2019年04月29日

平成の30年を振り返る。後編

自身のホームシアター歴の黎明期は、平成元年の2年前からでした。その後本格的に始めた平成10年からの20年の記録です。

190428-89-10.jpg平成10年(1998)4:3の100インチでホームシアターを始めた当初。
ドルビーデジタル5.1ch初期の時代です。

当時のドルビーデジタルは、レーザーディスクからスタートしました。

AVアンプはヤマハ DSP-A3090。

フロントの高い位置に吊ってあるのはボーズの100J。今ではすっかりお馴染みのフロントハイトスピーカーは、ヤマハ独自のシネマDSP用エフェクトスピーカーとして当時から存在していました。
メインスピーカーとサラウンドスピーカーは、ヤマハのNS-10MT。
プロジェクターはシャープ XV-Z4050。

190428-0606.jpg平成16年(2004)頃。5.1ch。

メインスピーカーはJBLのA850。サラウンドスピーカーはコントロール1Xを壁掛け。
プロジェクターに三菱 LVP-L2000V。

再生メディアはDVDに移っています。

190428-0608.jpg平成18年(2006)6.1ch。 

メインスピーカーはKEFのiQ7。
AVアンプは、DTS6.1chに対応したヤマハDSP-AX2。その後、自身初のオートセットアップ機、ヤマハDSP-AX2500。
プロジェクターはパナソニック TH-AE700。

平成21年(2009)7.1ch。

AVアンプにDENON AVC-3808A。
スクリーンを100インチワイドに。
プロジェクターはフルハイビジョンの三菱 LVP-HC7000。

この頃ついにLDプレーヤーは手放しています。

190428-1209.jpg平成24年(2012)9.1chのちフロントワイドを追加した11.1ch。

AVアンプにDENON AVR-4311。外部アンプにマランツ PM5004。

平成26年(2014)ドルビーアトモス登場。7.2.2ch その後5.2.4ch

AVアンプにパイオニア SC-LX78。
天井スピーカー、まずはトップミドルスピーカー2本から。
ここからサラウンド、サラウンドバックスピーカーを全て床置としています。


平成28年(2016)7.2.4ch。
AVアンプはDENON AVR-X7200WA。
外部パワーアンプにDENON PMA-2000RE。

180707-7.jpg平成30年(2018)7.2.6ch

AVアンプ DENON AVC-X8500H。
プロジェクター JVC DLA-X770R。


平成31年(2019)
Auro-3D 13.2ch構成を追加。


前後編と平成を振り返りましたが、ホームシアターに平成の30年を費やせたこと。これに関しては、個人的に夢のような時代であったように思います。

平成の終わりと共に、なんだか、ここらでもう良いだろうという「区切り感」を無性に感じます。
もう十分。Bライフなんで。ちょうど良い頃合いです。

 

posted by shu at 10:58 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]