2019年01月27日

トップミドルスピーカー更新。その3

 埋め込みスピーカーProfile AIM5 Threeの取付けには、天井に直径168mmの穴を開ける必要があります。まずは図面上で決めた位置で支障が無いかどうかを見極める必要があります。

190120-10.jpg図面は右側のものです。

穴が下地に干渉すればもちろん、穴そのものが開きませんし、下地を避けてもぎりぎりではスピーカーの一部が干渉して取付けに不具合が出てしまいます。

その下地が、どの様に入っているのかは下地センサーで探ってからコンコンと叩いてみますと、おおよそ判ります。


190120-2.jpg穴あけ位置が決まりましたら、穴のセンターをケガいて小さな穴を開け、竹串を刺しました。

竹串が断熱材のグラスウールを持ち上げて反発する感触がありますので、刺さった状態を維持するため養生テープで抑えました。

190120-3.jpgこのあと、念のために天井裏に入って確かめました。
素人なりの慎重作業といったところです。

目論見通りの場所に竹串が見えます。これをセンターにしてΦ168mmの穴あけに支障はありませんでした。
断熱材は切って逃がすことにしました。

190120-4.jpg付属のテンプレートで円をケガき、円の内側1箇所に10mmの木工ドリルで穴を開け、引廻し鋸で切って行きます。
ケガキ線通りか、外を狙って切るようにします。(テンプレートは、ケガいたら外したほうが良いかと)

石膏ボードなので粉状の切り粉が落ちます。それなりの養生は必要です。

石膏ボードの厚みは、標準的な12.5mm。硬いことはありませんが、上向きでしかも脚立の上という条件では一気にガーっといけるものでもありません。ここが地味に最初の難関かも知れません。鋸が折れるが先か、気持ちが折れるが先か。(・・これは言い過ぎ。そこまででもないです。)

190120-5.jpgはい、石川五エ門のように斬れました。(これも言い過ぎ。)

スピーカーケーブルの配線についてですが、天井裏に上がって、CD管に残してある古いケーブルと入れ替えをしました。

190120-12.jpg画像奥が部屋の後方左の隅で、オーディオラックが在る辺り。画像中央辺りの下から立ち上がっているCD管、これを使いました。

CD管が途中で切れています。これは通常は無いことで、後で切ったものです。元々天吊りのサラウンドSP用だったものをサラウンドバックSPの配線に変更したりしたからです。

まずは新しいスピーカーケーブルと古いスピーカーケーブルを繋ぎます。
方法は過去記事「CD管に通したスピーカーケーブルを交換する方法。」を見てください。

190120-11.jpg今回はゾノトーンのSP-330Meisterを使いました。細いのでCD管を通すのは容易です。

これを天井裏で引っ張るのですが、基本このブログのDIYはひとり。アローン。ぼっち。単独作業です。
途中で引っかかると非常に面倒なので、抵抗を無くすためにケーブルのリールごと回るようにセットしました。

一応ベビーパウダーも用意。

190120-13.jpgCD管はほぼ直線的に立ち上がっていますから、引っ張るのに引っかかることもありませんでした。
古いケーブルとの接続はしっかりやりましたが、新しいケーブルが見えるまでドキドキします。

新しいケーブルを必要な長さ分引き上げます。天井に開けた穴から下がるくらいにしないと、スピーカーの取付け作業が、やり難くなります。

190203-3.jpgここまでで工事の峠は越えました。次はProfile AIM5 Threeの取付けです。





SP-330 Meister-30M ゾノトーン 330マイスター(30m巻セット) Zonotone




 

posted by shu at 14:03 | Comment(0) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

トップミドルスピーカー更新。その2

 トップミドルスピーカーの更新にあたり、今回自身初めての天井埋め込みスピーカーを選択しました。
その取付けをDIYで実行するための、最低条件というものがありますね。


1.天井裏に入れること

190116-1.jpgそして作業が出来る空間があること。
これは素人作業なら絶対条件でしょう。

うちの場合、点検口は隣室のクローゼット内にあり、シアタールームは2階にあって天井裏イコール屋根裏なのでその空間には余裕があります。その点、1階の天井裏だと作業は非常に厳しいはずです。

取付け位置への穴あけが可能かどうか・・天井の下地がどうなっているのかを把握するには実際に見るのが確実です。

ただし、実際の現場はこんな感じ。
190116-3.jpg 190116-2.jpg
フラッシュを焚いてもオーブが映り込む不気味な空間・・
(なワケねえーよ!ホコリが写ってるだけだからね。コレ!)

画面の正面奥がラックの位置ですが、その方向に梁を伝って歩いて行きます。
しかし、これがちょっとしたジャングルジム状態でして、直線的にヒョイっと行けるものでもありませんし、中腰ですし。
銀色は断熱材のグラスウールで、下はイコール天井の石膏ボードです。なので踏み抜いたら・・・わかりますよね。

過去何度も入っていますが、体の固くなった身には思いの外キツかったです。

そうそう、この作業、今の時期が最適ですよ。
屋根裏ですから推して知るべし。夏場は死ねます。


2.配線が可能か

そもそも。ですよ。スピーカーまでの配線を室内から天井まで通さないといけません。

必要なのはCD管の壁内配管。これは既設されていたものを使いました。

190116-9.jpgほぼ20年前の新築当時、ヤマハはサブウーファーを(当時の呼び名はスーパーウーファー)リアにも追加しましょうとやっていました。それに乗っかってサブウーファー経由、天吊りのサラウンドスピーカーへという配線のためにCD管を後方の壁に通したのでした。
後年それはサラウンドバック用(これも天吊り)に切り替えたりしましたが、近年は使用していませんでした。

既設のCD管が無い場合・・素人には難しいでしょうけど、もちろんプロなら方法はあるでしょう。


3.それなりの道具

190118-1.jpg充電ドリルドライバーは、連続作業でもしない限りホームセンターの安物でもイケます。

スピーカーの取付け諸々、DIYに下地センサーは必需品です。

引廻し鋸は天井の石膏ボードを丸く切り抜くため。
あとは養生用のテープなど。


4.あえて付け加えるなら、やる気

ここまで読んで、「やっぱり僕には、オレには出来ないや」って言うあなた。
プロに頼むことを否定しません。この作業を人んちでやったら、幾ら貰えるかなあ?などと考えたりしました。
そのくらい大変な作業量で、その対価を時間で作業するプロの人には支払う価値のあるものです。

しかしDIYはプライスレス。時間を掛けて納得の行く仕上がりを追求出来ます。
我が作業に一片の悔い無し。(嘘です)


 施工図を載せておきます。

190113-1.jpg



 前回の最後の画像で「TS」とは?
今回一緒に工事を行った、これのことです。

190118-2.jpgAuro-3D用。トップサラウンドスピーカー。
視聴位置上に一発。ボイス・オブ・ゴットなどとも呼ばれているそれです。


次回につづきます。



【送料無料】藤原産業 SK11 充電ドリルドライバー10.8V SDD-108V-13Lis

【送料無料!TRUSCO工具 格安特価(トラスコ中山)】シンワ 下地センサーBasic 78575 [361-0616] 【下地材探知器】[78575]

 

posted by shu at 23:23 | Comment(0) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

トップミドルスピーカー更新。その1

 新年のご挨拶が遅れました。本年もよろしくお願いします。

例年ならば年明け早々記事を上げていましたが、ある工事に費やしたもので今になりました。
それがこれです。トップミドルスピーカーを入れ替えました。

190102-1.jpg 190106-1.jpg

天井に6本のトップスピーカーを設置して、ドルビーアトモス対応の7.2.6配置を実現させていたものの、トップミドルスピーカーのKEF T101は、TV用を想定した薄型サテライトで低い音が出ず、AVアンプのオートセットアップで得られるクロスオーバー周波数の設定値も150Hzと、他4本のトップスピーカーのそれ(KEF HTS3001SEで60Hz)と比べて少々役不足だろうと、これまで「仮設置、仮配線」で使っていたのでした。

このトップミドルスピーカーの入れ替え候補を何にするか?
ベストと思われたものから順に書きますと・・

1.他の4本のトップスピーカーと同じものにする。(中古で探す・・乗り気はしない)
2.他の4本のトップスピーカーと型違いの同等品にする。(現行モデルはデザインが違うが)
3.天井への設置性の良い他社スピーカーから選択する。(イクリプスTDなど)

いずれも天吊り設置での候補ですが、天井に現在の様な方法で6本のスピーカーを取付けるのは物理的な安心感がどうか・・
そろそろ天井が落ちてくるんじゃあないか(笑)・・とか、まあ流石に美観上の問題もありますし。

ここで、一つ抜けている候補が「埋め込みスピーカー」です。
見栄えに関しては、他に比べる相手がありませんね。
しかし実はこれ、今まで敬遠していました。

理由はまず、イメージとしての音質的懸念があったのがひとつ。取付け箇所は石膏ボードですから、あまりいい音にならないような・・。

もう一つは、なんと言っても一発勝負であることです。
天井に穴を開けて取付ける以上は、あとでその位置を動かすことはできませんので。

音質についてショップで聞く限りは、まあ問題無さそうでした。
取付け位置については、ほぼ特定出来ていたのでした。(注1)

181230-4.jpgそこで今回、スピーカークラフトのProfile AIM5 Threeで行ってみようと決めました。

Profile AIMシリーズは、ツイーターとウーファーの向きも動かせるのが決め手です。
(設置後あらためてわかりましたが、このツイーターの向きが変えられのは効果絶大です。トップスピーカーとしても、これは外せない条件だと思います。)

口径が少々小さい(5インチだと127ミリ)かと思いましたが、スペック上はHTS3001SEに見劣りせず、(これは甘い考えだったかも知れません 注2)予算の関係もあって妥協しました。


 次回以降の取付け工事レポートの前に、以下注釈として設置後わかったことを先に書いておきます。

注1
トップミドルスピーカーは視聴位置の前で、仰角は70度と以前特定し、実際その位置で施工しました。
しかし、これは下向きの天吊りで、スピーカーの角度の自由があまり効かない場合と考えて良さそうです。
Profile AIM5のツイーターを視聴位置に向けると、頭上定位がそのまま前に行ってしまいます。

なので今回はツイーターの角度を視聴位置から外して、頭上定位となるよう調整しました。 
天吊りまたは埋め込みでもスピーカーの角度が調整出来るなら、実際の設置はそんなに前に出さずとも、80度程度で良いかと思われます。

注2
スペック上、Profile AIM5 Threの周波数特性は下は50Hzからで、HTS3001SEの70Hzに見劣りしないはずだと考えましたが、実際には天吊りのHTS3001SEの方が遥かに量感があり実際低い音が出ています。
天吊りと天井埋め込みの音質は単純にスペックだけで比較出来ないようです。天吊りだと天井や壁の反射が効くのだと思います。
ちなみにProfile AIM5 Threのクロスオーバー周波数設定値は120Hzとなりました。


190120-7.jpg 天井埋め込みスピーカー。この工事、これはなかなかの難物でした。

詳細は次に続きますが、いつものペースで書くと、月1記事。このシリーズ、完結は4月ごろかな。(笑)


天井裏に入るならこっちも一緒にと・・
190106-2.jpg





おすすめとしては、正直こちらの方でしょうか。↓
SPEAKER CRAFT Profile AIM7 Three(1本) 【価格問い合わせ】


作業の必需品です。↓
ジョブマスター 引廻鋸 全長325mm×刃長180mm JHN-180

 

posted by shu at 11:08 | Comment(0) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年の振り返り。

 今年、2018年の振り返りで締めくくります。

今年前半は結構大きなことをやりました。その結果、後半に反動を食らって極め付きが、先日の虚偽記載の不祥事。なんだか不安定な落ち着かない年でした。

1.AVC-X8500H導入
180309-4.jpgこれは7.2.6chをやりたかった。他に先駆けてこれを実現出来ること。結果的にもそれに尽きます。

一体型機で未だ他の追従が無いこともあって満足度は高いです。
Auro-3Dを含めたサラウンドフォーマットと、スピーカー配置をフルに使いこなせる点で本機は懐が深いです。


2.プロジェクター入れ替え
181230-6.jpg到底、手に出来るはずも無いハイエンド機。展示処分品と出会ったのが運の尽き。
(DLA-X770R、これ僕が買ったんでしたっけ?)


3.スクリーン周り改装
181230-5.jpg紙の「ハイナントカ」を壁から天井から貼って真っ暗にする。こんな工事をやるのは、こだわりの強い専業マニア。評論家諸氏でも少ないように思います。これを世に広めようなんて思いません。
(これも自分でやったのかなあ?)

2と3、この2つ。黒色。黒にこだわる案件。これは自分にとっての、まさしくダークマターでした。
振り返るとあるんですよ。アンラッキーカラーが。ちょうど黒い車に乗っていた過去2回とも転職で苦労しましたから。
無かったことにしたい。とは言い過ぎでしょうけど。


4.4K放送対応
ダークマターのプロジェクターが絡んで、4K対応レコーダーDMR-SCZ2060のセット。これで悪い意味のトドメが虚偽記載。
4K放送人柱のつもりが、自ら墓穴を掘って落ちました。
しかし自分のしたことですから素直に反省しまして、しばらく映像系の話は自粛します。

あ、4K放送の感想?それどころじゃあ無かったです。正直。
でも個人的に物量を投入しただけの映像は見られますが、ミューズハイビジョンやデジタルハイビジョンを最初に観た時ほどのインパクトは・・。そういう体験は8Kの方でないと。と思います。


・今年書き残したこと
Audyssey MultEQ Editor Appについて。

デノンとマランツが採用するAudysseyのを音場補正結果をさらに精密にカスタマイズできるというアプリ。
以前、2018年の現在のアプリとは思えないローレスポンスで正直使えない。と書いたのですが、その後改善されていました。

7.2.6chの測定に25分※。これは測定ポイントを8箇所としたマイクの移動の時間を含んでいて、AVアンプ内蔵のAudyssey MultEQとほとんど変わらないと思います。
解析とAVアンプ転送時間に9分掛かって閉口していましたが、これは4分に短縮で、ここまでは合計29分で終了。

同様に時間が掛かり、使う気になれなかったパラメーターの変更後保存、AVアンプ転送時間は、これも3分以内に短縮。

※マイクの移動は非常に面倒です。位置出しや高さを同じにする事とか、チェアやソファーの上ではそもそも、マイク自体を置き難いです。
これを効率良く済ますため、治具を作りました。なので測定時間は最短の数字と思います。

181230-1.jpg画像だけ載せておきます。


・2019年は・・
今回の不祥事で訴えられない限り、趣味としてはまだ前に進みます。

ただ、今回の件でいよいよ潮時かなあと思ったり、ブログに上げるモチベーション自体も正直、以前に比べて減りました。
損得勘定も含めて、いろいろとありますので。

所詮、個人の日記の延長ですから、適度なスタンスで見てやってください。


具体的に着手しようとしています。
181230-4.jpg不安定な年などと言っておきながら、進歩をさせている事実についてのツッコミは甘んじて受けます。


それでは、来年もより良きオーディオ・ビジュアルライフを。



SPEAKER CRAFT Profile AIM5 Three(1本) 【価格問い合わせ】

 

posted by shu at 19:43 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

DMR-SCZ2060とDLA-X770Rの組合せによるHDR映像について。

 12/28 タイトル変更、記事改訂しました

前回の記事で触れました、HDR対応について釈然としない案件ですが、先ごろ一応解決しました。
181223-1.jpgパナソニックの4K対応レコーダー、DMR-SCZ2060を購入した方で、ダイナミックレンジ変換出力という表示が出る場合は、4K HDRの番組をHDR(ハイダイナミックレンジ)ではなく、従来と同じSDR(スタンダードダイナミックレンジ)で見ていることになっています。
この場合、4K放送の魅力が半減しますのでもったいないです。

HDRの番組は、一見して色が濃く深みがあります。SDRのままでは色が薄く、4Kの旨味は精細感だけになってしまいます。
それに、番組ごとに明示されていませんが、民放の4K番組は全てHDRであるようで、BSでも放送する同じ番組とは、その見た目がだいぶ異なります。

では「ダイナミックレンジ変換出力」と表示されてしまう原因ですが、

レコーダー、チューナー側の出力関連項目の選択が、不適当である場合。
または、TVやプロジェクターがHDR(放送用はHLG)に非対応の場合。
・・などが該当します。心当たりの人は見直してみてください。


そこで僕のケースです。
所有するDLA-X770RはHLGに対応しているはずなのに、それを受け付けないことに困惑していました。
対処方法がわかるまでの約2週間、実はSDR画質のままだったというオチです

181216-3.jpg結論から言いいますと、DMR-SCZ2060の設定画面の「HLG/PQ変換出力」をオートにすることで解決しました。

設定画面にはHLGに対応していない場合・・との説明があります。
しかし、HLGに対応していない?・・X770Rが??という疑念は残っていました。

そうした折、21日にJVCサービスさんより連絡をいただきました。

まず、本機はHLGの自動切り替えには対応していないとのことです。
「HLG対応」であっても、「自動切り替え」は出来ないということです。
つまり、HLG信号を受け入れても、画質モード「HDR」に自動で切り替わらないので、手動で切り替える必要がある。ということだと思います。

しかし、これは今回の件に直接関係はありません。
問題はこれ以前に、パナソニックのレコーダー、DMR-SCZ2060側からDLA-X770Rに、HLG信号そのものが送られていない。ということでした。
その結果「ダイナミックレンジ変換出力」という表示がされていたのです。

この状態で仮に、手動で画質モードの「HDR」を選んだとしても、DLA-X770Rへの入力信号はSDRであり、正しく映らないとのことでした。

4K HDRの番組で、それを試してみました。
「ダイナミックレンジ変換出力」の表示がある状態でHDRモードに手動で切り替え、2種類のガンマ設定を変えてみました。
181223-4.jpgSDR画像にUHDBD(HDR10)用のガンマ「ST.2084」の選択では、画面の色が濃すぎて不自然でした。

181223-5.jpgHLG用のガンマ「Hybrid Log」では逆に薄いです。

見れなくはないですが、普通のSDRの画質という感じです。


そこで「HLG/PQ変換出力」をオートにすると、画質モードはUHD BDと同様に「HDR」に自動で切り替わるわけですが、この方法で正しいと言うのがJVCのサービスのお話でした。

181223-8.jpg実際「HLG/PQ変換出力」を通したあとは「ST.2084」が自然でしっくり来ます。これが普通に使えます。

これがDLA-X770RのHDR映像ということになるでしょう。

181223-9.jpg一方、信号がHLGではないために「Hybrid Log」では色が薄くなってしまい適合していません。


 結果的に、実際の映像は4K放送本来のHLG方式では無く、もう一つの方式のPQ(HDR10)に変換となっていますが、今のところはこれしか手がないということで、本質的な解決にはなっていないとも言えますが、今後ファームウェアアップデートの可能性も含め、現段階ではわからないと言うのがJVCサービスのお話でした。※DMR-SCZ2060側に問題は無いということで、JVC様にて今後何らかの対応をしていただけるようです。公式発表を待ちたいと思います。



kum@さん Pastel-Kさん 感謝します。




初UHD BDにはこちらを↓選びましたが、うーん。そうですか。


クリード チャンプを継ぐ男<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組)【4K ULTRA HD】 [ マイケル・B・ジョーダン ]


 

posted by shu at 18:23 | Comment(2) | 4K放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク