2018年04月16日

7.2.6配置、初動レポート。まとめ

 3月初旬にAVアンプをAVR-X7200WAからAVC-X8500Hにチェンジしまして、既存の7.2.4配置にトップミドルを加え、7.2.6配置をテストしたレポートのまとめです。
(この前の記事、暫定配置決定に至る過程の能書きです)

まず、ドルビーアトモス ホームの天井(トップ)スピーカー4本配置の場合のおさらいですが、前後に45°の均等配置というのが基本となっていました。

皆さんの部屋でも「視聴位置」は、大抵は部屋の後ろ寄りではないでしょうか。
うちもそうなのですが、試聴位置を中心にトップスピーカーのフロントとリアを配置しますと、トップリアは後ろの壁に近くなって、ほぼ「リアハイト」と変わらないような位置になります。

一方のトップフロントの方は、前方の壁までのスペースが広いわけですから、設置位置の自由度があるように思えます。
しかしドルビーが、視聴位置を中心にまとめたような配置を推奨としている理由は、「上から音がする」ということを重視するためであり、天井スピーカーが4本ならば必然の配置なのだと捉えています。

 では、天井6本配置の場合は単に、前後45°に振った4本の間にトップミドルを追加すれば良いのでしょうか?

ドルビーアトモス ホームの天井スピーカーの「最大仕様はは5組10本」です。
具体的には、視聴位置まわりのトップスピーカー6本に、フロントハイトとリアハイトを追加した10本で、部屋の前から後ろまで全体のエリアをフォローする配置が完成形です。

これをうちの部屋に落とし込みますと、前述したようにリアハイトは設置できませんから、フロントハイトが入った4組8本の配置となります。
(トップスピーカー6本の位置詳細についてはその1を見てください)

 180416-2.jpg

仮に、この配置で例の「ヘリコプター・デモ」を、あのトリノフのAVセンターで再生するとしたら、どう聴こえるのでしょうか?

180416-4.jpg
これはたぶん、フロントハイトの位置まで回り込む「赤線」の軌跡、大外を旋回するように聴こえるのかなと想像します。

・・いや、しかし映画などでは、もう少し手前側の「青線」の軌跡を飛ぶようにマッピングされる場合も有るはずですから、どうでしょう。※


対して従来の天井4本の時の、実際の聴こえ方はこうです。

180416-3.jpg
つまり、フロントハイトの位置にスピーカーが有るか無いかで、当然ながら効果音などが定位する位置が変わってしまうということになります。

これはドルビーアトモスが、オブジェクトベースサラウンドであると言いながら実際には、

天井スピーカーの位置に左右される、チャンネルベースサラウンドのようでもあります。

そしてこれは、天井スピーカーの数が少ないほど当てはまると、そう言えると思います。

これが今までのドルビーアトモス ホームの限界だと僕は勝手に判断します。

でも、前後の「ハイト4本設置」ならば、部屋の前から後ろまでをフォローするという意味合いで「あり」なのでは?ですね。
しかし、それだと頭上が弱くなってしまうのは、ヤマハユーザーさんならご存知なはずです。

これがトップミドルの追加により「頭上の音」は明確になりました。

ならば、うちの配置図で言うところのトップフロントは、フロントハイトに移設でも良いのか?
あるいはトップフロントのまま、フロントハイトの位置近くまで移動させるか?


・・というような流れで、この前の記事につながったわけですが、その配置図を貼っておきます。
180416-1.jpg


※しかし赤線と青線の定位の違いなんか、実際にはわずかですね。
デモ音源ならまだしも、映画の場合には聴き取れ無いかも知れませんし。
実際のスピーカーの位置も、さほど変わりませんから、こんなところにこだわる人がいるかなあ。
だから、「前後のハイトに、トップミドルを前寄りで計6本」これでも全然OKではないかなと思いますね。




【ドルビーアトモス 7.2.6配置の最新記事】

 

posted by shu at 22:40 | Comment(2) | ドルビーアトモス 7.2.6配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんばんは。

先日、アバックに行ってAVR-X8500Hをアトモス(4ch?)環境で聴いてきました。
とりあえず映画メインでの試聴でしたが、比較の為、最初にAVR-X6400Hの音を
体感してからX8500Hに切り替えてもらったのですが、あまりの音質の違いに
ちょっと驚きました。
全域での音の厚み、音数、サラウンド空間の表現力どれをとってもX8500Hの
圧勝といった感じです。

ただ、スピーカーがB&Wだったせいか、音がちょっと端正過ぎる?ような印象
で、スピーカーのキャラが強く出てしまっているような感じでした。
X8500Hの情報量の多さはわかったのですが、もう少しナチュラルな音質の
スピーカーで聴いてみたかった気がします。

結局、自宅のシステムとの差が良くわからず、なんかスッキリしないような
微妙な感じです・・・。
とりあえず自分にはX6400Hでは物足りない事だけはわかったのですが、買い
替えようかどうしようか、未だ結論が出ません。(汗)
Posted by ラッツ at 2018年05月15日 22:37
ラッツさん、こんばんは。

そうでしたか。それは僕が最初に試聴した時と同じ感想だと思いますね。

お話で確信しましたが、B&Wは映画向きではありませんね。おっしゃるように端正過ぎて、映画向きな迫力が出ないです。うちのKEFの方が良いくらいですから。それにデノンとは合わない気もします。

8500と6400の違いを同時には聴きませんでしたが、6400単体では知っています。これも相当の音で鳴っているはずで、お使いのAVR-A100を凌いでいるかと思います。

損になることは無いと思いますよ。
Posted by shu at 2018年05月16日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]