2008年03月30日

iQ7ノウハウ

iQ7には「スポンジ」が同梱されているのですが、
その使い方と効果について書きます。
それと、iQシリーズ(正確にはQシリーズのiQラインナップ)のスピーカーターミナルはバイワイヤリング対応なので、せっかくだから、今回「たすき掛け接続」を試してみました。

スポンジ.jpgまず「スポンジ」から。これはバスレフポートにフタをして、出すぎる低音を抑えるための物ですね。
僕のところでは必要ありませんが、iQ9のセッティングには使われている方もいるようです。
で、その効果ですが、おなかに響いてくるような低音は確実に減衰します。物理的にフタをするわけですから、当然ですね。

このスポンジを使って「低音を抑える」というセッティングは
もうマニアの域でしょうけど。
ふつう、一般の人はおそらく、僕も最近まで、低音はとにかく出ればいいと思っていましたから。たとえそれがぶわぶわの低音でも、それには気が付かずにです。
だからiQシリーズをお持ちでしたら、このスポンジを使って聴いたとき、「こっちの方がすっきりする」または「これはこれで聴ける」などと感じる様なら、現状の低音はぶわぶわかもしれません。
そんな場合には壁から離す、インシュレーターの使用など、足元を固めるといった事で対処出来ると思います。

たすき掛け.jpgやっと次、「スピーカーターミナルのたすき掛け」です。
通常、バイワイヤリング対応ターミナルへのスピーカーケーブルの接続は下の方、LFつまり低域側に繋ぎますが、プラス線だけを上の方HF、高域側に繋いでみました。
で、やはり違いました。言われている通り、変化がありました。
最初のイメージは「高い音が耳に付くようになった」です。
具体的にクラシックギターのCDで比べましたが、音色を良く再現出来ているのはこのたすき掛け接続の方だと思います。

ちなみにマイナス線をHFではどうかと言うと、ほとんど変化を感じられませんでした。

もっとも僕はスピーカーケーブルにベルデンのスタジオ718Mk2を使っていて、高域が良く出る銀線の方をプラスに繋いでいますから効果は余計あるのかもしれません。

audio-technica(オーディオテクニカ) AT6142(4個1組) バナナプラグ
Belden(ベルデン) STUDIO 718MK2 切売りスピーカーケーブル



 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック