2016年10月16日

EH-TW8300?の導入シミュレーション。

『買うんだ!』って思われるのは早計ですよ。(笑)



もう何年もプロジェクターに関して触れていないので、シミュレーション記事だけでも書いておこうというわけです。

初めてのプロジェクター導入を考えた時に、EH-TW8300Wに決めた前提で検討するのは以下の事ですね。

1.スクリーンのサイズ
2.設置位置
3.設置方法
4.ワイヤレスが必要かどうか?

順に見てみます。

1.スクリーンのサイズ

多くの人の心情としては、スクリーンのサイズを部屋の大きさから選択すると思います。
『何畳だから120インチまで入る』ってやつです。
ショップでもまず、大きい方を勧めるでしょうね。(少しでも単価が大きい方が儲かる?)

でも僕の最近の考え方は、スクリーンのサイズを部屋の大きさでは決めません。

その根拠としては、前に書いた記事を見ていただくのが良いのですが、賛同される人が3パーセントくらいいらっしゃるかどうかでしょうね(笑)
特に初心者さんには無理もないことで、大は小を兼ねる。せっかくなら大きい方で。あとで後悔するかもと考えたくないとか・・。

2.設置位置

スクリーンの大きさとプロジェクターのズーム、レンズシフトの性能で、設置位置はおおよそ決まります。

それは視聴位置の前か、後ろか、横かの3択でしょう。
プロジェクターで注意すべきは、小さく映す方が難しいことですが、EH-TW8300のズーム機能には余裕があるので問題になり難いでしょう。

3.設置方法

天吊りか、高い位置の棚置き、または床か、低い台などに置くという選択になります。
生活動線の問題や、視聴位置にプロジェクター本体がかぶらないことは当然として、投射光軸が視聴者自身でケラれない(自分の頭などの影が映らない)位置を考慮して決めます。

工事の難易度を考えると、後方の壁際に置いた高い位置の棚に置くというのが無難です。
部屋の真ん中の床置きや、低い台の上の場合、電源ケーブル等の配線が邪魔になるという問題があります。

天吊りは、金具取付けの関係で本体が逆さまになりますが、EH-TW8300には投射打ち込み角がありませんので(上下オフセットがゼロ)高い棚に置く場合は普通にそのまま置いて、画面位置の上下合せは広範囲仕様のレンズシフトで賄えるはずです。

161016-4.jpgこれは現在所有の三菱LVP-HC7000。2009年ものですから、古いは古いですけどね。
アングル棚に吊った形にしてあります。

EH-TW8300はこれより大きくて重量も4kg増しの11kgありますから、上に書いたように無理して逆さ吊りする必要がないのは助かります。


4.映像伝送のためのワイヤレストランスミッターが必要かどうか?

記事タイトルの、EH-TW8300の後に?がついているのはこの意味です。
つまり、EH-TW8300WかTW8300か?
Wが付いている方が、なんだかネームバリューがある?

常設で動かさない条件で、設置位置が決まっている場合には迷う必要がないと思います。
EH-TW8300Wは相当大きなプロジェクターです。観る時に出して来るという使い方は非現実的でしょう。

そもそも、「ワイヤレストランスミッターの通信可能な範囲」というものがあります。
カタログを元に、うちの部屋の図面にその範囲を書き入れてみました。

まずは、高い位置の棚置きを想定したの場合の通信範囲を赤色で囲ってあります。
161016-1.jpg

こちらは天吊り同様に上下を反転させた場合の通信範囲を緑色で囲いました。
161016-2.jpg

そして平面図。
Aの棚置き時の通信範囲は部屋の前方のみ。
Bの天吊りだとほぼ視聴位置の後ろ辺りからカバー。
(60°と45°の関係は天吊りだと反転するはずと思います。)
161016-3.jpg

これらを見ますと、トランスミッターを置く位置は、ほぼプロジェクターと対面側(スクリーン側)となります。
つまり前側にラックを置いている部屋ではベストなわけですね。
こういう環境ではHDMIケーブルが相当の長尺になってしまいますから、ワイヤレス伝送は大いに有用でしょう。
この場合、AVアンプとトランスミッター間には、最短のHDMIケーブルを使いたいところです。

一方で、AVアンプが視聴位置の後方にある、うちと同じような環境ではトランスミッターが通信範囲に収まる位置までHDMIケーブルを伸ばす必要があります。

ただうちの場合は、プロジェクターまで5メートルのHDMIケーブルが届きます。
敢えてワイヤレス仕様を選択する必要もないということです。


以下参考です。コストを見比べました。

ワイヤレストランスミッター有り無しの差は3万円くらい・・
対応のHDMIケーブルはVer 2.0で、18Gbps伝送が可能な仕様という条件で、例をワイヤーワールドの「Ultraviolet 7」とすると、1mの価格は、29,800円。

よって、ワイヤレス仕様EH-TW8300Wの映像接続コストは、トランスミッター込で約6万円。

ただし、EH-TW8300Wに付属のHDMIケーブル2mを使うと、約3万円。


一方、接続をHDMIケーブル直結とした場合、

「Ultraviolet 7」の5mの価格は、53,000円。
トランスミッター無しならマイナス3万円。

よって、ワイヤレス無しのEH-TW8300なら、映像接続コストは23,000円。


さて、いつ買う?

そんな急ぐ必要もありませんよ。
ソフトはお高いし、プレーヤーさえ出揃ってませんから。

それに個人的に、この辺りでリミッターが掛かっています。
普通に生活しなきゃあいけませんから、もうちょっとウェイトですね。

映像も良いですが、追求すべき優先度を音に置いているのはご存知の通りです。


EH-TW8300 EPSON[エプソン] 4K対応 液晶プロジェクター

 

posted by shu at 11:14 | Comment(8) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

現実と向き合う。

現実と向き合う。何のことでしょう。

何に対して向き合うのか?
それは良いイメージのもの?悪いイメージのもの?

一般的には「悪い現実と向き合って解決策を練る」でしょうか?

・・なんだか裏ブログのネタみたいになってますねえ。


と言う事で、僕が直面する悪い現実とは、幾つかある中でもこれ。

まあ見てください。


これはスクリーンの画面を映したもので、LVP-HC7000の投射画面です。
判りますか?中央付近の縦じまですよ。上の方は等高線の様になってます。

091025-1.jpg

091025-2.jpg

そう、モアレってヤツです。
下は上の画像の拡大です。

091025-2-1.jpg

ジャストフォーカスにするとこれだけ出ます。
暗い画面では目立ちませんが、明るい画面ではてきめんに発生します。
特にビデオ映像では見るに耐えません。

091025-3.jpg

これが現象を実写化した貴重な写真です(そうかな)

原因はスクリーンの網目が粗いため。
これは10年前のキクチのスクリーンで、ホワイトマットの4:3でWSR-100というタイプ。
この時代のものは現代のフルHDプロジェクターの使用には対応できない事があるようです。

対策はあるのか?

フォーカスをあえて甘くする。
良く言えばソフトフォーカスにする。
ズームとレンズシフトを微調整して画面の位置を微妙にずらす。
そうすると少なくはなります。

以前、144万画素程度の液晶プロジェクターの時代には、ドットの粒々を目立たないようにするため、採られたこともある手法です。
当然映像はボケボケになりました。
現代のフルHDプロジェクターでは、シャープネスを落とした様な感じに収まるのですが、フルHDの恩恵が得られなくなる?

話がそれますが、パナソニックのプロジェクターのシネマモードは、あえてシャープネスを落とした絵柄になっていました。
他社TVのシネマポジションもだいたいそういう傾向ではありますね。


現実に戻ります。


「このままソフトフォーカスで行くのかい?」
「モアレを無くすとかなりボケますぜ、旦那」


「それにイマイチ全体になめらかさがねえってか、ざらざらして見えまさあ」


・・スクリーンの表面が粗いせいなのか?


「そうかも知れませんぜ」


じゃあ、どうすりゃあいいってんだ。(何で時代劇調?)


「そりゃあ旦那、」


・・・



マスク付チェーンブラックWHD 2214

 

posted by shu at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

LVP-HC7000設置レポート4

LVP-HC7000の設置レポートも今回が最終です。

設置レポートじゃあ無くて、インストールレポートの方が格好良かったかなあ。

さて、アングルのスチールラックにばら売りのアングルを2本付けてHC7000の取付け部にするいうのが、前回までの記事。

それでは本体をどうやって取り付けるのか?
純正の金具?でもいいですが、お高いです。便利な汎用金具も出ていますが、それでも高価です。

090923-1.jpgそこで考えたのが、アングルの長さ30センチを組合せる。
そして、天吊り用の取付けネジ穴に合わせ、L型の金具を取り付ける。
ここまでは加工もいりません。すべてネジ止めです。
部材はホームセンターから調達。費用は、3000円も掛からないはずです。

そう、これの組立て寸法を事前にCADで確認したわけです。

こういう枠が出来上がります。

090923-2.jpg

これをHC7000にネジ止めするとこんな感じ。

090923-3.jpg

ちなみにネジはM4が3箇所。ちょっと細いので頼りない気もします。
でも汎用金具などはこれだけで取り付けるはずなので、大丈夫と思いますが・・。

しかし、純正金具には他にサポート金具なる物が付いている模様です。
一応これに相当する物も付けてみました。
(本体のサイドをL型金具で抱え込む形)


実はこのサポート金具4個だけは市販品で対応できず、勤務先でちょっと曲げ加工をしています。
(はい、ベンダーなる機械があります。5分で出来ます。役得です。笑)

そしてこれを例のアングル棚の2本の間に落とし込むと言うか、差し入れる形でネジ止めし、完成となります。

090923-4.jpg

最後にこのままでは、ちょっと重量バランスが危ないので、アングル棚を隣にある衣装キャビネットと、壁との2方向でネジ止めしてあります。

以上がHC7000の設置に関する全貌でした。

実はやはり、レンズシフトを出来るだけ使用しないよう、もっと下に取付ける事も考えましたが、現状でも髪の毛が触るくらいの高さです。
まさかクローゼットに入るのにプロジェクターを毎回くぐる訳にも行かず、そこは理性をもって留まりました。(笑)

090923HC7000.jpg

最後に大事なことをお伝えしておきます・・。
ここで紹介した方法はあくまでも個人の責任に基づいて行ったもので、これが原因でプロジェクターが落下、あるいは別の故障を生じてもメーカーの保障外となることは覚悟しなければなりません。

真似しても結構ですが気をつけてください。あしからず。


・・ところで、HC6800が発売になっています。違いは明るさとコントラスト比。
HC7000では暗いと言う人がいると思います。
AE700から比べても確かに「明るさ」のインパクトはありませんので、
そういう人にはHC6800の方がいいと思います。

一方、HC7000は映像の深みが違うのです。

MITSUBISHI(ミツビシ) LVP-HC7000 液晶プロジェクター
タグ:LVP-HC7000

 

posted by shu at 11:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

LVP-HC7000設置レポート3

このHC7000関連の記事もなんだか、需要があんまり無いようなのでこの連休中に完結させようと思います。

プロジェクターの設置でのポイントとして、レンズの位置ってのがあります。
レンズが本体の左右どっち側に付いているかって事です。

中央に付いていた方が位置決めが簡単には違いないと思います。

大抵は向かって右に付いている方が多いように思います。

これが部屋の造作や家具のレイアウトなどによってプロジェクターの
ベストな置き方を考えた時に結構影響します。

それはレンズの位置を優先すると、レンズと反対側の筐体部分が人の動線を邪魔したりするからです。

その場合には本体を上下逆にして設置することも考えなくてはなりません。

そこでウチの場合ですが、前回書いたように、視聴位置のすぐ後ろに棚置きするスペースが取れません。

なので、
「頭上に天吊り」か、
後方のウォークインクローゼットの中に「棚置き」にする。
そのどちらかです。

ちなみに「床置き」は選択できません。自分の居場所と被ってしまうからです。

天吊りでは専用金具と天井の補強(下地入れ)が必要です。
これでは大げさになるし、取付け後の圧迫感も無視できないでしょう。
それに、レンズシフトがいっぱいでも足りずに、キーストン補正まで使わざるを得なければ、さすがに画質の劣化は無視出来ません。

なのでプロジェクターの天吊りに関しては過去にも考えたことは無かったです。

と言う訳で、ウォークインクローゼットの中の棚に置く。しかも出来るだけ低く。(頭に当たらない高さで妥協です)これで行くことになりました。

090922.jpg具体的には「棚に置く」では無く、「棚を利用して吊る」わけです。

「吊る」理由とすれば、本体を上下逆さまにしないと、スクリーン横手方向のセンターに合わせられないからです。

方法としてはアングル棚をこの写真の様に組みます。

上部2本の突き出したアングルが、プロジェクターの固定部分になります。


(下に見えてるのは前任のTH-AE700で、設置方法の理屈は同じ)


以降は次回につづきます。


【スチール棚】 NC-875 5段 グレー 70kg/段W87.5×D45×H180cm

 

posted by shu at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

LVP-HC7000設置レポート2

評論家の方々はまず、理想ありき。なので実状に合わない(出来ない)事をおっしゃる。

たとえば「5.1chのスピーカーケーブルはすべて左右の長さを揃えよ」とか。

そして、プロジェクターの設置についてもこうおっしゃる。
「レンズのセンターとスクリーンのセンターを合わせよ」
また、「レンズシフトは微調整の為に使うのみ」

つまり、レンズシフトは使うなと言うのです。

無理な相談です。

最近のプロジェクターはむしろレンズシフトを使うことをもはや、前提にして作られているのではないかと思うのです。
なぜなら、「打ち込み角」がゼロなのです。

打ち込み角とはレンズシフトの無いプロジェクター、あの3管式などがそうでしたが、床置きで投射できるように画面位置をレンズのセンターから高さ方向にずらしてありました。
このずれ角のことを言います。

打ち込み角がゼロということはプロジェクターはスクリーンの真正面で、上下位置も真ん中に来るという事になります。
スクリーンの大きさ、部屋の広さによりますが、スクリーンのセンターは床から1200ミリ前後ではないでしょうか。
という事は、ソファに座った視聴者の頭の上をぎりぎりかすめるような高さとなります。

上下のレンズシフトを使わないとこうなる訳です。

左右のレンズシフトについても、家具の配置や間取りの関係上、使わざるを得ない場合が当然出て来ます。

最近のプロジェクターは設置の自由度を得るためにあえて打ち込み角をゼロとして、シフト量を上下に大きく持たせているものと思うのですが。

しかしあえてレンズシフトを使わずに(最小限で)設置する方法はおそらくひとつだと思います。

専門誌で見かける、視聴者の真後ろに棚を置いてそこに設置する方法。
ほとんど脳天の辺りからという、投射スタイル。

これが投射画質の理想を追求した設置ですが、当然プロジェクター本体が近くなると、ファンの音が気になる、光漏れも。
そしてあまり言われませんが、ファンからの排気はかなり高温です。温風が気になる事も予想できます。


そこで我がシアターの場合は、です。

前回も書きましたが、HC7000の左右レンズシフトはほとんど動きません。
そのため、クローゼットの入り口を塞いでしまう事に。
だから、上記のような理想の位置での設置は、現実的に無理なんです。

090920.jpg

ではどうするか?・・次回につづく。

明るい方がイイ。という人は(結構いると思う。僕は違います)こちら↓

【送料無料】1300ルーメンの高輝度を実現したフルHDホームシアタープロジェクター三菱 LVP-HC6800

 

posted by shu at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク