2015年02月01日

天井スピーカーは2本か、4本か?

記事リクエストに感謝します。
おこがましいですが、皆さんの気概にお答えします。

ドルビーアトモス ホームの、天井スピーカー4本構成(5.2.4)をテストした感想です。

150125-2.jpg天井スピーカー2本と4本の差はどうか?
・・これは正直、予想以上にありました

2本の場合と何がどう違うのか・・

第一印象での雰囲気はがらりと変わります。
あえて言えば「2本」の場合に比べて、直上からの音圧は後退します。

その代わりに、空間を満たす音の密度がもっと濃くなるという印象です。

例えばフロントハイトスピーカー使用によるプロロジックIIzの高さ表現は、前方の壁一面といった印象でしたが、5.2.4のドルビーアトモス ホームは、視聴位置を取り囲む空間まで含まれて来る感じです。

「2本」では不足感があった、視聴位置前方の空間表現。ここが「4本」にすることで埋まって来た印象があります。
僕が昨年書いた「ネイチャー」の視聴記事で指摘した不満点がおおよそ解消しますし、リア側への偏りも軽減します。(これはサラウンドバックSPが無いせいか?)

具体的には、視聴位置と画面との間の空間に音が満たされて来るのです。
結果、鳥の鳴き声、虫の羽音などの定位がリアルになって、こんな音が入っていたのかと言うのも大げさではありません。
滝壺でカメラがひっくり返って水没するシーンでは、既出のレビューにあるような、水の圧迫感を体感出来るようになります。

これを踏まえると「ネイチャー」の評価は、2ランク上げても良いくらいです。

『お前、なに手のひら返してんだ』・・こういうツッコミを想定しますが、「7.2.2での視聴結果です」という明記は、して来たつもりですのでご了承下さい。

天井スピーカーの役割とは、そんなにもに大きいのか?

まずは本数・・
2本から4本になった構成での鳴り方・・これはぜひ確認したいところでした。
それは、4本が別々に鳴り分けされるのか?という点です。

これは間違いなく、左右はもとより、前後の鳴り分けもされています。

「トランスフォーマー/ロストエイジ」の終盤、ケイドらが乗った車がスペースシップの強大な磁力で吸い上げられるシーン・・ここでトップフロントとトップリアは前後交互に鳴り分けされるのです。

天井スピーカーの本数が増えたことによる、SE(効果音)等、表現自体の差は絶対的にあります。

しかし、ここまで色々試す中で、気付いたことがあります。

天井スピーカーからは色んな音が出て来ます。
セリフの場合もあれば、SE、BGMの場合もあります。
BGMの時は主旋律では無くベースライン(伴奏)のみといった振り分けもあります。(トランスフォーマーで、オプティマス・プライムのトレーラーが、走行中に新型にリフォーミングする場面がそうです)

しかしそれらは、ここぞという時にだけ鳴ります。

あとの時間は全くの無音という状態が普通です。
例えるなら、サブウーファーの低音ch(LFE)のような稼働イメージです。
その稼働率の印象としては3割4割くらいではないか、という印象なのです。
もっと鳴らしてくれても良いのでは思うくらいです・・。

この事から、アトモス独自の空間表現は、天井スピーカーだけで担っている訳では無いというのが判りました。
イメージとしては意外でしょう。僕もそうでした。

アトモスのサラウンド音場は、あとの5本のスピーカーでほぼ構築されています。

ではなぜ、天井スピーカー2本より4本の方が空間表現の密度が変わって聴こえるのか?
おそらくAVアンプ側で、スピーカー構成別に最適化されるからだと思うのです。

天井スピーカー無しでもアトモス独自の音場感は出ると思います。
しかし、2本、4本と段階別にグレードが上がるのです。

メーカー主催の試聴会、レビュー記事などは天井4本によるものであったはずです。


さて、テストを終えて一旦、元の7.2.2配置に戻しました。
やはり天井スピーカーは、「4本」が最も有効でした。

実は、こう言い切ることをためらいました。

家庭用としては、無用の長物と捉えられる向きもあるでしょう。
これから実践しようと考える人には、一層ハードルを上げることに成りかねません。

しかし、言い方を替えるとドルビーアトモス ホームには、段階があるということです。

『やっぱり無理だから見送ります』では寂しいです。

「ドルビーアトモス ホーム」は確かに、従来のチャンネルベースサラウンドと一線を画す、新時代のサラウンドフォーマットだと言えます。
ご自身の出来る段階に、チャレンジしていだだきたいと思います。



追記
アップミックスの事にも触れたいのですが、長くなりましたので次回にします。

さて、僕個人としてはどうするか・・5.2.4配置の本格転換に踏み切ろうか、どうしよう・・と言った話も次回以降で。


僕が当初想定した、理想的な天井スピーカーの候補は、KEFのTシリーズでした。
その実践例がこちらの「ホームシアターファイル」の40ページに載っています。



【送料無料】 ホームシアターファイル Av Review (エーブイレビュー) 2015年 3月号増刊 【雑誌】

 

2015年01月25日

天井スピーカー4本を試してみる。

「ドルビーアトモス ホーム」の天井スピーカーは、

 2本で良いのか?

 または4本必要なのか?

 そもそも天井スピーカーはどうしても必要なのか?

今、こんな疑問に対する答えの需要がどれほどあるのでしょうか。
今?・・なぜそんなことを言うのか。これについては後ほど触れましょう。

この前の記事で書いたように、どうやら天井2本では役不足では?という疑念を持っていました。

特に4本使用時には前後の鳴り分けがされるのかという点とそれによる効果、これを確かめない限りドルビーアトモス ホームの実力を測れないと考えた結果、スピーカーを仮設置してテストすることにしました。

仮設置したスピーカーは、懐かしいヤマハのNS-10MMTです。これを引っ張り出しました。

150125-01.jpg天吊り方法はこんな感じ。

アングルを天井下地にネジ止め出来れば、スピーカーの吊り下げは何とかなると思いませんか?

アングルがダメ?そうですか・・インテリアとしての景観破壊、器物破損の観点から見てアウトと言われると、どうしようもありませんね。

150125-1.jpg位置としてはトップリアとして(パイオニアはトップバックワードと呼んでいます)想定される位置です。

トップフロント(パイオニアで言うトップフォワード)は現在のトップミドルのHTS3001SEをそのままの位置で配線のみ変えました。

150125-2.jpg視聴位置からの見た目はこんな感じ。

推奨位置ではトップフロントはもう50センチ程度前にないといけませんが、天井4本の鳴り方を確認するにはこれで十分です。

NS-10MMTのウーファー径は9cmで、MCACCの判定はスモール。HTS3001SEの方は11.5cmで、判定はラージです。
この10MMTが入った9.2chで設定されるクロスオーバー値は100Hz。以前は80Hzでした。

クロスオーバー値は、混在するスピーカーが小さくなるほど、確実に数値が上がります。
サブウーファーから高い音が出ますので、聴感上は全体に音が軽くなります。

手軽だからと言って、手のひらに乗るサイズを使えば、それは「それなり」の音になりますから注意が必要です。


さて、結果はどうだったのか?

その前に冒頭の記述に触れましょう。

いずれ言及せざるを得ないのはDTS:Xのことです。いわばDTS版のアトモスですね。
今年発売のAVアンプに搭載すると発表したまでは仕方ありませんが、主だったメーカーまで名指してしまいました。

正直どう思われたでしょうか。
今このタイミングではユーザーは困惑しますね。

しかし冷静に考えれば、今回の発表が無くても、この夏にはメーカーから新製品へのDTS:Xの搭載のアナウンスがあって、この秋発売という流れは、普通にあったのかも知れません。
それに、4K対応まで見据えての機器購入のタイミングまでを考えてしまうと、しばらくこの趣味を休んだほうが良いかとも思われます。(僕は映像の方にはそこまで固執しませんが)

一方、アトモスはここに来て「ゼロ・グラビティ」も、なぜか発売延期になって、3月まで国内ソフトは無いんですね。
この盛り下がり感・・・僕も正直テンションが下がりました。
今この情報が必要かと言ったことの意味には、半分僕のふてくされが入っています。(笑)

しかし、買ったものは仕方ない。
個人的には先行者特権がまあ、今年一杯くらいはあるはずですので、(DTS:Xのソフトが出てくるまでは)それまでせいぜいゆっくりと味わうのみです。

この記事の続きについてですが、皆さんの需要を測りたいと思います。
恐縮ですが「拍手」ボタンでお願いします。


3月発売のこちらまで国内ソフトは無いという、この間延び感・・
【楽天ブックスならいつでも送料無料】エクスペンダブルズ3 ワールドミッション【Blu-ray】 [ ...

 

2015年01月11日

トップミドルスピーカーの位置を特定しました。

ドルビーアトモス用のトップミドルスピーカーの位置は、視聴位置の真上ではなく、やや前方に設置する方が良いと言われています。(パイオニアのSC-LX78、88共通の取説にもそれを「お勧めします」と書かれています)

ではその根拠は何か。
誰か説明してくれませんか?状態ですね。

仕方が無いので、ここは実践あるのみ。
最適であろうと思われるトップミドルスピーカーの位置を特定しましたので、報告しておきます。
150111トップミドルSP位置.jpg

以下、仰角別に書きます。
それぞれの角度の数値がシビアに見えますが、CAD図面上で数値化したものですから、おおよそな数値と捉えて下さい。
いずれも何センチ移動したら、そういう角度でしたということです。


・仰角65度

設置当初は、この位置でした。
視聴位置からは61センチ前方になります。

この位置はドルビーが規定する範囲で、一番前寄りの位置となります。
ここはほぼ部屋の真ん中辺りに近く、自分のサラウンドイメージと感で決めた位置です。

この位置での感想は、昨年書きました3本のパッケージソフトの視聴記事の通りです。

正直、直上からの音の定位感が物足りませんでした。
一方で、サラウンドスピーカーの位置との前後差によってか、微妙な音の移動感があり、「トランスフォーマー」の記事で書いた「落下する水が身体を抜ける感覚」は、一番感じられました。


・仰角76度

「トランスフォーマー/ロストエイジ」を視聴後、ようやくドルビーアトモスの何たるかが分かって来ました。
やや不満だった、真上への音の定位と移動感を得るためはどうすべきか?

自分の頭をトップミドルスピーカーの真下に近づけると、やはりそれは明瞭になります。

そこで、30センチ後退させたのが、約10度プラスの76度という位置です。

その効果は解りやすく、直上の定位は明確になり、それらしくなって来ました。
ここで良いかな。とも思いました。

しかし、ドーム状のアトモス空間とでも言いますか、視聴位置から眼前に広がる空間の密度が後退したように思われました。
また、サラウンドスピーカーが横にあるという事もあって、視聴位置の周囲が強調され過ぎる感があります。


・仰角69度

上の事を受けて、再度やや前方に戻す事にしました。
普通の人はここまでやらないでしょうね。
このあたりが当グログの真骨頂というものです。(笑)

移動寸法は、取付け用に自作したアングル金具の穴ピッチ分の17センチです。
上記の位置のちょうど中を取った位置となりました。
DIYに限らず、自身で物を造っておりますと、測ったような都合の良い組み合わせに収まる事がままあるのです。

効果の方は、上2つの位置の良いとこ取り。
直上へのの定位感とドーム音場の密度の妥協点だと思います。

現在の設置位置はこの位置です。

結果、冒頭で書いた、なぜ「やや前方に設置」が良いのか?ということなんですが・・
実はこれ以上、真上への設置を試さなかった理由にあります。

トップミドルスピーカーを視聴位置の真上に近づけるほど、天井からの音は真上からでは無く、頭上から後方に流れて定位してしまいます。
試しにトップミドルスピーカーのみを鳴らしてみました。
不思議ですが、スピーカーがやや前方にあっても、後方に音が廻ってしまうのです。

