2018年06月13日

NEXT。

 NEXT・・次の、次世代の・・。
これを今回からブログタイトルに付け加えてみました。これに絡む3つの動きについての近況報告です。

1.Auro-3Dのファームウェアアップデート。

 前月の24日、ようやくAVC-X8500Hに、3つ目のイマーシブオーディオAuro-3Dが実装されました。

評論家さんが2Lレーベルの音楽ソフトをレビューで絶賛したお陰で、Auro-3Dは音楽向きでは?という印象がありますが、どうでしょう。

個人的お目当てなら、映画のAuro-3Dソフトの方です。これはUHD BDだけの展開だけなのでしょうか?現在ゴーストバスターズ以外に何枚あるのかも自身解っていません。

もっとも、まだプレーヤーを持っていませんので、「本物」は聴けませんが、2chや5.1chソフトのアップミックスならば聴くことが出来ています。

チャンネル数は、フロア7chに天井4chの11.1(.2)chが稼働し、トップミドルSP2本は仕様上鳴りません。

180613-3.jpgまず最初、ファームウェアアップデート後は「アンプの割り当て」設定で、天井スピーカーを物理的な位置に関係無しに「トップ」ではなく「ハイト」に設定してからオートセットアップを掛ける必要があります。

そうしないとAuro-3Dが、サラウンドモード選択画面に出て来ません。

実際に聴いた感想です。

180613-4.jpg・2chのソース
「Dolby Surround」や「DTS Neural:X」に比べ、サラウンドSP側にさほど音が回らない感じで、地味な印象を受けます。

「Auro-Matic 3Dプリセット」の選択によって響き、空間の広さが変わります。
しかし2chのドラマでAuro-3Dを積極的に選択するに値するかどうかは個人的には微妙で、「Dolby Surround」の方がしっくり来ます。


・5.1chのソース
これは印象が一変します。
ストレートデコードの5.1chの切れの良さ、定位感をそのまま生かして上方向に拡張する。そういう作りになってます。

「Dolby Surround」や「DTS Neural:X」のアップミックスに慣れていると、これがむしろ新鮮な感じを受けます。

WOWOWで撮った「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」では、船の上での会話シーンで、周囲からは木造船のきしむ音、波の音など、サラウンドスピーカーからストレートに聴こえるので、新鮮な臨場感があります。

「Dolby Surround」は、全体にふわりとした音場感。
「DTS Neural:X」は、センターイメージが強めで、サラウンドも押出し感があるダイレクトな印象。
ただ、両者は5.1chを一旦咀嚼して文字通りミックスして再生されている感じで、SEの定位感、ソリッドな出音は薄まって聴こえます。

しかし「Auro-3D」は、チャンネルベースの良さが生きて、3種類の中では一番、映画にはハマるのでは?と感じました。
とにかくサラウンド、サラウンドSPが良く鳴る。そういう印象で、実際、普通の映画館のイメージにも近い気がします。

 アトモスとの共存の懸念を考えた、スピーカー配置の件については、またいずれ。


2.プロジェクター、リプレイス。

 これは大ごとです。Twitterでは既に書きました通り、9年ぶりにプロジェクターを買い替えました。

180613-1.jpgよりによってモノがDLA-X770Rですから、『もう暴挙だろうよ』という誹り(そしり)もやむなし。

・・ですが次なる4K時代を見据えまして、現状打破の為に少々強引な手を使いました。
なので、個人的な生活の部分では1勝1敗の勝ち点0な気分というのが正直なところです。

ま、買っちゃったものは仕方がない。
当然、圧倒的な画質には間違い無く、既存BDのアップコンバート(e-shift4)画質に関しても、こんな情報が入っていたのかっていう驚きがあります。
特に映画のCG部分の見え方は全く違った精細感、高画質化されて、これが同じディスクなのか?と思ってしまいます。

よって、4K UHD BDのプレーヤーが無い、現環境下でも十分に楽しめます。

しかし、ぽん置きでササッと出した絵柄のままですと、少々気になる部分があります。意外にも。
それは高性能ゆえのセンシティブな部分があると。そう捉えています。

例えば、

・高輝度、高コントラストゆえ字幕が眩しすぎてびっくりする。
 →専用室ならランプ輝度を低モードに。

・字幕の明るさがシーンによって変わってしまう。
 →ガンマモードの選択か?調整中です。

・上に書いたCG部分は高画質だが、返って平面的に見えてしまう。
 →これも調整を試行予定。

・やや黒を引き込みすぎるか?
 →贅沢な話かも。

初見での今のところは、こんな感じでしょうか。

・・ここでまず、たぶん、何人かの人たちに「突っ込まれる事案」は想像に難くないです。
・・あんな部屋でハイエンドプロジェクターを写すのか?って。



3.シアタールーム、改装。

 実はプロジェクターを替えて最初の投射が引き金となり、これを即決しました。





遂に、、





スクリーン周りを「ブラックアウト」したことです。

180613-2.jpg


これは次回以降詳しく書きましょう。








パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


こっちに行くと思いました?↓でもX770Rの方が7万円安かったのですよ。




 

posted by shu at 23:00 | Comment(9) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
このコメントは削除されました
Posted by at 2018年06月14日 01:38
ふえやっこだいさん

あれだけのことを申し上げてもなお、ご覧いただけるとはある意味ありがたいこと事かも知れません。
結果がこう、なりましたが、誰でもこうなるとは思わないでください。

色々とご自愛ください。ありがとうごさいます。


Posted by shu at 2018年06月14日 06:28
こんばんは。

今日、アバック本店でX8500HのAuro-3D記念イベントが行われたので参加
してきたのですが、Auro-3Dの5.1chアップミックスが予想以上に良くて
ちょっとビックリでした。
デモの後、5.1chのBD音源を使って、アトモスとAuro-3Dとの聴き比べ等を
色々とさせてもらったのですが、映画に関してはもうAuro-3Dデフォルト
でもいいかな?って思うくらい完成度高いですね。
こと、サラウンドスピーカーに関しては他のサラウンドフォーマットより
も各スピーカーが派手に鳴ってる感じなんですが、かと言って不自然さは
全く無く、空間も開放感がありますね。
まあ、この辺は6400Hを聴いた時も同じ印象を持ちましたが、音の”質感”
がまるで違うんですね。(汗)
”Auro-3Dを最高のサウンドで聴きたい!”という動機だけでも、この
アンプを選ぶ価値は充分にありそうですよね。
という事で、結局買ってしまいました・・・。(笑)

それと、もし実測可能でしたら教えて頂きたいのですが、フロントパネル
から後ろの足(後部インシュレータ)の距離って大体どれくらいあります
でしょうか?
ラックに足がちゃんと収まるのか、ちょっと心配でして。(汗)
Posted by ラッツ at 2018年06月24日 23:50
ラッツさん、こんばんは。

お、買われたんですね!
おめでとうございます。

やはり、Auro-3Dのアップミックス良いですよね。

フロントパネルから後ろの足までは、390oです。前の足は40o引っ込んでいますから棚板は350oあれば乗ります。

楽しみですね。
Posted by shu at 2018年06月25日 01:09
こんばんは。
早々のご返事ありがとうございます。
390mmであればギリギリ収まりそうなので、安心しました。

今、サラウンドスピーカーを極力下げる方向で再セット中なんですが、3Dサラウンド
フォーマットの場合って、スピーカーをリスナー側に振った方が良かったりしますか?


Posted by ラッツ at 2018年06月25日 22:10
こんばんは。

収まりますか。良かったです。

ハイトスピーカーの向きに関しては、素直にリスナー側に振った方が良いと思います。定位がはっきりしますので。
ただ、耳に比較的近いサラウンドスピーカーの場合には他のフロアスピーカーとのバランスで振り角を・・まあ、このあたりは良くご承知のはずですね。
Posted by shu at 2018年06月25日 23:49
こんばんは。

なるほど、やはり角度は吟味していく必要があるのですね。

しばらくは現状の9chスピーカーのままでA100との違いを堪能(笑)したいと思ってますが、
ゆくゆくはトップスピーカーを追加して3Dサラウンドの真骨頂を開拓したいですね〜。
Posted by ラッツ at 2018年06月27日 00:45
こんばんは。
3Dサラウンドフォーマットに対応すべく、サラウンドスピーカーの位置を
見直してみました。
レイアウトの制約がありまして、床から1.5mくらいのところまでが限界
なのですが、これでサラウンドバックを追加した場合、リアハイトとの
距離差は60cmくらいまで確保出来そうです。
でも、ちょっと微妙な距離ですよね。(汗)

サラウンドSPを下げたら、前後の繋がりが以前よりスムースになりました。
アンプはまだA100のままですが、やはり今までがちょっと高過ぎだった
ようで、サラウンド感もかなり改善されました。(汗)

それと今回、サラウンドSPにもう1組特性の違うユニットをパラ接して、
計4台で鳴らしているのですが、これがかなりいい感じす。
詳細は後日ブログにアップするつもりですので、ご期待下さい。(笑)
Posted by ラッツ at 2018年07月03日 00:06
ラッツさん
前のコメントに気づきませんでした。すみません。

リアハイトの落差は問題ないと思えます。

ちなみに、アトモス再生に関しての盲点はフロントSPの開き角度でした。
うちでは鋭角でしたので、60度確保で定位感が違いました。

ブログ、拝見します。
ご自宅での8500の感想もお聞きしたいですね。

Posted by shu at 2018年07月03日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]