2010年01月31日

使用機器について更新

現在の使用機器の紹介と寸評を更新します。(2010年1月31日更新)


AVアンプ デノン AVC-3808A
      +
 電源ケーブル フルテック Absoluto Power-18
 
091008-1.jpg現時点でのスタンダード機であろうと考えた末に、08年10月にヤマハから乗り換えた。
結果として期待を裏切らなかった。何よりオンラインでアップグレードに対応し、発売から1年以上経過しても型落ちにならないのがいい。
アップグレードの追加機能も効果抜群である。

唯一のウイークポイントはあのリモコンの上部タッチパネルの使いにくさ。しかしそれを他で補って余りある高機能AVアンプ、大きな問題ではない。
オートセットアップに必要な時間は8ポイント計測で50分程度かかってしまうが、効果を考えると文句は言わない。
ちなみにサブウーファークロスオーバーの設定は合理的で、サブウーファーの位置が判るような鳴り方にはならないのが良い。
ヤマハのAVアンプがアミューズメント機ならば、デノンは実直な再生機、である。



BDプレーヤー マランツ BD7004
      
091231-1.jpg当然、再生専用機ならではの「優位性」を期待しての購入であったのだが、肩透かしを食ってしまった。

理由としては、レコーダーのBW730の完成度が予想以上だったということ。またDVDプレーヤーとは言え、以前所有のDV9600とでは品位の差(価格差10万)が現れてしまうのは当然であった。
結果、機器のグレードダウンは止むを得ない「つなぎ」の場合を除き、避けるべきだというのが今回良く解った。

ただ、本機のアナログ出力は使ってみる価値があるので(これしか取り柄がないとも言えるが)取り組んでみようと思う。



ブルーレイレコーダー パナソニック DMR-BW730
      +
 電源ケーブル オーディオテクニカ AT-PC500/2.0

091008-3.jpgやはりレコーダーはレコーダーである。HDオーディオの音は期待したほど鮮烈ではなかったと感じた。量感や芯のある音の再生は、専用機でないと荷が重い。

ここまでが、導入当初の感想であった訳だが・・。

現在ではこの意見は取り消さなくてはいけない。
ブルーレイディスクの再生については本機もしくは現行のレコーダーで十分にこなせるのである。

少なくとも、10万円クラスの再生専用機となんら遜色が無いのだ。それほどの完成度を既に有していたと言うことだろう。
リモコンは全体の形状が悪い。暗いシアター環境では上下の区別がわからない形をしているから、手に持っている内にひっくり返ってもわからないのだ。



スピーカー
 フロント     KEF iQ7   
 センター     KEF iQ6c
 サラウンド    KEF iQ1
 サラウンドバック KEF HTS2001.3
 サブウーファー  ヤマハ YST-SW800
 
091008-4.jpg言わずと知れたイギリスKEFのiQ。所有品は前シリーズの製品である。
見た目の違いは、タンジェリン・ウェーブガイドが無い事と、ウーファーのセンターキャップが突起状である事。
個人的に感じた新iQシリーズとの違いは、音の広がり感。所有品の方がそれが印象的だと感じた。

iQ1は唯一壁掛金具が用意されており、サラウンドスピーカーとしての設置には都合がいい。
フロントのiQ7のみで、DSPプログラムなど不要な広がり感ある音場が聴ける。
サラウンドバックには同じくKEFのサテライトスピーカーHTS2001.3を使用しているが、低音の再生能力を他のスピーカーと比較して、これがギリセーフと言ったところであろう。

これでサラウンドバックを常時鳴らす7.1ch再生において、違和感の無いシームレスな音場を体験できるようになった。

 

液晶プロジェクター 三菱 LVP-HC7000
      +
 シアターハウス シアターキューブ ワイド100インチ

090923HC7000-1.jpg念願のフルHD化を果たすため選んだ理由は、価格と専用ルームでの映画鑑賞に特化した製品という条件がマッチしたため。

ファーストインプレッションでは、AE700に比べても、さすがに明るさのインパクトは感じない。しかし情報量が違う。解像度はもちろん、色の数が違う。
DV9600から1080Pで入力したDVDの再生画像も今まで見たことの無い別物になった。
内臓スケーラーは評判通りで、ハイビジョンソースについてはDMR-BW730からの出力を1080i固定とした方が映像が滑らかである。

メーカーの違いはあるけれど、奇しくも700から7000にグレードアップとなった訳である。
 
スクリーンはコストパフォーマンス優先でシアターハウスのスクリーンに交換。シアターキューブは電動リモコンタイプが標準である。
表面は薄いグレーでキメ細かい。黒は非常に沈む。もちろんモアレは皆無である。

 

posted by shu at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使用機器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

「所有機器について」更新

現在の使用機器の紹介と寸評を書いておきます。(2009年10月9日更新)


AVアンプ デノン AVC-3808A
      +
 電源ケーブル フルテック Absoluto Power-18
 
091008-1.jpg現時点でのスタンダード機であろうと考えた末に、08年10月にヤマハから乗り換えた。
結果として期待を裏切らなかった。何よりオンラインでアップグレードに対応し、発売から1年以上経過しても型落ちにならないのがいい。
アップグレードの追加機能も効果抜群である。

唯一のウイークポイントはあのリモコンの上部タッチパネルの使いにくさ。しかしそれを他で補って余りある高機能AVアンプ、大きな問題ではない。
オートセットアップに必要な時間は8ポイント計測で50分程度かかってしまうが、効果を考えると文句は言わない。
ちなみにサブウーファークロスオーバーの設定は合理的で、サブウーファーの位置が判るような鳴り方にはならないのが良い。
ヤマハのAVアンプがアミューズメント機ならば、デノンは実直な再生機、である。



DVDプレーヤー マランツ DV9600
      
091008-2.jpgBDレコーダーの購入を機に存在価値がなくなると思われたが、とんでもない。

まず、当然のことながらDVDの音に限れば、再生品位が違う。
BDレコーダーでは代替できない。だから、BDレコーダーで再生するHDオーディオの音と、DV9600で再生するDVDソフトの音質の差はわずかでしかないと感じた。
HDオーディオは確かに物量的な優位は感じるが、レコーダーでは何か物足りない。
このクラスのプレーヤーを聴くとDVDソフトとの比較であっても、そう感じてしまう。
またAVC−3808経由の画質は微妙にテイストが変わり、より新鮮である。
さらにプロジェクターをHC7000にした事で、1080P出力活躍の機会がやっと廻って来た。スケーラーの出来はHC7000のそれと同等に見える。

ただし、付属の電源ケーブルはやはりウイークポイントであるからして、現在はAVC-3808の電源ケーブルを使用している。これでも十分効果の程が聞き分けられる。



ブルーレイレコーダー パナソニック DMR-BW730
      +
 電源ケーブル オーディオテクニカ AT-PC500/2.0

091008-3.jpgやはりレコーダーはレコーダーである。HDオーディオの音は期待したほど鮮烈ではなかったと感じた。量感や芯のある音の再生は、専用機でないと荷が重い。
リモコンは全体の形状が悪い。暗いシアター環境では上下の区別がわからない形をしているから、手に持っている内にひっくり返ってもわからないのだ。
現在、稼動のメインはWOWOW他、放送のエアチェックである。



スピーカー
 フロント     KEF iQ7   
 センター     KEF iQ6c
 サラウンド    KEF iQ1
 サラウンドバック KEF HTS2001.3
 サブウーファー  ヤマハ YST-SW800
 
091008-4.jpg言わずと知れたイギリスKEFのiQ。所有品は前シリーズの製品である。
見た目の違いは、タンジェリン・ウェーブガイドが無い事と、ウーファーのセンターキャップが突起状である事。
個人的に感じた新iQシリーズとの違いは、音の広がり感。所有品の方がそれが印象的だと感じた。

iQ1は唯一壁掛金具が用意されており、サラウンドスピーカーとしての設置には都合がいい。
フロントのiQ7のみで、DSPプログラムなど不要な広がり感ある音場が聴ける。
サラウンドバックには同じくKEFのサテライトスピーカーHTS2001.3を使用しているが、低音の再生能力を他のスピーカーと比較して、これがギリセーフと言ったところであろう。

これでサラウンドバックを常時鳴らす7.1ch再生において、違和感の無いシームレスな音場を体験できるようになった。

 

液晶プロジェクター 三菱 LVP-HC7000

090923HC7000-1.jpg念願のフルHD化を果たすため選んだ理由は、価格と専用ルームでの映画鑑賞に特化した製品という条件がマッチしたため。

ファーストインプレッションでは、AE700に比べても、さすがに明るさのインパクトは感じない。しかし情報量が違う。解像度はもちろん、色の数が違う。
DV9600から1080Pで入力したDVDの再生画像も今まで見たことの無い別物になる。
内臓スケーラーは評判通りで、ハイビジョンソースについてはDMR-BW730からの出力を1080i固定とした方が映像が滑らかである。

メーカーの違いはあるけれど、奇しくも700から7000にグレードアップとなった訳である。
 

(とまあ、ここまでで完成かと思われたんですが・・・。)

 

posted by shu at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 使用機器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

使用機器の紹介

現在の使用機器の紹介と寸評を書いておきます。

AVアンプ デノン AVC-3808アップグレード
      +
 電源ケーブル フルテック Absoluto Power-18
 
現時点でのスタンダード機であろうと考えた末に、昨年10月にヤマハから乗り換えた。
結果として期待を裏切らない物件。何よりオンラインでアップグレードに対応し、発売から1年以上経過しても型落ちにならないのがいい。
アップグレードの追加機能も効果抜群である。
唯一のウイークポイントはあのリモコンの上部タッチパネルの使いにくさ。しかしそれを他で補って余りある高機能AVアンプ、大きな問題ではない。
オートセットアップに必要な時間は8ポイント計測で50分程度かかってしまうが、効果を考えると文句は言わない。
ちなみにサブウーファークロスオーバーの設定は合理的で、サブウーファーの位置が判るような鳴り方にはならないのが良い。
ヤマハのAVアンプがアミューズメント機ならば、デノンは実直な再生機、である。


DVDプレーヤー マランツ DV9600

BDレコーダーの購入を機に存在価値がなくなると思われたが、とんでもない。

まず、当然のことながらDVDの音に限れば、再生品位が違う。
BDレコーダーでは代替できない。だから、BDレコーダーで再生するHDオーディオの音と、DV9600で再生するDVDソフトの音質の差はわずかでしかないと感じた。
HDオーディオは確かに物量的な優位は感じるが、レコーダーでは何か物足りない。
このクラスのプレーヤーを聴くとDVDソフトとの比較であっても、そう感じてしまう。
またAVC−3808経由の画質は微妙にテイストが変わり、より新鮮である。
ただし、付属の電源コードはやはりウイークポイントである。
 

ブルーレイレコーダー パナソニック DMR-BW730
      +
 電源ケーブル オーディオテクニカ AT-PC500/2.0

やはりレコーダーはレコーダーである。HDオーディオの音は期待したほど鮮烈ではなかったと感じた。量感や芯のある音の再生は、専用機でないと荷が重い。
リモコンは全体の形状が悪い。暗いシアター環境では上下の区別がわからない形をしているから、手に持っている内にひっくり返ってもわからないのだ。
現在、稼動のメインはWOWOW他、放送のエアチェックである。



スピーカー
 フロント     KEF iQ7   
 センター     KEF iQ6c
 サラウンド    KEF iQ1
 サラウンドバック KEF HTS2001.3
 サブウーファー  ヤマハ YST-SW800
 
言わずと知れたイギリスKEFのiQシリーズの前モデルである。
iQ1は唯一壁掛金具が用意されており、サラウンドスピーカーとしての設置には都合がいい。
フロントのiQ7のみで、DSPプログラムなど不要な広がり感ある音場が聴ける。
サラウンドバックには同じくKEFのサテライトスピーカーHTS2001.3を使用している。

 
液晶プロジェクター パナソニック TH-AE700
 
現在各社液晶プロジェクターのお手本になった、エポックメイキングなモデルだと思う。
720Pでコントラスト比も現行機と見比べると間違いなく見劣りするはず。しかし現状でもハイビジョンの鑑賞に不満は無い。
もちろん将来的にはフルHD対応機が欲しい。


 

 

posted by shu at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使用機器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク