2019年02月11日

Auro-3D用スピーカー追加工事。

 いつになく連投しますが、情報の新しいうちにと思いまして。また本人が細部を忘れますし。
さて、トップミドルスピーカーの工事で天井裏に入るならば、ついでにと考えたのが「Auor-3D用トップサラウンドスピーカー」の取付けです。
これもトップミドル同様、埋め込みにするのがスマートじゃあないかっていうのは、ごもっとも。しかし、下地を確認したところこれが部屋のセンターに入っているので不可能でした。(照明器具取付けの都合もあって当然でしょうね)

これは逆に、スピーカーの取付けに関しては好都合。
薄型軽量で2本のネジで天吊りが可能な旧トップミドルのT101を使うことにしました。

190204-4.jpg配線の方はこれも都合良く、今は使わなくなっていたCD管が1本あり、それが使えました。

新築時からこれまでいろいろとやって来た遺産が生きてくれました。

天井裏に引き上げたスピーカーケーブルは、下地の脇にそれが通るだけの穴を開けて通します。
190204-1.jpg 190204-2.jpg

190204-3.jpg例によってアングルを使ってT101を天吊りにします。(しかしT101は天吊り用ではありません。この取付け方法は自己責任です)

ケーブルの出口は、「電話線プレート」を細い木ネジで取付けて、それらしくします。

ただし、この赤丸の部品を加工しないとカバーが取り付きません。ニッパー等で、その出っ張っている部分を切り取ってしまいます。
190211-3.jpg 190211-4.jpg

190117-1.jpg照明器具に近接させたこの位置が、視聴位置の真上でした。
そのため、このトップサラウンドスピーカーに関しては「頭上よりも前」を選択する余地はありませんでした。


 さて、このトップサラウンドスピーカーを含めた12.1ch仕様でAuro-3D(アップミックス)を聴きました・・が、しかしこれはむしろ、ファントムの時の方が良くなかったか?

・・ここまでが1月3日時点での話です。

1月半ば、どうせならばと思い立ち、もう1本のT101を余しておくこともないし・・。
まさかの、「センターハイトスピーカー」を追加することにしました。

190211-8.jpgセンターハイト(ハイトセンター)スピーカーとは、フロントハイトスピーカーの真ん中バージョン。

これを追加すると13.1ch仕様。Auro-3Dでは最も多いスピーカー本数の配置です。

取付けは、これも部屋のセンターに縦に入った下地を利用。L字金具とアングルの組合せで、T101本来の引っ掛け式に対応。止めネジは2本です。
190204-5.jpg 190204-6.jpg

やや下向きの角度を付けました。視聴位置から見た仰角は28°になります。
190211-1.jpg 190211-2.jpg

配線の方。こちらは天井裏・・では無く、そのまま床を這わしてスクリーン左の黒いカーテン裏を立ち上げ、スクリーンBOXの上を這わすシンプルプラン。
190211-6.jpg 190211-7.jpg

スピーカーケーブルは他の天井スピーカーと同じSP-330Meisterを使いたかったのですが、残りの長さが足りずに今回は断念して在り合わせのモンスターケーブルの廉価版で妥協。

 センターハイトスピーカー追加の13.1ch仕様。これのAuro-3Dアップミックスはどうだったのか?
そもそも、「そんなにスピーカーいるの?」「Auro-3Dのソフトも無いのに?」っていう話ですよね。

190211-5.jpg

また次回、「サラウンドスピーカー配置更新。まとめ」編にて。




パナソニック フルカラー モダン電話線プレート 1連 ミルキーホワイト WN6081W



 

posted by shu at 15:36 | Comment(0) | Auro-3Dスピーカー配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]