2016年12月29日

ブログ納め。

なんだか、もうこんな時期になってしまいました。
個人的な今年の振り返りをしておきます。

一番大きい出来事は、3月にAVアンプをパイオニアのSC-LX78からデノンのAVR-X7200WAに買い替えたことでした。

これはDTS:X関連の対応に後手を踏んだパイオニアを見限る形にしてしまったものの、実際にソフトがリリースされたのは6月の事。その後はその存在さえ霞むような有り様になろうとは思いもよらず・・。
それでもNeural:Xが半年早く使えたのが、せめてもの救いというものでした。

そのAVR-X7200WAをこれまで使ったところの感想を書いておきます。

160515-1.jpgSC-LX78に比べて、デノンのフラッグシップらしく音質自体では勝っています。

しかし、サラウンドの定位のシャープさ。音場の広さ。静寂からの爆裂音等の瞬発力。
これらの点ではパイオニアのAVアンプ、それとMCACC PROに歩がありました。

それと決定的なのは、いじれるか、そうでないか。
デノンのAudyssey (オーディシー)は基本いじりにくいですし、ユーザーメモリーもありません。
そもそもユーザーにマニュアル調整が開放されている感じが少ないです。
その点は正直物足りないです。

ところで、オブジェクトベース・サラウンドの、チェックディスクのようなものが発売される感じがしないですね。
なので、見本とか指標になる基準のソフトが無いわけです。
(あるいは映画のこれっていうのを自分で見つけるか?)

だから、その後の天井スピーカー込みサラウンドの追い込みは、ほとんどお手上げ。
オートセットアップにほぼお任せ状態のまま妥協せざるを得ないのが実情です。

ま、BDソフトの出来自体がそこまで要求してはいません。実態は11.1chの天井スピーカーありバージョンみたいなものです。
サラウンドマニアからすると、「オブジェクトどこ行った?」という、空回り状態なのですが、AVR-X7200WAの音質に寄りかかって現状で良しとするしか、いや、することになっています。

あとは、音量と聴感補正機能の検証をやりました。

160724-2.jpgホームシアターの再生音量はどの程度か?

意外に大音量な人の方が、印象としてはむしろ多いような気もしました。
耳に負担のない範囲で個々に楽しむことでしょうね。

聴感補正機能とは、デノンで言うところの「Dynamic EQ」と「Dynamic Volume」についてでした。
160811-3.jpgその後「Dynamic EQ」は、ほぼ常用。

「Dynamic Volume」は、テレビドラマなどの2chのコンテンツではON。
元々ダイナミックレンジの広いパッケージソフトでは、瞬時に出る音の頭を押さえてしまう不自然さを無くすためにOFF。

「Dynamic Volume」をOFFににすることで、音圧は下がるわけですが、その分ボリュームを上げて全体の音痩せをカバーするようにしています。


以上、簡単に今年の振り返り。個人の備忘録でした。


訪問者さん、以前からのリピーターの皆さん、コメントいただきました方々、お世話になりました。

来年もより良きオーディオ・ビジュアルライフとなりますよう、お祈りします。



皆さんお待ちかねはこれ↓でしたか?
それとも来年出る高い方?

OPPO オッポ UHD4Kブルーレイディスクプレーヤー UDP-203JP

 

posted by shu at 16:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

サウンドスクリーン導入のシミュレーション。

唐突ですが、これを実行すると思われるのは早計ですよ。
個人的に考えてもみなかった案件なのですが、シミュレーションのご要望にお答えしたまでです。

120インチサウンドスクリーンを拙宅に導入するならばどういう感じになるのか・・という内容となっております。

そもそも何で、サウンドスクリーンなのか?
映画館と同じ音を通す特殊なスクリーンですから、スピーカーを覆い隠す形で設置出来るのです。
なので以下の懸案の解消がメリットとなるわけです。

・画面の下に置かれたセンタースピーカーの音、セリフと画面との一体感のずれをどうしても払拭したい。
・部屋に120インチが入ったとしても、左右にフロントスピーカーを置くスペースが取れない。
・同じ意味でフロントスピーカーの開き角度の設定が自由になる。


では現実的な設置の問題はどうでしょうか?

下の図面は、現在の拙宅のスピーカー配置に120インチのサウンドスクリーンを設置する場合のシミュレーションです。
赤い線、幅2660が120インチのスクリーンです。
60度配置のフロントスピーカーは、ほぼスクリーンで隠される形になります。
161223-2.jpg

では検証を。

まず、

・スクリーンの取付けは天井面となる。

これは最初の難関でしょうね。素人には難しい工事になるでしょう。

161223-1.jpg・当然、センタースピーカーの高さを持ち上げる必要がある。

普通に考えると、フロントスピーカーのツイーターと同じ高さに合わせることがベストなのでしょう。

しかし、その方法は考えなければなりません。(高めのスタンドを2組、あるいは棚状のもの?)

(青枠が120インチのイメージ。既設は100インチ。)

・フロントスピーカーの前に垂らしたスクリーンはその分、視聴位置に近づく

一方で、画面とほぼ同一面にスピーカーを並べる事で、映像との一体感は向上するかと思われます。

しかし、図面上での視聴距離は約1.9m。うーん、どーでしょう?

161223-3.jpg


図中Aの約40センチほどのスペース、これは音質のために部屋の角から離したゆえの空間ですが、これを妥協して詰めると、視聴距離はそれなりに伸びます。

その場合、この図面の位置関係のままですと大丈夫ですが、スクリーンの高さを見やすいように、もっと下げた場合、Bの部分でプロジェクターの光軸が視聴者の頭に掛らないように注意が必要です。

なので、Cのプロジェクターの投射位置は大画面になるほど高く設置する方が画面の高さの位置決めに余裕が出ると思います。

他の機種は知りませんが、エプソンのEH-TW8300の場合は投射打ち込み角がゼロなので、レンズシフトの使用は必須となります。
まさか今だに「レンズシフトはなるべく使うべからず」などという人はいないと思いますが。


みきつかささん、いかがでしょうか。
サウンドスクリーンまでをお考えならば、もうご承知の内容ではありませんでしたか?
ちょっと見た限りでは、サウンドスクリーンは90インチからあるようですが、その価格はまあご承知ですよね。


僕ですか?前にも書いたように、この部屋で理想のサラウンド配置を追求すると、90インチの普通のスクリーンにダウンサイジングで良いと考えるくらいですから、無いと思いますね。

以上、私見でのシミュレーションは肯定的な内容になりませんが、個人の趣味の世界のことです。

「それ要ります?」なんていう押し付けはいたしません。どうかお好きなようにやってください。(笑)



【送料無料】 キクチ科学 120インチ電動巻き上げタイプスクリーン イーストン サウンド・エコスクリーン E2SKE120HD 【メーカー直送・代金引換不可・時間指定・返品不可】

 

posted by shu at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | スクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

これまでと、この先。

今月までで、旧モデルのAVアンプユーザーに対しても、ようやくDTS:Xのファームウエアが行き渡った事と思います。

それと、最近になってデノンとマランツ製品に追加されたアップデートの内容がこちら。

161024-1.jpg待っていた、ドルビーのアップミックス「Dolby Surround」と、DTSの同じく「Neural:X」の相互乗り入れ再生が可能になったのです。

これは当該ユーザーしか知らないような話ですが、ヤマハで最初にDTS:Xのアップデートを受けたCX-A5100は、当初からこれが普通に可能だったのでした。

どうしてこういう不公平仕様となっていたのかは、ロズウェル事件並に謎です。

メーカーさんも僕らユーザー同様に振り回されたのでしょうから(と思いたいので)ここは説明が欲しかったのと言うのが本音でしたね。

個人的な細かい苦情はこの辺にして、その中身をAVR-X7200WAのサラウンドモード選択画面で説明します。

161024-2.jpg例えば、DTS-HD MA7.1収録だった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBDは、Dolby Surroundで再生出来るようになったわけですが、こちらの方がNeural:X再生の場合よりも、高さ表現と音場感が好ましく思いました。

雰囲気の微妙な違いがあるわけです。

161130-1.jpg一方、これはドルビーアトモス音声が入力された状態です。

これを見て、おっ!という気付きがありませんか?※
 
AVアンプ側のこの1画面で、ドルビーTrueHD、アトモス、TrueHD+Neural:Xの選択が出来るのです。

面白いとは思いませんか?

これを面白いと思う理由はもちろん、興味からの探求。聴き比べ。比較です。単純にどう聴こえるか。
チャンネルベース・サラウンドと、オブジェクトベース・サラウンドの違いのです。
むしろ大好物ですね。こういうのが。

しかし、『こんな比較いる?』っていう意見の人が居られたので、僕は一時、自分にシラケてしまいました。(でも、こういう興味と探求心が、このブログのこれまでの原動力なんですがね。)

具体的に書きます。
ドルビーアトモス収録のBDソフトでも、その作りがもう1つな作品が多いことは前から書いている通りです。
一方で、例えば映画「ピクセル」を非常に評価する人が居られます。しかし、僕の(再生環境での)印象はそこまで良くありません。

そこで、この画面の「TrueHD+Neural:X」を選択すると、その印象が好転する場面がありました。
インドのタージマハルが攻撃される場面、前後の音の移動感と上方の音の定位感が、むしろ明確になった印象を持ったのです。


161130-2.jpgちなみにこれは、DTS:X音声が入力された状態での、サラウンドモードの選択画面です。

こちらにはDTS-HD MA+Dolby Surroundの選択肢はなぜか無いのです。


これまでの、まとめ。
Dolby AtmosにしてもDTS:Xにしても、サラウンドはそれぞれの家庭で聴くものが全て。
それ以上のものは世間には無いと思っていた方が良いかも知れません。
ましてや人の感想など話半分。結局自分の好きにしたら良いのです。


さて、一段落・・個人的にはそう思います。

次は・・次、当分無いかも知れません。
少し休んで検索順位を下げたいかなとも思います。
あまり前に出たくありません。

プロジェクターはまだまだ。
UHD BDプレーヤー・・・ソフトが高いし時期尚早。
スクリーン周囲のブラックアウト?

天井スピーカー・・これの大型化?
その前に、設定等の見直しが目下の懸案。



・・あ、1つだけ提案です。

天井スピーカーの取付けにお悩みの方へ。

天井は無理でも、前後のハイトスピーカーならば楽勝の方法を見つけました。

「ディアウォール」というDIY用のアイテムを使うと、壁掛け可能なスピーカーならどうですか?
簡単、安価に出来ると思いますよ。(ディアウォールは今朝のNHKで紹介されていましたね)







※この気付き・・こういうのがわかる人、同意する人がいらっしゃるならば、今後も記事を書きましょう。



WAKAI ツーバイフォー材 2×4材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール 上下パッドセット DWS90LB ライトブラウン(薄茶) 棚・ラック・木製 【宅配便配送のみ】

 

posted by shu at 23:03 | Comment(12) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

DTS:X初期4タイトルのインプレ。

この秋、新型AVアンプの購入や、待ちに待ったというアップデートなどで晴れてDTS:Xの再生環境を手にした人も多いと思います。

ちなみにDolby Atmosはスピーカー配置を例えば、7.1.4で表しますが、DTS:Xではそのスピーカー配置を特定しないということで、7.1.4配置を11.1と表すようです。

161114-6.jpg 161020-4.jpg

Dolby Atmosに対抗してそのアナウンスだけを、どんだけ先行させたのかっていうDTS:X。
その肝心の対応ソフトが何本あるのか、意外にはっきり知らない人もまた多そうです。

なぜそうなったかと推測すると・・

・そもそも張本人のDTSが宣伝をしないこと。

・メディアが打つ、パッケージソフトのリリースニュースはUHDブルーレイだけを前面に出すかたちに移ってしまい、当該ユーザー以外はスルーまたは見落としている。

・ハードの普及自体にメーカー間の格差が付き過ぎて、その存在感が薄れた。(考えないことにした)

・一部のユーザーがその期待値をおとしめたこと。(僕自身か。笑)

・一番の問題はそもそもの弾数が少な過ぎること。

・・では、そのソフトの弾数は僕が知る限り5本。
そのうちの1本はUHDブルーレイの「インデペンデンス・デイ」
残りのブルーレイ4本を視聴しましたので、簡単な感想を書いておきます。

視聴はクリムゾン・ピークは2回。他は1回のみ、またはそれぞれシーンに限り2回といった程度。ほぼ初見の印象と思ってください。
オブジェクトの有り無しについては、後日観ると印象が変わる場合があるので、僕があてにならない、またはそれくらい微妙なのだと思ってください。

「クリムゾン・ピーク」
160602-1.jpg国内初のDTS:X作品の本作。
空間、空気感の表現には寄与している。
AVアンプの設定で7.2ch(天井スピーカー無しのDTS:X)を試したが、高さ表現は「天井スピーカー有り」には及ばなかった。

SEはスピーカーを離れることは無く、サラウンドサークルの外縁で鳴る。
よって空間定位するオブジェクトは無いという印象。

「ズーランダーNo.2」
161114-1.jpg冒頭から元気のいい低音を聴かせる。これでDTS:Xの低音もDolby Atmosに引けを取らないことが解った。

天井スピーカーは積極的に使うが、空間定位のオブジェクトは認められないか、印象に残るそれらしいシーンは無かった。(教会突入のシーンがそれらしかったが、違うと思う)

「マネーショート 華麗なる大逆転」
161114-2.jpgこの4作品の中では、イマーシブ云々で無さそうな作品だが、天井スピーカーの活用率は高い。

実は空間定位するオブジェクト、これが冒頭、クリスチャン・ベールが演じる人物の生い立ちのバックに流れている音で認識出来る。派手では無いけれども他の作品との違いは感じる。

「スノーホワイト-氷の王国-」
161114-3.jpgサウンド・デザインのイメージとしては好適な作品では?と期待したが、意外にも音の移動が少なかった。

高さ表現で天井スピーカーがたまに機能するが、「らしさ」の点では魔力で氷の壁を作るシーン以外、あまり感じられない。

ただ、フロントスピーカーからの直接音を感じないという、前からの音が面で鳴っているという印象を受けた。


以上4タイトルを観る限りでは、Dolby Atmosに対してどこがどう違うとかはありません。
天井スピーカー無しでも再生可能を謳うDTS:Xですが、4本を設置済みのうちの環境ではその天井スピーカーにもAtmos同様に音が振られています。
ただし、DTSは特定のスピーカー配置の規定が無いので、それぞれの配置ごと(家庭ごと)それなりの鳴り方になるということなのでしょうか。

この2年間通してオブジェクト・ベースサラウンドに触れて来ました。
Dolby AtmosにしてもDTS:Xにしても、多くのソフトは天井スピーカー仕様にリミックスしたチャンネルベースの11.1chの様ではないか。・・鳴り方を聴く分にはそう思います。


次回・・もう1記事書いて「シーズンHD」の括りで記事を終了、それで今年は最後になるかも知れません。


マネーショート 華麗なる大逆転【Blu-ray】 [ クリスチャン・ベール ]
ズーランダー NO.2 ブルーレイ+DVDセット(Blu−ray Disc)
スノーホワイトー氷の王国ー ブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】 [ シャーリーズ・セロン ]


 

posted by shu at 14:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | DTS:X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

ドルビーアトモス ホーム2周年。

BDソフト「ネイチャー」で家庭用のドルビーアトモスが国内でスタートしてから、丸2年が経とうとしています。
141109-1.jpg自身も天井スピーカーを2本の7.2.2ch環境でスタートし、5.2.4chを経て7.2.4chまで実践して来ました。

この2年間の印象なのですが、当初はもっとソフトが進化するはずだと思っていました。・・伸びしろがあるはずだと。
しかしソフト自体の出来は変わっていないように思います。

むしろその伸びしろの一部は、ユーザー自身に求められることに気づきました。
つまり、正しい基本セッティングを詰めることです。
至極当然なことのようですが、ドルビーアトモス(オブジェクトベースサラウンド)ではこのことが重要でした。

従来の5.1や7.1chの延長で、大まかな妥協型セッティングに天井スピーカーを足しただけでは、本来の音で聴けない可能性が高いです。

あらためてそのポイントを挙げておきます。

・スピーカー配置
ITU-Rや取説にある推奨配置を守ることです。フロントの60°は案外効きます。

・音量バランス
160221-4.jpgフロアスピーカーの前後の音量、それと天井スピーカー前後の音量、このセンターが視聴位置と合致するようにします。
この図は理想図で、視聴位置は部屋の真ん中近くにあります。

これらを押さえた上で、家庭用ドルビーアトモス2年間の体感評価はどうか?
苦労して天井スピーカーを取付けた、そのご利益はどれほどのものか。

個人的には、従来型の9.1ch(7.1プラスフロントハイト)や11.1ch(プラスフロントワイド)との比較で、2割増し程度だと思っています。

2割増しの満足度は人それぞれでしょう。現に当初から満足している人はいました。(過去の自前アンケートより)
しかし当初の売り文句では、6割増しくらいの期待を持たされましたから、個人的な評価は低い方です。

ただ単に「上から音がすること」を喜ぶならば、それで良いのでしょうけど、「オブジェクトベースサラウンド」とは本来そんな単純なものでは無かったはずでは?という思いがあります。

160610-2.jpg例えば、フロアスピーカーの2本または3本と、天井スピーカーの1本または2本を利用して、任意な空間にファントムを生成するというのがその理屈なはず。

しかし、最近では「イマーシブ・オーディオ」にその呼称をすり替え、オブジェクトという視点を外して誤魔化されたために、オブジェクトの有り無し云々を言うのは僕くらいでしょう。

正直、Z方向に音を足しただけにしか聴こえない内容のソフトが大半ではないかと思っています。
ドルビーアトモス ホームとは、結局こんなもの・・なのでしょうか。・・2年経っても。
・・いや案外こんなもので、これで満足すべきかも知れません。

これまで聴いた、わかりやすく移動するオブジェクトの例は・・

151122-7.jpg「ネイチャー」の波と滝の水しぶき。

「ONKYO&PIONEERのデモディスク」のハエが飛び回る音。

「パラマウント」オープニングトレーラーの星が飛んで行く音。

どれも単純な単一音源のみ?

映画の複雑な音響デザインでは、他の音に紛れてわかりにくくなってしまうのか。
それをわかった上だから作り込んでいないのか。

あえてこれらを強調するような画作り・・3Dのはしり「飛び出す映画」の様に、槍をわざと観客に突き出す不自然な演出の作品もなかなか無いだろうし。
故ロビン・ウィリアムズ主演の「フラバー」のような作品ならどうなるか、観てみたい気もします。

個人的には、今後も過度の期待は持たない方が良いと思うことにしています。
何か技術的フィーチャーの追加がない限りは。

一方で、「Dolby Surround」や「Neural:X」といった2つの汎用拡張サラウンドが手に入るという点で天井スピーカーを付ける価値があるというのが救いです。

DTS:Xについては、その名前のみが先行した割にソフトが無さ過ぎ。
ハードも含めてやっと漕ぎ出したかなという程度なのですから、後日また記事をあらためます。


「海」のシーンの波と「滝つぼ」のシーンは地味ですが、アトモスの見本の1つです。
ネイチャー【Blu-ray】 [ パトリック・モリス ]

 

posted by shu at 14:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | ドルビーアトモス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク