2018年08月13日

スピーカー配置図更新。 2018-8

 右コラムのスピーカー配置図の更新が滞っていましたので、最新の7.2.6chのものに差し替えました。

7.2.6chとはつまり、7chチャンネルのフロアスピーカーに、サブウーファーが2個。それと天井のスピーカーが6本という構成になります。
現在、市販のサラウンドフォーマットには5.2や7.2chというのはありませんから、0.2という表記はAVアンプ側で2本のサブウーファー使えるという意味です。

ホームシアターにおける最新のスピーカーの配置は、床置のフロアスピーカーに加えて、天井(トップ)またはハイトスピーカーの組み合わせという形となっています。

DOLBY ATMOSの登場以前のAVアンプの取説では、5.1chや7.1chのサラウンドスピーカーの扱いは今と違って、耳よりもやや高い位置への設置が指示されていました。それはサラウンド空間の広がりを表現するためと、比較的近い位置にあるサラウンドスピーカーまでの距離をいくらかでも稼ぐためという意味もありました。

しかし、高さ情報を生成する天井スピーカーを有した最新の3Dサラウンドでは、全てのフロアスピーカーの高さを揃えることがセオリーとなりました。
それに加え、出来ることなら5.1chや7.1chの基本配置、その推奨位置を守る事がこれまで以上に肝心になったと思います。

そうしないと天井(ハイト)スピーカーとの連携が合わず、SEの上下位置の定位のみならず、前後方向の定位もずれて、DOLBY ATMOSなどのイマーシブサウンドを正しく聴く事が出来ないと考えています。

拙宅のフロアスピーカー(7.2ch)の具体的な配置は次の通りです。

180813.jpg


・フロントスピーカー 
開き角度は60°で、交点は視聴位置のやや後ろを狙ってやや内振りにしてあります。
この60°が意外とDOLBY ATMOSなどの再現性を左右します。

・センタースピーカー
自作のスタンドに載せてスクリーンの下端ぎりぎりの高さです。やや上向きに角度を付けています。

・サラウンドスピーカー
7.1ch配置での推奨位置は真横の90°から110°までですが、拙宅の場合、真横では耳に近くなり過ぎて直接音が強く気になります。
そのため、やや後方の98°の位置に置いて、向きは視聴位置のやや前を狙って振ってあります。

ありがちな間違いが、これをリアスピーカーと呼ぶことです。それは5.1ch時代の名残です。
しかし7.1chの場合は、サラウンドバックスピーカーがありますから、紛らわしくなります。

・サラウンドバックスピーカー
推奨位置は135°から150°までですが、動線やラックの位置等の都合で149°の位置としています。
スピーカー自体はブックシェルフなので、自作のスタンドに載せて高さを稼いであります。

諸々の条件さえ合えば、これも他のフロアスピーカーと同じ口径のスピーカーを使ってみたいところです。設置性も含めて、トールタイプが合理的な選択となるでしょう。

・サブウーファー
近年のAVアンプは、単にサブウーファーが2個つなげるというだけでは無く、積極的に制御、最適化して1個の様に鳴らせる仕組みが備わっています。これを使わない手はありません。

うちでは前後に配置してありますが、包囲感の面で前方2個置きとは違うメリットを感じます。


天井スピーカーについては、次回で詳しく・・。



仮にサラウンドバックスピーカーを入れ替える場合、サラウンドスピーカーのiQ7をこちら↓に入れ替え、iQ7をサラウンドバックに廻すという方法を考えます。

Q750 [B:サテンブラック] KEF [ケーイーエフ] ペアスピーカー

 

posted by shu at 18:27 | Comment(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]