2008年10月27日

ドルビーTrueHD初聴きの感想

HDオーディオに対応するため、BW730とAVC-3808を購入して
3週間ほど経ちましたので、ぼちぼち感想などを書いて行きます。

まず、一番肝心なHDオーディオの「音」はどうなんだい?って話ですが、初めてのブルーレイディスクには「バンテージ・ポイント」という映画ソフトを購入しました。

 バンテージ・ポイント(Blu−ray Disc) / デニス・クエイド

このソフトにはドルビーTrueHD音声が収録されています。

B.jpg

それでは期待を込めてトレイにディスクをセット。

・・ローディングには少し時間がかかるようです。

メニューから本編再生を選んでさあ、いよいよ待望のHDオーディオが聴ける!

『・・・ん。あれ。・・』

3808のディスプレイにTrueHDのインジケーターが点灯しないんだけど??

『なんで?』

『BW730のデジタル出力はビットストリームになっているはずなんだけどなぁ』

そこで3808のGUIから現在の入力をチェックして見ると、
やはり入力されているのは、ドルビーデジタル音声です。

それじゃあ、送り側の設定が違っているわけです。

ここでBW730の取説を見直してみました。

『ああ、これか。』

音声のデジタル出力のビットストリーム、PCMの切り替え項目の下に、BDビデオ副音声・操作音の入、切という項目があります。

これを「切」にしないと、「ドルビーデジタルに変換される」とあるではないですか。

ここの設定が購入時は「入」なんです。
それでドルビーTrueHDが出力されなかった。と言うわけです。

最新フォーマットを使うにあたって、最初の洗礼だったわけですね。

みなさんも気をつけてください。


やっと、ドルビーTrueHDが聴ける設定ができました。

さあ、その「音」なんですが、


うーーん・・。

・・?

それがですね、確かに良い音なのですが、こんなものだったかなぁ。と言うのが正直な感想なんです。

DVDやLDで、ドルデジより音がいいDTSを初めて聴いた時の感じですか、その程度の印象なんですね。

ドルビーTrueHDがです。

もっと「はじける様な高音質」が僕が最初にHDオーディオを聴いた時からのイメージだったものですから。

もっとも僕が試聴会で聴いた時の環境はAVアンプがデノンのフラッグシップにスピーカーがPMCのシアター定番モデル(型番失念)でしたから、印象が違うのかな。

しかし、「バンテージ・ポイント」だけ見た(聴いた)だけで判断するのはどうか?

(2009.9.4追記します。現在では3万円台前半のBDプレーヤーがBDレコーダーを映像、音声共に上回っている模様。所詮、「レコーダー」の実力では上記の印象でもおかしくは無かったと思います。それと僕自身の期待も大きかったが故の感想でした。)

DTS-HDマスターオーディオの方はどうなのか?

それじゃあ、ソフトを買いまくって、確認しよう。・・できませんよ。

じゃあ、レンタルしまくって。・・レンタルは嫌いです。


とりあえず、「ダークナイト」を予約しときました。

(!! 12月の発売じゃねーか。)



えーと、冗談はともかく、ソフトでの違いやドルビーとDTSの違いもあるでしょう。
この辺は後々のお楽しみということにします。

この話、あくまで僕の印象がそうだったと言うだけですから。
音質の向上は間違いないですけどね。

「AVアンプまで買い換えた意味あるの?」みたいな質問ですか?

考えようによっては、ブルーレイソフトの「音」だけ飛び抜けて良い。ということでなくて良いのかも知れません。

どういう事か?

たとえばAACの音質は非常に良くなってきたのですが、これと比べてHDオーディオが圧倒的に良かったとしたら?

WOWOWなどのHD放送の価値や、楽しみが半減しかねない。

僕はそう思いますけど。

バンテージ・ポイント (Blu-ray Disc)



 

posted by shu at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDオーディオ導入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

HDオーディオ準備OK!

あーそうか。

こうなってるんだ。ふーん。

なるほどね。

おぉーっ。いいねー。

えー。なんだこれ。

そーゆーことかぁ・・・。



!!・・あ、どうも。こんにちは。管理人のshuです。

何を書いてるのかって?

新しい機械はいいですよねー。そう、4年ぶりのAVアンプですよ。
AVアンプは機能がてんこ盛りですから、内容の把握だけで数日要さないですか?

今までに無かった新しい機能とかが付いてるとうれしかったり、逆に使い勝手や説明不足の点に気が付く事もありますが・・。

もったいぶりました。
HDオーディオの実践のために僕が選んだAVアンプはこれです。
           ↓↓↓
3808入手.jpg AVC−3808ラック.jpg

なんと、デノンのAVC−3808です。一応新品ですよ。

!!

「ちょっと待てよ。」
「あんたこの前ヤマハのAX3900がいいとか言ってなかった?」

なんて、一人くらい突っ込む人がいるかもしれませんが、気が変わったと言うか、折り合いをつけたんです。

「最近までお金が無いとかヒイコラ言ってなかったか?」

もっと突っ込まれそうですが、

実は8月で負債の返済が(AV機器のです)終わりましてね。
また悪循環を踏み出すわけですが・・・。


そもそも、何でこの時期にデノンの3808なのか?

確かに、AVC−3808は発売後1年を経過し、後継機を待っている人もいる事でしょう。
しかし、現状でのベストを選択したと言う事です。

以下が、選択を決定した要素です。

・価格がこなれてきている。
・AX3900を購入するとしても、入手できるのが12月では先が長い。
・ヤマハの音が予想できてしまう。(飽きてきたのが本音)
・そろそろ他社のAVアンプが使ってみたかった。
・シネマDSPは嫌いではないが、プログラムが多すぎて逆にこっちが遊ばれてしまう。
 (あっちこっち切り返えし過ぎてしまう)
・ショップで、KEFには合うと言われた。
・AVC−3808がファイル・ウェブの所有者リストで、人数がダントツである事。
・意外なところで入手でき、(家電量販店)安かった。
・後継機は原材料の高騰により、コストダウン(部品ランクを落す) の可能性が有るかも。
 というショップの話。
・今後の使用に応える、遜色の無い機能を備えている。

といったところなのですが、要はコストパフォーマンスですね。

何年か前の僕でしたら、型落ちになりそうな製品は買いませんでしたが、分相応をわきまえると言う事です。

結局、これならばスタンダード機として新旧関係なく使えるのでは考えています。


さて、肝心の「音」ですが。

やはり違います。最初の音出しですぐに判りました。

第一印象は音像に奥行きを感じました。ヤマハはカァーンと前に出るような感じでしたから。

最初の感想はこうですね。もう、すぐにこの音に慣れてしまいますから、最初の印象がヤマハとの違いを表していると思います。

DSPプログラムや、それに効果的なプレゼンススピーカーが無くなったわけですがそう寂しくは感じません。

むしろ音の移動は明確になり、(特にサラウンド左右間の移動)サラウンドチャンネルの音場も量感も豊かです。

DSPプログラムは音のディテールを損なっていたようで、今まで聞こえない音が聞ける感じはします。

しかしヤマハと比較し、オートセットアップが時間を食うのと、ユーザーインターフェイス(取説も含め)について解り難い部分が指摘されると、そこは弱いところですね。

初めて他社のAVアンプを使用してみるのですが感想として、ヤマハは使い勝手や楽しみと言う点で、初心者から万人向き。

対してデノンは、僕らみたいに四の五の言いだす年季の入った、マニア向きというところでしょうか。

結局、素に近いモノを求めだすのかもしれません。

さあ、お楽しみのブルーレイソフトですがまだ入手してません。
まだDVDからおさらいしてますので。
(3808をいじり倒してます)


まあ、ぼちぼちやって行きます。

【送料無料】★DENON AVサラウンドアンプ【税込】 AVC-3808-SP [AVC3808SP]


 

posted by shu at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDオーディオ導入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ついに動きました。BDレコーダー?

私事ですが、(ブログだから当たり前)ここ一週間の間に大きく動きました。

何が

HDオーディオ導入の件です。

730.jpgはい、実はブルーレイプレーヤーに惹かれるとか言っておきながらですね、

レコーダーを買ってしまいました。
パナソニックのDMR-BW730です。


最初の考えでは11月に出ると言うパイオニアのブルーレイプレーヤーのBDP-LX71あたりを買って、レコーダーはDVDモデルで間に合わせようと思っていました。

しかし、トータルコストの問題と(AVアンプを含む)BW730が思ったより安かったんですね。

ホントはね、プレーヤーの方がいいと思いますけど、現状では分相応とわきまえます。


それにしても、やっぱりと言うか、BDプレーヤーは11月の発売予定でしょ?
それなのにどうですか、専門誌の絶賛ぶりは。

僕が前にここで書きましたけど、プレーヤーが出始めるとレコーダーなんか見向きもしなくなるって。

まあ市場の方は冷めた見方をしているのでしょうけど。
(レコーダーしか売れないと)
マニアの事情とは違いますよね。


ところで、BW730のレビューです。

と言っても基本的には専門誌見ていただいて、おおよそ雰囲気ご存知でしょう。

僕もまだ10日くらいしか使ってませんので、今の時点で気が付いた所くらいを書きます。

売り場でよく見ると上位機の930、830とでは外観上、わずかな違いがつけられています。
まずカタログ上でもすぐに判るのは、「足」ですね。
930にはそれらしいモノ(たぶんプラスチックの装飾物だと思いたい)が付いていますが、
830と730は小さいゴムパットのみです。

現物を見比べて判ったのはフロントのパネル部分の上部、HDMIとかのロゴなどが並んでいる部分。
730だけツヤ消しで、上位機はツヤが有ります。

しかし前モデルBW700のように、映像出力(24Pなど)出力されない事も無く、
大きくはHDDの容量差のみと言えなくも無いです。
ですがBW930のみオーディオ用のコンデンサー等が使われていて、専門誌もBW930だけを音がどうのと、評価対象になるのは歯がゆい部分だったりします。

でも僕らはこれをそのまま使ったりはしないです。
まず、「足」ですが別の物を使います。

730足部.jpgこれはJ−1プジェクトのタイプSと言う見た目はゴム足なのですが、軽量機器の防振用インシュレーターです。残念ながら現在市販品を見つける事ができませんがハネナイトなどのゴム系インシュレーターが使えるかもです。

で、これで何が変るのか?
音の重心を下げられる。
映像のコントラストが向上する。
・・ような気がする。!?   (今度、ちゃんと確認してみます)

まあ精神的安心感も得られますよ。

この手のインシュレーターを使う時は機器の底面が必ずしも
平面では無く、段差が有りますので注意しないと傾いてしまいます。
(本機もそんな形状で、最初傾けてしまいました)


もう1つ、もっと確かな定番アイテムがあります。
電源ケーブルですね。
BW730に付属の物はひょろひょろですので、しっかりした物に交換します。
今、オーディオテクニカのAT-PC500/2.0が届くのを待っていますので、追って記事にしたいと思います。


ところでHDオーディオの「音」の方はどうなってんの?

と言う質問ですね。(だれもしないか)

これも手配してあります。

!・・!!・・・AVアンプ?

次の投稿では紹介できるでしょう。

ヒントは、「さらばプレゼンスSP」です。

 Panasonic/パナソニック 320GB HDD内蔵 ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー ブルーレ...




 

posted by shu at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDオーディオ導入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク