2015年08月14日

ITU-R配置の検討。 その2

ITU-R勧告によるスピーカー配置を実現すべく色々とやっています。

なぜなら、ドルビーアトモスの再生には、ITU-R勧告によるスピーカー配置がベストであり、これから外れた配置の場合にはどうやら、本来の姿を聴くことが出来ないと判ったからです。

では前回からの続きです。

スクリーンから3mであった視聴位置を2.8mと決めると、フロントスピーカーの角度は60°を切って54°となった訳ですが、その程度の角度差は許容範囲に入るか否か?

残念ながら60°の時のアトモスを聴いてしまうと、これで妥協は出来ないという感想です。
頭上から前方にかけて、包囲感と定位感が不足します。

これは単に2chでも感じることが出来る聴こえ方の違いの部分、それの差が出てきます。

150801-2.jpg・・ではどうするか。
ここから出来る事はフロントスピーカー自体を動かすしかありません。

以前の画像です。フロントスピーカーはスクリーンの両端ぎりぎりに寄せていました。

よって左右の壁との空間に余裕はありますから、外側に広げることにしました。

150801-3.jpgこれで従来の視聴位置から20cm前に移動したポジションで、フロントスピーカーの開き角度60°を確保しました。
実際この配置で聴くアトモスの印象は大分良くなりました。
左右の壁から出来るだけ離すため、スクリーンに寄せていたフロントスピーカーですが、結果ここまで離れました。

実はこの事が他に利点を産みました。

アトモスでなくても、人のセリフが画面の外から聞こえるというシーンがあります。
このセリフの主のいるべき場所と、スクリーンからやや離れたスピーカーの位置とが、ほぼシンクロする感覚を受けるケースがありました。
裏を替えせば、セリフの出る位置が画面に近すぎると、画面の外にいるはずの人物のセリフが、画面の端から聞こえて、想定される人物の位置とのずれを生じ、リアルでないのです。

150814-1.jpg
一方、サラウンドスピーカーの角度は前方から112°のままでです。
こちらも影響があるはずなので、出来る限り120°にするべく次の一手を考えています。


ホームシアターのフロントスピーカーの位置(開き角度)は、画面の大きさによってある程度決まって来るかと思います。
大きい画面ほどフロントスピーカー間は離れますが、視聴位置も遠くなります。

個人の好みと部屋の大きさによって、その視聴位置も決まって来ますが、特にプロジェクターで大画面を選択した場合には、視聴位置はどうしても部屋の後方になってしまうのではないでしょうか。

その場合にITU-R配置が採れるかどうかということです。

そもそも従来のサラウンド配置は、フロントスピーカーの開きは45°でも良しとしたり、サラウンドスピーカーに至っては真横から後方135°までを許容範囲として、家具配置との折り合いなどもあり、結構アバウトな部分がありました。

しかし今後、ホームシアターを構築するにあたり、オブジェクトベースサラウンドであるドルビーアトモスやDTS:Xが主流になると仮定すると(?ではありますが、そうでなくても)この基本配置は外さない方が良いと思います。

理由とすれば、スピーカーが正しい位置に在るのか、AVアンプ側ではそもそも把握出来ないということがあります。(ソニー機にはスピーカーリロケーションなる機能がありましたけれど、アトモスには手を出していませんね)

考えようですが、無闇な大画面の導入もどうかと思います。
画面サイズが小さい方が、スピーカー配置と視聴位置の設定の自由度が高いからです。

一方で4Kテレビや、4Kプロジェクター(まだとても高価ですが)の場合では、視聴位置を近くに採れるという考えも出来ます。
しかし視野に対して 画面の専有面積が大きすぎると、圧迫感を覚えるというデメリットがあります。


さて、ここまで天井スピーカーについて触れていませんでした。
当然この「位置」についてもこの後再考し、手を打ちました。

次回でそれを。


各社新型AVアンプの前倒しの発表を予想していましたが、意外に例年の通りなのかも知れません。
次世代「Ultra HD Blu-ray」の存在がハード、ソフト共に現在ボトルネックになっていますね。

新型も未だ7ch機で、天井2本仕様までの発表に留まっていますか・・

【8月下旬発売予定】【送料無料】ONKYO - TX-RZ800(B)【HDCP2.2対応】【ご予約受付中】

 

2015年08月09日

ITU-R配置の検討。 その1

うちで聴くドルビーアトモス、これの出来がどうにも今ひとつだったのは何でか?
まず基本的なスピーカー配置から見直しを考えました。

やはりメーカーの指定するスピーカーの配置というものがあるわけですから、これに準じるべきか・・
パイオニアのSC-LX78の取説には5.1ch配置の場合、フロントスピーカーの開き角度が60°、サラウンドスピーカーは正面から120°と指定されています。

これはITU-R配置に準じたもので、サラウンドスピーカーの角度には100°から120°という許容範囲があります。

うちのスピーカー配置は、視聴位置がスクリーンから3m
フロントスピーカー間50°
サラウンドスピーカーまで104°でした。

150809-1.jpg

まず図面上でフロントスピーカー間を底辺とする正三角形を描き、その頂点はどの辺りかを見てみると、視聴位置から45.5cm前となり、その位置では偶然にもサラウンドスピーカーの角度も120°になることが判りました。

150809-2.jpg

つまり、視聴位置を44.5cm前に移動すれば、ITU-R配置が可能という事です。
元の3mという視聴位置はスクリーンの大きさから設定したもので、プロジェクターの画素がほとんど見えない位置なのです。
しかし、ここから約45センチ前というのはかなりの移動量です。

ともあれ、テストということでイスをその位置まで前に出してみました。
そこでは100インチの画面は視界いっぱいに広がり、映画館の前から3分の1くらいの席で見るような感じになります。

さて、音はどうか?
やはり、でした。

この前の記事で図にした音場のイメージ、あの前側の部分、頭上から前の方にかけて音が埋まります
そして前後の音の移動感、これもようやく出てきました
サラウンドの方の聴こえ方も、後ろが広く相当に「遠く」なります。

なんてことだ」・・です。

ドルビーアトモスの音場感は明らかに改善します。しかしこのままでは実用上、無理がありました。

スクリーンが近すぎるゆえ、やはり画素が目立ってしまい、画質が荒くなってしまいます。
ブルーレイがDVDに近くなって残念な感じになります。

それに画面が視野のほとんどを占めるため、いわゆる目の箸休め的な余裕がなくなって、圧迫感があり、疲れるのです。
映画館のような没入感を良しとしても、家庭では色々なソースを視聴するのに適しません。
個人的に、この位置は却下でした。

スクリーンメーカーのシアターハウスのHPでは、100インチワイドの場合の視聴位置は2.8mから3mを推奨とされています。

では視聴位置の移動を45cmでは無く、20cmで妥協すればどうか・・
これも試してみたところ、画素は見えない訳ではありませんが、まあ許容しても良い感じです。

しかし、フロントスピーカー60°が狭くなって54°になり、サラウンドスピーカーは112°となるが、音はどうか?

この続きは次回です。



ところで・・
最初からITU-R配置をとっていれば、ドルビーアトモス ホームの評価も変わったかも知れません。
少なくとも本来の姿を聴き取れていなかった。

そんな条件の出ていない環境で「あんた、ずいぶんと悪く言ったよな」と思われたなら、申しわけ無いと思う反面、果たして60°120°の視聴環境にある人がどれほどいるのかとも思います。

試聴室やデモではあたりまえでも、家庭ではどうか。
その辺りのギャップと実際の感想の比較はどこかであったのか。

この点を書く事で、ご容赦願いたいです。
(従来型サラウンドとの比較に関しては、イコール条件だった訳で、また別の話です。)



シアターハウス

 

2015年08月01日

仕切り直しのドルビーアトモス。

正直なところですね・・アンケートをまとめた後でモヤモヤが残りました。
おそらく皆さんもそう感じたかも知れません。反応で何となくわかります。

僕自身からすれば、ドルビーアトモス ホームの感想について「意外な結果」が出たからであり、皆さんは『おいおい、それで納得するの?』といったところでしょうか。

その事が後を引いていた訳ですが、なぜ「良い」という感想を多くの皆さんが持たれたのか?・・この部分について考えてみました。

多くの皆さんが体験した試聴会では、悪いものを聴かせるはずは無く、セッティングには気を使っているはずで、ベストな音を聴かれた可能性が高いのでしょう。

一方でこちら側はどうか?・・うちではベストな音を引き出せていないのか・・。

実際うちで聴くアトモスの不満点はこの図にあります。
150801-1.jpg
アトモスの特徴である音像イメージを分かりやすく言えば、部屋をお椀ですっぽり覆うような感じなのだと思われるのですが、そのお椀(ドーム)が形成されてないのです。

赤線の範囲が、僕の部屋で聴くアトモスの音場のイメージです。
ちょうど甲子園球場のバックネット裏から見たような、あるいはホームから見て、アウェー側に屋根の無いサッカースタジアム?のようなイメージ。

お椀ならばこの赤線は円になるはずです。
本来あるはずの天井が抜けているために、頭上を左右に横切るはずの音は自分の後頭部上を通ります。
前方までお椀がかぶさっていませんから、ここの空間の音像定位は物足りず、当然前後に抜ける音の移動は、その軌跡がはっきりしません。

このような聴こえ方であるからして、良い評価は出来ないのです。(過去記事はこちら)

しかし、多くの皆さんが「良い」とされた、その再生環境との違いは何なのか?
この辺りを考えていました。

まずは、天井スピーカーの位置が部屋の後ろ側に偏り過ぎていないか?(こちらの記事で触れています。)

これについては、視聴位置に応じたドルビーの推奨位置を守っており、あえてその推奨位置を外して前よりに移動したとしても、そもそも天井スピーカーは添え物程度と言えるような稼働率の低さであり、積極的に音場形成に寄与しているとは、今のところ思えません。
なので天井スピーカーの位置自体で、アトモスの音場効果が大きく改善されるかは疑問です。

では他の要因は何か?
実はまだやりきれていない事が一手、残っていました。

それは5.1ch配置の基本である、フロントスピーカーの開き角度60°、サラウンドスピーカーは正面から120°・・。
つまりITU-R勧告によるスピーカー配置です。
実際SC-LX88、78の取説にはそのように指定があります。

これがうちの場合はどうだったか・・。

この事について、実証をしているその途中なのですが、経過を追ってダラダラ書いていると結論が相当先送りになってしまいます。なので今の時点で先に書いておくべきことがあります。

ドルビーアトモス ホームの実践においてITU-R配置、これを外すとまず、ベストなアトモス音場が得られないようです。
特にフロントスピーカーの開き60°については、これは守った方が良いかと。

ITU-R配置と天井スピーカーの組み合わせの再考・・ドルビーアトモスについて言及しないとしておきながらも、この事を試さずにでは中途半端だろう・・

そういう訳で、ドルビーアトモス ホーム導入記のシーズン2、いや、1.5かな?
ドルビーアトモスを見極めるため、もうちょっと悪あがきしてみます。

次回から詳細を。


実はアンケートはまだ実施中です。(8月3日まで)
まだの方は滑り込み投票、よろしくお願いします。



こちらの新型をそろそろ見たいものですね。↓
PIONEER SC-LX58


 

2015年05月01日

5.2.4chまとめ。 完

今日は5.1で「サラウンドの日」なはずでしたが、年々しぼんでいますかね。

奇しくも、5.2.4ch(5.1.4ch)すなわち「ドルビーアトモス ホーム」に触れる記事の、これが最後です。

天井スピーカーが4本設置であっても、アップミックスの「ドルビーサラウンド」までは使えますが、アトモス収録ソフトの再生では役不足であり、せいぜい従来サラウンドとの雰囲気の違いを表現する程度に留まっています。

これが、僕が素直に感じるところでした。

これを改善するカギの1つとして、5.2.4プラス2chという方法(過去記事で触れています)を試しました。

これが、前の記事でも書いていました、「前方の左右から上方向にかけての音が寂しい」という事象に起因する前後のつながりの解消と、前方の音場の密度を高める対策となり得るのか?・・

その方法です。

150501-1.jpgまず、フロントハイトスピーカーを追加します。これがプラス2chです。
そして、トップミドルスピーカーと同じ音をそこで鳴らすのです。

スピーカーは、古いものを引っ張り出しました。ボーズの100Jです。

150501-2.jpgスピーカー出力は、プリアウトから外部アンプを経由します。
外部アンプにはこういうものを使用しました。
知る人ぞ知る中華デジタルアンプ、Lepai LP-2020Aです。

選択理由?安価だからです。テストですし、その一択です。

そして普段と違うメモリーポジションでMCACCを掛けます。
LP-2020Aのボリューム位置は14時位です。

MCACCの設定後のスピーカー距離は、トップミドルスピーカーの位置と同じままでした。
両者の中間を取って、とはならないようです。

そして聴いてみた印象は・・

まんまフロントハイトスピーカーを追加したような印象はあります。
確かに音場を埋めるという役目は果たしています。
この事から天井スピーカーは、やはり6本必要なのか?とも思います。

しかし、この方法では音源が単に分かれるので、定位感はボヤケます。

それと問題は、トップミドルとフロントハイト両者から出る音のタイムアライメントを調整しようにも、出来ないという事です。
それは耳に届くタイミングの違いを生じ、違和感(モヤモヤ)を感じてしまいます。
僕の場合これがだめでした。

では現状の5.2.4chで、あと出来る事は何か?

考えていた折に、ついに発売となったのがあの「ゼロ・グラビティ」です。

これは、アトモスどうのこうのという文句を付ける意味が不要なソフトでした。
間違いなく現時点で「ベスト・オブ・ドルビーアトモス」な、映画ソフトでしょう。

そう言う理由は、元々のサウンドデザインの出来が違うという事、それに誰も知り得ない非日常の360°空間を描いている点にあります。

この映画の「音」の移動表現は普段の生活の延長上には無く、スクリーンの外を飛んでいる飛行機やヘリコプターの軌跡を想像で補完するような事が出来ないのです。
そういう意味で、アトモスに合っていると個人的には思いました。

裏を返せば、他の映画ソフトで映像と音のシンクロで不満が生じるのは、動きをある程度知っているから。
「この映像にこの音がついて来ないと」という部分で粗が見えやすいという訳です。

だから普通の映画ソフトに関しては「家庭用アトモスはこんなものだ」という妥協点を低く設定すべきと思いました。
まあ、あんまり「クソ真面目にこうだ」という見方、聴き方をする事でも無いのだと。

一方で、ソフトの出来自体は今後に当然、期待はします。

現時点でのスピーカー配置、これは5.1.4chがベストな配置と思います。

そして可能な限り、推奨位置で配置することです。
現行の国産AVアンプでは、ヤマハの一部モデルを除いて、スピーカーの配置角度までは検知出来ていないからです。

そうすると必然的に、視聴位置は部屋の後ろ寄りでは無く中央寄りになり、天井スピーカーの配置の中心、イコール視聴位置ですが、それをベースの5.1ch配置の中心に近付けることになります。
理想的にはそういうことです。
つまり、天井スピーカーが、部屋の後方に偏らないようにするのです。

これが、頭上を左右にあるいは前後に抜ける音の、定位の曖昧さを軽減するカギだろうと思います。

AVアンプの機種によっては7.1.4chが可能と思いますが、12畳を超えるような大きさの部屋を除いて、サラウンドバックの追加は後方の音源過多な状況を作り、リア偏重なサラウンドに感じるのでは、と思います。

現状の5.2.4ch(5.1.4ch)で、あと出来る事は何か?に、戻ります。

天井スピーカーのバランス調整には(音量や距離設定、場合によってはトップミドルSPをやや前寄りに移すか)考えられるポイントがあります。

しかしこれらは公開することは無いと思います。
せめてもの先行者特権と言うものです。(笑)
あとはしれーっとやります。やらないかも知れません。


ところで、この秋に登場するという新型AVアンプでは、ドルビーアトモス関連で新たなトピック、テコ入れが有るのでしょうか?
あるいはDTX:Xの搭載だけなのでしょうか?

DTS:Xは、天井スピーカーありきにこだわらないようです。
なので、天井にスピーカーを取り付けるという人が増えることは、そう無いでしょうね。
ひょっとして、天井スピーカーもここ数年で消えて行く運命でしょうか?

新型AVアンプの注目はヤマハ。シネマDSPとアトモスの掛けあわせで来る可能性があります。
そうなったら、「強い」と思います。

しかし、それでも秋10月ごろの登場?・・これではアディショナルタイム、長いですね。
あるいはメーカーによっては前倒しで、夏場に登場があるのか?

残念ですが、どちらにしても僕は関知しません。(出来ませんし、もう知らん)



ブログ自体は、ぼちぼちやります。

次はSC-LX78のハンドリングレポートでも書きます。
今この期に及んでの、です。


※「5.2.4chまとめ。その1」は、カテゴリー「スピーカー配置図」にあります。


【正規品】LEPY LP-2020A+ デジタルアンプ シルバー+12V5Aアダプター+RCAオーディオケーブル★ポップノイズ対策済み


ゼロ・グラビティ スペシャル・エディション(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


 

2015年04月12日

ドルビーアトモス ホームの正体。

注)この記事をご覧の前に、こちらの最新記事をご覧ください。

2015.9.12現在、再生環境が変わっています。
この記事中での評価は、最新の再生環境では異なるからです。



今回の記事は、自業自得の自爆記事です。

未体験の人が参考とされる場合には、あくまでも個人の感想です。話半分と思って下さい。
それに管理人は少々理性を失った感があります。

あまりに問題ありの内容となっていますから、期間限定での公開とします。 
皆さんの反応を見させていただきますが、期限は18日までで考えています。

4月18日追記:期間限定公開を解除しました。

昨年秋にテイクオフした、家庭用ドルビーアトモス搭載のAVアンプは、これまで十分な補給も受けられないまま、DTS:Xの発表という事態を受け、その全機が撃墜され、パイオニア機は消息不明。国内で生き残ったのは最後発の2機のハイエンドのみ・・という、惨たんたる結果になりました。

華々しく登場した、革新的という触れ込みのサラウンドフォーマット搭載AVアンプも、その賞味期限はこの秋までということになりましたから、大枚はたいて購入したオーナーは、たまったものじゃあないです。

パンを買うのとは、訳が違いますからね。

かく言う僕も少し前まで、DTS:X云々は仕方がないと言ってきました。

ドルビーアトモス ホームが確固たる地位で、どんと構えていたならば、DTSのそのお手並み拝見というくらいの余裕もあるだろうと思いました。

しかし今のドルビーアトモス ホームは、残念ながらそういう代物でないです。

まずは冒頭で「補給」と比喩した、ソフトの供給状況・・・

ご存知の通り国内BDソフトは現在6本しか無いのです。
このペースだと年内20本に届くのですか?

せめて何らかのかたちで、デモディスクの配布くらいと思うのですが、それすらもありませんから、盛り上げようとする機運が今ひとつ感じられない。
(DTSの件や次世代ディスクの事を見越しての事でしょうか)

そして物理的障壁を乗り越え、天井スピーカー4本のフルシステムで聴いた、肝心のそのパフォーマンス・・・

立ち上げ前から映画館のそれと混同させて、同等の効果を家庭で再現できるなどと言われていました。
しかしその実は、家庭用システムに十分落とし込めていません。

スピーカーの数と配置の問題、視聴位置と部屋の形状に関わる天井スピーカーの配置の問題。
これらの点でどうなのかと。

厳しすぎますか?

ただでさえ、障壁の高い天井スピーカーの設置を実現できるユーザーは、わずかに3パーセント以下のようです。
その恩恵として求めるものとすれば、それ相応であるべきと思います。

具体的には、まあ色々と取り上げたいのは山々です。
しかし下書きを書いてるうちに、段々と自分の卑屈さを発表するようなものだと思って来ました。

とにかく、現状の設定ではアトモスのサウンドデザインを家庭で再現出来ているとは思えません。

あえて爆弾を投下します。

ドルビーアトモス ホームの正体は、アップミックスである「ドルビーサラウンド」・・こちらの方。
そっちがメインの機能で、アトモスの方はと言えば簡易再生ですね。表に出る方が逆なんですよ。

僕がちょい聴きでそう言っているわけでないのは、過去の記事から察して下さい。
それに直前まで最善のセッティングを模索していました。

例の「プラス2ch」も試しました。
それが有効であったと言うことは・・です。そこまでを含めての感想です。

これは巨神兵と同じですよ。出すのが早かったのか?
こっちはこっちで、飛びつくのが1年、いやDTS:Xの件を見越して2年は早かった。

まったく不覚を取ったということです。

この半年あまり、新らしいものの立ち上げを体験し、テストやセッティングなど楽しんだのは事実でした。
濃い半年でした。しかし、討ち死ですね。

この趣味も20年以上になりますけれども、ここまで呆然自失となった事も無かったです。



今後ですか。

最新のスピーカー配置図を更新します。残骸としてその記事を残し、けじめをつけます。

そのあとは、消息不明機のその後を見届けたのち・・何を?って、別の何かに興味を向けたほうが良いのかも知れません。

 


     スポンサードリンク