2017年05月01日

サラウンドの日に寄せて。

 今日は、5.1・・サラウンドの日ではなかったでしょうか?
知りませんか?そうだったはずなのですがね。(笑)

170501-1.jpgサラウンド・・僕が今の部屋で5.1chスクリーンシアターを始めたのは、H10年(1998)の新築時からですから、もう18年は経過したことになってます。

画像は当時のものです。「ハイト」の位置には、シネマDSP用の「エフェクトスピーカー」(現フロントプレゼンスSP)

170501-2.jpgこの間のノウハウと言うか、能書きですかね。それをこのブログにしたのがH19年(2007)の秋からです。

え、もう10年目に!・・もうそんなやってたんだと、今あらためて思いました。(笑)

当初はこんなに続くこと、また多くの皆さんに見ていただけると思ってもいませんでした。

 伊達に長くやってないこともあって、家庭用サラウンドについて押さえるべきツボみたいなものも、だんだんとわかって来ました。
ただし、音響、音質を計測し、数値化して説明できるような専門性はありませんけれども。

 最近は投稿もご無沙汰ぎみですが、今日のサラウンドの日にこじつけて、最近感じたホームシアターの色々を、無理やり書き留めておくことにします。


・100インチオーバーという呪縛

 やはりホームシアター新設のキッカケが、新築を機に・・という人も多いと思います。

そして、リビングシアターという選択も実際少なくはないことでしょう。
あるいは、専用室で始める場合であっても、重要な選択の1つが「スクーンの大きさ」ですね。

大抵の人が考えるのはこんな感じでしょう。

スクリーンサイズは、無理してでも100インチ
大は小を兼ねるから100インチ
大型TVと変わらなくなるから100インチ
あわよくば110、120インチ

・・100インチは絶対的ステイタスなのでしょう。うちもそうですから、気持ちは分かるんです。

しかし、日本の住宅事情で100インチオーバーのスクリーンは大きすぎると思うのです。

その根拠は何か・・こちらの記事2016.2.21「理想のサラウンド配置とは。」に書きました。
まあ、多くの方にご賛同いただけないとは思いますけど。(笑)


・天井スピーカーを含めた理想的サラウンド配置

上に書いた事の延長上にこれがあります。
2015.9.3「ITU-R配置プラス、天井スピーカー配置の考察。

後方のスピーカーとの距離を取ること、すなわちそれは部屋の後方空間を広く取る配置につながります。

後方空間を広くすることで、サラウンド、サラウンドバックスピーカーの間接音の割合を増やすことが重要だとわかりました。
比較的遠くに位置する、フロントスピーカーからの豊かな間接音に比べて、後方の近い位置にあるサラウンドやサラウンドバックスピーカーからの直接音が強すぎて、音場の空間、広さなどを感じ難いのです。


・2wayシアターについて

 リビングシアターで有りがちな選択肢で、TVの前にスクリーンを下ろして・・という2wayスタイルです。
聞こえはいいですし、一見合理的かと思われます。

しかし、よく考えると、どっち付かずになりませんか。
それはTVとスクリーンの視聴距離が同じでは無いためです。
音の方、スピーカー配置の方も2Wayに対応・・難しいですね。
(実際のリビングシアターでは、そこまでのこだわりは無いですかね)


・今まで触れてこなかったこと

 「イネーブルドスピーカー」について。
これは未体験ゆえに言及できなかったということです。
しかしこれの、フロントスピーカーの上で鳴っている音というのは、天井からの反射の前に聴こえてしまうはずで、ここはどうだろうなとは思います。

 「天井埋込みスピーカー」について。
アトモス用にはうってつけのようではありますが、個人的に検討候補にも上がりませんでした。
何よりのデメリットは、後でその位置を動かしようが無いということです。(笑)
後で動かせないのがなぜダメか?ここはリピーターさんならお解りいただけるかとと思います。

で、音質はどうでしょう?
バッフルが石膏ボードですからね。・・施工には余程のノウハウと製品自体の選定が必要ですよね。
スマートな見た目優先・・リビングシアターにも共通のある種、割り切りが必要とは思うのですが。


 他に過去にはこんな記事も書いてました。ということで参考になれば。
これは書き足して行くかも。

CD管に通したスピーカーケーブルを交換する方法。」2010.12.30
新築時のノウハウですが、専用室なら先々は不必要になるかも知れません。

ドアからの音漏れを対策したら・・」2007.12.2
これは部屋のドアのデットニングです。低音を跳ね返すので効きます。


次回・・さて次はいつお目にかかれるでしょうか・・。
個人的なキャパの限界が来ています。
新たに想定される設備投資の(映像関連)大きさも非現実的なんですよね。


↓やはりアトモス未収録なのは承服しかねます。
  



タグ:5.1ch

 

posted by shu at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2017年の予測。

明けましておめでとうございます。

さて、ご挨拶だけでは文字数が足りないので、無理やりに個人的視点から今年のオーディオ・ビジュアルシーンの予測を羅列することにしました。

まず、大きな流れの中心となるのはUHDブルーレイでしょうね。

プレーヤーの方もOPPOの動向を注視している人もいらっしゃるでしょう。
しかしまだ、出始めなのでこれからです。

モニターがTVの人はとっつきやすいですかね。プロジェクターは高価過ぎますから。

しかし、UHDブルーレイ。どうなんでしょう。
世間の半分はまだDVD見てますが。

業界は両極端の2極化を考えている?
普通のブルーレイを差し置いて?

まだ個人的にはちょっと実感の薄い存在です。
今年仮にUHDブルーレイの再生環境を整備すると考えると、ざっくり50万以上のコストが掛る。大変だあ。


次はAVアンプの傾向について。

フラッグシップについては11ch化が進みそうに思います。
デノンのAVR-X7200WAの後継も、次は11chになるのか。セパレートの復活か?

しかしデノンとマランツが採用する音場補正技術、Audyssey(オーディシー)も、もう見劣りしているように思いますから、そろそろ新技術のアプローチが欲しいです。

ヤマハがやっているような、スピーカー位置の3D計測をオートセットアップに取り入れることですね。

パイオニアのMCACC PROに3D計測が加わったら最強でしょう。


DTS:Xのバージョン2

DTSがそんなものがあるような事を、ずっと前に匂わせましたよね。雑誌の記事で。(WEB上だったかな)

「雑誌の記事で」・・これをあてにしたらダメだって、少なからず学習した人もいますよね。
まともに受け止めたらダメです。

メーカーからのリリース情報以外は気に留めないことです。


Auro-3D収録ソフトが出る?出ました?

ああ、12月21日発売の「ゴーストバスターズ」UHDブルーレイが「対応」になってますね。
でも再生機器側が未対応じゃあないですか!

デノンとマランツとヤマハの上位機種あたりはアップデートで(有償の可能性?)あるかも知れません。
仮に対応後のスピーカー配置は、天井スピーカーか、ハイトスピーカーの設置環境での兼用が現実的だと思います。

しかし、これも慌てる必要は無いのでは?
ソフト側の対応はUHDブルーレイだけかも知れませんね。まだ先がわからないです。


あとは何ですか?・・正直これ以上は手がまわりません。(笑)

本年もゆるく更新します。よろしくお願いします。



【送料無料】 ゴーストバスターズ / ゴーストバスターズ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット【初回生産限定】(2枚組) 【BLU-RAY DISC】


 

posted by shu at 16:41 | Comment(7) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ブログ納め。

なんだか、もうこんな時期になってしまいました。
個人的な今年の振り返りをしておきます。

一番大きい出来事は、3月にAVアンプをパイオニアのSC-LX78からデノンのAVR-X7200WAに買い替えたことでした。

これはDTS:X関連の対応に後手を踏んだパイオニアを見限る形にしてしまったものの、実際にソフトがリリースされたのは6月の事。その後はその存在さえ霞むような有り様になろうとは思いもよらず・・。
それでもNeural:Xが半年早く使えたのが、せめてもの救いというものでした。

そのAVR-X7200WAをこれまで使ったところの感想を書いておきます。

160515-1.jpgSC-LX78に比べて、デノンのフラッグシップらしく音質自体では勝っています。

しかし、サラウンドの定位のシャープさ。音場の広さ。静寂からの爆裂音等の瞬発力。
これらの点ではパイオニアのAVアンプ、それとMCACC PROに歩がありました。

それと決定的なのは、いじれるか、そうでないか。
デノンのAudyssey (オーディシー)は基本いじりにくいですし、ユーザーメモリーもありません。
そもそもユーザーにマニュアル調整が開放されている感じが少ないです。
その点は正直物足りないです。

ところで、オブジェクトベース・サラウンドの、チェックディスクのようなものが発売される感じがしないですね。
なので、見本とか指標になる基準のソフトが無いわけです。
(あるいは映画のこれっていうのを自分で見つけるか?)

だから、その後の天井スピーカー込みサラウンドの追い込みは、ほとんどお手上げ。
オートセットアップにほぼお任せ状態のまま妥協せざるを得ないのが実情です。

ま、BDソフトの出来自体がそこまで要求してはいません。実態は11.1chの天井スピーカーありバージョンみたいなものです。
サラウンドマニアからすると、「オブジェクトどこ行った?」という、空回り状態なのですが、AVR-X7200WAの音質に寄りかかって現状で良しとするしか、いや、することになっています。

あとは、音量と聴感補正機能の検証をやりました。

160724-2.jpgホームシアターの再生音量はどの程度か?

意外に大音量な人の方が、印象としてはむしろ多いような気もしました。
耳に負担のない範囲で個々に楽しむことでしょうね。

聴感補正機能とは、デノンで言うところの「Dynamic EQ」と「Dynamic Volume」についてでした。
160811-3.jpgその後「Dynamic EQ」は、ほぼ常用。

「Dynamic Volume」は、テレビドラマなどの2chのコンテンツではON。
元々ダイナミックレンジの広いパッケージソフトでは、瞬時に出る音の頭を押さえてしまう不自然さを無くすためにOFF。

「Dynamic Volume」をOFFににすることで、音圧は下がるわけですが、その分ボリュームを上げて全体の音痩せをカバーするようにしています。


以上、簡単に今年の振り返り。個人の備忘録でした。


訪問者さん、以前からのリピーターの皆さん、コメントいただきました方々、お世話になりました。

来年もより良きオーディオ・ビジュアルライフとなりますよう、お祈りします。



皆さんお待ちかねはこれ↓でしたか?
それとも来年出る高い方?

OPPO オッポ UHD4Kブルーレイディスクプレーヤー UDP-203JP

 

posted by shu at 16:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

これまでと、この先。

今月までで、旧モデルのAVアンプユーザーに対しても、ようやくDTS:Xのファームウエアが行き渡った事と思います。

それと、最近になってデノンとマランツ製品に追加されたアップデートの内容がこちら。

161024-1.jpg待っていた、ドルビーのアップミックス「Dolby Surround」と、DTSの同じく「Neural:X」の相互乗り入れ再生が可能になったのです。

これは当該ユーザーしか知らないような話ですが、ヤマハで最初にDTS:Xのアップデートを受けたCX-A5100は、当初からこれが普通に可能だったのでした。

どうしてこういう不公平仕様となっていたのかは、ロズウェル事件並に謎です。

メーカーさんも僕らユーザー同様に振り回されたのでしょうから(と思いたいので)ここは説明が欲しかったのと言うのが本音でしたね。

個人的な細かい苦情はこの辺にして、その中身をAVR-X7200WAのサラウンドモード選択画面で説明します。

161024-2.jpg例えば、DTS-HD MA7.1収録だった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBDは、Dolby Surroundで再生出来るようになったわけですが、こちらの方がNeural:X再生の場合よりも、高さ表現と音場感が好ましく思いました。

雰囲気の微妙な違いがあるわけです。

161130-1.jpg一方、これはドルビーアトモス音声が入力された状態です。

これを見て、おっ!という気付きがありませんか?※
 
AVアンプ側のこの1画面で、ドルビーTrueHD、アトモス、TrueHD+Neural:Xの選択が出来るのです。

面白いとは思いませんか?

これを面白いと思う理由はもちろん、興味からの探求。聴き比べ。比較です。単純にどう聴こえるか。
チャンネルベース・サラウンドと、オブジェクトベース・サラウンドの違いのです。
むしろ大好物ですね。こういうのが。

しかし、『こんな比較いる?』っていう意見の人が居られたので、僕は一時、自分にシラケてしまいました。(でも、こういう興味と探求心が、このブログのこれまでの原動力なんですがね。)

具体的に書きます。
ドルビーアトモス収録のBDソフトでも、その作りがもう1つな作品が多いことは前から書いている通りです。
一方で、例えば映画「ピクセル」を非常に評価する人が居られます。しかし、僕の(再生環境での)印象はそこまで良くありません。

そこで、この画面の「TrueHD+Neural:X」を選択すると、その印象が好転する場面がありました。
インドのタージマハルが攻撃される場面、前後の音の移動感と上方の音の定位感が、むしろ明確になった印象を持ったのです。


161130-2.jpgちなみにこれは、DTS:X音声が入力された状態での、サラウンドモードの選択画面です。

こちらにはDTS-HD MA+Dolby Surroundの選択肢はなぜか無いのです。


これまでの、まとめ。
Dolby AtmosにしてもDTS:Xにしても、サラウンドはそれぞれの家庭で聴くものが全て。
それ以上のものは世間には無いと思っていた方が良いかも知れません。
ましてや人の感想など話半分。結局自分の好きにしたら良いのです。


さて、一段落・・個人的にはそう思います。

次は・・次、当分無いかも知れません。
少し休んで検索順位を下げたいかなとも思います。
あまり前に出たくありません。

プロジェクターはまだまだ。
UHD BDプレーヤー・・・ソフトが高いし時期尚早。
スクリーン周囲のブラックアウト?

天井スピーカー・・これの大型化?
その前に、設定等の見直しが目下の懸案。



・・あ、1つだけ提案です。

天井スピーカーの取付けにお悩みの方へ。

天井は無理でも、前後のハイトスピーカーならば楽勝の方法を見つけました。

「ディアウォール」というDIY用のアイテムを使うと、壁掛け可能なスピーカーならどうですか?
簡単、安価に出来ると思いますよ。(ディアウォールは今朝のNHKで紹介されていましたね)







※この気付き・・こういうのがわかる人、同意する人がいらっしゃるならば、今後も記事を書きましょう。



WAKAI ツーバイフォー材 2×4材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール 上下パッドセット DWS90LB ライトブラウン(薄茶) 棚・ラック・木製 【宅配便配送のみ】

 

posted by shu at 23:03 | Comment(12) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

オーディオラックの話。

ホームシアターあるいは、オーディオ機器をこれから揃えようと考えた時に、機器そのものについての吟味は散々行うとしても、オーディオラックについてはあまり深く考えないか、優先度が低いということになりがちではないでしょうか?

そういう僕自身もオーディオを始めた頃はホームセンターにある、カラーボックスに近いようなAVラックを使っていたものです。

その後、必要に応じてそれらしいラックに段々と買い替えて来たわけです。

ですが、仮にそれがお値段なりである場合・・・

・奥行きが無いためにAVアンプが入らない。
・棚板が薄くてアンプの重量で曲がる。
・ダボで支える棚板では音に良くない。
・背板があるような箱型では通気が悪い。音がこもる。

おおよそ、家具店にあるようなAVラック、AVボードには、こういうデメリットがあると思って良いでしょうね。

これらと比べると、オーディオショップで扱うラックは高価なのですが、グレードアップを進めるといずれ行き着くアイテムであるわけですし、良いものは一度買うとほぼ一生ものであるはずです。

最近のトレンドは、「クアドラスパイア」に代表されるような(と言うか雑誌上ではこれしか見ない?)開放型のラックであると言えます。
開放型のラックは通気性、機器の設置、配線が楽という点で使い勝手が良いのです。
シンプルな構成は、不要な振動を少なくする効果につながるのでしょう。抜けの良い音質となります。

お値段的に「クアドラスパイア」は高級家具同様に高価ですが、その下には「TAOC」、廉価版では「サウンドマジック」などがあります。

ちなみに、初めて本格的なオーディオラックを買う人が選ぶのはこの内のどれか?

ショップで聞いた話ですが、意外なことにクアドラスパイアが選ばれることが多いとか。
それも事前の知識無しの来店で、そうなのだというのです。
家具的に洗練された部分で選ばれるでしょうか?

160918-4.jpg僕には、クアドラスパイアは買えないので、似たようなTAOCのベーシックなMSRというラックを使っています。

この手のラック固有の利点として、増築が可能な点があります。棚板の追加ですね。高さの間隔、入れ替えも自由に出来ます。

また機器の設置は、このようにラックを組み立てながら行うことが可能です。

160918-1.jpg 160918-2.jpg

20kg前後の重いアンプを、後から棚の間に入れるのも大変ですからね。

一方で、オーディオ専用のラックには、ある共通の難点があります。

オーディオラックは通常、壁際がその定位置であるために、配線時にはラックの向きを変えて、あるいは引き出して作業が出来るようにしないといけません。

しかし本格的なオーディオラックの場合、標準でスパイク仕様となっているものもあって、容易に向きを変えられませんね。
安易に移動が可能なキャスターはオプションになるわけですが、それだとどうも音には良くは無さそうな想像がつきます。

では皆さんどうされているのでしょうか・・?
こういう場合の工夫について、ショップで聞いた話によりますと・・

・ラックをベランダの窓際に置いて、配線時にはベランダに出る。
・ラックを押入れの前に置いて、配線は押入れからふすまを開けて。

というようなアイディアが可能なレイアウトが採れない場合に(笑)ラックの向きを変えるにはどうするのか?

160918-5.jpgTAOCのMSRラックの標準の足は、このような鋳鉄の円柱です。
この底面に貼るフェルトが付いて来ます。

機器込みで全体の重量が軽い内ならば、ラックを引っ張って強引に動かすことが可能です。

しかし、機器の増設やらで重くなるとそう簡単ではありませんし、いずれスパイクを使う場合には無理です。

以前こちらの記事でその方法に少しだけ触れていました。その詳細を次回書きます。





Q4DSLB/CH【税込】 クアドラスパイア チェリー棚板・ブラック19mmポール QUADRASPIRE [Q4DSLBCH]【返品種別A】【送料無料】【RCP】



 

posted by shu at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク