2015年11月30日

アトモス再生のキモ。 その2

前回、アトモス再生のキモは「前後スピーカーの音量バランス」だと書きました。

もっと言えば、全ての隣り合うスピーカーのバランスも同様なわけです。
ですが経験上、前後の音量バランスというのがオートセットアップの設定値(サラウンドSPの音量)と、実際の聴感で異なる場合が有りがちだった。という認識から来ています。

それと、「天井スピーカーなくして、オブジェクトの生成は成し得ない」とも書きました。
その根拠とは?(良く考えれば解ることでしたが)

・・そもそもオブジェクト生成の仕組みはどうなっているのか

今更ながら、それを確認できたのは某社のチェックディスクを知るA氏からの情報からです。

以下、イメージにしてみました。

151122-1.jpgこれはSC-LX78のコントロールアプリのタブレット画面上に加工をしたものです。

配置は5.1.4ch。フロアスピーカーと天井スピーカーの間の空間を示す赤線の枠はイコール、オブジェクトの生成範囲になります。つまりはサラウンド音場です。

従来の5.1chの場合は、底辺の枠から成る平面的な再生であった訳です。
(良いスピーカーなら「高さ」が出せるという話とは別です)

オブジェクトを任意の位置に生成する場合、どのスピーカーがどのように役目を担うのか?
いくつかのパターンを見てみます。

塗りつぶしの丸がオブジェクトで、丸印はその生成時に鳴るスピーカーです。

151122-3.jpg例1 TFL(トップフロント左)とTRL(トップリア左)の中間のオブジェクトの場合。

2本の天井スピーカーの音量が同じなら、中央に定位します。

151122-2.jpg例2 同様に、FL(フロント左)とSL(サラウンド左)の中間のオブジェクトの場合。

これと例1は、高さに違いがあるだけであり、前後(Y軸方向)の位置は2本のスピーカーの音量で変わります。

151122-9.jpg例3 では、上下(Z軸方向)の位置にオブジェクトを生成する場合で、TRLとSLの中間の高さにあるオブジェクトの場合。

これは上下2本のスピーカーの音量で、その高さの定位が変わります。

以上はいずれも、2本の隣り合うスピーカーのみで生成される「ファントム」がオブジェクトになることを示しています。

ここまでで、キモはバランスだと言った意味がお分かりかと思います。

前後位置(Y軸方向)と上下位置(Z軸方向)への定位が出ましたが、いずれも赤枠の外壁に沿った位置への定位であり、聴かせ方としてはサラウンド音場の外縁で「遠め」の位置のオブジェクトということになります。

では、例3の位置から右方向に(X軸方向)オブジェクトを移動して赤枠の内側の任意の空間に定位させるという場合はどうでしょう。

151122-5.jpg例4 オブジェクトが例3の、TRLとSLの中間から離れて、視聴位置のやや後方左寄りの位置に生成される場合。

このケースでは、5本のスピーカーが鳴りますが、SR(サラウンド右)とTRR(トップリア右)の音量は小さく鳴ります。
FL(フロント左)は前方向への牽引役でしょうか。

151122-8.jpg例5 さらには視聴者の「近め」で左横の空間に生成をする場合です。

TFLとTRL、それにFLとSLが鳴り、SRは音量は小さく鳴りますが、右後ろ方向への牽引役でしょう。

以上の様に、フロアと天井の全てのスピーカーが微妙にバランスを取って鳴ることで、上下左右任意の空間にオブジェクトを定位させるよう出来るという訳なのです。

当然、フロア設置のスピーカー5chだけでは、高さのあるZ軸方向へのオブジェクトを生成出来ない事も解ります。
それと天井スピーカーはやはり、4本がベターということになりますね。
2本ですとおかしな表現ですが、前後方向がモノラルになるとでも言いますか。

また話を戻しますが、音量バランスが重要なのも理解出来る話でしょう。

そこで、前後のスピーカーバランスの確認と調整の方法です。
僕はAVアンプの「ザー」というテストトーンでマニュアル設定出来る人はすごいと思います。
やはり何らかのチェックソフトは必要です。

しかし、前回紹介した「HiViCAST」のようなチェックソフトが無い場合はどうするか?
もっとも、これでも天井スピーカーは鳴らせませんし。

最近のAVアンプはほぼ、「オールチャンネルステレオ」というような再生モードを備えているはずです。
これを使って出来ないことは無いと思います。

方法としては、2chの音楽ソフトを再生し、音量調整をする隣り合ったスピーカーを除いて、他をミュートするのです。
パイオニア製AVアンプの場合、上に載せたコントロールアプリの画像が音量調整画面で、各スピーカーを個別にミュートが容易になります。


・・さて、この年末年始に向けて話題沸騰の「DTS:X」は、5.1chでも確か2chでもオブジェクトベースサラウンドが再生可能だと言われていますかね。
これを勘違いから期待されている向きがあるようです。

くどいようですが、5.1chでは高さ表現をするオブジェクトは生成出来ないはずですね。


しかし、ドルビーアトモスに特化した、何らかのチェックソフトや、ドルビーのデモソフトは欲しいものですねえ。


)この記事の内容は、個人の体験を通した解釈によるものですから、細部についての整合性は関知出来ませんのであしからず。


「ゼロ・グラビティ」のISSの火災のシーンがイマイチならば、バランス調整の必要ありです。

ゼロ・グラビティ スペシャル・エディション(2枚組)【初回限定生産】 【BLU-RAY DISC】


 

2015年11月22日

アトモス再生のキモ。 その1

「オブジェクトなんて、どこにあるんですか!」

ドルビーアトモス ホームについての、偽らざる感想がこれでした。・・つい最近までは。
しかし実はようやく、まともにドルビーのデモソフトを聴く機会を得ました

それを聴く限り「オブジェクトはあります!」(いや、空想では無く。笑)

なるほど、やはり天井スピーカーなくして、オブジェクトの生成は成し得ない
そして当然、それが鳴って仕事をすることが条件となる。・・これを確信しました。

デモのソフトに比べて従来の映画ソフトは・・
天井スピーカーが鳴らなさすぎ。
そもそも、そこまで作られてはいなかった・・そういうことです。

それと、こちら側の要因となるセットアップ。そこにまだ甘い部分がありました。

それはまさしく、アトモス再生のキモと言える部分でした。

この修正と相まって、手持ちの「ゼロ・グラビティ」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ジュピター」そして「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」といったソフトでは、抜群の効果を発揮するようになりました。

151122-7.jpgこれは「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の冒頭、パラマウントの星が飛んで来るお馴染みのオープニングロゴ。

この画面からオブジェクトを認識できます。
この星は、右後方の上から斜めに眼前を横切って行くのです。

そうです、個人的に不満だった部分・・ドルビーのデモと同様なオブジェクトの定位、移動感、頭上がリアルに鳴る様を、特に最近のソフトでは得ることが出来ます。と言うか出来るようになりました。(汗)

では、アトモス再生のキモとはどの部分か。
これは、ある人から得られた情報を元に書いています。

ある人とは、仮にミスターX、いやそれだと怪しすぎるので、A氏とします。
A氏からもたらされた情報とは、例のチェックディスクの内容についてです。
この情報が無ければ、セットアップの詰めも出来ませんでした。感謝します。

ここで能書きを垂れていると、また「つづく」となってフラストレーションが貯まる方がおられるかも知れません。
読み物としては引っ張るべきでしょうが、皆さんの実益には寄与しませんね。(笑)

では、その「キモ」を先に書いておきます。

151122-6.jpgそれはこの部分です。
これはDVD版「Hivi Cast」の、5.1ch音量設定のためのチャプターの一部です。

フロントLとサラウンドL。
同様にフロントRとサラウンドR。
2本のスピーカーから音楽が再生されます。

その2本のスピーカーの真ん中、いわば視聴位置の横に、正確な音像定位が出来ているか?
要は前後の音量バランスです。このセットアップがキモです。

オートセットアップ任せだと定位が甘いかも知れません
管理人めの場合もそうで、やや前寄りでした。

どうでしょう。これがチェック出来ていますでしょうか?

では「HiViCAST」が無い場合の、チェック方法は?

そして、なんでこれがアトモス再生のキモか?
そもそもの根拠は?

次です。


ターミネーター:新起動/ジェニシス ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

 

2015年09月12日

ドルビーアトモス対応スピーカー配置見直しまとめ。

視聴位置とフロントスピーカー、天井スピーカーの位置を書き直した配置図です。

150912-01.jpg

150912-02.jpg

さて、今回の配置見直しで、肝心のドルビーアトモスの音はどうなったのか?

印象は確かに変わりました。
まず変更前のイメージはこうです。

150912-1.jpg

従来の配置では、サラウンドが頭上から後方に展開する印象が大きかったです。

アップミックスの「ドルビーサラウンド」では天井スピーカーから常に音が出ている状況です。
そのため良く分かったのですが、音楽もので聴くサラウンド音場の印象は、以前から慣れ親しんだ視聴位置の周りから後方にかけて展開する音場に、高さを加えた感じでした。

しかし前方とのつながりが悪く、視聴位置と画面の間のSE(サウンドエフェクト)の定位が物足りないというものでした。

では見直し後

150912-2.jpg

あくまでイメージですが、頭上と後方が特に高いという印象は無くなって、音場は高さを含めて部屋全体均一になる感じがあります。
一番大きいのは、フロントスピーカーの60°配置が効いて、視聴位置横から前方へのつながりとSE(サウンドエフェクト)の定位感が出てきたことです。

ようやく頭上を音が横切って行くようになりましたし、前後の天井スピーカーの鳴り分けもよく分かるようになりました。(ただし、これはトップフロントSP側については明瞭ですが、トップリアSP側の方はどうも不明瞭というか印象が希薄に感じます。あるいはサラウンドSPに紛れてしまうのか。)

なぜ今更のITU-R配置、今までは何をしていたのか・・この点は反省するところではあります。

間違いなくドルビーアトモスとドルビーサラウンドは良くなりました。
ほぼ、正しい再生が出来ているのではと思います。

では、今までの評価は・・・

何しろ管理人めは、これまで悪く言い過ぎの印象があるでしょうから。
まさか、手のひらを返すように良くなったのか?

悪いままということでは無いのですが、飛び上がるほど良いかと言うと・・・。

しかし皆さんのおおよその評価は、この前のアンケートの回答で出ていますね。

あの結果を見た僕自身、以前から持っていた期待値を低くアジャストして、こんなものなんだろうな。という認識に落ち着きつつあります。

・・個人的には、次のように表現します。
従来型の云わば、天井無しの平面型サラウンドを便宜上の評価として、10段階の内の「5」とします。

で、ドルビーアトモス ホームは何点か?

自在な場所に定位、移動すると言われるオブジェクト・・その印象は、はたしてその通りか・・。
スピーカーの数の問題からなのか、滑らかな移動感や定位感が物足りなく感じます。

僕個人は、この部分の評価をあまり付けられません。

これは「6」良くても「7」です。
驚愕とか異次元なら、8か9なはずです。

「ゼロ・グラビティ」のような作品では「7」でも良いです。

しかし、その他のソフトで、従来型のサラウンドとアトモスを切り替えて聴き比べた場合、高さ表現以外に、両者の落差はそれほど大きく無いと思います。
サラウンドを良く知らない人なら、聴き分けがつかない人もいらっしゃるかと思います。

あとは、ソフト次第の部分もあります。
頭上にあって然るべき音が全て天井に回っているようではなく、ここは天井スピーカーから出して欲しいと思う場面もあります。

もっとも、ソフト自体の普及は気になります。もっとタマが無いと。
まさか、新規格のBDの方に流れて行ってしまわないでしょうね。

前に書きましたが、経験値による印象が個人差として出てきますので、くれぐれも僕自身の感想だということはご承知おき下さい。


先日SC-LXの3機種が同時に発表となりましたが、それに先んじてパイオニアから餞別代わりの更新ファームウエアを受け取りました。
ドルビーアトモスの最新バージョンとの事で、詳細は不明ですが、天井スピーカーの鳴り方がやや変わって天井方向へのつながりが良くなったような気がしました。

これでドルビーアトモスの再生に限っては、新型と同等ということなんだろうと思います。

以上、約1年におよんだ、「ドルビーアトモス導入記」はこれで、たぶん終了となります。
新型のリリース前に、このまとめ記事をどうしてもやりたかったというのはあります。



追記
ドルビーアトモス ホームが、本来のかたちで再生出来ていなかった訳ですから、以前書いた評価記事は少々問題があった事になります。

なのでそれらの記事の冒頭には「こちらの最新記事を先に見てください」という趣旨の注釈を付けることにします。



 

2015年09月03日

ITU-R配置プラス、天井スピーカー配置の考察。

ドルビーアトモス ホームの、天井(トップ)スピーカーの推奨設置位置については、角度で範囲が指定されている訳ですが、前後方向に随分と幅があります。
そもそも、そうした「幅」がある中でどこを狙うのか・・。

その範囲の意味合いとして、遠い方はフロントハイト、リアハイトスピーカーの位置までを含むものと考えます。
反対に近い方は当然、これ以下だと効果的では無くなる境界と見ます。

範囲の指定があるケースにおいてはおおよそ、その真ん中付近でほぼ間違いは無いだろうと思います。
トップミドルスピーカーを(天井2本)試した時も、ベストな位置はそうでした。

しかしながら、一般家庭の事情というものがあります。 
下の図は天井(トップ)スピーカー4本の場合の推奨位置を、うちの部屋で試した視聴ポジション別に表したものです。

図中の番号1は従来の視聴位置、2は今回の見直しで決めた視聴位置、3は最初にテストしたITU-R配置に合致する視聴位置です。

150829-1.jpg

見ての通り、視聴位置は部屋の中央に近いほど天井スピーカーの前後の配置間隔は広く取れるようになるのですが、反対に視聴位置が後方寄りですと、フロントハイトスピーカーの流用には無理が出てくるのがわかります。(範囲から外れてしまいます)

今回見直した、2の天井スピーカーの位置が前後等分でないのは、施工時の誤差です。前が遠い方なので良しとしました。
別の言い方で施工ミスとも言いますが。(笑)

さらに下の図は、2の今回設定した視聴位置における、天井スピーカーの設置範囲を上から見たものです。
150829-3.jpg
推奨範囲自体の大きさは前後共に同じなのですが、実際の部屋に照らすと後方には壁があるために、トップリアスピーカーの設置位置は限られています。したがって今回も手を付けていません。

一方でトップフロントスピーカー側の設置範囲にはだいぶ余裕があります。

しかし、天井スピーカーを4本設置する場合には、視聴位置から等分配置が基本とされていますから、それを守ると、トップフロントスピーカーは図の位置となりました。
推奨範囲の中ですが、前後の天井スピーカーの間の距離は狭い方ギリギリと言って良いような位置ではあります。

これをあえて無視して、トップフロントスピーカーをもう少し前側に設置したらどうか?
・・しかし、ここまでの冒険は見送ります(笑)

ここまでを見ても、やはり今後、天井スピーカーを含むホームシアターのプランにおいて、部屋の中央近くに視聴位置を取ることがカギになるかと思います。


ついでに、この辺りをもう少し掘り下げましょう。

以下の図面は、天井スピーカーの位置を含めた3種類の配置パターンです。
フロントスピーカーを通る円と、天井スピーカーを通る円を書いてみました。
基本、視聴位置を中心とした同心円です。

従来の配置。
150829-4.jpg
円そのものが全体に大きいです。対して天井スピーカーの円は小さいです。

視聴位置は、いま見ると後方に寄り過ぎの感があります。


今回、見直した配置。
150829-5.jpg

フロントスピーカーの間隔を広げた分、天井スピーカーも10cmほど外に、前側には視聴位置と同様に20cm移設しています。

全体に円はやや小さくなって、内側と外側の円の大きさが近づきました。

しかし相対的に視聴位置が、まだ後ろ寄りな感はあります。


視聴位置を45cm前にした、ITU-R配置準拠の配置。
150829-6.jpg


天井スピーカーの位置は想定ですが、推奨範囲の真ん中付近に位置しています。

円は全体にだいぶコンパクトになります。天井スピーカーの円との大きさも近いです。

サラウンドスピーカーの距離もフロントスピーカーのそれに近くなっています。


以上の3つの図面から、僕の言いたいイメージがお解りでしょうか?

円の大きさはサラウンド音場の広がりではありません。
これは密度と言うか、まとまりを表しています。

実際、上から順にサラウンドは良くなると思っています。

この円、スピーカーサークルとでも言いましょうか、それが部屋の大きさに対して大きすぎない事
そして天井スピーカーは、「頭上」の意識では無く前後左右に広く・・。

視聴位置を部屋の中央に近くすべきという根拠は、上の要件を得るためです。

一方で画面のサイズを大きくするほど、難しくなるというのは頭に入れておく必要があります。


今回、ITU-R配置プラス、天井スピーカー配置の見直しが終わりました。
ただでさえハードルが高い天井スピーカーの設置ですが、ベースのITU-R配置については、それが暗黙の条件のごとく触れられません。

これがドルビーアトモスの導入で見落としている、天井スピーカー以外のハードルとも言えます。

果たして、みなさんのお宅ではどうでしょうか?


さて、この環境で、肝心のドルビーアトモスはどう変わって聴こえるのか?
アップミックスである汎用サラウンドモード「ドルビーサラウンド」についても、その印象が変わりました。

この配置でまた見直してから再評価すべきと考えていたところ、一昨日SC-LX88、78、58のファームウェア更新があるとの情報を知りました。

内容はドルビーアトモスの最新バージョン対応との事です。
早速PCにてダウンロード(USBにて更新のみ)してみましたら、天井スピーカーの仕事具合が変わっているようでした・・。

この続きはまた。


このアングル方式のお陰で、横方向の移動は容易ですが、トップフロントスピーカーは取付け自体をやり直しています。
150902-1.jpgこれで何度目の工事か・・天井へのネジ止め工事としては都合5回目ですね。
(アホか。いやサラウンド馬鹿です)


画像のケーブル
 ZONOTONE SP-330MEISTER/BL(ブルー・1M) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です)...

 

2015年08月29日

ITU-R配置完了。

ドルビーアトモスの再生には、ITU-R勧告によるスピーカー配置が不可欠と考えて、視聴位置とフロントスピーカーの位置を変更しました。

ここまでの時点で音の雰囲気は変わっていますが、最初に試したあのITU-R準拠のポジションとは何か物足りない気がします。

ならば、残りはサラウンドスピーカーの角度120°をどうするか。
それと当然、天井スピーカーの位置も変更する必要があります。

まずはサラウンドスピーカーから。

図面上のシミュレーションでは、その位置を下げる事で119°までは行けるはずです。
しかし、ある物理的障壁を除かなければなりません。

その障壁と言うのが、こちらの画像に見えています。

150418-1.jpg左の壁とラックの間にあるアルミパネルがついた小さい箱、これがあるために左のサラウンドスピーカーがこれ以上後ろに下がらなかったのです。

この箱は、オーディオデザインのスピーカーセレクター、HAS-3Sです。

実際にはプリメインアンプPMA-2000REと、AVアンプSC-LX78を切り替えるアンプセレクターとして使っているのですが、ラックを新調した際に棚の数が足らず、仕方なくこの位置に置いていたのです。

これの対処としては、タオックのオーディオラック、MSR-4S-DBならではの方法を採りました。
150829-7.jpg当初4段だった、このラックは増築が出来るのです。
なので棚板を1枚と、長さ100mmの支柱を追加購入し、上からバラします。

150829-8.jpgセレクターは一番下を考えましたが、PMA-2000REが重すぎて、早々に断念しました。

150829-9.jpgPMA-200REとSC-LX78の間にHAS-3Sを収めて再構築しました。

これでサラウンドスピーカーは20cmほど後退しまして、その角度は119°になりました。
もうあと1°・・これがなかなか。
あと3cm程度なんですが、入り口が狭くなるのでもうこれで良いでしょう。

・・しかし賢明な皆さんならば突っ込みどころがありますね。
『配線替えとか機器の入れ替えとか、これだと出来ないだろうに』と。

・・ええ、それにはスピーカーをそのまま動かす訳ですが、スピーカーの下にあるタイルカーペット、これだと全く滑りません。そのため下にニードルパンチを敷きました。
この時、表側を下にすることで滑るのです。
(しかし音がこもる、メリハリが無いようならタイルカーペットは外します)
ラック自体はフットに貼るフェルトが同梱されていますから、向きを変える事はフローリングなら可能です。

さて、フロントが60°、サラウンドが119°で、ほぼITU-R配置になりました。

ここまでの印象としては、最初にテストした視聴位置を前に45cm移動したあのパターン、同じITU-Rでもそちらの方が背面側が広く、サラウンドスピーカーも遠くなるので印象が異なります。

この辺りはサラウンドスピーカーの振り角度をいじってみますが、このまま天井スピーカーの位置の見直しに入ることにしました。(お気づきでしょうが、わりと一気にやってしまう方です)

単純に言うと視聴位置の移動分だけは天井スピーカーも20cm移設する必要があるわけです。

画像を貼っておきます。
今回決定させた配置図です。

150829-2.jpg

それともう1つ。

150829-1.jpg

これの詳細は追って投稿します。


分不相応に高価な代物ですが、ピュアオーディオ思考で買ったものです。
音の劣化、変化は殆ど無いか、解らないと聞いています↓


【送料無料】ハイエンドオーディオのために設計されたスピーカーセレクター秋葉原店 オーディ...

 


     スポンサードリンク