2016年08月31日

新製品ウォッチ '16-08

例年の事ながら、この秋に向けてAV機器の新型が発表され始めています。
いくつか取り上げてみましょう。

まずは既に発売中の製品から。

DMP-UB90 
DMP-UB900



世間の主流が未だにDVDにあろうかという一方で、意識の高いと言うか、新しもの好きな皆さんお馴染みのUHDブルーレイプレーヤーですね。
思ったよりも低価格でリリースされたので、既に所有の方も多いようです。

現時点で4Kレディ環境にある人にとっては、このパナソニックの2択がもっぱらの話題でしょうか・・。
UHD BDのソフトがいち早く欲しいという、コレクターほど導入の動きが早い?

一方で、他のオーディオメーカーからリリースされるであろうプレーヤーを待っている人も多い事でしょう。

個人的には4Kレディ環境もまだですから、様子見以前と言っておきます。
それに、まだ食指が動かないのには以下の理由もあります。

ブラックケースの鳴り物入り「UHD BD様」をしてもなお、海外版のアトモス仕様が日本版では不採用または、リリース自体が無しという作品が普通にある。(ま、これは今に始まった事ではないですが)
またDTS:Xにあっては、その弾数がぜんぜん足りてないという現状。


EH-TW8300W

4K対応プロジェクターの、ようやく現実的な価格で買えそうな機種が発表されています。
個人的な4Kレディ環境構築の優先度としましては、プロジェクターの方がまず先と考えています。
現在所有のLVP-HC7000は2009年製ですので、その基本性能の違いだけでも価値がありますから。(と言っても実勢価格30万オーバーの内の購入は厳しいですけど)

ホームシアター向けの液晶式プロジェクターは、そのパネル供給元であるエプソンのみが生き残り、他は生産を止めてしまいました。なので競合メーカーと製品の選択肢が無いのは寂しい限りです。

個人的に「次は、液晶はもう無い」(注1)と考えていたわけですが、その価格面から見たそのアドバンテージが、他のパネル方式との比較では絶対的である以上、仕方がありません。


(注1)液晶式プロジェクターには、ホコリが入るという決定的な欠点があって、それが画面にもやっと投影されるというその現象に、過去何回も泣いて来たからです。

製品価格対完成度の低さという、アンバランスの最たる存在が、液晶プロジェクターっていう代物でした。
(最近のエプソン機の事は知りません。と言うか、そういう情報も見掛けませんけど、どんなものでしょうか?)


SC-LX901



11chアンプ内蔵仕様で来た、パイオニアのフラッグシップAVアンプです。

税込み44万円という価格・・下位機種のSC-LX801に(こっちが89の後継でしょう)プラス2chアンプ1台分と考えると、11chの構築のコスパは良いという事になりませんか?(もちろん、お金があれば)

パイオニア機で11ch化を見据えると、クラスDアンプに手持ちのアナログアンプという組合せはおすすめしませんので、むしろ合理的な選択だとは思います。

しかし、そもそも11chが必要なのか?
こういう疑問をお持ちの方もおられるでしょう。

取説に指定通りのスピーカーレイアウトが取れるようでしたら、スピーカーは多いほうが良いと思います。
前後方向に部屋の大きさが足りない場合には、5.1.4ch配置つまり下位の9ch機でもパイオニアならば大丈夫だと思います。


ところで、SCシリーズの売れ筋だったLX59の後継機が、LX501かと思われるでしょうか?

しかし、これは違いますね。
LX501は7.2ch仕様、MCACCからPROが外れているなどのスペックダウンがあります。
そういう意味では、LX59の後継機ポジションはLX701の方が近いです。


話は戻って、11ch内蔵と言えば、デノンからも同様な11chAVアンプをリリースするような話がありますね。
まさか所有するAVR-X7200WAの後継機なのかと、早くも型落ちを覚悟しました。
しかし、どうやら6000番台?の下位機種らしいです。

でも、そのポジションで11ch化をラインアップするということは、いずれフラッグシップも11ch機になるのでしょうね。


それにしても、年を追うごとに各社AVアンプ上位機の価格は高騰化するばかりです・・・。
なので、正直うんざりする気持ちもあります。

しかし、その流れでは無い機種があります。
ヤマハのこれです。↓


RX-A3060


ヤマハの一体型最上位機である本機は、ここ2世代ほど後手を踏んでいた「見劣り仕様」(注2)を解消して、新たなサラウンドモードを追加、スピーカーの水平角度をも測定可能にするなど、明らかに充実した内容にも関わらず、その価格を据え置いています。これは相当にお得な機種に違いありません。

高騰する他社トップモデルを追うのに疲れたら、乗り換え候補としてRX-A3060で十分ではないか。という存在感が光ると思っています。


(注2)「見劣り仕様」とは、ヤマハのお家芸、シネマDSPとイマーシブオーディオとの掛けあわせが出来なかったという部分の事です。



9.2追記
障害報告

当記事の「拍手ボタンが押せない」という現象をご指摘いただきました。
早速修正をいたしました。
失礼いたしました。
何卒よろしくお願い致します。


 

posted by shu at 22:07 | Comment(19) | TrackBack(0) | 新製品ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

AVセンターの新製品について

最近発表された新製品から、目についたものを上げてみました。

まず今日はミドルクラスのAVセンターから。
一見して、このタイミングでデザインを変更したメーカーが多いことに気がつきます。

最初にデノンのAVR-3312。

型番でAVR-3311の後継機だと分かりますが、外観は下位機種のようになってしまったと言うのが、偽らざる第一印象です。
だってフロントのボタン類が隠されていないから。そう、シーリングパネルが省略されてしまったんですね。

ここ数年来、ミドル機種の「3311」までその外観は上位機の「4311」とほとんど見分けがつかず、お値打ち感があったのですが・・。

その代わりGUIも日本語になったように、中身の方は充実しているようです。
中身と外観はコスト面でトレードオフになったのでしょうか。

前面パネルのデザインも、従来機のようなデノンオーディオ機器に共通の、あの「曲面デザイン」とは変わって、控えめなものになったようです。
今後の製品も変わってくるのでしょうか?


次にパイオニアのVSA-LX55です。

こっちは逆にどんどん立派な外観になって来てませんか?
素材感は現物を見ないと分かりませんけれど、高さも増して押し出し感十分ではありませんか。

中身も立派です。ネットワーク機能の追加や位相制御のフルバンド・フェイズコントロール、LFEのずれを解消するというフェイズコントロールプラスの搭載など。
上位機と遜色が無くなってきたようです。

さらに、本機は基本の5.2chの環境に加えて、奥行と高さ、それとサラウンドバックをバーチャル再生して11.2dh再正が可能で、さらにワイドサラウンドとの組み合わせでは13.2ch再生が可能とのこと・・・(汗)。

いつの間にか、サブウーファー出力は0.2と表記されるように2本使いが標準化されつつあるようです。

それにしても、バーチャルで13.2chとはどういうことでしょう。

まず、画面の奥に仮想スピーカーを2本。
仮想のフロントハイトスピーカーを2本。
仮想のサラウンドバックスピーカーを2本。

これに基本の5.2chを加えると、都合11.2chです。

さらに、本機は7.2ch仕様なのでフロントワイドスピーカーを2本接続すると、合計13.2chになるというわけです。

ただし、フロントワイドとフロントハイトスピーカーはどちらかの選択接続です。
もし、ドルビープロロジックIIzを再生したい場合には、フロントハイトはバーチャルではいけません。
なので、フロントワイドスピーカーは接続できず、13.2chは実現しないということだと思います。

なるほど、基本の5.2chから最大13.2ch再生にまで対応できるとは。
しかし、僕個人はバーチャルが実音源の代わりをなし得るのか疑問ですし、音像のぼやけも懸念されます。

ですが、多くのケースで想定しうる、スピーカーの設置の諸々の障壁をカバーする、良い方策ではあります。

次ですが、実は昨日初めて3D映画を劇場で見ました。(滝汗)
その件も含めて最新のプロジェクターについて書きます。

【送料無料】DENON AVR-3312-K (ブラック) 7.2ch AVサラウンドレシーバー【smtb-u】
PIONEER VSA-LX55 AVマルチチャンネルアンプ パイオニア VSALX55
タグ:AVR-3312 VSA-LX55

 

posted by shu at 12:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 新製品ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク