2015年06月28日

SC-LX78ハンドリングレポート。 その3

SC-LXシリーズを始めとするパイオニアのAVアンプを購入する価値、それは独自のオートセットアップ機能にあります。ここは型落ちとなっても見劣りしないでしょう。

独自のフィーチャーによるオートセットアップ(MCACC PRO)の効果は大きく、実際の聴感は以前書いた通りで、他とは一線を画するものです。

参考にオートセットの設定値を過去の所有製品と比べてみました。

音量設定値 
他のメーカーで感じたような、特定のスピーカーのボリュウムの違和感(大きすぎ)はありません。

距離設定値 
他社との比較を表にしてみました。大きな違いは無いかと思います。
150621-1.jpg

スピーカーの大きさ判定 
他社ではフロントスピーカーが「スモール」判定される場合がありましたが、
SC-LX78ではそのような事はなく、スピーカーの大きさの見た目に合致した判定がされています。

オートセットアップの基本的な設定値に手を加えるとしても、前回書いたサブウーファーに関する事くらいです。

他の設定項目の中で、押さえるべきポイントを書いておきます。

MCACCメモリー 「ALL CH ADJ」
ただし、これの設定にはあるコツがあります。以前の記事を見てください。
ハイエンダー諸氏は「FRONT ALIGN」を好まれるようですが、使用スピーカーの違いでしょうか。

S.RTRV(オートサウンドレトリーバー) 「ON」
150628-4.jpgいわゆる圧縮音声の欠損補正です。ON、OFFの違いは明白で、切れと鮮度が上がります。

特にAAC5.1ch(WOWOWの映画など)ではブルーレイディスクのHDオーディオとの落差を相当縮める効果があります。
CDでもネットラジオでも使えますが、HDオーディオでは元々高音質なために逆に効果は薄いのです。


EQ(イコライザー)  「ON」
S-WAVE(定在波制御) 「ON」
PHASE(位相制御)   「FULLBND」
PHASE C+(LFE位相ずれ補正) 「AUTO」  
ここがMCACC PROの真髄。これらをOFFにする理由がありません。
 
V.SPs(バーチャルスピーカー) 「AUTO」 
実際に設置の無いスピーカーをバーチャル再生します。
前回触れたように、常時ON(AUTO)で使用しても違和感は無いかと思います。

サラウンドを更に追い込みたい場合に有効なのが、Fine SP Distanceです。

150628-2.jpgホームメニューのMCACC PROから、マニュアルMCACCに進んで選択します。

150628-3.jpgテストトーンが各スピーカー間の真ん中に定位するように距離の数値を微調整します。

これでサラウンドの広がりと自然な定位感が変わって来ます。
うちではセンターとサラウンド、それにトップフロントの値を調整してあります。

ハイレゾ再生について
まだ、この分野には造詣が浅いのですが、USBメモリに音源を入れて本機に直挿しした場合と、ユニバーサルプレーヤーのAzur751BD経由の場合の比較をしましたところ、本機への直挿しでは音が味気なく、Azur751BD経由の方が音質は良かったです。

最後に、外部パワーアンプにPMA-2000REを使って、フロント2chを駆動した場合について書いておきます。
AVアンプとプリメインアンプの共存において定石の使い方です。
しかし、デジタルアンプのSC-LX78とアナログアンプの融合はどうか?

この状態で映画を見ますと、パワー感と低音のボリュウムや音質は外部パワーアンプのPMA-2000REが生きます。
しかし他のチャンネルとの微妙な音ずれ(特に低音)を感じます。(これで余計に低音がダブって乗るのかも)
したがって映画の視聴の場合、「トランセンデンス」のような情緒的作品ならば大丈夫ですが、「トランスフォーマー/ロストエイジ」のように全編スピードアクションものでは音ずれが目立って、もう1つマッチしない感じがあります。

一方の音楽ものでも同様にソフトを選びます。
それこそヘヴィメタルのようなハイスピードな音の連続には、微妙に追いつかないといった印象です。
2chステレオ音源ならばまだ良いのですが、5.1ch音源のソフトではSC-LX78単独での再生が無難だと思います。


さて、いよいよ在庫バーゲンが始まったようです。
新型の発表も、もうじきと見ています。

しかしSC-LXの「8」シリーズは、ミドル機狙いでDTS:Xやドルビーアトモスにこだわらない方に、良い買い物となるでしょう。




さて、今後です。
記事更新は未定です。しばらく間が開くかもしれません。


タグ:SC-LX78

 

posted by shu at 12:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | SC-LX78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

SC-LX78ハンドリングレポート。 その2

SC-LX78は9.2ch、つまり2台のサブウーファーが接続できます。

以前からどのメーカーにおいても、サブウーファーの2台接続自体は可能でした。
しかし接続は出来るものの、2台をミックスして最適化が出来る訳ではありませんでした。
それが、SC-LX78の代から機種の異なるサブウーファーであっても、2台使用が可能になっています。

これは従来でしたら、接続は出来るが、おすすめはしないという使用方法でした。
しかしこれで後から買い足した別の機種、別の方式のサブウーファーであっても使用が可能になったという事です。

さらに「置き場所を問わず」ということなのですが、これにはある注意点がありますからあとで書きます。

141228-2.jpgウチではフロント側にKEFのXQ60bで、30センチウーファーの下向き。

141228-3.jpgリア側(視聴位置の後ろ)に同じくKEFのQ400bで、25センチウーファーの前向きという、タイプも口径も異なるサブウーファーを使っています。

しかしこの組合せで、2台ミックスの違和感は無いのか?

同時再生では違和感を感じませんが、別々に鳴らしてみると音質と言いますか、音の広がりなどの聴こえ方に雰囲気の違いはあります。
ここが気になる方や、今からサブウーファーを購入予定ならば、当然2台を同じ製品にするのが良いと思います。

では、そもそもサブウーファーの2台使いのメリットは何か?

1つは音像の偏り対策です。

まず、サブウーファー1台の場合、通常は左右どちらかという置き方をすると思います。
そうしますと、どうしてもサブウーファーの鳴っている音が解りますので、そちらに音が引っ張られてしまいます。(リファレンスモデルとされるような大型のスピーカーを揃え、これまたハイエンドなサブウーファーを使用すればまた違いますが)
これが、2台使いでほぼ気にならなく出来ます。

聴感上は、どんな感じになるのか?
1台より2台とすると、イメージはさらに低音が出る・・となりますでしょうか?
しかし実際には量感、重さ、重量感が違って来ます。
そして低音が部屋に充満する密度が上がります。

では、SC-LX78での具体的なセットアップです。

ポイントはサブウーファー側の位相スイッチの選択です。
フロント側に2台配置するのなら、サブウーファーの位相は2台共「正相」で良いかと思います。

しかし1台は前で2台目は後ろ、という場合には双方「正相」であるとは限りません。
ウチがちょうど、そういう環境にあります。

ではどうするか。

手順としては、仮に2台とも「正相」のままオートセットアップ(MCACC)を掛けて構いません。
そして後から位相スイッチを切り替えるようにするのです。
その際には2台それぞれのボリュウムも調整するということになります。

まず、2台とも正相のままオートセットアップを終了後、低音が(LEFch)ほど良く入っているソフトを再生します。
これは5.1chの音楽ソフトが良いです。

この場合に必要となるのが、スマホまたはタブレットです。
SC-LX78本体ではオンスクリーンでのユーザーインターフェイスが弱く、マニュアル設定がやり難いのです。
この点を独自のコントロールアプリである「iControlAV5」で補完しているのです。

150621-2.jpg8インチタブレットと5インチスマホの比較です。
スマホでも何とか使えますが、相対的に文字やボタンは小さくなってしまいます。

150621-4.jpgまず、このiControlAV5でこういう画面を出します。
これは各スピーカーの音量設定が出来る画面です。

ソフトを聴きながら、サブウーファーの1と2を交互にミュートします。

150621-5.jpgそうすると、どちらかのサブウーファーの音が小さい事があります。
その、音が小さい方のサブウーファーの位相スイッチを「逆相」に切り替えます。
これで音が大きくなるはずです。

ここでの疑問点として、「フロント側が正相でリア側が逆相という組合せ」と「その逆の組合せ」ではどうか?ということがありますね。

これはやってみないと判りません。
実際相互を試しますと、重低音の振動に近い部分の音質が微妙に違うのです。
ここはもう、好みで決めるという事になります。

それから、サブウーファー1と2を交互にミュートしながら音量を合わせます。
最後に両方ONにした場合の音量を好みで調整します。

ちなみにSC-LX78側からは、サブウーファーの位相設定について指摘がありません。

と言うことは?・・はい、お察しの通りです。
パイオニアと言えども、ことサブウーファーのセッティングについてはMCACCに全くのお任せとは行かず、マニュアルにて追加の設定が必要だと思って下さい。

サブウーファーの音量調整は長時間やっていると耳に刺激がありますし、正しい音量よりも大概大きすぎになってしまいますので一度で決めず、機会を改めると良いでしょう。

次で、まとめとします。


8インチのタブレットはこれです↓



 【送料無料】ASUS MeMO Pad 8 [Androidタブレット] ME181-BK16 (2014年最新モデル・ブラック)...

 

posted by shu at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | SC-LX78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

SC-LX78ハンドリングレポート。 その1

パイオニアのAVアンプSC-LXシリーズ、最近この中の「SC-LX78」を検索して来られる訪問者さんが目立ちます。

これは僕が最近、記事の予告に「SC-LX78」と書いているからに他なりませんが、この時期これに関心があるという方は確実にいらっしゃる様です。

この時期とは、DTS:Xに対応する新型の発表を間近に控えているという時期ということです。

150609-1.jpg前にも書いたように、この時期にあえて購入を検討する価値は?

今回からは、自身でSC-LX78を約8ヶ月使用した、そのハンドリングレポートを書いておきます。
云わばSC-LX78へのレクイエムでもありますが、参考にしていただきたいです。

初期のレビューとセッティングのツボについてはこちらの記事に書いてあります。

まずは、SC-LX78を稼働させるに必要な「スピーカー構成と配置について」です。

ここではドルビーアトモスには触れません。(もう散々やりましたから)
なので従来型の配置について触れます。むしろ、こっちの需要の方が現実的にはあるでしょう。

では今日の本題はここからです。
SC-LX78には、7.1chから9.2chの選択の内、どんな構成と配置がおすすめなのか?

150111-2平面図.jpg現在、基本の配置はサラウンドバックスピーカー込みの7.1chが、現在のサラウンドの主流と言って良いかと思います。
(この図は以前の9.2ch配置で、それに天井2本を加えたものです。)

しかし最初の選択で皆さんが悩まれる要因は、「サラウンドバックスピーカーを置くべきか、どこに置くか」・・などではないでしょうか?
これは視聴位置の後方にサラウンドバックスピーカーを置くと仮定して、その距離が視聴位置から1m程度取れるならば設置はOKだと思います。

また、設置の高さはサラウンドスピーカーより高い位置でも、そんなに違和感は無いと感じました。
なので、サラウンドバックスピーカーについての「高さ」には、こだわらなくても良いです。

サラウンドバックスピーカーを設置する場合のサラウンドスピーカーの位置は視聴位置の真横が基本となります。

その他の理由でサラウンドバックスピーカーを置かない場合には、出来る限り5.1chの基本配置を取ります。
サラウンドスピーカーはやや後方に置くべきですが、真横になってもダメという訳でもありません。

それとサラウンドバック、サラウンドの各スピーカーが、あまりにも視聴位置に近くなる場合には、サラウンドバックスピーカーをあきらめて、サラウンドスピーカーを出来るだけ斜め後方に遠ざける設置にするという考えもあります。

もう1つの選択肢は、フロントハイト、またはフロントワイドスピーカーのどちらを取るか?・・・ということです。

これは、フロントハイトスピーカーの方をおすすめします。
これでダイアローグリフトが使えるからです。
センタースピーカーが画面の下にあって、セリフの聞こえる位置に違和感がある場合に、これが使えるのは大きいです。設定値を変えて行くと、セリフはフロントハイトスピーカーの位置まで上げる事も可能で、自由に出来ます。

対するフロントワイドスピーカー、実はこれはバーチャルスピーカー機能で十分に代用出来ます。

バーチャルスピーカー機能とは、5.1ch配置のまま11.1chまで拡張するものです。
僕も実際に聴くまではその効果に懐疑的でしたが、SC-LX78のそれは意外にも「使える」のです。

実際以下のケースを経験しましたし、試して頂けたらと思います。

ドルビーアトモス収録のBDソフトを再生すると、SC-LX78の再生モードはデフォルトでドルビーアトモスになってしまいます。
この時の音と(うちのスピーカー配置は5.2.4ch)次の方法で聴く音を比べました。

まず、BDプレーヤー側で、MDMIの音声出力を「ビットストリーム」では無く、「PCM」に切り替えます。
この場合SC-LX78側では、天井スピーカー無しの5.1chを、バーチャルスピーカー機能で11.1chに拡張したサラウンドを聴く事が出来ます。

その音、一目、いや一聴瞭然なのです。(参考ソフトはエクスペンダブルズ3)
音自体、PCMの方が分厚い事に気付くのですが、バーチャル11.1ch再生・・・これにまず、普通の人は文句が無いだろうと思います。十分な臨場感と包囲感を体験出来るからです。

リアル11.1chまで経験した僕が言うのですから、バーチャルスピーカーの効果は有用です。

ここまで言い切れる根拠は何か?

フルバンドフェイズコントロール他の機能が、非常に効いているというベースがあるからだと思います。
隣あったスピーカーのつながりが、「シームレス」とか「スピーカーの存在が消える」などの言い回しをたまに目にしますが、これをリアルに感じられるのは、自分が経験した他のAVアンプには無かった部分であり、スピーカーの無いところに音が定位するという印象も、他とは一味違うものです。

このような効果あってのバーチャルスピーカーの生成に、無理が無いのだろうと感じます。

・・と言うことは、SC-LX78は5.1ch配置のままでも十分使えるのか?

普通に使えます。フロントハイトスピーカーがあればモアベターではありますが。

ただし、サラウンドスピーカーが視聴位置の真横に有るような場合には、サラウンドバックスピーカーのバーチャル効果は出せません。角度が付かないとだめなのですね。

次は0.2ch、サブウーファーの2台使いについて書きます。



【オーディオ&ビジュアルの専門店アバック】【HDMIケーブル(1.2m)プレゼント】SC-LX78 Pione...
タグ:SC-LX78

 

posted by shu at 23:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | SC-LX78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

SC-LX78のセットアップについて。

パイオニアのAVアンプ、SC-LX78。
高性能な部分の一方で、ユーザーに設定の一部を委ねる(やっても良いよ的な)部分もあり、色んな意味でマニアックな機械だと感じます。

正直、しばらく使ってみないと解らないセットップのツボがあります。
当初はマニュアルを見ても理解し難いのです。

今回は、それについて書き出しておきます。
これはSC-LX88も共通事項です。

141124-4.jpg内容は、設置後最初に行うオートセットアップについてです。

141124-06.jpg最初にマイクを接続すると「フルオートMCACC」の画面が自動的に出るわけですが、これはあえて回避します。

なぜか?

搭載機能として、3つ用意されるはずの、EQ(イコライザー)タイプの設定、これが「フルオートMCACC」を行なっても、EQタイプは「シンメトリー」のみ設定されるだけなのです。

つまり、メモリーの1番にのみ「シンメトリー」が保存されますが、他は選べません。
「オールchアジャスト」そして「フロントアライン」は設定されていないのです。

フルオートとは言っても、「全てお任せ」という意味では無いです。
簡単セットアップとでも言い換えた方が実際の結果に合っています。

ではどうするのか?

141124-04.jpgまず、ホームメニューから「システム設定」を選びます。

141124-05.jpg次に「マニュアルスピーカー設定」に進みます。

141124-01.jpgここで「スピーカーシステム」から、スピーカーの配置を選択します。

さらにサラウンドスピーカーの位置(横または後方)を指定します。
これは後からでも設定可能です。

141124-03.jpgホームに戻って「MCACC PRO」から「オートMCACC」を選択します。

そして「全項目」を選びます。

この、オートMCACCの「全項目」と「フルオートMCACC」の測定内容自体は同じものだそうです。
ここが疑問でサポートに確認しました。

ここで3つのEQタイプが、それぞれのメモリーに保存されることを確認出来ます。
最初にフルオートMCACCで測定しても、EQの選択使用がしたければ、再びオートMCACCの全項目で測定し直さないといけません。それの回避手順です。

141124-02.jpgちなみに、「スピーカーシステム保持」は、視聴位置を変えた時などに使用します。

EQタイプですが、個人的に2番めの「オールchアジャスト」が好ましいと感じます。

「フロントアライン」は、フロントスピーカーに補正をしない、つまりフロントスピーカーの性能をを活かすパターンです。
これは、フロントSPがそれなりの高級スピーカーか、他のチャンネルもそれに準じたシステムである場合、または個性の強いスピーカーを活かす場合には有効なのでしょう。
試聴室での評価が良いのは、そのためではないでしょうか。


・・何?

『EQなんぞ、そんなものは気にしない』ですか。


そりゃあ、「パッケージソフトのコレクション何百枚レベルの人」、「とにかく見れれば良い人」から見ると、そんな事をやっている手間ひまが惜しいでしょうね。(笑)


追記
さて、前々回の記事であんなふうに書いたものだから、僕の発言を固唾を飲んで待っている人が・・・まあ、そんなにいないでしょうけど。

当方何様でもありませんし、ただの素人ですが、嘘は言いません。
業界をおとしめるつもりもありません。(笑)

ああいうソフトなんですよ。多分。

「ネイチャー」のそれは「ドルビーあともうちょっとス」だと思います。

これから以後どうなるか期待しましょう。その方がむしろ楽しみです。


デノンのフラッグシップ、「AVR-X7200W」が予想通り年内の発表となりましたね。
やはり堂々たる内容となってるようです。
融通性に関してはデノンが間違いないでしょう。↓

 DENON AVR-X7200W-K AVアンプ


 

posted by shu at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | SC-LX78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

SC-LX78の初見レビュー。

今までに所有してきたものとは、明らかに一線を画す・・そういう印象です。

「自身が追求してきた、サラウンド再生の1つの到達点に遭遇した」という思いです。

141103-1.jpg迷っている人がいるなら、僕が背中を押しましよう。

ただし、下の方で書くような注釈は付かないでも無いです。

しかし一度はパイオニアのAVアンプ、これを経験してみるべきだと思います。

では、
「ドルビーアトモス対応9.2chAVアンプ SC-LX78」まずは初見レビューとなります。


・使用感

とにかく、今のところ「音」に関して文句を付けません。
後々に渡っても、記事ネタに困らない中身となっています。

しかし正直言って、一方で惜しい部分、マイナスポイントが無いわけではありません。

あえてこの部分を先に書き出しておきます。

LXシリーズの導入を検討される方、特に他社ミドル機あたりからの買い換え検討の方には参考になるでしょう。

僕の経験に照らして、相対的に感じる部分です。
(しかし、これらはお金の掛け方・・どこに掛かっているのかの違いによるものだと思います。)

それは、ユーザーインターフェイスの部分が弱いと言うことです。いわば使い勝手です。

141103-4.jpg例えばホーム画面。

これは映像に被される、オンスクリーン表示ではありません。

そのため、映像との切り替わりにタイムラグが出来るので、少々待たされます。

141103-60.jpgオンスクリーン表示が無いわけではありませんが、パイオニアが「シンプルオーバーレイ」と呼ぶ、この小窓表示に限られます。

表示内容は必要最小限です。

リモコンの上下ボタンで順送りに項目を選び、左右ボタンで設定等を切り替えます。

したがって、階層表示を見ながら、追って行くという操作は出来ません。

これらから感じるのは・・

今、何がどうなっているか。
何をすればどうなるのか。

などの情報、操作案内が、解り難いということです。
私はどこ?・・これは何?状態が初心者さんには厳しく、他社AVアンプからの買い換えでは物足りないかと思われます。

141103-90.jpg本体ディスプレイの表示文字は総じて小さいです。
入力チャンネル数の表示はありますが、出力の表示はありません。

例えば5.1chの入力に対して、サラウンドモードで拡張後に9.1chになってますよ、という表示はされません。

実はこの辺りのユーザーインターフェイスは、Wi-Fiモバイル機器によるAVコントロールアプリによって補完されているのです。

以前からパイオニアのAVコントロールアプリは、評価が高かったように思います。

これは裏を返せば、本体で完結していない部分を補っていたからなのでは?と思います。

141103-70.jpg僕はAVコントロールアプリからでなくては見られない情報を得るため、タブレットを買ってしまいました。

これは8インチですが、スマホでは文字が小さくなり過ぎて見にくいと思います。

おそらくヤマハやデノンでは、本体のみでユーザーインターフェイスが完結しているはずです。

・・操作性、こちらに関した部分がパイオニアのAVアンプのウイークポイントだと思います。

あえて注釈を付けると、いわば経験値のある人、マニア向けの製品ということになるでしょう。

ただ、僕ほどいじくりまわす人も、そうはいないでしょうけど。


・外観

141103-3.jpgフットは普通です。


141103-2.jpg端子類は金メッキではありません。
ここでやはり2番手な部分を感じてしまいます。

141103-5.jpgボタンの大きさなどが改良されたというリモコンです。
自照式ですが老眼の僕には、画像ほど見やすくはありません。
ただ、暗室で使用する場合にはどこのメーカーも似たようなものでしょう。


・「音」に関する第一印象

・立ち上がりの速さ
・ダイナミックレンジの広さ。
・だぶつきのない低音。

このような効果で、例えば静かなシーンからの突然の爆発音や、その他の効果音など非常にリアルです。

・各スピーカー間の自然な音像定位。
・バーチャルスピーカーは意外とイケます。

スピーカーの無いところから音がするという感じが自然です。

上記はMCACC Pro、特にフルバンドフェイズコントロールの絶大な効果によるものと感じました。

デジタル云々の音質のデメリットを特に感じませんが、ゆったりふんわりな音調がお好みならば、それとは違います。


・映像

実は設置の直後、想定外の「映像」の変わりように驚きました。

色乗りが増し、精細感が上がって、プロジェクターかプレーヤーを交換したかのようでした。
これはレーザーディスクの時代から親しんだ、パイオニアトーンではないかと。

AVアンプの交換でこれほど映像が良くなったという経験はありません。
4Kまで進んだ映像技術のお陰で、回路の底上げがされていると言うことでしょうか。


・MCACC Pro

141103-80.jpg測定ポイントは、1人での視聴時においては基本1箇所のみです。
あえて多点測定の必要はありません。

MCACCは凝っていますが、その分マニュアル操作しようとすると非常に難解な部分があり、まだ全てが把握出来ていません。

購入から一ヶ月程度。まだまだ、初期のセッティングを試行錯誤している最中です。
さすがに、ぽん置きOK。というものではありませんので。

スピーカー配置のリセッティングも含めて、追ってレポートして行きます。 



さて、いよいよ今週後半には「本番」が控えています。
ドルビーアトモスの収録BD、「ネイチャー」が届きます。

どうなることか。

こういった緊張感と期待感は、過去のAVライフではDVDプレーヤーの登場以来、いやそれ以上か・・。

これだけやっておいて、正直まだ懐疑的です。
意外と、しょぼかった。なんて事にはならないでしょうね。(笑)


気合の入った、中級機狙いの人がLX58を選ぶといいます。
一方で、LX78が買えるような人は、どうせだからと言ってLX88にするというのが現実なんですね。
「Dolby Atmos」対応のフラッグシップAVアンプ【送料無料】【エントリー&ツールバー利用でポイ...



ネイチャー [Blu-ray]

 

posted by shu at 11:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | SC-LX78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク