2019年03月31日

リアはトップか?ハイトか?。 その1

 先日、リアのトップスピーカーの位置を再考してテストした結果、取付け位置とその方法も変更しました。

結果的には、約141°(後方からの仰角で39°)の位置で「ハイト」設置に変更しました。

190331-2.jpg

理由としては、図中の緑色の円で示した音場イメージが得られたからです。つまり、高さは若干低くなったものの、後方に奥行きのある音場感が得られたためです。

 リアのトップスピーカーについては「天井4本」の構成とした際に、視聴位置前後に45°ずつ振り分けるとした、それに近い位置の133°、後方からの仰角47°のまま、トップリアスピーカーの位置としては動かしようが無いだろうとして、手を付けていませんでした。

しかし、最近気になっていたのがDolby Atmos再生時のトップリアスピーカーの聴こえ方による、頭上から後方の音場感についてです。

どういうことかと言いますと、その音はほぼ後頭部の真上から肩口、そして視聴位置横にもやや回り込む感じで、後方音場の広さはほとんど感じられませんでした。それが図中の赤い縦の楕円のイメージでした。

一方、トップミドルスピーカーの追加によって、前方へと移動させ、バッフル面を視聴位置に向けたトップフロントスピーカーは、ほぼフロント「ハイト」スピーカーと呼べる位置と形態にあります。そのフロント側に広くなった音場に対してリア側のそれは視聴位置のすぐ後ろで、どんつき。ほとんど後ろが無いという印象だったのです。

それで考えたのが、リアのトップスピーカーをフロントのトップ(ハイト)スピーカーと同じ仰角にしてみようということです。
つまりフロントハイトスピーカーとの「段差」を無視してスピーカーを下げ、仰角34°にしてみることです。

190317-1.jpgテスト用のスピーカーを既設のアングルに吊るします。この機能性。アングルに優るもの無し。

最初にアングルの見た目、意匠を気にしていたなら、こういう工夫の芽の発露、改良への発展性は無かったのです。

190318-2.jpg仰角34°だとこれだけ下がります。天井から600mm位。

これで例の「ヘリコプター・デモ」※の音源を聴いてみますと・・これは予想通り。

やはりヘリの軌跡はリア側で明らかに下がってしまいました。

しかし、しかしです。音像が遠ざかって音場が後方に広がっています。以前、後頭部真上だったヘリの軌跡、これは後方に下がり、旋回がより自然にトップミドル、前方へとつながって行くようになりました。

190331-3.jpgこれは好ましい傾向だと判断して、スピーカーの位置を少し上げてみました。約39°です。

ヘリの高さについてはまだ若干下がりますが、後方音場の生成というメリットを採用するに十分な位置です。

190331-4.jpgこの角度での取付け。これは当然「リアハイト」です。この方向でスピーカーの取付けを変更することに決めましたが、その方法をどうするか?

天吊りプラス延長で下げる。いや壁掛けが妥当でしょう。
しかし下地は、はたして都合良くその位置に入っているのか?


190331-5.jpgスピーカーの壁掛けの最も合理的な方法として、2×4材を利用する「ディアウォール」でも良いのですが、今回「ラブリコ 2×4アジャスター」の方を選択することにしました。




完成形です。
190331-9.jpg

詳細は次回につづきます。



※ヘリコプター・デモとはドルビーのデモディスクに入っている音源です。
未だに、Dolby Atmosのチェックディスクというモノの存在が見当たらない中では貴重なチェック音源です。



LABRICO 2*4 アジャスター ブロンズ DXB-1(1コ入)

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
「未だに、Dolby Atmosのチェックディスクというモノの存在が見当たらない」

DTS-Xのデモディスクは毎年CESで手に入るようです。

ATMOSのデモディスクは海外のサイト「ebay」でよく取引されてます。私もそこで入手したディスクで「ヘリコプター」、「ボーイング747?」、雷雨のようなもの(出先でタイトル分かりません!)
Posted by TACKA at 2019年04月01日 18:48
途中で切れちゃいました!

先のタイトルをチェックディスクとして楽しんでます。

「Auro-3D」のデモディスクもたまに出品されてますよ!入手しました。オーロ3D未対応ですけど…。(爆)

Posted by TACKA at 2019年04月01日 18:52
TACKAさん、しばらくでした。

そうですね。Dolby Atmosのデモディスクは非売品ですから、おっしゃるような入手方法になると思います。

しかし僕の場合は運良く、AVアンプの購入時にDTSのそれと一緒にサービスしてもらえました。最近のことではありませんけど。

一方で、例えば「HiVi CAST」のAtmos版ような市販の「チェックディスク」こういったものが見当たりません。
Posted by shu at 2019年04月01日 19:56
オートセットアップが標準装備とされた現在では、その必要性が低いかも知れません。
もう今更どうしても欲しいとも思いませんが。
Posted by shu at 2019年04月02日 07:17
そうかも知れませんね。需要と供給の問題もありますし…。むしろ「HiVi CAST」4K版の方が出て欲しい!
Posted by TACKA at 2019年04月02日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]