2007年12月24日

プロジェクター選び

今回はプロジェクターの選び方について思うところを書いてみます。

9年の間に3台のプロジェクターを使ってきました。すべて液晶式です。
最初のはシャープのXV−Z4050。これはちょっとしたボストンバックみたいな大きさがあって、(イメージです)当時の液晶プロジェクターの代表でしたが、画素数は93万画素でしたから今から比べると非常に粗いものでした。

2代目は三菱のLVP−L2000V。2000年の製品で、画素数は144万画素。4:3パネルでしたがDVDのスクイーズ再生に対応したものでした。

そして、3年前に購入したパナソニックのTH−AE700を現在まで使用いています。これは276万画素、現在720Pモデルと言われているプロジェクターの初期の製品です。これの最新型がTH−AX200ということになると思います。

さて、現在の製品はフルHDに対応したモデルは、相対的に安くなったとは言え、40万近い価格です。一方、720Pモデルは登場して3年になり完成度が上がっていて、価格もフルHDモデルの半分くらいです。
初めてプロジェクターを買う人には720Pモデルで不満は出ない。と僕は考えます。
実際僕は3年前のモデルでWOWOWのハイビジョン映画をメインに観ていますが不満がありません。(隣にフルHD機を置いて見比べなければ)

ではどこのメーカーの何を?と言う話ですが、僕が勧めるくらいですから価格的に購入しやすい液晶です。今は性能も文句ありません。
それと、これは僕の主観です。ホームシアター用の液晶プロジェクターに関して言えば、10年以上前からシャープ、三菱など存在していた訳ですが、パナソニックが出てきたのはここ5年くらいで、さすがにその技術力や、底力を感じます。

実はプロジェクターの選び方として言いたかったのは、どこで買うのが良いか?なのです。
ずばり、通販の激安店で買うのは避けていただきたいと思います。なぜか?

僕は最初の1代目と2代目をそういうところから購入したのですが、画素欠け、色むら、緑かぶりなどに悩まされた経験があるからです。あってはなりませんが、B級品を疑いました。それらの問題があった時、激安店では対処が難しくなります。

これらの不具合の対処が激安店では心配なのです。
TH−AX200の場合、このくらいがまともな価格と思っていいのでは。
             ↓↓
松下電器産業 液晶プロジェクター TH-AX200

 

posted by shu at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック