2018年05月17日

使用機器更新。 2018-5

※6.8追記あり
現在の使用機器の紹介になりますが、今回は最近変わった機器のみに触れます。 
他の機器については前回の記事、機器編、スピーカー編を見てください。


●AVアンプ デノン AVC-X8500H
     +
 電源ケーブル ゾノトーン6NPS-3.5 Meister+オヤイデ029プラグ 自作品。

180517-1.jpgこれがAVアンプ通算で8台目、デノン製では4台目にして、モンスター級フラッグシップとは、なんとも分不相応な・・。
しかし当ブログの看板を掛け替える覚悟でステップアップしました。

前所有のAVR-X7200WAを購入から2年、本機の購入動機はイマーシブサウンドを極めるため。これに尽きます。

そのモンスター、AVC-X8500Hを2ヶ月使用したところの感想を。


 ・モンスターの呼び名は伊達じゃない。

『単純計算で1個の筐体に13chも詰め込めば、アンプ1個の性能は知れている。モンスターなわけがない』

そう思ったなら、食わず嫌い、思い込みだと言わせていただく。
前者の「食わず嫌い」は仕方がない。嫌いなものは食わなくても結構。
後者の「思い込み」なら一度、本機を試聴してみてはいかがだろうか。

下に写っているのは、AVR-X7200WAの外部パワーアンプとして使っていたPMA-2000REです。
当初、これで同様にフロントスピーカーをプリアウトで鳴らすべく考えていました。

そこでまず、AVC-X8500Hの2ch(ピュアダイレクト)とPMA-2000REのそれを聴き比べてみることにしたのです・・

その結果、確かにサウンドステージの奥行きや、広さに関してはPMA-2000REにやや歩がありました。
しかしその聴こえ方は、AVアンプとプリメインアンプの比較において覚悟すべき違い・・・これが「やっぱり全然違うね」って言うほどの違いでは無かったのです。

それでもと、実際にフロントスピーカーのプリアウトにつないで鳴らしてみたところ、AVR-X7200WAと組合せた時の美味しい感じ・・例えるなら、ぶ厚い低音の付加やパワー感と言った感じが現れず、ややソフトな鳴り方、あるいはスピード感が後退したという印象を受けたのでした。

こういう結果を受けて、今はPMA-2000REはつないでいません。2chピュアオーディオ用として使います。
つまり、AVC-X8500Hは内蔵の13chアンプのみで完結しています。その方が、その個性、性能をフルスイングできると考えています。

「モンスター級AVアンプ」の名は伊達じゃないです。



●Audyssey MultEQ Editor App

これは機器では無いのですが、言及しないわけに行かず、書いておきます。
デノンとマランツが採用する、Audysseyのを音場補正結果をさらに精密にカスタマイズできるというアプリなのですが・・

こちらにも書いたように、2018年の現在のアプリとは思えないローレスポンスで、正直使えません。
皆さんはコンビニで、お弁当の温めを10分近くも待てますか?・・そういうアプリです。これが2400円。残念です。

Google Playでは評価が二分されているので、あるいは単純に処理が少なく済む、5.1chとか7.1chでの使用なら良いのかも知れないです。

※6.8追記
--この記事に前後してアプリのアップデートがあり、このローレスポンスの件については、若干改善されたようなフシがあります。機会を改めて再レビューします。--


●トップミドルスピーカー KEF T101

180517-2.jpg「天井6本」を実現させるため、暫定的に取付けたのがこちら。
KEFお得意の同軸では無く、25mmツイーターと115mmウーファーの2ウェイ。
本来は壁掛けTVとのベストマッチを狙ったモデル。

音質はKEF品質。サブウーファーと組合せたらTV音声の強化用には良さそうな製品。

180323-5.jpgしかし、その厚みが35mmしか無いため、いかんせん低音が出ず、クロスオーバー周波数の値はこの通り120Hz。
うちのサラウンド環境の中に混在させる小型スピーカーとしては、この辺りが限界値だと思います。

サブウーファーが高い音までフォローせざるを得ず、全体に腰高なサウンドになるからです。

トップミドルスピーカーが鳴るのは、ざっくり言うと、ドルビーアトモスとドルビーサラウンド再生時のみで、DTS:XとDTS Neural:Xの再生時にはDTSの仕様上で鳴りません。従ってDTS系サラウンドモードで鳴らすと、ドルビー系よりも音の重心が下がります。 

トップミドルスピーカーは、近々アップデートで実装されるAuro-3Dを聴いてから、天井スピーカー全体の配置も考慮して、入れ替えするつもりです。
(Auro-3Dでもトップミドル2本は鳴りませんが)


 変更のあった機器は以上ですが、最新の4Kプロジェクターを観るにつけ、2Kの画質向上に寄与するはずのプロジェクター更新が優先課題に浮上しました。UHD BDプレーヤーよりも先にです。

その候補・・と言うか、1つの物件に遭遇しました。
これをいかにしてゲットするか・・現在進行形といったところです。

これでも悪くは無さそうですが・・・


LX-UH1 JVC [ジェイブイシー] 4K HDR対応 DLPプロジェクター ※5月下旬発売予定



 

posted by shu at 22:41 | Comment(8) | 使用機器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

4KプロジェクターのエントリーはDLP機が担うのか。

 先日、BenQ のHT2550を見てきました。

主な視聴ソフトは、UHDブルーレイの「レヴェナント: 蘇えりし者」「エベレスト」「ミュータント・タートルズ」そしてブルーレイの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」です。

現在所有のプロジェクターは2009年に購入した三菱のLVP-HC7000です。
まず画質に関してですが、このフルHD機と比べたら断然良いです。文句無しです。

UHD BDの「レヴェナント: 蘇えりし者」で、4Kのソフトを初めて観たわけですが、冒頭の薄暗い森の中、木々の間の地面を水が流れる暗めのシーンの階調表現、鹿の皮を処理する場面の生々しい血の色など、圧倒的解像度と色情報の多さ、高コントラストに驚きました。

この価格の製品の、この画質に文句をつける、2倍3倍の価格の上位製品とあれこれ比較するのは野暮というものです。

レインボーノイズ(カラーブレイキングノイズ)について・・DLP機の懸念はこの部分です。
それがどの程度見える、気になるものなのか。個人差や年齢によるということらしいのですが・・。
実はDLPプロジェクターをしっかり鑑賞するのはほぼ初めてでして、予備知識だけの鑑賞となりましたが、実機はどうだったか?

首を左右に振ってみた時など、何となくこれがそうかな。という感じはしましたが、顕著に認識できる虹色は見えませんでした。ただ何か全体的に画面がチラチラする感じも受けたのは気のせいか・・購入時にはもう少し長く鑑賞した方が安心できるかも。こんな印象でした。

ちなみに50半ばな管理人の動体視力は、そう悪くないと思っています。
自身の経験から、もっと若い人で、おそらくレインボーノイズが見えそうな人を想定しますと、こんな感じでしょうか。
・・ソフトボール、バドミントン(公園カップルの羽子板みたいなあれは除く)などの得意な人、経験者。クルマの走り屋。
あとは一般的に球技全般、同ゴールキーパー、エアホッケー得意、格闘技・・等々。


まとめ。
画質に関しては、ありです。問題なく使えます。ブルーレイの画質だけでも購入する価値があります。
ランプの光漏れは、吸気口からそれなりに見える方だと思いました。前に置くと目立つかと思います。

惜しいのはやはり、その設置性、使い勝手の部分です。
ショップでは、後方の棚置きでしたが、本体をかなり上向きにした状態での投射でした。
以前の記事でシミュレーションしたように、画像を投射する最低限の機能しか持っていないので、設置可能範囲が限定されてしまうのは価格なりな部分であり、これは仕方がありません。

この部分を補えるのが、先般発表されたJVCの「LX-UH1」です。

あと10万円ほど資金を足すことになりますが、左右のレンズシフトを搭載した本機の方が、4Kプロジェクターのエントリー機、スタンダード機と見ることができると思います。

 4K対応への高すぎるハードルが、ようやく下がろうとする傾向が見えてきました。

しかし反面、どうしても今、4K、UHDブルーレイが観たいかのかどうか?

物欲、所有欲優先ならとにかく欲しい。と、なるでしょうが、ソフトの価格はどうか?
OPPOの件もありながら、一方ではまだこれからの展開も・・。

今年、年末にかけて、しばらく我慢というのもありかと思いますが・・。


BenQ/ベンキュー HT2550 4K HDR ホームシネマ・プロジェクター I CineHomeシリーズ

LX-UH1 JVC [ジェイブイシー] 4K HDR対応 DLPプロジェクター ※5月下旬発売予定





 

posted by shu at 11:49 | Comment(6) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

7.2.6配置、初動レポート。まとめ

 3月初旬にAVアンプをAVR-X7200WAからAVC-X8500Hにチェンジしまして、既存の7.2.4配置にトップミドルを加え、7.2.6配置をテストしたレポートのまとめです。
(この前の記事、暫定配置決定に至る過程の能書きです)

まず、ドルビーアトモス ホームの天井(トップ)スピーカー4本配置の場合のおさらいですが、前後に45°の均等配置というのが基本となっていました。

皆さんの部屋でも「視聴位置」は、大抵は部屋の後ろ寄りではないでしょうか。
うちもそうなのですが、試聴位置を中心にトップスピーカーのフロントとリアを配置しますと、トップリアは後ろの壁に近くなって、ほぼ「リアハイト」と変わらないような位置になります。

一方のトップフロントの方は、前方の壁までのスペースが広いわけですから、設置位置の自由度があるように思えます。
しかしドルビーが、視聴位置を中心にまとめたような配置を推奨としている理由は、「上から音がする」ということを重視するためであり、天井スピーカーが4本ならば必然の配置なのだと捉えています。

 では、天井6本配置の場合は単に、前後45°に振った4本の中間にトップミドルスピーカーを追加すれば良いのでしょうか?

ドルビーアトモス ホームの天井スピーカーの「最大仕様は5組10本」です。
具体的には、視聴位置まわりのトップスピーカー6本に、フロントハイトとリアハイトを追加した10本で、部屋の前から後ろまで全体のエリアをフォローする配置が完成形です。

これをうちの部屋に落とし込みますと、前述したようにリアハイトは設置できませんから、フロントハイトが入った4組8本の配置となります。
(トップスピーカー6本の位置詳細についてはその1を見てください)

 180416-2.jpg

仮に、この配置で例の「ヘリコプター・デモ」を、あのトリノフのAVセンターで再生するとしたら、どう聴こえるのでしょうか?

180416-4.jpg
これはたぶん、フロントハイトの位置まで回り込む「赤線」の軌跡、大外を旋回するように聴こえるのかなと想像します。

・・いや、しかし映画などでは、もう少し手前側の「青線」の軌跡を飛ぶようにマッピングされる場合も有るはずですから、どうでしょう。※


対して従来の天井4本の時の、実際の聴こえ方はこうです。

180416-3.jpg
つまり、フロントハイトの位置にスピーカーが有るか無いかで、当然ながら効果音などが定位する位置が変わってしまうということになります。

これはドルビーアトモスが、オブジェクトベースサラウンドであると言いながら実際には、

天井スピーカーの位置に左右される、チャンネルベースサラウンドのようでもあります。

そしてこれは、天井スピーカーの数が少ないほど当てはまると、そう言えると思います。

これが今までのドルビーアトモス ホームの限界だと僕は勝手に判断します。

でも、前後の「ハイト4本設置」ならば、部屋の前から後ろまでをフォローするという意味合いで「あり」なのでは?ですね。
しかし、それだと頭上が弱くなってしまうのは、ヤマハユーザーさんならご存知なはずです。

これがトップミドルの追加により「頭上の音」は明確になりました。

ならば、うちの配置図で言うところのトップフロントは、フロントハイトに移設でも良いのか?
あるいはトップフロントのまま、フロントハイトの位置近くまで移動させるか?


・・というような流れで、この前の記事につながったわけですが、その配置図を貼っておきます。
180416-1.jpg


※しかし赤線と青線の定位の違いなんか、実際にはわずかですね。
デモ音源ならまだしも、映画の場合には聴き取れ無いかも知れませんし。
実際のスピーカーの位置も、さほど変わりませんから、こんなところにこだわる人がいるかなあ。
だから、「前後のハイトに、トップミドルを前寄りで計6本」これでも全然OKではないかなと思いますね。




 

posted by shu at 22:40 | Comment(2) | ドルビーアトモス 7.2.6配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

天井スピーカー6本の暫定配置を決めました。

 天井6本配置の場合は、単に前後45°に振った4本の間にトップミドルスピーカーを追加すれば良いのか・・?

既に、フロントとリアの「ハイトスピーカー4本」のパターンで設置している人にとっては、頭上の音を明確に出来るトップミドルスピーカーの追加は、間違いなく福音となるはずです。

いずれAuro-3Dとの共存を見据えた場合にも、トップフロントスピーカーを「フロントハイト」の位置で試す必要はあると思います。

天井スピーカーの6本配置を考えた時、トップフロントスピーカーの位置をどうするか?これは個人的に無視できないところでした。

180410-4.jpgとりあえず、前後に移動が可能としてあるトップフロントスピーカーの位置を前方向に動かした場合の、雰囲気の違いを確かめてみました。

トップフロントスピーカーが視聴位置寄りの位置、仰角45°から前一杯に移動した位置の仰角38°まで移動ができます。

「ヘリコプター・デモ」では、トップフロントを45°、41°そして38°と移動させるにつれ、ヘリの音像がボヤケて大きくなりました。そのため、トップミドルからのつながりも不自然です。

どうやら天井スピーカーも45°以下の仰角になりますと、下向きのスピーカーのバッフル面は、視聴位置に向けた方が良いと思います。フロントハイトが視聴位置向きなのと同じ理屈でしょう。

視聴位置から見たユニットが、お皿の様に見えるのでは振り角が足りず、(左)楕円形に見えるくらいに振ってみました。(右)
180410-1.jpg 180410-2.jpg
この状態だとヘリの軌跡もシャープになって来ます。
例の「ヘリの軌跡がトップミドルスピーカーの位置で下がる」という現象の対策は、ディレイ(距離)の調整よりも、各天井スピーカーのバッフル面を視聴位置に向けるという方法が、むしろ有効でした。※注

 さて、このセッティングでトップフロントスピーカーを前後それぞれの位置で、アトモストレーラーの「Leaf」を聴いた感じは・・

仰角45°では、視聴位置を中心として音は無難に定位。頭上感良好。
まあ、これでも特に不足はないでしょう。

仰角38°では、後ろから前に流れる風の音や、ブヨの羽音の定位が明快。特に頭上定位が明確に分離する印象。
比べると、こちらが良いかなという感じ。


 結果として、天井スピーカー6本の暫定配置は以下の通りにしました。

180410-3.jpg・トップフロントスピーカーを仰角38°としてバッフル面を試聴位置に向ける。

・同時にトップリアスピーカーのバッフル面も、やや視聴位置向けに。

ざっくり言いますと、
トップミドルを頭の真上では無く、やや前に設置した分だけ、トップフロントも前に移動で良いだろうと。
そういうことにしました。

「仰角38°」というのは天吊金具の都合で、たまたまそうなったということで、38°という数値に特別の意味はありません。ちなみにドルビー推奨の仰角は30°までです。

また、ここに至る考察が、もちろんあるのですが、それを読むよりも結果だけをちゃちゃっと知りたい人には退屈だろうと思いまして、この記事を先に持って来ました。

ですから、次に用意する「まとめ記事」は、考え過ぎの能書きの羅列です。読む人がいるかな。

 なお、暫定と言うからには次があるわけですが、次はちょっと間が開くと思います。
トップミドルが非力ですから、これはいずれ変えますが現実というものがあります。
Auro-3Dのファームウェアを待ってからですね。もっとも本物は聴けず、アップミックスのみになりますが。
 


 ※注
ディレイの数値を変えると、ヘリコプター・デモのような、単純にスピーカーを1本づつ渡って行くような音の移動では良くても、ドルビーサラウンドのように天井スピーカー全体から発音された場合、ディレイ分のタイムラグが耳の違和感になってモヤーっとしますから、この方法は良くなかったです。




ホームシアターファイル 2018年 03月号 [雑誌]


 

posted by shu at 22:44 | Comment(0) | ドルビーアトモス 7.2.6配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

7.2.6配置、初動レポート。その2

2018.4.10追記あり

 7.2.6配置を実行するにあたり、トップミドルスピーカーには当然、6本同じものに揃えたいところなのですが、HTS3001 SEは現行品ではなく、ここは後継モデルであるE301を使う手もありました。
しかし近々に用意出来る余裕も無く、また、ある考えもありましてKEFの薄型スピーカーT101をトップミドルに設置して、7.2.6配置を試しています。

この環境でオートセットアップを掛けた結果、クロスオーバー周波数の設定はこのようになりました。

180323-5.jpgトップフロントのHTS3001 SEは80Hz、同じスピーカーを使用するトップリアは40Hz、トップミドルが120Hzという設定です。

トップフロントの80Hzは順当としまして、トップリアが40Hz?これは部屋の後方にあって、天井と壁の2面による低音の増幅の結果ですね。

HTS3001 SEとT101はユニット径こそほぼ同じなのですが、エンクロージャー大きさの違いから低音が出ず、これがそのままクロスオーバー周波数の差になって現れています。
クロスオーバー周波数値が100、120Hzといった小型スピーカーが混在すると、腰高な音になるのはサブウーファーが高い音まで鳴らすからなのです。

それと、この環境で「ヘリコプター・デモ」を再生すると、ある現象が気になりました。

180401-1.jpgヘリコプター・デモとはドルビーのデモディスクに入っている音声だけのデモです。

頭上を左回りにヘリコプターが旋回するのですが、鳴るのはトップスピーカーとトップスピーカーの低域を受け持つ、サブウーファーのみです。

180323-6.jpg気になった現象とは、こんなイメージなのですが・・

左旋回するヘリの軌跡が、トップミドルスピーカーの位置で下がってしまうのです。
画像は部屋の左側ですが、右側も同様です。

考えられる要因を順に探ってみました。

180323-7.jpg要因1. 横の壁に反射して音像が下がる。

対策:これは壁への反射を減らすべく、T101の吊り方を水平から、視聴位置に向けて角度を付けてみた。

結果:少しだけ改善したような・・。

要因2. T101のみサブウーファーが高い音も受け持つので、音が下方に引っ張られる。

対策:サブウーファーをOFFにして聴いてみた。

結果:あまり変化なし。

180401-2.jpg要因3. トップミドルスピーカーの設置位置そのものが視聴位置に近い。

対策:距離(ディレイ)の数値を、プラスにしてみる。

結果:5センチプラスで効果あり。軌跡の下がり幅が改善する。(しかしディレイをいじると頭がもやーっとするのです。)

追記:やはりこの方法は違和感が出て、良くありませんでした。
こちらの記事で説明しています。
   
180401-3.jpg対策2:ならばと、T101自体を外側に5センチ程移動してみてオートセットアップを掛ける。

結果:何と、改善せず?

対策3:距離の数値を2センチプラスしてみた。

結果:ここでようやく改善。完璧ではないものの、ヘリの軌跡が下がる現象は妥協できるものになりました。


・・あとは、やはりスピーカー自体の違いというのはいかんともし難く、「Audyssey MultEQ Editor」という有償アプリでイコライザーをいじってみるか?

ここまでが直近の進捗ですが、あらためて、これまでに感じたAVC-X8500Hによる、7.2.6配置の感想を書きますと・・

ドルビーアトモス音源は・・

・頭上定位が明瞭。
・音数が増える。
・前後に移動する音が濃い。

アップミックスの再生時にはどうか・・

・頭上への広がり、包囲感はやや上がる。が、聴こえ方、イメージが格段に良くなったというほどの印象でもないと僕は感じます。

対するDTSのNeural:Xでは11.1仕様となるために、トップミドルスピーカーは鳴りません。しかし、天井6本のDolby Surroundに対して、天井4本のNeural:Xが明確に水を開けられたという印象もありません。


さて、

ドルビーアトモス再生で、天井4本の場合には、前後45°均等に配置というのが、まあ一般的だと思われます。
その意味は頭上センター(トップミドル相当)のファントム音像を得るためでしょう。

ならばトップミドルスピーカーを加えた場合はどうか?
これも「ヘリコプター・デモ」を再生していて気付いたことがあります。

長くなるので次で詳細を・・




【送料無料】KEFE301Eシリーズペアパックサラウンドスピーカー(ペア)


 

posted by shu at 15:27 | Comment(5) | ドルビーアトモス 7.2.6配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク