2007年10月15日

ホームシアター歴

近年最も情熱を傾けている趣味といえばホームシアターという事になります。

と言っても常に新製品を購入しているわけではないです。
以前オーディオの専門誌と言うかその手前の紹介誌のような雑誌の中で「専用ルームでホームシアターなんていったい何の仕事をしている人なのか?」というような記事を見ました。

確かにそんなレベルの人もいるとは思いますが、今は若い女性でも独り暮らしのマンションでホームシアターを実践いている人がいるくらいです。
(あっ。この人、医療関係らしいです。僕よりお金有るか、うらやましー。)

Bライフの僕の場合は車にかけるお金をあきらめてこちらに廻すという犠牲を払っています。

そんな感じで、ホームシアター歴は20年近くになりますか。

最初は29インチのTVを使って、ソフトはWOWOWエアチェックと、レーザーディスクでした。当時はNECがサラウンドプロセッサーや、スーパーウーハーを作っていてそれを使っていました。

当時はドルビーサラウンドはあっても、ドルビープロロジックがまだ無く、センタースピーカーも無かったころです。

今は逆にドルビープロロジックって何?くらいなモノでしょうけど。

その後スクリーンに発展したのは10年前。実は自宅の建て直しで、専用の部屋が作れたからです。ちなみに防音工事は一切して有りません。

それ以前の家は一戸建ての貸家のように小さな家で、専用の部屋はおろか自分の居場所さえ・・・という様な感じだったので、まあシアタールームなんて夢のような出来事ですよね。

でもこの辺ぐらいが僕の絶頂期だったのかもしれません。

 

posted by shu at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク