2020年04月12日

視聴位置後ろの話。

 こんにちは。忘れた頃に更新をするわけですが、ブログ形式では過去の記事が埋没してしまっています。都合よく検索に引っ掛からない限り、何を書いてあるかが探しにくいと思います。実際書いた本人が忘れている記事も沢山あります。
そこで、記事ネタを無理やり考えるよりも過去記事を振り返ってみようと考えました。

こういう時期です。ステイホーム最強趣味の1つ、ホームシアターです。この機会に新しい気付きの一助となれば幸いです。


 さて、うちのシアタールームの後ろ側の話です。

この画像ですね。
200412-4.jpgいくつかの情報が写っているわけですが、ここはクローゼットの入り口です。

ここにあるのが、プロジェクターのDLA-X770R、下にあるのが前後配置のサブウーファー2台の内の1台Q400bです。

まず、この位置にプロジェクターを置くことは新築時から決めていました。部屋がすっきりするからです。

スクリーンまでの投射距離は4.5mくらい。この距離だとズームが追いつかない機種もあるので選択時は注意が必要です。

・プロジェクターの設置方法
200412-1.jpg・・アングルラックを工夫しています。ラック自体は壁などにネジで固定してあります。

X770Rの設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/460654079.html

歴代のプロジェクターも基本同じアングルラックを改造して設置しています。
プロジェクター設置関連 過去記事 
http://dfly1.seesaa.net/category/5010758-2.html

・配線は?
・・オーディオラックの後ろにクローゼットにつながる「穴」を開けてもらってあります。HDMIケーブルは5mで届いてます。

プロジェクター配線用の穴 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/105535953.html


次、サブウーファーについて。

・サブウーファーの2台めはなぜここか?
前後に配置すると包み込まれる感じが自然で、1本使いには戻れません。

Q400b設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/434971470.html 
http://dfly1.seesaa.net/article/357686989.html

・電源SWはONのままか?
サブウーファーの電源SWはほとんどが後ろ、背面に付いていています。その都度のON、OFFは面倒です。もちろん音声信号感知で自動的にONしますが、古い機種は待機電力が馬鹿にならないのです。以前はスイッチ付きコンセントを使ってそちらでON、OFFしていましたが、ひと手間が地味に面倒。

そこで電源のON、OFFをリモコン化しています。
200321-1.jpgこれがこの前予告した画像です。
電源タップを縦にしてあるのは、リモコンコンセントを受信しやすくするためです。これでリモコンを前に向けても反応します。

前用のサブウーファー、XQ60bも既にこの方法を使っています。

200412-2.jpg付属のリモコンはこちら。最近のは色がグレーに。
ちなみに同じ部屋に2台あれば1個のリモコンで同時に反応します。

もっともこのリモコンは使いません。AVアンプのリモコンでマクロ機能を使い、すべての機器をワンボタンで立ち上げています。ストレスフリーです。

サブウーファーのスイッチのリモコン化 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/373589469.html

AV機器と待機電力 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/372922741.html


ホームシアター機器の立ち上げ・・リモコン・・そうですね。あれを使ってみても良いか・・スマートスピーカー。

200412-3.jpg

またそのうちに。





オーム電機 OHM ELECTRIC リモコンコンセント OCR05W ホワイト


Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa


 

posted by shu at 21:25 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]