2018年08月19日

天井スピーカー6本の配置について。 2018-8

 ドルビーアトモスとAuro-3Dを共存させるための、天井スピーカーの配置はどうするべきか?

そもそもAuro-3Dでは、天井スピーカーは頭上の1本だけで、その他はハイトスピーカーという位置付けになっています。
そしてその角度も30°という、浅い角度がベストということです。

このAuro-3Dの基本配置を 現実の部屋に落とし込むと、こんな感じになります。
180811-4.jpg

前後に天吊りでハイトスピーカーを設置した場合、赤線で示した「トップスピーカーとの段差」がAuro-3Dの特徴と思います。
設置角度が30°という浅い角度の意味は、この段差を得るためと考えます。

フロントハイトの仰角は26°、リアハイトの方は44°。Auro-3Dの推奨値は25°から40°の範囲です。
仮にリアハイトの仰角を30°に近づけるには、天吊りを止めて壁掛けにすると可能ですが、赤線の段差が前後で歪みます。
ここは実際に聴いてどうか?というのは分かりません。しかしATMOSとの共用で不自然になりそうな予想ができなくもないです。

Auro-3Dでトップスピーカーを使用しない場合、ファントム再生となり、むしろ、その場合の前後ハイトスピーカーの仰角は30°でなくても40°に近くても良くないか?というのが現時点での個人的な考えです。

実はスクリーン周りの暗幕化工事の際、良い機会だったのでトップフロントスピーカーの位置を動かして単純にトップミドルからトップリアスピーカーの距離と同じにしてみました。

180813-1.jpg

これだとトップフロントスピーカー仰角は34°・・ATMOSの推奨は30°からなので範囲内であり、Auro-3Dの推奨角度とも重なる位置です。
トップリアスピーカーの方の位置はそのままですが、ドルビーアトモス用の天井6本配置の考え方について、こちらの記事「7.2.6配置、初動レポート。まとめ」でも書いています。


 ドルビーアトモスとAuro-3Dを共存させるためのスピーカー配置をざっくり言いますと、前後にハイトスピーカーを設置する。
その方法は、天井に高い位置の天吊りか壁掛けでOKということになるでしょう。

180818-1.jpgしかし、どうしてもアトモスの頭上定位が弱くなることに妥協せず、トップミドルスピーカーを追加出来るのが、AVC-X8500Hならではのアドバンテージであり、買い替え理由もこの一点にありました。



 余談ですが、これまでにサラウンド再生におけるスピーカーの本数、その配置形態のほとんどを経験してきました。

・ヤマハのシネマDSPの7.1ch(5.1プラス、フロントエフェクト)
・ドルビープロロジックIIzの9.1ch(7.1chプラス、フロントハイト)
・オーディシーDSXの11.1ch(7.1chプラス、フロントハイト、フロントワイド)
・DOLBY ATMOSの7.2.2、5.2.4、7.2.4、7.2.6。

そしてAuro-3Dは、センターハイトとトップサラウンドは未設置の11.2ch仕様となっています。
その未設置2本、これは現状では考えていません。Auro-3D自体の展開次第で考えも変わるのかも知れません。

現時点のソフトの球数、球種に慌てて対応する必要性はまだ低いですから。


本文は以上です。




・・ここからは業務連絡です。

ハイエンドAVアンプ、プロジェクター、スクリーン周りの改装・・ここ最近、少々やり過ぎてしまいました。
もう必要なものは無く、これでもう出来上がってしまった・・「上がりボタン」を押してしまったという感があります。

これでこの趣味を終わりにするわけではありませんが、このブログをこれで終了とするか、決めかねています。

ここは一旦、「更新を休止」しようと思います。

少なくとも、年内の更新を予定しませんが、再開時期も未定です。


これまで応援していただいた皆さん、ありがとうございます。



ゆるい更新ながら、バックヤードブログの方はそのままにします。





 

posted by shu at 00:02 | Comment(7) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさんこんにちは。
ブログ運営についての決断お疲れ様です。
残念ではありますが、今後も時々覗かせて頂きます。末永くやっていただければと思います(^-^)

さて、こちらのブログを参考に自分セレクトでホームシアターを構築したのが1年前。新築を機に勉強しつつ出来る限りの事をシアタールームに盛り込みました。
部屋の間取り、高天井、傾斜天井、トップスピーカーと天吊りプロジェクターの為の露出梁の位置、機器設置のスペース確保、隠蔽配線用の配管、個別電源、スクリーン側は黒の壁紙でそれ以外は紺色系の壁紙、セルロースファイバーでの簡易防音、防音ドアの設置などなど。考えている間はすごくワクワク楽しかったです。
もちろん、配線やスクリーンプロジェクター設置、その他に設定はセルフにて。その工程もすごく楽しかったです。

構築後は映画や海外ドラマでバシバシ活躍中で、本当に構築できて良かったとしみじみです。シアター費用は当初の倍になり涙目ですけど(笑)

コチラのでお世話になった結果をshuさんにもお知らせしたく、勝手ながら自身の環境も投稿させて頂きます。
部屋の作りも機器構成も、コチラで勉強しなければ出来なかったものです。

PJ:optoma UHD60
スクリーン:シアターハウス電動120インチ
アンプ:YAMAHA CX-A5100
ONKYO M-5000R
ONKYO PA- MC5000
スピーカー:モニターオーディオで統一
フロントSP:bronze6
サラウンドSP:bronze5
リアSP:bronze5
センターSP:silver C150
トップSP:bronze1
ウーハー:bronze W10
プレイヤー:oppo UDP203
となりました。(アンプ系は何処かで見た構成のような)

ちなみに、shuさんの4K記事を見て感化され、おとといoptomaのHD37からUHD60に変更したばかりです。やはり、4K HDR、素晴らしく良いです。
でも、私も打ち止めです(笑)

長文失礼いたしました。
お互いにお身体と財布に気を付けて、良いシアターライフを送りましょう!
ありがとうございました!





Posted by カレーライス師匠 at 2018年08月19日 22:50
カレーライス師匠さん こんにちは。

わざわざのご報告ありがとうございます。

いやあ、素晴らしいですね。
何よりご自身のセレクトであるとのこと、その組合せには文句の付けようが無いです。

本当にお役に立てたのでしょうか?
少しだけご参考になったのかも知れませんが、カレーライス師匠さんの熱意と研究心あってこそのシアターですよね。

あらためまして、ホームシアター完成おめでとうございます。
Posted by shu at 2018年08月20日 12:46
機器選定も、セッティング方法も、かなり参考にさせて頂いています。

0.0.4のトップスピーカーの設置は特にです。前後にある程度動かせるように、角度も変えられるように設置するには、shuさんの記事が無ければ出来ませんでした。

セッティング、設定はまだまだ追い込めていませんが、少しずつ試行錯誤しているところです!
Posted by カレーライス師匠 at 2018年08月22日 00:07
そうだったんですね!
良かったです。

セッティング、がんばってください。

Posted by shu at 2018年08月22日 06:28
以前サウンドスクリーンのシミュレーションをお願いしたみきつかさです。
丁寧な回答ありがとうございました。お願いした割には私はまだ実現出来てませんが。。苦笑

早期のブログ復活を願っています。
ひとまずお疲れ様でした。
Posted by みきつかさ at 2018年08月22日 21:16
みきつかささん、こんばんは。

お久しぶりでしたよね。

ええっ!
サウンドスクリーンまだ?

冗談です。
満を持して実行してください。いや、熟慮された結果の方を尊重します。

ありがとうございます。
Posted by shu at 2018年08月22日 23:25
管理人からです。

最近、コメントがエラーになって書き込みが出来ないという人へ。

1名の人、残念ですが、これは俗に言うところの「出禁」になったということです。


あなたが一方的に身勝手な書き込みを繰り返し、管理人のみならず読者さんも不愉快にさせたからです。

自身で気付くことも無いでしょうから、ここであえて言っておきます。

今後当ブログは関わりたくありません。

http://dfly2.blog.shinobi.jp/%E6%97%A5%E8%A8%98/%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%A6%E8%A8%80%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%89



リピーターの皆さん、こんな書き込みで申し訳ありません。

Posted by shu at 2018年09月21日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]