2019年04月05日

リアはトップか?ハイトか?。 その2

 本文の前に・・前回からの記事で書いている「トップ」と「ハイト」それぞれのスピーカーの区別をご理解いただけていないといけませんので、あらためて説明しておきます。

いずれもDolby Atmosの登場以降に設定された、高い位置に取付けるスピーカーのことを指しています。

まずトップスピーカーとは、天井取付けでユニットは基本下向きのスピーカーのことです。
対するハイトスピーカーとは、天井に近い高い位置にあって、ユニットは基本視聴位置に向けたスピーカーのことです。
これを視聴位置に無理なく向けるためには、壁掛けという選択が現実的ではないでしょうか。

では本文です。

 視聴位置が部屋の真ん中より後ろにあって、後ろの壁の方が近いという環境は少なくないと想像します。
その環境でトップスピーカーを4本、天井取付け、もしくは埋め込みを考えた時に「前後に45°の振り分け設置」は、リア側に関しては45°以上になりがちであり、当てはめ難いと思います。
ならば最初から面倒な天井取付けでは無く、「ハイト設置」を選択することで、作業の難易度、スピーカーの選択肢、配線の問題など、諸々ハードルが下がることでしょう。

190331-8.jpg個人的な感覚では、リアのトップスピーカーの角度が45°より高くなるのなら「ハイト設置」として40°くらいで良いという結論となりました。

これはトップスピーカーが視聴位置に向けて振ってあったとしても。です。

しかしハイトスピーカーを壁掛けと言っても、天吊り同様にそう簡単なことではありません。「壁に直接取付け」を考えると、そこに下地が都合良く入っているとは限りません。

その場合の強い味方が、2×4(ツーバイフォー)材を突っ張り棒として利用するためのアイテムでした。

それこそ自由な位置への設置が可能で、DIYらしい作業と言えば、2×4材にスピーカーを引っ掛けるためのネジを2本打つだけです。
そのため、スピーカーの上下位置も自由に出来ます。今回決定したハイトスピーカーの高さは、そこから上下に100mmずつ高さを変えた位置でも試聴した結果によるものです。
ちなみに天井近くに高くするほど、前回書いた後頭部に近い感じが強くなってしまいました。

  Dolby AtmosとAuro-3Dは無理なく共存出来るのか?・・当初は懐疑的ではありました。
どちらかを優先した設置方法を選択する必要があるのではと。
しかしこれは壁掛け、もしくは天吊りの「ハイト」スピーカーを前後に設置する。これで無理なく共存が可能です。

以上、結果的にDolby AtmosとAuro-3Dが共存するスピーカー配置は、トップスピーカーは2種類のみで、 Dolby Atmos用のトップミドル2本とAuro-3D用のトップサラウンドスピーカー1本ということになりました。

190331-0.jpg

 

 せっかくなので、今回ラブリコの「2×4アジャスター」を使用した理由を説明しておきます。

・2×4材のカット寸法の違い

ホームセンターからどうやって、この長尺ものを持ち帰るのか。そして僕のように軽自動車にも入るのか?

双璧である一つのアイテム、「ディアウォール」の場合、カット寸法は、天井の高さマイナス45mm。一方「2×4アジャスター」の方は-95mm。
この50mmの差。これが少しでも短い方が軽自動車に載せた時には余裕が出来ます。

うちで実際に必要な長さは2335mmでしたが、問題無く載せて持ち帰ることが出来ました。


・作業の収まりが良い

190331-7.jpg「2×4アジャスター」は単純にジャッキ方式でネジで天井に突っ張るものです。なので、ネジをゆるくした状態で、設置位置の近くに立ててから横移動が容易に出来て、位置出しの自由が効きます。

190403-1.jpg下の方は滑り止め付きのキャップを被せる形です。

スピーカーの横振り角度が足りなかったので、2×4材ごとやや角度を付けてあります。

一方の「ディアウォール」はバネによる押し込み式です。狙った位置でワンショットで取付けます。

190331-6.jpgうちでは何より、こういう環境での設置にはディアウォールは適さなかったのです。ラックを動かさないと物理的に無理があります。

「2×4アジャスター」は上のジャッキ部分に手が届けばこのような場所への設置が可能なのです。

ちなみに2×4材カットまで含めた2セットの購入代金は3574円でした。


平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター ブロンズ DXB-1


 壁掛けならスピーカーの選択肢は少なくないと思います。専門誌御用達のイクリプスはお高いので、KEFのこちらはどうでしょうか。


【納期はお問合せください】【送料無料】KEFE301Eシリーズペアパックサラウンドスピーカー(ペア)



 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]