後の課題と言うかお楽しみですね。

次は基本のセットアップについて書きます。


AVR-X4200W DENON[デノン]  AVアンプ

タグ:AVR-X7200WA DTS:X

 

posted by shu at 23:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | AVR-X7200WA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

AVR-X7200WAファーストインプレ。その1

AVR-X7200WAを使い始めて約一週間というところです。

160327-1.jpgまずは、Bライフを謳っておきながら何故にフラッグシップなのか?という疑念についてです。

SC-LX78を購入資金に当てた価格が予想以上にこなれているからであって、結果ベター(ライフ)という選択が叶っただけなのです。

しかしここまで価格がこなれている要因、それには理由があるのかも知れません。
これはこの記事の続きの中で触れます。

まずはAVR-X7200WA、初聴きでの印象から。
スピーカー構成と配置は以前からの5.2.4chのままです。
これは頭に残っているCS-LX78の音質、雰囲気との比較になりますが、具体的に書きましょう。

・ハッとするほどのSE(効果音、環境音)の音質。
まず第一印象がこれでした。
これは過去に聴いたことがないほど明瞭かつ実体感を感じました。
ソフトはCG版「キャプテンハーロック」より。
アルカディア号のブリッジの場面、ハーロックが後方から近づいてくるカツカツという足音。

・セリフが太い。
これも同作品のSEと同様な印象で、いわゆる声に厚みが乗っています。
大河ドラマ「真田丸」では冒頭、低く意識した口調の有働アナのナレーションが太い。

・サラウンドの定位、移動感が良好。
SEの定位と移動の軌跡はスムーズであり、スピーカー間を良く動きます。
ドルビーアトモスの高低差がある様な空間定位も良く出ます。
ソフトは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」冒頭シーン。マックスのセリフと周囲からの声。

・低音の質が違う。
サブウーファーへのつながりが自然かつ、中域から重低音域までの階調は細かく分解能が高いので、同じソフトでも今まで聴いたことのない低音表現が聴けます。
WOWOW録画「ハンガー・ゲーム2」島が回転するシーンの低音。単なる轟音ではなくビートが乗っているのがわかる。

ここまでは良い部分。
以下にあえて良くないと思う部分も書きましょう。

・レストアラーが地デジ、BS放送(MDMI入力)には使えない。
・瞬時に出る音(低音の効いた爆発音、激突音)のインパクト、瞬発力が物足りない。
・サラウンドのSEにシャープさが欠け、大味。
・サラウンド音場が狭い。特に後方。
・ややもすると、低音が厚過ぎの感じは人によってはどうか。

この辺りは、ほぼデフォルトの設定での印象ということではあります。
中身の詳細については次で書きます。

最後に今日はまず、このことについて触れておきます。

160327-2.jpg「Neural:X(ニューラルX)」は「ドルビーサラウンド」よりも音が良いらしい?

巷のレビューの印象によって、あるいはこう感じる人がいるかも知れません。

WOWOWの録画から、ステレオ収録の音楽ものとドラマ、5.1chの映画を見ました。

BSならば音声はAACなので、ドルビーサラウンドとNeural:Xのどちらも使えます。
だから同じ作品で比較が出来るのです。
その結果、僕の感想は違います。

Dolby Surroundは前方の空気感と上方向の音場が高いです。
Neural:Xは上は控えめで、自分に近い横方向の空気感、囲まれ感が特徴の様に感じました。

Neural:Xの方が断然良いというほど、聴こえ方に差があるとは思いません。
優劣の判断は個人の好み次第でしょう。

では、ドルビーアトモスの対抗馬、本家DTS:Xの方はどうなのか?

これをチェックするにはソフトが・・
実はあります。
160327-3.jpg
まさに天からの思し召しかもしれません。入手できました。

このディスク中のDTS:Xのデモを少し聴いた印象です。
これもアトモスとの比較では、「ソフトのバラつきで吸収出来るのでは?」というくらいの違いしか、ないのではないか・・というの正直なところです。

続きは次回。



機能的にはほとんど同じ高機能AVアンプです。↓
SR7010 marantz[マランツ] AVアンプ

 

posted by shu at 21:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | AVR-X7200WA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

今この時期のAVアンプ選び。

実は今月に入ってから、次期AVアンプの候補を何にするか・・もっぱらそのことにしか興味がなくなりました。

原因は例の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBDに、アトモスの収録が無いというニュース。
これはアトモス専用機所有者のモチベーションを、ダダ下がりにさせました。

これに加えて、DTS:Xのアップデートを受けたD&Mのユーザーからの「Neural:X」のレビューが散見されるようになった事、これが心中を穏やかにさせてくれませんでした。

明らかに最前線から外され、後方戦線に追いやられた感があります。
(大げさですけど本心です)

しかし今、いや昨年の初めごろからAVアンプの選択はだんだんと、さらに難しくなっています。

その難しさが露呈したのが、ONKYO&PIONEERのDTS:Xへの対応です。
昨年の10月発売の製品のアップデートはほぼ1年掛かり。他社に遅れること半年というユーザーにとっては非常に厳しい事態になりました。

ドルビーアトモスに加えて、DTS:Xという新たな音声フォーマットが時期をずらして登場するというこの変革期・・もっと言えばDTS:Xにはステージ2なるバージョンアップが控える予定で、さらにはAuro-3Dという第3のフォーマットも欧米ではスタートしているという事実。

こういう先行情報に踊らされるのは全く良くはありませんが、この時期に何を買っても安泰という訳には行かないという想像だけはつきます。(トリノフは別にして)


では、次期AVアンプ購入の選択肢として個人的な考えは・・

・今このタイミングで購入に踏み切る。
今やりたいこと、どうしたいかを優先して考えますが、半年後に新型が出る事を承知で。ということにはなります。

・では、もう半年待つ。

このまま前線から後退したまま、情報収集のみにあと半年費やすということができるかどうか・・。

もちろん、後から出る新型の方が良いのは何の製品でも同じでしょう。
特にAVアンプの場合はその機能が1年違うと、出来る出来ないという差が大きすぎます。
しかし具体的にどうなるのかは推測の域を出ず、考え過ぎもどうかと思います。


具体的候補は・・

・手持ちのプリメインアンプ、PMA-2000REを外部アンプとして使い、7.2.4chを実現できること。

予定では今年の秋に新型のPIONEER機を・・というのが考えられましたが、PMA-2000REとは相性が合わなかったので現実的には厳しいと思いました。

そうなるとデノンのAVR-X4200W、マランツのSR7010辺り。
ヤマハ機は、アトモスとDTS:Xとの掛けあわせをこの秋の新型では実現する可能性がありますから、そこまで「待ち」ならば選択肢に入ります。


能書きはこの辺にしますか。

前の記事で触れたように、既に結論は出ています

購入時期は今。
この時期に買えるベストな選択・・意外にもそれは通常では候補にならないはずで、上に挙げた機種の他にありました。


それは過去に所有したAVC-3808、AVR-4311以来の勝手知ったるデノンのAVR。





この機種です。
160321-1.jpg


これで最前線に復帰、追撃を開始します。(バカだねえ)



追記 
『今年は地味にやると言っただろうが』
『これだともはや、Bライフにあらず』という怒号が聞こえて来そうです。

続報で釈明します。


最新ファーストインプレです!
「Dolby Surround」と「Neural:X」には、優劣がつくような決定的違いはないと思います。
雰囲気だけの違いと見ています。


需要調査にご協力ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。


AVR-X7200WA DENON[デノン]  AVアンプ

タグ:AVアンプ DTS:X

 

posted by shu at 12:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

MCACC PROとサブウーファー2台使い、試行のまとめ。

本日、ONKYO&PIONEERから重要かつ、ユーザーにとっては非常に厳しいアナウンスがありました。
この事については、あらためて触れたいと思います。

さて今回の記事は、あるけじめと言うか、きりのためにアップした実践済みのレポートになります。
この意味については文末で書きます。

昨年末の話になりますが、こちらの記事5.2.4chのその後。で、2台のサブウーファーを置く位置について試行中であると書きました。今回はそれの後日談になります。

151223-1.jpgその記事での内容は、サブウーファー2台の設置パターンとして、前後に1台ずつ配置するものでした。

結果的に選んだのは、右コラムに常設してある配置図の通りなのですが、せっかくなので以下のパターンも追加で試していたのでした。


XQ60bの位置はそのままで、後ろにあったQ400bを前方の2箇所に置いた場合の比較をしました。
フロントスピーカー付近に2台を配置するという意味では一般的な方法ですかね。

160313.jpg

XQ60bを左フロントスピーカーとセンタースピーカーの間に置いて・・というパターンについては、明らかに見た目の異なるサブウーファーを、同じ並びに置くのはどうかという心理的なことで外しました。

さて、新たな前側設置の2つのパターンを比べた結果「1」の方が良好でした。(比較材料は前回の記事に準じます)
「2」のパターンの場合には、過去の他のパターンとくらべても音量が出ないのです。
位相スイッチを切替えても解決出来ずにあきらめました。
おそらく、低音の打ち消し現象を解消でき難い位置なのだと思います。

結果的には「1」のパターンと、現在の前後配置のパターンとの二択となりましたが、前後から包み込まれる感じを良しとして、後者のパターンを選択して今に至っています。

そもそも、2台のサブウーファーのサイズと形式の違いがある訳ですが、パイオニアのSC-LX78では問題無く最適化が出来ているように思います。

ただし、どこに置いてもOKということでは無く、以下のポイントを押さえる必要があると思います。

・同じ位相で使える位置である方が無難。
サブウーファーにある位相切替スイッチが2台とも同じポジション(正と正)にあることです。

場所によっては正と逆という組合せになることもあり、それでも使えるのですが、実は聴こえる音質が異なっているかも知れません。これはAVアンプのテストトーンを鳴らすとわかります。
テストトーンの音質が合っているに越したことはありません。雰囲気が違って来ます。

・より音量の出る組合せの位置を探す。
2台のサブウーファーの位置を変えると、音量の出る位置、出ない位置があります。

・格好良く左右対称というのは避けるべき。
センタースピーカーを挟んで、あるいはフロントスピーカーの外側1台ずつという左右対称の位置では、上に書いた様にそれぞれが逆相になる、または相互が打ち消しされる場合があるようです。


近年のAVアンプでは、サブウーファー出力が2個というのは、あたり前のようになっています。

しかしメーカーによってたとえば、7.2chなどと表記せずに、7.1chとしている場合があります。
もっとも元のサラウンドフォーマット自体は7.1chなのです。
それでも0.2chと表記している機種は、2台のサブウーファーを積極的に制御出来る仕組みがあるからだと、受け取れます。
単に出力端子が2個ある場合とは違うということです。

パイオニアのオートセットアップ、MCACC PROで2台のサブウーファー(異種及び前後配置)の制御は問題ありませんでした。


 
さて、冒頭書いた「けじめの記事」の意味です。
それは、この記事の内容がAVアンプSC-LX78を使って実践した内容の最後のレポートになるからです。

つまり、以降は別のAVアンプの元での実践記になります。
もちろん、今日のONKYO&PIONEERからのニュース以前に行動を起こしていますが、まだ確定していません。

これが確定しましたら、詳細を書きま・・す?・・書いたほうが良いですか?(笑)


もう1つ、ここでお願いがあります。
年に一度くらい、「このブログの需要」がどれほどか?これを知りたいと思っています。

方法は、下の拍手ボタンを押して頂ければ、その数で判断できます。 
よろしくお願いいたします。


モノは文句なしで良いのですが、今日のニュースでその・・
SC-LX59 Pioneer[パイオニア] AVアンプ


 

posted by shu at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | サブウーファー設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク