2017年07月30日

スピーカーケーブルの配線事情。

 暑中お見舞い申し上げます。

 最近、別の事にも時間と関心を移しておりまして、シアターの機器にも、うっすらホコリが乗っているという始末でありますから、(笑)更新の方もご無沙汰となっております。

それでもなんとか更新しようにも、最新トレンドの映像関連ネタは持っておらず・・。
仕方ないので今回は、これまでお見せしていない部分を取り上げてみました。

 スピーカーケーブルの配線・・ただでさえスピーカーが多くなりがちなホームシアターでは、悩みの種かと思います。

これをどんなふうに美しく隠蔽しようかと、お考えの方もいらっしゃることでしょう。
特に新築では壁内配線を考えると思いますが、これについての考えはあとで書きます。

160515-3.jpg さて、拙宅ではと言いますと、基本的にがっつり隠蔽をしているわけではありません。

一部は見えています。と言うか隠してありません。

近年、基本の5.1chないし7.1ch分のスピーカー配線はフロア設置という流れにあります。

なので、それらのスピーカーケーブルは単純に床を這わせることで済みますから、動線をなるべく避けて、足が引っかかり難くするなどの配慮をするのみです。

 問題はトップスピーカーなど、上の方に設置するスピーカーへの配線でしょう。

これらをモールで隠蔽するのも良いのですが、きれいにカクカク取り回しますと当然余計な長さを消費してしまいます。

そこで、拙宅では「なんとなく隠す」に留めています。

では個々に見て行きます。

トップフロントスピーカーL
170730-1.jpg部屋の左壁に窓があります。このカーテンレールを利用しているのです。

170730-3.jpgAVアンプの位置から真っ直ぐ立ち上げて、カーテンレールの上を這わせてスピーカーへ・・

170730-5.jpgスピーカーへはそのま空中を・・

要所だけタイラップで締めてあるだけです。

トップリアスピーカーL
トップリアスピーカーR

170730-4.jpg部屋の後方に付けた定在波軽減用の(と思っています)カーテンです。

やはりこれを利用します。

170730-6.jpgトップリアLはそのまま立ち上げ、タイラップで固定してからスピーカーへ。

170730-7.jpgトップリアRはカーテンレールの上を這わせて行ってスピーカーへ。

←以前のサラウンドバックスピーカー用の壁内配線の名残があります。

トップフロントスピーカーR
170730-8.jpgここだけはまず、床を横切らねばなりません。

サラウンドスピーカーRの配線と一緒に視聴位置の後ろ、ラグマットの下を這わせます。

縦方向に薄いシワが見えるのがケーブルです。
これはやや強引ですが、余分な長さの節約のためです。

青い束はフロント3本分。電源ケーブルは直交させ、上に持ち上げています。  あっ、ゾノトーン側が落ちてる?

170730-9.jpgラグマットの下で部屋を横切り、ソファの背面を通って・・

そもそもラグマットの下にって、ケーブルを踏むのが心配??
まあ、専用室だから出来ることです。歩くのは自分だけですから。

ラグマットのケーブルの隠蔽用途の他?の効能として、床の広い面積に敷いた方が音には良いはずです。

170730-11.jpgソファの背面からのれんの端を立ち上げ、のれん棒にタイラップで締めてスピーカーへ。


170730-10.jpg ちなみに、こののれんを吊るしたのは、左壁の窓のカーテンとのバランスを取るためです。(響きとか反射とか)

まあ無いよりマシかとは思います。

以上のような、なんとなく配線です。
難しく考えないで、家具等を利用すれば必然的にこうなるかと思います。

 では、新築時から工事するにはどうするのか?
そこがリビングならば、美観に徹底した隠蔽を図るための壁内配線も必要でしょう。

しかし、工事は一度きり・・設置したら後々、諸々の変更は効きません。
リビングシアターとは、専用室のそれとは全く違うものだと覚悟、割り切りを持つことも大げさでは無く必要だと考えます。

 では、拙宅のような専用室なら・・その場合もきれいに配線を隠蔽したいでしょうか?
これは後々の発展性をどう考えるかに掛かってきます。

実は拙宅でも新築当初、ヤマハのシネマDSPに対応したフロントハイト込み7.1ch仕様の壁内配線でした。

しかし現在はそのすべてを使用していないのです。

 後々の発展性への対応とは・・
スピーカーケーブル自体の変更。(太さという物理的問題。壁内通しによる余分なコストの問題)
スピーカーの設置レイアウトや個数の変更。

これらが十分に予想され、専用室ならばあえて壁内配線を使わなくなる、あるいは使えないという可能性が高いからです。最初は気分が良いのですが、あえて新築でお金を掛けるのもどうか・・と思います。


 最後にもう1つ。

これだけの配線引き回し・・良く言われるところの「左右の長さを合わせるべきか?」という問題です。

うちではラックの位置が部屋の隅です。おおよそお察しのように「左右の長さを合わせる」ことは無理です。それを言ったらすべてのスピーカーケーブルを同じ長さにすべきでしょうかね。

そこはイレギュラーな(と思われる)要因を排除したデフォルト環境での評価を必要とする、専門家ではない僕らにとって、現実的ではないと思います。
参考過去記事「左右の長さをどうする? その2



使用ケーブルです。↓
ZONOTONE SP-330MEISTER/BL(ブルー・1M) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です) ゾノトーン SP330M/BL/1M

 

2014年04月13日

ルームチューニング アステカ編。まとめ

アステカを使用したルームチューニングです。

メインスピーカーの一次反射。この位置、これは無視できません。
両サイドの壁に、スピーカーの音が反射する位置を鏡を使って視聴位置から特定します。

適当な鏡がない?

では、その様なもの、なら必ずあるでしょう。DVD-RとかCDとかのディスクですよ。

140413-2.jpgこれを壁に仮付けするわけです。

仮にこんな感じ。画像では分かりませんが、ツイーターが見えているのです。
ここにアステカを取付けます。

アステカは数あるオーディオアクセサリーの中で、「その効果が分かりやすい方」に分類される?
アイテムだと思います。

もし取付けた場所で効果が無い、または薄いと言うことならば、他に効果が分る違う場所(あるいは好みの場所)を探すというスタンスで良いかと思います。

140413-1.jpg一次反射の位置ならばその効果は必ず聴き取れるはずです。
ただ好みか、必要で無いと判断するかは個人の嗜好によるところです。

この一次反射の位置、うちではここに問題がありました。

この部屋の右側、ちょうど一次反射のポイントに本棚がありました。
以前の画像がこれです。
130831-5.jpg当初はこの本棚にアステカを置けば良いと考え、試してもみましたが、それではもっと重要な事に対処出来ないということが判りました。

アステカを使って、拡散や反射ということを意識してみると、左右の壁の条件による聴こえ方の違いが非常に重要だと気付いたのです。

それはこういう事です。
140413-3.jpgこれは以前の2ch再生時のイメージです。
右の青い四角は本棚のあったところです。

左スピーカー側では、そのの更に左側にまで音が広がって聴こえていましたが、右スピーカー側ではスピーカーの右側には音が広がらず、全体に偏った音像でありました。

これを明確に聴いて確認するには、両手のひらを前に向けたまま、耳たぶの後ろに当てて聴いてみることです。
後方や横からの反射が遮られて、前方の音の様子がよく分かるのです。
更に片側の耳をそのまま塞いでみると左右の聴こえ方の違いがよく解ります。

この方法はほぼ、スピーカーの直接音を聴いているということになりまして、
同時に部屋の反射がこんなにも効くものなのか、という事が実感できます。

左右の壁の条件(一次反射ポイント)の違い、ここから対処しなくては・・と言うことで、本棚の撤去をしました。
どの道、中身ほとんどが不必要なものばかりです。
これで前方の音場空間は拡大して、かなり良くなりました。

次のアステカ設置ポイントは視聴位置背面の壁左右、これは余り考えずに前方の2個とほぼ対象となる位置としました。

ここで後方に音の広がり(ざっくり言って雰囲気の違い)を感じとれたら良しとします。

そして最後は天井。
140413-4.jpgこれは部屋の寸法を4分割し、前から1/4と3/4にあたるところに設置しました。
定在波の拡散をイメージした訳です。
前に書いたように、効果のよく分かるのは前方1/4の方です。

音像がスピーカーの前に展開します。前方向への厚みと言いますか。


140413-5.jpg対する、後方の方は頭の上やや後方辺りになりますが、ここでは低音の響き方とセンター音像の通りに、わずかに影響があります。

ここは多少の調整しろがまだあるかも。もっと頭の直上で良いのかも知れません。


さて、ここまででで前に書いたような効果が出ています。
今までで最良の環境となっていると思っています。

これまで2chの音楽を聴きながらの設置と確認でしたが、肝心のサラウンドサウンドへの効果はどうか?

サラウンドスピーカーが「鳴っている感」が薄くなりました。良い意味でです。

サラウンドスピーカーの存在がはっきり感じ取れるようだと、すなわち壁があるという空間的な制約を自ずと感じてしまいます。
サラウンドスピーカーの存在は、壁の存在と部屋の広さ、感じ取れる音場の広さや自然さと関係するのです。

なので2ch対象のルームチューニングだけで、サラウンドの再生環境も当然良くなるものと思います。

ただし、2ch再生があまりに良くなって、サラウンド不要と言う人がいると思いますし、それはそれでピュアオーディオファンの目指すところだと思います。

僕は全部入りが好きな人です。ある程度、身の丈の、です。


KRYNA AZM-W(白) 拡散材 クライナ Azteca(アステカ)

 

2014年03月30日

ルームチューニング アステカ編。 その2

クライナの拡散材、アステカを使ってルームチューニングをやってみました。

まずはフロントの2個から始めたのですが、思いのほか効果的だったので現在はこうなっています。
全部で8個使っています。天井には都合2個です。

140330-1.jpg前方です。

・・何だかこうやって画像にして見ると、ガチャガチャな見た目になってしまっています。
現場では気になりませんでしたが・・。

センターSPの手前にあるのは、フロントSP横の壁から行き場の無くなったラグマットですが、一層ガチャガチャ感を演出しております・・。

ま、本人が良ければいいんです。そういう趣味なのです。

140330-2.jpg後方はこうなっています。

この中でアステカが一番効いたという場所はどこか?
最初に効果を感じた良い印象があるにしても、やはりフロントスピーカーの上斜め後方の壁です。

次が天井の2箇所の内の前側ですね。
そこでは前方の空間を(フロントスピーカーと視聴位置の間)開放的に鳴らすという役割を持ちます。

・・良く解らないですか?・・やれば解ります。(笑)
なかなかおもしろい効果ですよ。

では個別に見て行きましょう。

140330-4.jpgまず、フロントスピーカーの後方です。
ここで前回書いたように音像のリフトアップと横への拡散効果も出ます。

横の「WatayukiU」がある場所は、床から天井までの半分の位置、すなわち壁の角の定在波を意識したものです。

効果としては、横方向への広がりがわずかに拡張されました。
これでWatayukiUの位置は決まってしまうので、アステカの配置(高さ)はこんな感じにした訳です。

140330-3.jpg本来吸音材であるWatayukiUは、部屋の角に設置するのが基本的な用途になるのですが、僕はすでにニードルフェルトの手持ちがあったため、それを使いました。

これは低音をよく吸います。有りと無しで違いがよく解ります。

これでクライナのHPで説明がある「拡散させて散らした音を吸音材で吸う」を試してみました。

この吸音材の効果、これを置くとセンターイメージに良い影響があります。
定位がはっきりするのです。フォーカスが合うとでも言いますか。

話が逸れますが、ニードルフェルトの入手方法です。

スピーカーの自作やカーオーディオを趣味とする人に何気なく聞いてみることです。
上手くすればタダでもらえるかも知れません。
10m単位でしか買えないので、さすがに使い切れずに持て余している可能性が高いからです。(笑)


次回は「フロントスピーカーの初期反射の位置」からです。


追記
ところで皆さん、AV機器の駆け込み購入は何かされたのでしょうか?
無理してでも、ここで何とかと考えた方も多いのではないでしょうか。

僕は昨年クルマを替えてしまったもので、ここでの軍資金が無いのです。
と言うか、再燃したクルマ趣味の方に廻してしまいました。
(本来ならCDPへ行くべきものを・・・tさん、すみません)

なので当分は籠城状態となりそうです。
当ブログもチマチマしたテーマで続けるか、一旦お休みするか思案中なのです。

◇吸音・防音・遮音・断熱に【デッドニング】ニードルフェルト10m巻き【あす楽】


 

2014年03月16日

ルームチューニング アステカ編。 その1

オーディオルームのチューンングに必要なキーワードが吸音と拡散なのですが、具体的にはどういう事なのか、何をすれば体感できるのか、それが問題です。

そこでクライナの拡散材、Azteca(アステカ)です。
クライナのHPで、使い方のイメージが解りますので参考にして下さい。

以上。

・・!?

はい、これで説明は要らないくらいです。あとは・・・聴けば分かるさ、ダァーッ。

・・・。

とにかく、アステカで音の拡散とはどういう事なのか、手に取るように解ると思います。
(解らないという場合には、これは1記事必要です。裏にでも書きます)

Aztecaには幾つかの種類(色)がありますが、1個2個では足りない物なので(効果が解るとそうなります)僕は一番安価なナチュラルを選んでいます。
ちなみにゴールドが価格的には一番上で、見た目にアステカピラミッドっていうイメージですが、効果も一番あるらしいです。

140316-3.jpg付属の箱は黒と白、これの好きな方を使えます。
本体はダンボールを固めたような?ものです。

140316-1.jpg取付けは画鋲で2箇所留めればOKで、本体はこれにカパッとはめるだけです。

まずは2個購入して効果を試してみることにしました・・。
試聴はCDの2chです。

140316-2.jpgこの状態で自立するので、左右のフロントワイドスピーカーの上に置いてみました。
ここはフロントスピーカーの初期反射の位置に近いところでもあります。

これは効くものです!
アステカを置いた場所に、新たな音源が出来るかのような・・そこからの音を感じますから結果、音場に広がりをもたらします。

では、クライナが最初の設置場所として勧める前方の壁ではどうか?
 
140316-4.jpgこの前紹介した例のオブジェの上に置いてみました・・。
フロントスピーカー後方で部屋の角に近い場所です。
(後ろに見えているのは後で追加したWatayukiUです)

おお、この「前方の壁」への取付けが一番効果が分かりやすい場所かと思いますね。
左右への広がりも出ます。

さらに全体がリフトアップします。スピーカーのツイーターより上、アステカの位置まで音像が上がるんですね。
そして全体の雰囲気はかなり変わります。音がこう、リッチなという表現がありますが、とにかく変わります。
音が拡散されて、いままで聴けなかった音が鳴っている感じになるのでしょうか。

まずは2個、これでアステカが効果的なのは十分わかりました。

これはあと、数個は欲しいと判断しました。(思いついたらある程度までやってみたい性格です)
結果、現在は8個使用中です。

といったところの詳細は次回で。

KRYNA 拡散材 Azteca AZM-N(ナチュラル)

KRYNA AZM-G(金) 拡散材 クライナ Azteca(アステカ)

 

2014年03月03日

ルームチューニングについて。 

ルームチューニング・・。
良いオーディオ機器を揃えても、最後はその入れ物である部屋、それ自体のチューニングはとても重要です。

音にこだわるならば、その効果は無視できないんです。

今回からはその話をしたいと思います。
自分で経験して来て、そう実感したからです。

ルームチューニングをするとどう変わるのか?
今回はいつもと違って、最初にそれを先に書いてしまいましょう。

その効果を思いつくまま・・

・音の濁りが無くなる。
・低音の伸びが良くなる。
・低音のこもりが減少する。
・低音の出方がすっきりする。
・ダンピングの効いた低音が出る。
・細かい音がはっきり聞える。
・音場(サウンドイメージ)が広がる。
・音像がスピーカーの上に持ち上がる。
・センターのイメージがはっきりする。
・高音が耳障りにならない。
・結果音量を出せる。(うるさく無くなる)
・ライブ音源がリアルに聴けるようになる。
・サラウンドスピーカーの存在が消える。(薄くなる。周りが鳴っているイメージになる)

これはあくまでも個人の主観によるもので、感覚です。感じ方なので個人差があろうかと思いますし、記述は僕自身の表現の仕方によるものなので、ニュアンスとして受け取って下さい。

これらは、以下の項目を対策することで実現します。(個人調べ)

・フラッターエコー(手を叩くとビーンと響く音。泣き龍)の撲滅。
・吸音で余計な響きを無くすこと。
・低音のだぶつきを無くすこと。
・定在波を散らす(減らす)こと。
・拡散用アイテムを使用する。

では具体的に何をするのか?

以前から僕がやってきた事を順に(一部順不同)書きますと、以下の様な事です。
(えー、しかし所詮素人です。個人の趣味です。細かいツッコミはご容赦下さい)

1、ミクロンウールを壁に貼って、フラッターエコーを解消する。

140303-1.jpgミクロンウールはショップで進められるまま、使ってみました。
なので、どの周波数を吸うとか云々は気にしていません。
視聴位置に限らず、どの場所でもフラッターエコーが鳴らないようにしました。


2、天井の角のコーナーに。言わばフタをする。

140303-2.jpgこれもショップの店員さんから教えてもらったものです。
中身は薄いアルミの三角板で、その裏にはミクロンウールを詰めてあります。

外側は洗濯ネットに着色して、強引に三角型にしてあるだけです。

効果の程は?これで天井の高さが出ましたかね。オートセットのイコライザーカーブも、左右スピーカーの差(カーブの山のでこぼこ)が少なくなりました。(なぜか左右の周波数調整の結果が同じようになった)


3、床にラグマットを敷いて、天井との反射対策。

もちろん吸音のためと、センタースピーカーと床との反射対策でもあります。


4、視聴位置の後ろの壁にカーテンを取り付けて、定在波を緩和する。

130623-1.jpgフロントスピーカーから出る低音が、定在波によって聞こえにくいポイントを改善するためです。

言い換えれば低音が出過ぎるポイントを抑えてピーク、ディップを少なくする効果がありました。


5、柱状拡散体を自作で、音の拡散。

140303-3.jpg詳細はこちら(人様の模倣なのでここでは控えます)
効果は素晴らしいものがありました。


そして一番最近手を付けたのが、
6、専用のアイテムを使用した方法です。

それがこれ、KRYNAのルームチューニング材で拡散用の「Azteca(アステカ)」です。

140303-4.jpg僕のようにいろいろ混ぜこぜなアイテムの使用では、ともすると見た目におかしな空間が出来上がってしまいます。

仮にまっさらな部屋から始めるなら、拡散材の「Azteca」と合わせて吸音材の「Watayuki」や「Dokayuki」を使うと、そこそこなオーディオルームへとスマートなチューニングが出来るものと思います。


まずはAzteca。これがまた効きました。
上に書いた方法の内、「吸音」が多くを占めていましたが、振り返ると「拡散」も、思いの他重要だったのです。

といったところで、次回はこのAztecaについて詳しく。
 
KRYNA拡散材 Azteca(ナチュラル) AZM-N [AZMN]


【代引き不可】KRYNA WY-B(黒) ルームチューニング材 クライナ WatayukiII

 


     スポンサードリンク