2019年05月01日

令和元年5月1日。

 年号が変わりました本日、誰も言いませんが、5.1サラウンドの日でもあります。(笑)

新時代のこの先、サラウンドはどうなって行くのでしょう?・・考察を少し。

190501-1.jpgサラウンドスピーカーの数については、『そもそも天井にとか言う時点で無理ゲー』という意見の一方で、『4K、8Kの22.2chには、いつ対応するつもりなのか』と、かなり前のめりな意見もあります。

ホームシアターのスピーカーを、これ以上に増やす事がこの先あるのでしょうか?

DTS:XとAuro-3Dに関しては、現時点でもう増やす必要は無いです。
両者とも使用するスピーカーの本数は、現行のAVC-X8500H(13.2ch対応)で既にその規格を満たしているからです。

つまりAuro-3Dが設定するスピーカー配置は最大13.1ch。

DTS:Xに関しては、最大で11.1ch分をサポートするのみです。(配置としては7.1.4、5.1.6、9.1.2)
IMAX EnhancedについてもDTS:Xをベースとするので、スピーカーの追加は無いと見るべきでしょう。

Auro-3DとDTS:XそれとIMAX Enhancedも、家庭用は現時点で完成されているわけです。追加の仕様変更が無い限りは。

問題は次の2つです。

・ドルビーアトモスホームに設定されるスピーカー構成が最大24.1.10chであること。
・4K、8Kの音声が22.2chであること。

アトモスの方も非現実的なので、その内容をすっかり忘れていました。いずれも家庭用としてはとんでもない数です。

スピーカーの置き場所という物理的な制約はもちろん、再生機の物量をいろんな意味で確保できるのかという問題は誰が見てもわかります。

確かに実音源は多いほうが良いです。これは間違いありませんが、物事の限界というものがあります。

現状でも13.2chを実践するという、他の人が眉をひそめるような、ある意味犬の如く従順にAVアンプの仕様が変わるたび追従してきた僕が、さらなるスピーカー本数の追加を、まだ容認するのか?

いや、これはもう物理的、経済的にはもう、できません。ただ、ドルビーアトモスに関して言えばフロントワイドスピーカー、これくらいは、ここまでは追加されても良いのかなと、音響効果での要る要らないで考えると、そう思います。

では4K、8Kの22.2chの方は?

まだ何も世に出ていないわけですが、家庭用のAVアンプに22.2chをそのまま落とし込むのは、これは現実的とは思えません。
アトモスと同様にAVアンプの仕様に合わせたダウンミックスになるというのを予想します。


ともあれ、

令和の時代に、皆さんのオーディオ・ビジュアルライフのさらなる発展をお祈りします。



↓何でレーザー距離計が必要?
測定マイクの位置出しは、メジャー?それともテキトーですか?
水平器付きで完璧です。


【ホームシアターコラムの最新記事】

 

posted by shu at 15:34 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]