それと、視聴位置の横から後方にかけての音場がリッチになり過ぎるということがあります。
推測ですが、サラウンド、サラウンドバックいずれのスピーカーも比較的に視聴位置に近く、
それぞれの距離も前方の3本に比べて相対的に近いという事。このことからアトモスの音場が濃くなるのではないか?ということがあります。


さて、トップミドルスピーカー2本のみのドルビーアトモス ホームは満足か?
今後ドルビーアトモス家庭用である意味の「ホーム」を付けます。

正直、「天井2本」ではまだ、パフォーマンスの見極めが出来ません。
特に前後の定位感と、移動感が出るのか出ないのか?
なので、まだ納得はしていません。

ですが・・

最新の対応ソフト「アイ・フランケンシュタイン」を視聴しました。
デモ素材に格好ではないかという音を聴かせます。
そのパフォーマンスは今までのサラウンドとは明らかに違います。
だから「天井2本」でも、それを設置する恩恵は十分にあります。


皆さんはどうだったか判りませんが、「空間に音像を自在に定位する」というイメージは、映画館の方のそれだと思います。
ドルビーアトモス ホームでは、そこまでのパフォーマンスは出来ていません。
少なくともトップミドル2本では。

要は、活字で紹介された時点で、映画館のドルビーアトモスと混同されてしまったのです。

実際に実践して思うのは、スピーカーの数が圧倒的に足りていないのだろう、ということです。
ドルビーはこの事を、「家庭用では割りきって、天井からの音が聴こえることを重視している」と言っていたのでした。→参考記事
 
しかし、実体験の感想と満足度は、その人の経験値によって違って来ると思います。

僕1人だけの感想が目立つことを憂慮している、というのが本音です。



ところで、一昨日あるニュースがありました。

DTSがある発表を・・という内容、長くなったので裏へ行きます。



現状で、肩肘張らずに取り組めるのは案外、ヤマハのAVアンプかも知れません。
【送料無料】【オーディオ逸品館】YAMAHA - RX-A3040(ブラック)

 

2014年12月21日

現サラウンド環境でのベストを。

国内盤ブルーレイのドルビーアトモス収録ソフト、年内分3本が出揃いました。

まだ評価材料が全然足りないのですが、革新的サラウンドフォーマットと言われる、その立ち上がり時点での、くくりとして感想をまとめます。

141221-1.jpg現状の視聴環境は、7.2.2chです。
パイオニアのSC-LX78で選択できるアトモス用のスピーカー配置で、サラウンドバックスピーカーを活かす配置を選んでいます。

さて、ドルビーアトモス・・天井にスピーカーを追加すると、サラウンドはどのように聴こえるのか?
従来のサラウンドとどこが違うのか?

再生時に従来のTrueHD5.1chに切り替えて、双方聴き比べてみました。

(この場合、SC-LX78側ではストレートデコードすなわち、ドルビーアトモス再生のみに固定されるため、プレーヤー側で切り替えます。3本のソフトいずれも日本語バージョンのTrueHD5.1chを聴くことになります。)

・・確かにリアルな音源が増える訳ですから、雰囲気は変わります。

どこが変わるのか?

高さ方向への音場の拡張。

空間を移動する音源の、軌跡の明瞭化。

ざっくり言うとこの2点です。

しかし、True HD5.1chに切り替えてみますと、・・ん?・・場面によって、その落差が少ないことに気付きます。
例えば、迫力あるサラウンドの雰囲気が明らかに後退してしまうという事はありません。

それは、どちらも基本同じ音を出しているからです。

例えば上空を左右に横切るヘリの音・・
このような音の移動は基本、左右のサラウンドスピーカー(またはメインスピーカーの場合もあり)が受け持っています。
従来のサラウンドでは、これでも頭上を横切る表現は出来ていました。

アトモス再生では、これを天井スピーカーが更に補完または補強するかたちになっています。

つまり、サラウンドスピーカーの左から右に切り替わって行く途中の真上の音、この希薄になる部分、これを天井スピーカーが補強しています。若干の響き(高さ成分)が乗っている感じもあります。

これが、True HD5.1chと比較した場合の、横切るヘリの音の実体感になっています。

この事から考えて、僕もそうでした、いや、まだそうですが、以下の期待を抱いてから聴きますと、そのかい離にがっかりします。

「天井スピーカーで、独立した音源を自在に配置する」

これとはちょっと違うような気がします。何かの聞き違い、読み違いだと思います。

基本サラウンドスピーカーに入っている成分の音しか出さないからです。

今のところ解ったのはこの辺りです。


141107.jpgドルビーアトモス自体への関心、それは高い様です。日々のアクセス数の多さで推察されます。

年内に何とかしたい人もいらっしゃるでしょう。

しかし正直言って今回ほど、いわゆる「刷り込み」に踊らされた事も無かったですね。

ここまで僕が、まあ客観的に、または皆さんから見ると僕の主観で書いてきました。

では、

ドルビーアトモスは有りか無しか。
ぜひのおすすめなのか。

ドルビーアトモスは、サラウンドの上位オプションだと捉えれば、「有り」かと思います。

ぜひのおすすめかと言いますと、「絶対的に凄い」と言い切るのは大げさです。
実際、聴き比べた人の感想には個人差ががあります。その差が埋まるほどのアドバンテージがないということから、そう思います。

それに大抵の人には、もう答えが出ていると思います。
案の定、「天井は4本でないと」という論調が見て取れますが、その時点で多くの人は戦意喪失だと思いますね。
これは僕が、勧めようと勧めまいとどうしようもありません。

一方で・・
今ある現状のサラウンドでやること、出来る事は多いと思います。
キーワードをあげますと、配置、統一、上下位置、さらにはサラウンドバック、フロントハイト、スピーカーケーブル等など。

現状の環境でベストを付くした時、またその上が見えて来る。そうしたら考えてみましょう。

それで良いのでは?
普通でしたね。



次回以降ではトップミドルスピーカーと、サラウンドスピーカーの位置関係について書いてみます。


次はこれですか・・すぐですね。さてどうするか。きりがないな。(笑)
個人的には「ゼロ・グラビティ」には期待していますけれども。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アイ・フランケンシュタイン【Blu-ray】 [ アーロン・エ...

 

2014年12月14日

ジャッジメント・デイ。

注)この記事をご覧の前に、こちらの最新記事をご覧ください。

2015.9.12現在、再生環境が変わっています。
この記事中での評価は、最新の再生環境では異なるからです。



タイトルを今日の選挙に掛けておりますが、ドルビーアトモスの初期レビューの区切りという意味です。

ドルビーアトモス国内盤BDの第3弾が「トランスフォーマー/ロストエイジ」です。

141214-1.jpgこの「トランスフォーマー/ロストエイジ」に関しましては、既に北米版にて試聴会、先行実践者の方々や、雑誌のレビュー記事などによって、様子をご存知の方が多いでしょう。


141214-2.jpgアトモス非対応のAVアンプではTrueHDの5.1chと表示されるのでしょうか。

3番手でのリリースとなりましたが、これはもうドルビーアトモスの代表選手のような存在です。

そのレビューはしかし、立場によって内容も違うようです。


手放しで絶賛するか、あんまり感動しないか。


では、僕はどうだったのか。

自身の経験値との比較と、今の再生環境においての感想ですね。


まずは、圧倒的に音の数が多く、前後左右、そして上下の移動が多い本作のような映画において、ドルビーアトモスの効果がもっとも解りやすいというのは予想通りでした。

これはまさしく、3D音響と言うべきものでしょう。

物語中盤のスペースシップの中のシーンから、とにかくガッチャガチャの音響が部屋中に展開します。
どこかが音抜けしているような感じはほぼ無いと思います。

これだけでもアトモス云々の評価対象としては優位な内容で、「ネイチャー」を同じ土俵に乗せるのはいささか、かわいそうと言うものでした。

では印象的な「音」のシーンを。


・今までに無かった体感

ある場面で印象的な「体感」がありました。
それはスペースシップの一部から、水が滝の様に空中を落ちている所を抜けて行く場面。

ここは従来、自分の目(カメラ)が水を抜けて行くのが当たり前の事でしたが、アトモスでは水自体が、自分の体を抜けて行くような感覚があり、これには「はっと」しました。


上空の表現。

ジェット機やミサイルが頻繁に飛び回るのですが、その軌跡がはっきりしています。
軌跡が追えるのと、空の高い位置にある様に認識できる点は、従来のサラウンドとは違います。


・怒涛の音響密度

まあそういう映画なのですが、終盤スペースシップが船や車などのあらゆる金属を吸い上げ、また落下させるシーンです。
ここは映像が上空、真上のスペースシップを表現する、アトモスの見せ場的シーンです。(注1)
当然、うちのトップミドルスピーカーも全開で鳴りますが、重低音と相まってサラウンドの密度、厚みが違います。


・静かなシーンでほっとする。

ガッチャガチャの戦闘シーンの間の、人の会話シーン・・それに切り替わるとほっとするのです。
こういう体験もそれほどありません。そのくらいの音の洪水です。


・LFE(サブウーファー出力)が強力。

どうやら、ドルビーアトモスは他のサラウンドフォーマットよりも、低音がより出ます。
アップミックスのドルビーサラウンド(対応ソフト以外での擬似アトモス)でも同様です。
この映画では効きすぎの感があり、LEFレベルを-3にして全体のバランスを取っています。


以上を踏まえて「トランスフォーマー/ロストエイジ」単品での音の評価です。

これは、5段階評価の4.8です。

マイナス0.2は何か。

非常にけたたましい音響の映画ではあるのですが、一方でどこかダイナミックレンジを押さえている印象があります。特にミサイルの着弾、オートボットの格闘シーンでの激突音において、そのボリュウムに物足りなさを感じます。これがマイナスの0.2です。

試聴会では相当の大音量であったようですが、このあたりを音量でカバーしていたからでしょう。

そして、「トランスフォーマー/ロストエイジ」を通して見た「家庭用ドルビーアトモス」の評価です。
評価というか「個人の感想」なのですけれど。

先行の2作品はこうでした。

「ネイチャー」が「C」
「トランセンデンス」は「E」

この判断基準と、何段階あるのかはまだ明かしていませんでした。

それは次の通りです。

「A」サイテー。要らない。
「B」期待はずれ。
「C」こんなものかなあ。
「D」あともう少し。
「E」これは良いかも。
「F」おお、これだよ。コレ。
「G」最高。絶対オススメ。

では「トランスフォーマー/ロストエイジ」これの「家庭用ドルビーアトモス」として評価は、
「Fマイナス」とします。

厳しいですか・・しかしまだ両手は挙げきれない・・です。
(もっともドルビーアトモス、その実力の上限はどこか。まだそれが見えないということがあります。)

マイナス付きはなぜか?

もっと明瞭なSE(サウンドエフェクト)の定位感が欲しいと感じる部分があります。
上の文中に(注)と付けた部分、直上からの音の実体感がもう1つと言った感じがします。
これは「トランセンデンス」の記事に付けた(注1)(注2)も同じ意味合いでした。

更に言うと視聴位置後方に比べて、スピーカー間の距離が比較的に広い視聴位置前方へのSEの定位感、これがやや甘い気もします。

いやしかし、現時点でこれは、個人的な問題だと思っておいて下さい。
ここまでの評価で、一般的には十二分なものだと思いますので。

個人的問題・・トップミドルスピーカーの位置が前寄り過ぎる、これはあります。
あるいは、そもそも天井スピーカーは2本では不足なのか・・。

この辺りは当然、個人的課題として検証します。


長くなりました。

家庭用ドルビーアトモス、これはアリなのか?ぜひのオススメなのか?

総評を課題も含めて次回、まとめます。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット...


 


     スポンサードリンク