2018年01月03日

2018年頭のご挨拶。

 あけましておめでとうございます。 
年頭につき、いくつか初夢的な抱負など書きたいところなのです。
しかし、今年はいつに無く現実感に乏しいということがあります。

仕方が無いので、今後の記事の予定でも書いておくことにします。
アンケートの結果も踏まえつつ、どこに視点を置いて取り上げたら良いか考えてみました。

 まずUHD BD問題ですよ。
これは高価なソフトを買ってでも、どうしても観たいのなら廉価版プレーヤーDMP-UB90辺りで、当面のつなぎとする手があるわけです。
HDMI接続なら絶望的に音が劣ることも無いと思うのです。

価格なりを反映する見た目のリモコンと、その操作性は、そのリモコン自体を上位機のものに変えれば問題なさそうです。
参考記事はこちら

それともレコーダーを買い替えてプレーヤーの代わりとするか。
参考記事はこちら 

しかし、問題は画面の方。特にプロジェクターが高価過ぎ。
そんな矢先、BenQから22万円の4KのDLPプロジェクターリリースのニュースが。
参考記事はこちら 

この価格、現実感のある価格ではないですか。

180103-2.jpgしかし、価格なりの部分を反映するのが設置性の問題です。

これをうちの100インチ環境で設置シミュレーションしてみます。

 そう言うわけで、
記事予定1は、「BenQ HT2550の設置シミュレーション」

 次はアンケートでも思いの他多かった、プロジェクターの所有率。
「遮光」っていうのは何らかの方法で普通に考慮すると思いますが、「迷光」の方はどうでしょうか?

180103-01.jpgやって効果の無いものとは思えませんが、なかなか簡単に踏み切れるかどうか・・。

まずは見た目のシミュレーショから。
これは画像加工ですが、何かがちゃがちゃな感じです・・

記事予定2 「迷光対策を考えてみる」


 もう1つ。
ドルビーアトモスの実践者も意外に多かったです。

最近の映画ソフトの中から、ドルビーアトモス効果がベストだという呼び声の高い作品を
レビューしてみようと思います。


こちらですね。
バーニング・オーシャン [Blu-ray]

これが単に上からいろんな音がするだけだったなら・・僕に言わせると、アトモスという名の単なる11.1chということになるのですが、はたしてどうか。

記事予定3 「バーニング・オーシャンのドルビーアトモスは最高なのか?」


以上の3つの記事、順不同、気分次第での投稿となりますが、
本年もよろしくお願いいたします。


 ちなみに、

一番下にある「拍手」ボタンを押されようが、押されまいが、やる気、モチベーションにまーったく問題ありません。
アンケート回答が170人ある中の4人だけでも、ぜーんぜん構わないです。
今年もこの身を粉にして記事を書き上げる所存であります。



↑新年早々何ですが、大ウソです。


パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB30-K
パナソニック 純正BD/DVDプレーヤー用リモコン N2QAYA000129
パナソニック 2TB 6チューナー ブルーレイレコーダー 4K対応 DIGA DMR-BRG2030

 

posted by shu at 13:10 | Comment(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]