2018年01月27日

BenQ HT2550の設置シミュレーション。

 プロジェクターを使用するホームシアターの目下の悩みは・・
4Kの視聴環境を導入したくても、そのプロジェクターが高すぎて手が出せない
こういう人は少なくないはずです。

一応、安価な方から3機種挙げてみますと、

オプトマ UHD65(DLP)・・40万円
エプソン EH-TW8300(液晶)・・33万円
オプトマ UHD60(DLP UHD65のリビング仕様)・・30万円 

といったところでしょうか。

この他の機種は50万、70万以上の話になってしまいます。
ここは自身が出来る範囲で自己実現できればそれで良いと思うのです。

上の3機種でも最低が30万。しかし、これでもあと10万高いというのが庶民感情です。

そうした状況の中で昨年、BenQから「HT2550」という製品がリリースされるというニュースがありました。

この「HT2550」はDLP方式で、どうやら画素ずらしでは無い真の4K※注らしい?のです。

で、その価格が22万円とも20万円を切るという情報もあります。

これは一気に現実味を帯びた価格ではないですか。

しかし、その価格なりの画質性能、その突っ込みどころをスペックから読み取って、何をか言わんやという人もあるでしょう。しかしそういう話はそっちの人に任せます。

僕の着目点は、価格なりの影響・・それを受ける要素が設置性にあることは否めません。

気になる設置性でのポイントは次の通りです。

レンズシフト機能が無い
スクリーンの横幅センターに、レンズをぴったり合わせて置くことは必須条件です。
ただし、上下方向へは自動の台形補正が効くので対応可能ですが、台形補正は大きく掛けるほど画面の左右が欠けて画面がやや小さくなると認識しています。(製品HPに明記が見つかりませんから個人の推測です)

ズームがやや物足りない
これは、このクラスの製品への注文としては贅沢かも知れません。
自室ではちょっと足りないという話です。

やや動作音(冷却ファンの音)が大きい
29dBだと、ちょっと耳につくかも知れません。

ではこの辺りについて、自室の100インチスクリーンの環境での設置シミュレーションを見てみましょう。

100インチスクリーンの下端は床から545mm。
視聴位置は2800mm。これは100インチで推奨される位置としては近い方です。

HT2550の投射距離は、3254から3892mmの範囲です。
シミュレーションを最遠の3892mmの位置としたのは、物理的収まりと、動作音に考慮したためです。
180126.jpg
便宜上の標準位置(天井から515mm)としたのが、台形補正を使用しない水平設置にした時の高さになります。
打ち込み角は、レンズのセンターから投射画面の下端が125mm上がる仕様ですから、図面はHT2550を上下反転した状態の設置例です。

 設置方法について。
実質、赤い点線の範囲が設置可能な空間となります。

Aの位置は、汎用の金具「スパイダー2」にての天吊りを想定。
Bの位置は、ラックなどの上に載せるとか。

標準位置に近い高さなら、スパイダー2のオプションシャフト使用で(長さ400mmくらい)対応が可能ですが、下げ過ぎると圧迫感、物理的に変な存在感が出るかも知れません。

A、Bいずれの高さでも、自動で効く台形補正は有効です。


 さて、実際自室に設置するとなれば・・

180127-1.jpg Aの位置
ズームがこれ以上効かないので、既存のラック(クローゼット内)が使えず、新たに天吊り金具の補強を含めた工事の必要があります。電源ケーブルの長いのも必要です。

しかしこの際、あるいは新築ではもちろん、天吊り金具の工事をしてしまっても、スパイダー2なら汎用性がありますから、将来プロジェクターを替えてもそのまま使えるというわけです。

 Bの位置
この位置でラック載せの方がやや現実的ですが、邪魔になることと、視聴位置に近いので、動作音を覚悟しないといけません。


 まとめ。

HT2550の発売は2月中旬。画質レビューがそこそこ良ければ、多くの人に朗報となり得ます。
設置条件を満たせる人、初プロジェクター、4Kの敷居を低く跨ぎたい人など・・
本体もコンパクトかつ軽量で3D対応と、良い部分もあります。悪くなさそうな気はします。

何より現時点で最安の4Kプロジェクター。
結局、買えるものしか買えませんからね。


※1.30注記 
オプトマのUHD65もリアル4Kだとの記述があります。 
参考記事はこちら




追記
さて、この件にも触れましょう。
デノンが真のフラッグシップと呼ぶ新型AVアンプ「AVC-X8500H」についてですね。
価格は48万円・・とにかく一度音を聴いてみたいと思っています。
某ショップからDMが来ています。その機会は来月にでも。
また、あらためて記事にするとは思います。




 

posted by shu at 23:57 | Comment(15) | 新製品ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
おはようございます。

BenQ HT2550はBライフを目指す者にとって大変気になる存在ですね。
私もはっきりとしたことはわかりませんが、
海外の情報によるとこの機種は真の4K(3840x2160)ではなく
1920x1080を4回ずらして4Kを実現するようです。
マニュアルをダウンロードして見てみましたが、
Resolution
3840 x 2160 with XPR
1920 x 1080 without XPR
と記載されていました。
2716x1528の画素ずらし機であるHT8050のマニュアルには
Resolution
3840 x 2160 with XPR
2716 x 1528 without XPR
と記載されていましたので、HT2550も画素ずらしであることは間違いないと思います。
重箱の隅をつついてしまったかもしれませんが…
この値段で4K HDRを受け付けてくれるのですから
その存在意義は大変大きいと個人的には思っています。
Posted by ユキノシタ at 2018年01月28日 05:02
ユキノシタさん ありがとうごさいます。

そうでしたか。
私もWEBの記事だけでそう書きましたが、本当かなという疑問はありました・・やはり違うようですか。

本文には注記を入れておきました。

Posted by shu at 2018年01月28日 09:42
しかし何であのような情報が出ているのでしょうかね。
Posted by shu at 2018年01月28日 11:17
実際にどう見えるかが重要なのでこのような事を書いてもお目汚しではありますが…
HT8050やオプトマUHD65、UHD60に搭載されているであろう
0.66インチ4K対応のチップセットはTIのウェブサイトで見つけることが出来るのですが、
HT2550に搭載されているという0.47インチの4K対応チップセットとやらは見つけられませんでした。
私の調べ方が悪いだけかもしれませんし、
単純にまだ公表していないだけなのかもしれません。
ですが、そこに何か大人の事情があるのかもなあと素人は考えております。

既にご存知かもしれませんが、海外のレビュー動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=GmshFsyE6E0
Posted by ユキノシタ at 2018年01月28日 16:06
当初のニュース記事を見る限りでしたが、これは扱いに困る情報ですね。素人の手には余ります。

動画は知りませんでした。上位製品と比べるとやはり、それなりな感じのようですね。
まあ価格なりということですね。
Posted by shu at 2018年01月28日 19:27
曖昧な情報でお手間を取らせてしまい申し訳ありません。
私の探し方が悪く、チップセットの情報はTIのウェブサイトや
AV WATCHやPHILE WEBでも紹介されていました。
ただ、解像度の記載だけは見つけられないんです…
映像のクオリティーも含めて2月9日のイベントか
実際に発売されるのを待つのが一番確実なようです。
Posted by ユキノシタ at 2018年01月29日 10:59
ユキノシタさん

了解です。大丈夫ですよ。
そうしましょう。


Posted by shu at 2018年01月29日 12:23
お探しの0.47DLPチップはフルHD1980*1080でoptomaとBenQが4k表示できる様に開発したそうです。
https://www.soundandvision.com/content/texas-instruments-chips
ズラシと仰っておられますが超高速点滅の方が正しいのでは?
3板式なら1板固定すれば他2板はいくらでもズラス事はできますが単板式DLPはズラス事はできません。
Posted by HD105cinema at 2018年01月30日 00:37
HD105cinemaさん、的確な情報を頂きましてありがとうございます。
真の4Kではないらしいといことだけをお伝えすればよかったのですが、
わかったつもりになってあれこれ発言してしまい…お恥ずかしい限りです。
自分が何もわかっていない事にも気づけましたし、
皆さまにも正しい情報が伝わりますので大変感謝しております。
ありがとうございました。
皆さま、ご迷惑お掛け致して申し訳ありませんでした。
Posted by ユキノシタ at 2018年01月30日 20:02
ユキノシタさん

まあまあ。
管理人本人も解ってないんですから。(笑)
Posted by shu at 2018年01月30日 20:15
shu さん、こんにちは。

私もこの値段をみて、驚いていました。 重さの点でも、他のよりだいぶ軽いので、気にしてみていました。 海外のレビューをみて、real 4K ではないものの、期待が出来そうです。

https://www.projectorreviews.com/benq/benq-ht2550-at-1499-the-most-affordable-4k-uhd-projector-yet-first-look/

さて、プロジェクタも高いのですが、スクリーンも4K対応はとても高いです。
スクリーンについては、どのようにお考えでしょうか。

また、18Gbit 対応の 10m クラスの HDMI ケーブルは相性問題も多く、なかなか手厳しい状況が続いています。 このあたりもご意見とうかがえたらうれしいです。
Posted by n'Guin at 2018年01月31日 17:54
n'Guinさん 

こんばんは。
レビューページのリンクをありがとうごさいます。
好印象なレビューですね。良さそうではないでしょうか?

皆さんに情報を補足していただき、ありがたいです。

さて、スクリーンとHDMIケーブルについてのご質問ですが・・正直ノーマークです。すみません。
追々調べてみますが、今回は雑談程度のお返事でご容赦ください。

スクリーンはまず、今のスクリーンに写してみてからですね。使えそうな気がしますが、まさかモアレが出るとか?そうなった時に考えます。

HDMIはですね・・
えーと、5m以内で届くようにレイアウトから考えます。(笑)
5mを超えると問題が出るのは今までのも一緒だと認識しています。
長尺物は高コストから逃れられないかと。

あるいは妥協して、HDMIケーブルのコストを省けるエプソンのワイヤレスモデルを考えます・・。


Posted by shu at 2018年01月31日 20:21
shu さん

ご返事ありがとうございます。

我が家のシアターは、あまり大画面ではない(90インチ 4:3)ので、
有機EL のTV にしてしまうというアイディアもあるかと思ったりもしています。
少し前に出して設置すれば、見かけの大きさはあまりかわりません。

65inch が、30万円台に下がってきており、スクリーンや長尺のHDMIケーブルを
使うとのなると、 65inch 有機EL のほうが、安いようにも思われます。
この場合、機材の配置をがらっと変えないといけないという欠点があります。

それに対する候補としては、スクリーンはそのままと妥協して、エプソンのワイヤレスモデルかなぁとも思ったりしているところです。

shu さんの今後の検討を楽しみにしています。
Posted by n'Guin at 2018年02月05日 10:23
shuさん、こんばんは。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1110142.html

日本語の解説記事がついに出ましたね。エプソンなどの疑似4Kより良いので、少し食指が延びますね。
Posted by n'Guin at 2018年03月18日 03:56
n'Guinさん

そうですね。内容は悪く無いようですが、レンズシフトが無いので台形補正に頼るにしても、もうちょっと打ち込み角があったらなあと思うんですよね。

でも、しばらくのつなぎとして割り切るなら、ありでしょうね。
Posted by shu at 2018年03月18日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]