2016年07月17日

ホームシアターの音量について。 その1

ホームシアターでは、その「音量」をどれだけ出すか、出せるのか?
一方で評論家諸氏が、評価記事を書くための試聴時「音量」は、はたしてどの位なのか?・・この辺りについての考察です。

その前に、以前からどうにも腑に落ちない事がありました。
これがホームシアターの音量と関わりが有ることなので、まずこれから先に触れます。

その事とは・・
AVアンプのオートセットアップで、全てのスピーカーの音量は同じに設定されるはずなのに、実際の再生では一部スピーカーの音量に差異があるのはなぜか?・・ということです。

具体的にはこちらの過去記事「AVR-X7200WAセットアップ。その2」に書いています。
その記事から以下を抜粋します。

・スピーカーの音量

実はこれが問題です。

オーディシーの場合はどうやら、後方のチャンネルの音量が高く設定される傾向があるようです。
つまり視聴位置を境に、フロント、センターの3本とトップフロントスピーカーの音が低く設定されるのです。

昨今ではスマホの騒音計アプリを使って、テストトーン(AVアンプ内蔵のものではなく、デモディスク等に収録されたもの)の音量を視聴位置で測ることが出来ます。
それによっても明らかな違いがありまして、設定値の差は最大で4db程度あるでしょうか。

AVアンプ自体のテストトーンを聴いても、そこまで差がない様に聴こえます。
しかし、実際のソフトを再生した時の音量が合致しないのです。

・・これはなぜなのか?

AVアンプの測定に誤差があるのか?・・いや、スマホアプリの騒音計がマニュアルの音量設定に使えるものを、AVアンプの性能が劣る訳がないのですが・・。

・・実は今更ながら、これの原因が判りました。(汗)

それにはAVアンプの、ある機能が関わっていました。
その機能とは、上に挙げた同記事に書いています。

「Dynamic EQ」は音量に応じたダイナミックレンジをコントロールします。
「Dynamic Volume」は音量の最大値と最小値の差を3段階で切り替えます。Lightが最小です。

160417-3.jpg似たような機能は他メーカーのAVアンプにもあると思います。

夜間試聴時の「小音量時」の音やせを補正したり、コマーシャルのボリュウムを抑えるような音の補正機能、云わば聴感補助機能とでも言いますか。それのことです。

これらを「ON」にすると、上に挙げたような特定のスピーカーの音量が上がるのです。

この結果は、単にイコライジングによる音量増加か、あるいは意図的アルゴリズムなのか?

ならば、この補正はボリュウムを上げるごとに減衰するのか・・?
これは実際に試してみることにするので、機能の仕組みと共に次回触れることにします。

しかし、これらの補正機能を評論家諸氏は、ほぼ使いませんね。
レビュー記事では、お約束のごとく「OFF」にしています。

これはなぜでしょう?

イコライジングの味付けが気に入らないとか、違和感があるとかの表現も目にして来ましたが、一番の理由は、試聴評価時の音量にあるようです。

そもそも、小音量ではないですね。補正そのものの必要が無い音量なのでしょう。

では、評論家さんが試聴で用いる音量とはどれほどか?
こちらの記事から、その実際を垣間見ることが出来ました。

AV機器を趣味とするいい大人の一部を巻き込む、話題の某アニメ再生に関するレポートです。

ここには、AVアンプのボリュウムは「ほぼ全開」とあります。

・・ぜ、全開!?

さあ、どうですか。お客さん。

皆さんの家庭ではどうでしょうか・・?


と言ったところで、続きは次回。




この時期、AVアンプの放熱が気になりませんか?
開放型ラックが良いです。



【代引き不可】SOUND MAGIC HF04LS(棚板:ライトチェリー・ポール:シルバー) AVラック Design Edition サウンドマジック

 

posted by shu at 15:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | AVアンプの機能、操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

イマーシブ・オーディオ? その3

先般リリースされた国内初のDTS:Xソフトと、ドルビーアトモス収録ソフトの多くはリミックスなのか?という邪推による独り言を書いています。

いつの間にか、天井にスピーカーを配置するサラウンドフォーマットを、チャンネルベースのAuro-3Dまでを含め、イマーシブ(没入型だったかな?)オーディオと呼ぶようになっています。

むしろオブジェクトベースでは無い、リミックスまでも内包する意味だと捉えると分かりやすくなる(と言うか誤魔化しが効く)のでは・・と個人的には思っています。

ところで・・

ドルビーアトモス収録のBDソフトの中には当然、エンドロールに「DOLBY ATMOS」のロゴが表示された作品が有るわけです。(今のところ割合としたら少ない?)
これらについてはもちろん、空間にオブジェクト感がある本物のアトモスなのか?

160620-1.jpgAVR-X7200WAではこんなふうに、ドルビーアトモスとTrueHDとを選択して再生する事が出来ます。

これで通常の5.1ch(または7.1ch)との聴こえ方の違いが比べられます。
空間に定位、あるいは移動するオブジェクトが認識出来るかどうかなのです。

以下が手持ちの当該ソフトなのですが、空間オブジェクトの有無に関しての確信度合いを付けてみました。

「ネイチャー」・・後述します。
「トランセンデンス」・・たぶん◯
「トランスフォーマー/ロストエイジ」・・おそらく◯
「マッドマックス 怒りのデス・ロード 」・・ほぼ◯
「エベレスト」・・雰囲気はあるが、明確には判らずで△

何ともあやふやな評価になっていますが、実際にそのように感じます。
あえて、アトモスらしい効果が聴けるのは「マッドマックス」の冒頭、マックスの声です。
この声がニュートラルな位置(視聴位置)に定位するからです。

他のソフトには確かに、空間密度が高いシーンがあります。しかし、空間のオブジェクトの有無については断定し難いと言うか、良くわからないというのが本音です。

たとえば「エベレスト」での地吹雪の音。これがリアルに体の周りをかすめるので、これがオブジェクトか?と思い、TrueHD(7.1ch)に切り替えますと、そちらのチャンネルベースで、既にほぼ同様に聴こえるわけです。なのでこれはオブジェクトでは無いのだろうと。

・・結局、ほとんどの映画ソフトには、明確な空間のオブジェクトは無いか、感じ難いのか?
以前から書いてきた通り、あまり過度な期待は持たない方が(僕だけでしょうけど)良いかと。

しかし、天井スピーカーのある環境ならば、リミックスのように思われるソフトでも、高さ方向への雰囲気が足されて上方に空間が広がり、空間密度も上がる効果があります。
その表現力はドルビーTrueHDの7.1chに劣っている事は無いです。
それだけでも、天井にスピーカーを取付ける価値は有るものです。

それはDTS:Xでも同様でした。
天井スピーカーを無しにして、「クリムゾン・ピーク」を7.1chのDTS:Xで再生してみたのです。
DTS:Xに関しては、皆さん期待の「天井スピーカー無し環境」でも、聴き比べないと判らないほどに雰囲気は似ています。
しかし、上方の空間表現が希薄なことは、単純に音源の有る無しの結果として出てしまっていました。

最後に・・
実は・・実はですね、今回AVR-X7200WAで過去のソフトを観直しする中で、デモ並にオブジェクトを認識出来る作品、シーンがありました。

・・それはなんと、あの「ネイチャー」だったのです。

その効果が明瞭なシーンは、「海のチャプター」の頭上に被る波のシーン。
「滝壺のチャプター」の、これも水しぶきが掛り、転覆した後の水中の感じ。
どちらも水が絡んでいますが、オブジェクト感が解りやすいシーンで、確信度合いは◎です。

しかし・・まるで旧作「猿の惑星」のラストシーン。
あるはずのない「自由の女神像」に遭遇したような気分です。

過去の関連記事を読まれて来たリピーターさんは、ひっくり返るかも知れません。

「言っていることが違う」と。

そもそも上から3つ、アトモスのスタート初期のソフトは、天井スピーカーが鳴ってる時間が少ないイコール、アトモス効果が薄いと考えていたソフトでした。

それが、AVアンプをAVR-X7200WAに交換し、7.2.4ch環境が整ったことで評価が変わって来ました。
AVR-X7200WAの自力であるところの、密度の高い空間表現がそのようにさせたのか?正直自身も困惑しています。

振り返ると、イマーシブ、いや、オブジェクトベースサラウンドを正しく再生するのは簡単では無いと感じます。

まず、正しいスピーカー配置と設定は必要です。
そして出来れば「見本」(デモディスク)を試聴して「耳」を作ることも必要かも知れません。

「・・そんなシビアな話では無いだろう」と思われましたら、前回の記事冒頭にも書きました通り、スルーをしてください。


「ターミネーター:新起動/ジェニシス」の冒頭、パラマウントの「星」の移動はオブジェクトなので、オブジェクトとはなんぞや?の見本となり得ます。

151122-7.jpg



ネイチャー【Blu-ray】 [ パトリック・モリス ]
価格:4863円(税込、送料無料)



 

2016年06月11日

イマーシブ・オーディオ? その2

ドルビーアトモスのソフトを幾つか鑑賞すると、サラウンドが空間構成ではない5面構成のソフトがあることに気付きます。という話の続きです。
(個人が感じたままの意見です。意味がわからないとか、理解し難い場合にはスルーしてください。これはそもそも、それほど重要なことではないかも知れません。)

160610-2.jpgドルビーアトモスのサラウンド音場のイメージは、枠の中の空間の任意な座標にオブジェクトを定位出来るということなので、音場はその枠内の空間全てです。

5面構成のサラウンドとは、底面を除くそれぞれの面のみで展開するように聴こえることを指しています。
(わかり難いでしょうか?)

映画「ジョン・ウィック」では、その枠内の空間に独立したオブジェクトを感じませんでした。

「ジョン・ウィック」はドルビーアトモスでの上映作では無く「アトモスリミックス」なのだと、専門誌に記載があったのをあとで知りました。
これがこの記事を考えるきっかけです。

そう言えば、再リリースされた「シカゴ」なども同様にリミックスであるはずです。
一方で、ドルビーアトモスで劇場公開された映画は、ドルビーのHPで確認できます。

しかし、これらのBDソフトの中で、エンドクレジットになぜか「DOLBY ATMOS」のロゴが無いものがあります。

「アイ・フランケンシュタイン」
「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
「ゼロ・グラビティ」
「アメリカン・スナイパー」
「ジュピター」
「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

手持ちのBDソフト中では、これらがそうです。
「ゼロ・グラビティ」に関しては意外ですが・・。
しかし、これら・・いや、この内の幾つかはアトモスリミックスなのでは?と、思わないでもありません。

それと「クリムゾン・ピーク」
これも同様にエンドクレジットの表記は「DOLBY DIGITAL」となっています。
これはDTS:Xリミックスになるのでしょうか。

劇場公開時はアトモスであっても、なぜロゴマークが無いのか?
アトモスリミックスだから空間のオブジェクトは無いように聴こえるのか・・
この辺りの相関関係と実際の中身はどうなのかは、わかりません。
個人的な感覚だけで、そう考えたまでです。

一方、DTS:Xで劇場公開された作品は現在どれだけあるのでしょうか。
まだ、そうは無いはずでは?
と言うことは、当面リリースされるソフトは、リミックス版がほとんど?ということになりますか。

ドルビーアトモスも含めて、リミックスが良くないとは言いません。
しかし、DTS:XもオブジェクトベースサラウンドのDTS版と捉えているのなら、中身の方はまだちょっと違うという事になると思います。

DTS:Xは今のところ、天井スピーカーの有無や配置を指定していないです。
これは当面はリミックスだからではないか。というのは考えすぎでしょうか。

続きます。


【送料無料】 ジョン・ウィック 【BLU-RAY DISC】


 

2016年06月06日

イマーシブ・オーディオ? その1

近頃の当ブログ訪問者さんの検索ワードを見ていますと「ドルビーアトモス」の認知度がやや上がって来たように思います。

あるいは局地的に認知度を上げたのが、某男性アイドルグループのファンのによるものかも知れません。「V6」「ドルビーアトモス」ワードでのツイートも結構見られますので。

もっとも、V6?・・V8(マッドマックス)の間違いじゃないの?と一瞬思いましたが。(笑)

そんなドルビーアトモス収録のブルーレイが国内に登場してから、1年と7ヶ月あまり・・

そのドルビーに追従するかたちで、そのアナウンスだけが先行していたもう1つの音声フォーマット・・その国内第一号となるソフトが、ようやくリリースされました。

「クリムゾン・ピーク」ですね。

160606-1.jpg「ガルパン」や「UHDブルーレイ」の話題の影にすっかり隠れてしまった感はあります。

既に北米版のレビューが挙がっているので、マニア諸氏には今更感はあるでしょうけど、デモディスクのダイジェスト以外で、全編が視聴出来る国内最初のソフトです。

160606-2.jpgAVR-X7200WAの表示はこうなっています。

最初にこれの情報を知ったのは2015年の1月ごろでした。
で、その3月予定とした詳細発表をすっぽかし、同年4月に正式発表されてから最初のソフトのリリースが今月の3日・・。

未だにファームウェアのアップデートすら未実施のメーカー、機種などが残っている状況はなんともひどい。

さて、その音響効果については・・

1.天井スピーカーは常に良く鳴っていて、高さの演出と空気感の表現として十分機能している。

2.空間(試聴位置寄り)の任意な点に定位するようなオブジェクトは無かったか、ほとんど感じられない。

3.ドルビーアトモスは低音が強力に出るのだが、このソフトではやや不足気味。

この記事の本題は2番めのことについてです。

つまり、SE(効果音)はサラウンド音場の外壁?外輪?またはスピーカーサークルの円周上に定位しているという事です。

言うなれば「面構成のサラウンド音場」とでも。

従来型のサラウンドをざっくり言うと、前方、左、右、後方の4面による壁あるいは、帯(おび)状の構成と思います。

これに天井面を加えたものが、オブジェクトベースサラウンド。
その音場は面構成では無く、5つの面で囲まれたその内部も含む空間構成・・
空間の任意の点にSEを定位出来るというのが、その売りのひとつなはずです。

ですが、ドルビーアトモスのソフトにおいても空間構成ではない、5面構成のソフトが大部分であると感じています。

何のことはない、オリジナルの映画がオブジェクトベースで作られていないなら、空間に定位するオブジェクト感がないのも納得ということなのですが・・。

次回に続きます。

この記事はあくまで個人の感じ方を元に書いています。


最後、せっかくなので「クリムゾン・ピーク」の作品自体の感想を書いておきます。

ゴシック・ホラーという設定とセット、映像にはとても引き込まれるものがあります。
音響も、これで文句をつけたらきりが無いでしょう。
空間表現は、日本語の5.1chと比べると断然良いです。
何より、母親の幽霊が怖すぎ。その他(ほとんどクリーチャー)も、あの姉さんも十分に怖い。
映像と音とストーリーの総合的なインパクトはありました。

そもそも、なぜ北米版を購入しなかったのか?

僕個人は、WEB上で見かけたこのような意見に賛同します。
「言葉を理解できないものまで購入する余裕はありません」(苦笑)


そんなに良いのですか?これは↓
なら、に、二回払い・・で。・・汗

ガールズ&パンツァー劇場版【Blu-ray】 [ 渕上舞 ]

 

2016年05月28日

使用機器について。 2016.5 スピーカー編

現在の7.2.4ch構成するスピーカーの紹介です。
と言ってもここ数年顔ぶれは変わっていませんで、その配置が変わっているだけです。

こういう紹介っていうのも、単にイコール自己顕示欲の発露なのでしょうから、どうかと思いますが、本人の備忘録として書いていると思ってください。

スピーカー

 フロント     KEF Q700   
 センター     KEF Q600c
 サラウンド    KEF iQ7
 サラウンドバック KEF iQ1
 サブウーファー 1 KEF XQ60b
 サブウーファー 2 KEF Q400b
 トップフロントスピーカーKEF HTS3001 SE
 トップリアスピーカー KEF HTS3001 SE
  

160515-11.jpgフロントの3本をイギリスKEFのQシリーズ(旧バージョン)で揃えています。

センタースピーカーはメインのQ700と同じウーファーサイズのQ600cを選択しています。

このQシリーズも、そろそろモデルチェンジのタイミングだろうと思います。

Q600cは、箱の大きさによる十分な量感とQ700との音質のマッチングで、その効用は抜群です。
この組み合わせでサブウーファー無しでも・・というくらい低音が出ます。


160528-1.jpgサラウンドスピーカーはフロア型のiQ7です。

KEFのiQ一桁のシリーズは、現行のQシリーズの4世代前の製品です。
この製品のユニQドライバーにはタンジェリン・ウェーブガイド(ツイーターに付いているフィン状の部品)がまだありません。

このシリーズは単品だと広域がシャリつきますが、サラウンド側の使用では気になりません。


141228-5.jpgサラウンドバックスピーカーはiQ1です。

自作スタンドに乗せて、サラウンドスピーカーよりもわずかに高めの設置です。

視聴位置の後ろに1メートル程度の空間が有れば、サラウンドバックを設置する意味があります。

高さについては、もっと高い位置のままでもそれほど違和感は無く、大丈夫だと思います。後ろの壁が鳴るようなイメージになります。

低い位置の場合では、背面に定位する音がピンポイントなイメージになります。
ただし、天井スピーカーのリアを設置する場合はフロア置きが無難でしょう。

サラウンドバックスピーカーは、サラウンドスピーカーと大きさが同じか、近い大きさの物が良いと思います。
そうすると後方サラウンド音場に奥行が増すのです。(特に移動する音)

パイオニアのAVアンプでは5.2.4chで平気でしたが、デノンではサラウンドバックはあった方が良いです。


160515-9.jpg天井スピーカー4本はHTS3001 SEです。

視聴位置から前後におおよそ45°の仰角で天吊りしてあります。
天吊り仕様のスピーカーではありませんから、自己責任の所業です。

振り角は出来るだけ視聴位置の方を向くようにしました。

・・その気になれば天井スピーカーくらいは取付け出来るのです。
しかし、これの見た目をどう感じるかというのは他人目線からの話であり、本人にとってはこれが実現していることが重要なのです。
・・アングルも黒で良かったのかな。

自身では、天井にあることの異物感や違和感、圧迫感などは全く感じません。


スピーカーケーブル

フロント Zonotone 6NSP-2200S Meister( 2芯)2本でバイワイヤリング
センター Zonotone 6NSP-4400S Meister (4芯)1本でバイワイヤリング
サラウンド サラウンドバック FOSTEX SFC103
天井 Zonotone SP-330 Meister


160515-3.jpgもうこうなれば、ケーブルの隠蔽などは考えません。
フロント3本分はこのような体裁となっています・・。

専用室なら、いずれこうなると考えますと、新築時のプランで壁内配線など考慮しなくて良いかも知れませんよ。


・サラウンドのスピーカー構成について。

スピーカーの年式と型式の違いはありますが、サラウンドの全chにオールKEF化を果たしています。

やはりメーカーを揃えると、そうでないときとの「差」は何かしら有るものです。
それはスピーカー間のつながり、いわゆる空気感とか音場感とかの差として出ます。
「スピーカーの存在が消える」などの表現を見かけますが、そういう感じになるのが正解なようです。

ただ、これは実際に自室でやってみるまで解りませんし、逆に言えば自分が納得していれば何でも良いという事になりますかね。(僕もオールKEF化まで十数年費やしていますから)

5ch分のスピーカーについては、ユニットの口径を統一出来ています。
これによってサラウンド全体の量感が上がり、スケールアップしました。

また、サラウンドスピーカーの高さをフロントに揃えると、SE(効果音)の聴こえ方が(高低差がなくなり)自然になりました。

比較的大きなトールタイプのスピーカーと、極端に小さな口径のスピーカーを混在させますと、サブウーファーのクロスオーバー周波数が高く設定されますから、全体に腰高な軽い音調になります。
クロスオーバーが120Hzを超えると、せっかくの大型スピーカーの低音が食われる格好になってしまうのです。
スピーカーサイズの極端な混在にも注意が必要だと思います。


サブウーファー

160515-4.jpgサブウーファー1台目のXQ60bはの密閉型の下向き30センチウーファーです。

その形状と重さで、持ち運びには閉口しますが、やはりウーファーの大きい方が有利に違いなく、十分な量感と表現力があります。位置は左フロントスピーカーの手前壁際です。
 
141228-3.jpgサブウーファーの2台目は、視聴位置の後ろに設置してあります。
旧バージョンのQ400bで、こちらは正面向きの25センチウーファーです。
正面向きウーファーの場合、その向きを変えると聴こえ方の雰囲気が変わります。
コンパクトサイズですが、非常にパワフルで映画向けのサブウーファーです。


・サブウーファーの2本使いについて。

うちでは、そもそも形式自体も違うわけです。
しかし最近の進化したオートセットアップ、Audyssey Sub EQ HTでは問題ありません。
1個のサブウーファーになったように自然に鳴ります。
このつながりの点では、パイオニアのSC-LX78よりも最適化されている感じがします。





・・何やら音が良いとかで、話題なんですけれど。↓
嫌いではありませんが・・た、高い。



ガールズ&パンツァー劇場版【Blu-ray】 [ 渕上舞 ]


 

posted by shu at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使用機器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク