2016年02月21日

理想のサラウンド配置とは。

 天井スピーカーが加わった最新のサラウンドでは、従来以上にその配置に気を使う必要があると思っています。

前回の記事で載せた図に、天井スピーカーまでを含めた音場イメージの円を追加してみました。
160221-5.jpg

こうして見てみると、音場が後ろ寄りではないのか?という疑問をお持ちの方がいらっしゃっるかも知れません。

逆に言いますと、フロントスピーカーと視聴位置の空間が間延びしているわけですが、実際にはAVアンプ側でそれなりの最適化がなされているわけです。
しかし、補正値の数字を上げない工夫が必要なことも確かです。

 ここで一度、サラウンド配置の現状と理想のかたちを、明確に比較しておく必要があると思いました。

ドルビーアトモスの登場から1年を経たところでようやく、評論家諸氏による天井スピーカーの詳細な追い込みレポートを見る機会が増えました。

それによりますと・・
視聴位置の前後にシンメトリーな配置で、仰角はトップフロントが45°、トップリアは135°つまり45°の振り分け(ドルビーの推奨位置)が好ましいということです。

うちでは偶然似通った位置に収まっています。
しかし、視聴位置を基準にしているために「後ろ寄り」になってしまいます。

その「後ろ寄り」の原因・・これはスクリーンサイズによるものです。
僕がスクリーンを使い始めた当初は、4:3の100インチでした。よって視聴位置も長めであったという流れもありあり、サラウンドスピーカーが近くなるという部分については、壁掛けや天吊りで距離を稼ぐという考え方の時代があったためなのです。

これを最近になって(アトモス対応以降)フロントスピーカーの開き60°に修正したことで視聴位置は前に移動しましたが、依然として後ろ寄りなのは、まだスクリーンが大きいためです。

それと、サラウンドスピーカーの見た目の「相対的な近さ」も目立ちます。

これは視聴位置では変わりません。原因は部屋の大きさ、横方向の広さにあります。
図にしてみました。
160221-2.jpg

サラウンドスピーカーが本来あるべき位置(AVアンプがディレイを掛けて修正した仮想の位置)を書き入れたものです。
フロントスピーカーと等距離にあるべきサラウンドスピーカーは、部屋の横幅が広ければこういう位置にあるはずです。
そして視聴位置からの前後位置も遠くなります。
横から見たものがこれです。約39センチは後方に下がるわけです。
160221-1.jpg

では、これらを解決する天井スピーカー時代の理想のサラウンド配置とは?

僕の10畳の部屋でシミュレーションしてみました。
まずフロント60°サラウンド120°の角度は基本で、サラウンドスピーカーを部屋に収まるようにすると、必然的にこうなります。
160221-3.jpg

こじんまりとします。大きなスクリーンは難しくなって80インチ、あるいはTVの選択がが無難でしょうか。
図には40インチのTVを置いてみましたが、55から60インチまでは入ると思います。
当然ながら、天井スピーカーの収まりは良いです。

横から見た図です。
160221-4.jpg

フロントスピーカーから後方に置いた2台目のサブウーファーまで、音場イメージの中に収まっています。

これなら、センタースピーカーと後方のサブウーファーの位置を修正すると、真四角の8畳間にはほぼ、収まる配置だと思います。


 大半の人はこの大きさの部屋に(8畳以上)100インチを基準にして検討をし、「入るから」「もったいない」「TVと大差なくなるから」というような理由で、大きめの110、120インチという選択をされるのだと思われます。特に初めてのスクリーン導入時の選択であれば、その気持ちは解りますが・・。

画面が大きい(近い)と、画素が目立って嫌だなどと言っているのは、僕くらいなものです。(笑)
なので一般に受け入れられる考えでは無いのかもしれませんね。

しかし、このかたちを頭の隅に置いておいても良いかなと思いますが、どうでしょうか。


プロジェクタースクリーン 【業界初!!10年保証/送料無料】 チェーンスクリーン 80インチ(…

 

2016年02月06日

前後のセンター定位。

天井スピーカーの登場によってサラウンドも3D表現となり、スピーカーの配置と調整は一段とシビアになったと思っています。

これをAVアンプのオートセットアップ機能に任せたままですと、やはりまだ無理があります。
聴感との差を、マニュアルで修正した場合の効果は歴然とあるのです。

デフォルトのままですと
平面的で立体感に欠けるサラウンドであり、5.1chとの差を感じ難い
SEが(効果音)すべきところに定位しないので、リアルな空間の感じが出ない。
・・という様なことになります。

今回はそのマニュアル調整で、まず最初に押さえるべき重要なことについて触れます。


ステレオ再生では当然な事ですが、「センター定位」というフレーズを見聞きします。

音量バランスの調整などで、スピーカー間の真ん中に音像を定位をさせるのが基本なわけです。

では、ホームシアターの場合ではどうでしょうか。
左右は当然として、「前後のセンター定位」という意識はありますでしょうか?

以前の記事で、この事が重要だと書いたつもりでしたが、もっと具体的に説明します。

ここを考えて行くと・・・
天井スピーカーとフロアスピーカー(5.1などの基本配置)との関係。

さらには、
画面の大きさと視聴位置の関係。

最後には、
理想のサラウンド配置とは?・・このあたりまで見えて来ます。


下の図は、うちのシアタールームを真ん中で割って、左の壁側を見たものです。

160206-1.jpg

赤と青の囲みの部分は、聴感で感じる前後のスピーカー間の音像の定位を示したものです。
赤は天井スピーカー間、青はフロントスピーカーとサラウンドスピーカー間のそれです。

SC-LX78のオートセットアップ、MCACC PROによって設定された状態のままですと、なぜかこういう感じになっていました。これは右側のスピーカーについても同様です。

まず、天井スピーカーの前後のセンター定位に問題はありませんでした。
一方で、フロントスピーカーとサラウンドスピーカー間のセンター定位については、偶然にもスピーカー間のほぼ中央にあり、「スピーカー間の真ん中に定位するようにバランスを調整する」のであれば、正しい様にも思われます。

しかし、サラウンド空間表現とSEのリアルな定位感、何より天井スピーカーとの関係性を考えると、これでは良くありません。

フロア設置のスピーカーの前後のバランス、すなわち前後のセンター定位も、天井スピーカーのそれと合致しなくてはいけません。

このようにです。

160206-2.jpg

天井スピーカーは視聴位置を中心に前後に等距離(同じ角度)な設置が基本です。
よって、前後のセンターは自身の真横と言う事になります。

しかし、実際には図でも分かるように、サラウンドスピーカーの位置が視聴位置に近いため、定位を真横にすると、当然サラウンド音場が後ろ寄りに(サラウンドスピーカーの音が大きくて)なってしまいます。

この実情を踏まえて、実際には「真横」では無く「眼前横」のような位置へ定位するようにマニュアルで調整しています。

この際の追い込みについては、SC-LX78の場合「Fine SP Distance」が使えます。
これと音量バランス調整を組合せるのです。
(参考の過去記事はこちら


しかし、そもそも視聴位置が後方過ぎないか?前後センターが部屋のセンターでは無いのか?
という疑念が出てきます。

このあたり、次回もサラウンドのスピーカー配置の話です。



今一番おいしい思いをしているのが、こちらのオーナーさんでしょうね。
しかし高い買い物ですよ。
実際にはほんの一握り・・の人の話でしょうけど。

【送料無料】 デノン 【ハイレゾ音源対応】 9.2ch AVサラウンドレシーバー (ブラック)…

 

2015年12月23日

5.2.4chのその後。

皆さん待望の?DTS:Xの登場が遅れているおかげで、賞味期限が思ったよりも伸びた型落ちAVアンプSC-LX78を所有する管理人です。

さて、ドルビーアトモスに翻弄された1年が終わろうとしています。

なんだかんだで結果的に5.2.4ch、すなわち基本的な5.1ch配置にプラス、サブウーファー1台と天井スピーカー4本という形に収まっています。
最近はソフトの出来がマシになって、ドルビーアトモス ホームもようやく本来の形が聴けるようになって来たように思います。

今日は、最近手を入れた部分と試行錯誤の最中の事案を書いておきます。
基本、AV機器の入れ替えなどが無ければ、普段やっているのはこんなことです。

・サラウンドスピーカーについて。
まず1つ。「サランネット」を外しました。(なこと?・・なことです)

151213-7.jpgサラウンドスピーカーに、フロアスタンダーのiQ7を持って来た当初からこれまでサランネットを付けていました。

その意味は普段の動線(自分の移動範囲)に近いためにコーンへの接触を防ぎたかったためと、フロントのQ700のダークな見た目に合わせるためでした。

しかしこの環境に慣れて接触の心配が少なくなったのと、やはりサランネット無しの方が音がしゃっきりするのです。

2つめ。「振り角度」の調整。

サラウンドスピーカーを視聴位置に対して、どう向けるか。

これはスピーカーから伸びた軸線の交差点が、視聴位置(耳)の後方45センチ程度のところで良しとしました。
これ以上前(耳に近く)に振るとリアの音が後頭部にまとわり付いてしまいます。
サラウンドスピーカーの音(リアセンター)が、後ろに少しでも奥行きをもって聴こえるような振り角で決めた結果です。

・試行錯誤の最中なこと。
うちではサブウーファーを前後に置いて2台使っている訳ですが、前側のXQ60bの位置を今更ながら決めかねています。
後ろ側のサブウーファー、Q400bの位置は現状のままとしてです。

151213-5.jpg以前DENONのAVアンプの時には、サブウーファー2台の前後配置は音ズレが収まらずに上手く行きませんでした。
その点、パイオニアのMCACC PROは問題なく可能です。

しかし、その位置関係によって微妙な雰囲気の違いがあるのです。

XQ60bの位置ごとの違いは以下の通りです。
151223-1.jpg

1. 左の壁側 
後ろのQ400bと、テストトーンの音色が合っている。
聴こえ方は横に広がり、やや、もやっとした感じの低音が充満し、包まれる感じはあり。
一方で、重量感あるズシンというようなインパクトは弱めだが、音楽ものには良さげ。
定位がやや左によってしまう傾向が直せるか・・。

2. フロント左とセンタースピーカーの間
2台のテストトーンの音色がなぜか違う。例えるなら、「ボー」と「ハー」みたいな感じ。
重量感のインパクトは出るが、どうも定位が後方寄りになって振動を背中で感じる。

3. フロント右とセンタースピーカーの間
テストトーンの音色は合う。 
この位置でのオートセットアップでは、ボリュウムの補正値は上の2箇所よりもマイナス1.5dbになる。
と言うことは、よく鳴る位置だということか。定位は自然。
ちなみにこの位置では、後ろのQ400bの位相切替SWをXQ60bと同じ、正相にしないとQ400bの音量は低くなる。

さて、上から順に試して今は「3」の位置にあり、「1」に戻した比較で決めるか・・といったところです。

低音の再生は、先日見た「スターウォーズ/フォースの覚醒」のイメージ・・あれは良かったです。それに近い雰囲気を出すのが目標となりました。
あえて言えば「1」の位置が近いですかね。

上で言っている「重量感のインパクト」のリファレンス音源は、「トランスフォーマー/ロストエイジ」のオプティマス・プライムが、ボロボロのトレーラーからトランスフォームする際に右コブシを地面に打ち付ける音です。

その他としては、ある一部分のアップグレード・・上の画像にもそれが写っています。
しかしこれの紹介をすることがもはや、Bライフという範ちゅうに無いのでリクエストがあれば書きます。
151212-5.jpg

もう一度、年内にまとめ記事を書きます。


小ぶりですが、映画向きなサブウーファーです。↓

KEF Q400b-Version UP ROSE WOOD ケーイーエフ サブウーハー(ロー…

 

2014年04月29日

フロントハイトスピーカー天吊りの問題点。

フロントハイ、もしくはフロントハイトスピーカーは、近年追加された新たなサラウンドチャンネルとして認知されつつあるのでしょうか?

フロントハイトスピーカーを使用する7.1chは、サラウンドバックスピーカーを加えた7.1chに対して、その効果が分かりやすいのが特徴です。

前方一面、そう、前の全面が鳴りますから、その感覚はリアだけを意識した従来のサラウンドとは一味違います。

111225-2.jpgですが、僕はこのフロントハイトスピーカーについて、ある懸案事項を抱えていました。
それはその設置位置によるもので、音に響きが乗り過ぎるというものでした。

以前の記事でそれぞれのサラウンドスピーカーにプリメインアンプを繋いで2chを再生してみるという事をやりました。
そこで判ったのは、低音がわんわん鳴ってとても褒められた音質では無いということでした。

理由として、天井と2つ壁の3方の隅に天吊りされているわけですから、メガホンで拡散しているようなもので、およその察しは付かれるかと思います。
以前紹介した、Super HiVi CASTでのスピーカーのレベル調整に用いる人の声を聴いても、その音質は然り。
明らかに他のチャンネルとは違う響きが乗っています。

同様な理由で、サラウンドバックスピーカーも似た傾向がありますが、こちらは天井と壁の2方だけなのでメガホンにまではならず、まだマシなのです。

この音質と言うか音色についてはAVアンプ側で調整されるにしても、響きに関しては補正のやりようがありません。

このフロントハイトや他のサラウンドスピーカーに乗る響き、これが実際どういう弊害をもたらすのか?

それはサラウンドスピーカー自体の「溶け込み」に差が出るようです。

自然な空間の表現に差が出る。と言葉にするとそういう事になります。
スピーカーが存在感を持って鳴る・・というのはサラウンドスピーカーでは良くない傾向です。

要は、雑味が混ざると良くないという事かと思います。

これは対策を打ってからの比較でしか答えが出ません。聴き比べてこういう事かと解るわけで、実際にそうなのでした。

その響き対策はこうです。

140429-1.jpgまず、有り合わせの部材で天井隅の吸音をやってみました。

これは東京防音のソネックスだったと思いますが、昔買ったものです。
それともう一箇所、横の壁の一時反射ポイントにミクロンウールを貼りました。

本当は天井にも同様にすると良いと思いますが、ミクロンウールが無くなったのと、見た目がどうも・・で、妥協しています。

これで完全に響きが消えているわけでもありませんが、一聴して減少したので大分マシになったと思います。
例の人の声、他のチャンネルと比べた時の明らかな違和感が軽減されていました。

フロントハイトスピーカーの天吊りについては、天井の隅からは極力離すべきかと思います。
3方壁のメガホンの中には入れないことです。

壁掛けの場合には天井近くまで上げなければ良いのです。


・・さて、GWの連休に入られた方も多いかと思います。
5月の1日はもうお馴染み、何の日でしょうか?

メーデーだった?
近年は違いますよ。

5.1で、サラウンドの日です。

毎年この日には、何かしら記事を投稿して来ました。
今年も投稿しますが、それである区切りをつけることにしました。

些細は当日。



壁面や天井の不要な残響を取り除く即納です! <高級吸音材> 黒の近いグレー色です。白い近い...

 

2013年01月13日

サラウンドスピーカーのセッティング。 その2

サラウンドスピーカーの「振り角」についての見直し詳細です。

ここで言うサラウンドスピーカーとは、以前ならばリアスピーカーとか、リアサラウンドスピーカーとか呼ばれていたもので、視聴位置の横から斜め後方に配置する、左右一対のスピーカーの事です。
他のサラウンドchのスピーカーと区別して、単に「サラウンドL、R」と呼ぶことにしています。

そのサラウンドL、Rを単独で鳴らした時どう聴こえるか?そこから振り角を詰めてみました。

前回、画像を載せましたが図面でも説明します。

130113-1.jpg

赤色の点線が従来の「振り角」で、視聴位置の後方30〜50センチ位を狙ってほぼ平行か、わずかに角度をつけたりしていました。
ここが前回記事「その1」で書いた思い込みによるものです。

「リアのサラウンド音場は頭の後ろに定位すべき」と言うのが、その思い込みでした。

で、今回の見直しが青色の振り角。
視聴位置の前方30センチ程度を狙ってみました。

この状態だとどう聴こえるのか?
青色の楕円が今回の見直した振り角による、音場のイメージです。

130113-2.jpg

前方に少しずつスピーカーを振って行くと分かりますが、より豊かな広がり感と囲まれ感が出てきます。
その感じのピークを現在の振り角にしました。

でも逆に後方定位は薄れるのではないか?と言う懸念が湧きそうです。

それは心配に及びませんでした。サラウンドを聴くと後方の音は意外としっかり定位します。
もっとも、スピーカーはそこにある訳ですから。
それでいて、側面にかけての囲まれ感が出てきます。

ちょうどサラウンドL、Rとフロントメインのつながりを補完する、フロントワイドスピーカーの音場に重なってくるイメージになります。

対して従来の赤色の振り角に戻すと・・
音場は後方に固まって狭くなり、広がりは感じられません。
それに、改めて聴くと分かるのですが、対面する音が相殺されて潰れる感じがします。

そもそも、わかる人には当然のことでしょう。

つまり、前方にスピーカーを振ることで、部屋の前方への拡散と反射を利用します。
これは、サラウンドスピーカーのセッティングは視聴者が逆(前)を向いているだけで、2chステレオと同様な考えで良いという事だと思うのです。

シャープなセンター定位を重視すれば内振りにし、広がり重視ならば外振りにするという、スピーカーセッティングのセオリーです。

130113-3.jpg今回は思い切って視聴位置前方に振ったことで、サラウンド音場の拡大という効果を得ました。
これで映画の効果音やBGMは部屋の壁の外に広がる感覚が出てきます。

それともう一つ、サラウンドバックスピーカーの存在感と言うか、役割分担が明確になりました。

サラウンドL、Rスピーカーを前に振ったことで、若干前よりになった真後ろの音像定位をサラウンドバックスピーカーが補完するということです。

今まではサラウンドL、Rの音がサラウンドバックに被って、希薄されていた感じがあったのです。


今回同時に、サラウンドバックスピーカーの左右振り角も見直しました。
こちらも視聴位置に向けてやや内振りでしたが、これを正面に直しました。
サラウンドL、R同様に自然なステレオイメージを得る方向にしてみました。
内振りにするとスピーカーまでの距離が近いため、頭の位置で後方センターの定位がシビアになってしまうのを避けたいのです。

サラウンドバックスピーカーの上下の振り角についてはまだテスト中で、結果が見えたら書きます。

今回、それぞれのサラウンドchを個別に鳴らして解ったことがあります。
場所によってひどい音で鳴っているスピーカーがあるということです。
フロントハイトがそうでした。天井の隅で、低音が増幅されてワンワンします。
これはオートセットアップで修正されるものなのか?
低音吸収の手を打つべきか?
スピーカーはもっと小さくても良いのでは?

このあたり、今後の課題です。

それとPMA-2000REについて、いい加減触れないといけませんね。
これは次書きます。




【送料無料】ホームシアターファイル 2013年 01月号 [雑誌]

 


     スポンサードリンク