2007年11月12日

iQ7セッティング

DSC00875kakou.jpg今回は、スピーカーiQ7のセッティングについてです。

と言っても、たいそうなものではありません。
低所得な自分でも独身ゆえに出来るホームシアターですから。
(ここがBライフたるゆえんです。・・・どうでもいいですね。)

まず、部屋の説明です。木造在来工法の2階のフローリングで、
東西に長い10畳間。角部屋なので東と北の2箇所に窓があり、
スクリーンは東の窓を覆う形ですから、メインスピーカーもそちら側に置かれています。
そして入り口ドアは南西角になります。
DSC00876kakou.jpg
iQ7ですが、4本のスパイクが付属されていますので、
これを、自作の真ちゅう製スパイク受けに乗せ、
その下に、ホームセンターで購入したパイン集成材の板(20ミリ厚と25ミリ厚)の2枚。
一番下にはニトリで購入したタイルカーペットを敷いています。

スパイクを直接板に刺してみましたが、低音がしまりません。

タイルカーペットを敷いたのは、床下つまり1階の天井裏の共鳴を抑えるためです。

ある時思い立って、スピーカーが鳴っているとき、付近の床に耳を当て聴いてみて、
びっくりしました。木の床から金属が響く音がするんです。びぃーんっていう感じの。
考えてみると、構造の補強のために取り付けられた、いわゆる金物が共鳴する音ではないかと。

そこでタイルカーペットを敷いて再度聴いてみたところ、大分改善されました。


セッティングって自分が納得すれば良いんじゃあないでしょうか。
特に費用の面とか。

ふつーにオーディオボードなど使おうものなら、10倍くらいの出費になりますから。

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック