2017年10月03日

新型Qシリーズを試聴しました。

 しばらくでした。(笑)

 実は先日、ようやくKEFの新型Qシリーズを試聴する機会がありまして、センタースピーカーのQ650cを除く全モデルを聴くことが出来ました。

以下に感想と、一部KEFジャパンさんから得た情報を書いておきます。
 
試聴は小さい方から、13センチユニットのブックシェルフQ150、フロア型Q550。
そして16.5センチユニットのブックシェルフQ350、フロア型Q750。
最後は20センチユニットのフロア型Q950という順番でした。

画像はQ350


・外見について

色は黒と白のつや消し仕上げのみ。
黒はシアターユースならば、うってつけでしょう。
白はリビングユースでしょうが、本当にザラザラなツヤ消しなので汚れやすいかも。


・全モデルに共通の音の印象

同軸ユニットのユニQドライバーのコーンにリブが入っているなど、上位機種やLS50のノウハウを落とし込んでいて、レスポンスは向上した感じがあります。

ただ、僕がサラウンドスピーカーに使っているiQ7のような、キラキラと拡散するような高域が印象的だったQシリーズというのは過去のものになって、そつなくまとめた優等生的な鳴り方とでも言いましょうか。 

これが面白くなくなったのかどうかについては、他のスピーカーを数多く聴き比べるという経験値に乏しいために言及はできません。


・サランネット別売りの件について

これは評論家さんも含めて、各方面から喧々諤々(けんけんがくがく)あったということです。(笑)

で、発売後5ヶ月程度経った実情はどうかというと・・

サランネットを購入する人・・
ブックシェルフのQ150やQ350までは7、8割の人が購入するようで、年齢層は若い人が多いようです。
やはり子供の居るファミリー層もサランネットは必須のようですね。

サランネットを購入しない人・・
Q750やQ950の購入者はサランネットを買わない人の方が7、8割の比率らしいのです。

これらをならすと、サランネットを購入する人は全体の5割程度ではないかということです。

サランネットはマグネットで装着するタイプであり、スピーカー本体に取り付け穴が無いのもKEFのこだわりです。
サランネット別売り・・僕は賛同する方ですね。デザイン性の部分も。価格的にもお得になりますから。


・シングルワイヤとしたのはなぜか?

この新型から、スピーカーケーブルの接続端子は2個のみになりました。

これについてはまず、このクラスのスピーカーでバイワイヤリング、あるいはバイアンプ接続で使われるということが少ないから。というものです。

また、世界的に見てもバイワイヤリング、バイアンプ接続で使う比率は日本だけがダントツなのだそうです。
これは初耳な話でした。つまり、よその国では需要があまり無いのだと。

それともう1つの理由とは・・ずばり「接点の削減」だそうです。

それは、ハイ側とロー側を繋ぐためのジャンパー金具とその仕組の除去。
この部分をシンプルにすることで(シングルワイヤ化)信号の損失を無くし、その上で端子自体に良い部品を使うこと。

つまり、シンプルに良い信号を供給、さらに良い音を出そうとした結果ですね。

あの傑作スピーカーのLS50が、シングルワイヤ仕様で成功したことも裏にあるのだそうです。
昨今、他メーカーにも同様の考えがあるようで、バイワイヤリングが標準仕様では?という価値観を見直す必要がありそうです。


・個人的に印象に残ったモデル

それはQ550。13センチユニットのフロア型です。

16.5センチユニットから比べると、スケール感は当然下がりますが、歯切れの良さとスピード感がありました。

具体的には、リズムを刻むドラム(タムタム)やエレキベースのゴリッとした瞬発的な音のキレ、鮮度は16.5センチユニットのモデルにはない部分だと感じたからです。



・未確定情報

色の展開は現状、黒と白の2色ですが、もう1色追加があるかも。
営業サイドはやはり、木目(茶色?)あたりを要望しているようですが・・。


 まとめ

 前モデルからの価格がほぼ変わらないことや、前モデルを踏襲した外観、サランネットの別売り、シングルワイヤ化など、一見するとコストダウンではないかとの疑念も浮かびました。
しかし、中身は一新されているといって良い内容でした。

依然として他にない、相変わらずのコストパフォーマンスを維持しているという感想は変わりません。


KEF JAPAN Q350B(ブラック) ブックシェルフスピーカー(ペア) ※グリル(サランネット)は別売り 【当店のKEF製品は国内正規代理店品です】

 

posted by shu at 20:48 | Comment(22) | KEFスピーカー Qシリーズ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
何時も更新を楽しみにしています。
本来なら定年退職して年金生活を開始している筈でしたが何を間違えたのか雇用延長で来月から1年以上はAmerica Texasでの生活になり我が家のホームシアターもしばしお休みです。
しかし最近はAtmosもDTS-Xも結局はそれ程のインパクトは無く、それでは4kプロジェクターの世界へと考えてはいますがリアル4kのプロジェクターが庶民価格(20万円台)で帰る様になるのは何時の頃でしょうか?
帰ってくる2019年には帰国祝いに買いたい物だとは思っているのですが如何でしょう。
LCOSにレーザーとなるとまだまだ先の話なんでしょうね庶民には。
Posted by Cafe Tom at 2017年10月11日 14:13
Cafe Tomさん こんばんは。

当ブログもいよいよ皆さん愛想が尽きかけている中ですが、ありがとうございます。

今度は1年以上もTexasですか。それは大変ですね。
僕の勤め先は、1年先の存続さえ怪しい状況です。(笑)

>リアル4kのプロジェクターが庶民価格(20万円台)で帰る様になるのは何時の頃でしょうか?

まったく、その部分に今後がかかっていると思います。
僕自身にとっても、ここはとても高い壁となってそそり立っています。
更新が進まない要因はこれです。

しかし、プロジェクター市場自体の冷え込みを改善するには4K対応は高コストですし、市場の動向を見て採算が合うような時節は1年後でもどうでしょうか?
結局、庶民向けプロジェクターも、しばらくは売れ筋のフルHD廉価版で行くのではと思います。

庶民価格の4Kプロジェクター・・そうですねえ、DVDが残っている間はまだまだ動かないのではないでしょうか。

帰国祝の買い物ですか?
そのときには現行品エプソンの8300でもお買い求めは可能なのではないですか?長期出張の手当諸々で。(笑)
Posted by shu at 2017年10月11日 22:37
shu さん、TEXASからも更新を楽しみにしているのでがんばってくださいね、お願いします。
4Kプロジェクターは日本の居住環境にはそぐわないのかも知れませんね、私はきちんと見たことが無いのですが「のだや」の店員さんは120inch以上のスクリーンで無ければ違いが解らないと話していました。
部屋が狭いからこそ4kにしてスクリーンからの視聴距離を短くするメリットもあるのですがね。
プロジェクター設置できる家庭環境は都会では大金持ちにしか出来ない遊びなのでしょう。
そう考えると1年後でもリアル4kの開発は企業にとっても開発障壁が高いのでしょうね。

エプソンの8300についてはどうなんでしょう、どうも人の目の錯覚を利用したシフト方式の4kは繋ぎとしては存在してもリアル4kに駆逐される運命かと思います。
TVでも確かフルハイビジョンが高値のときハーフハイビジョンが出ていました。
確かに店頭で見てその違いに気がつく人は殆ど居ませんでしたがあっという間に市場から消えていきました。

日本に帰任し、最初に手にする年金で何とか手の届く物が市場に出ている事を期待します。
日本のDVDはAmericaの器機ではレリジョンコードの問題で再生できないので今週末にはAmericaに自宅で使っているものを送る予定です。
向こうでBDのレンタルは勿論ありますが字幕も、勿論日本語の吹き替えも無いので寂しいものです。
最近やっと日本で録画したテレビを向こうで見られる環境を構築できたのでそれでも見て楽しむことにします。
日本での生活も残り1ヶ月です。
Posted by Cafe TOm at 2017年10月16日 09:42
Cafe Tomさん

>エプソンの8300についてはどうなんでしょう、どうも人の目の錯覚を利用したシフト方式の4kは繋ぎとしては存在してもリアル4kに駆逐される運命かと思います。

その繋ぎ期間が、どの程度続くのか問題ですね。8300があと10万下がってもまだ30万ですからね。そうそう手を出せるものでない状態が続くのは、面白くないなあと考えています。

Posted by shu at 2017年10月16日 21:31
JVCのe-sift4KとTW8300のshiftは見比べましたが、著しい性能差があります。
これは同じepsonのLS10500とは違うshiftを採用していることもあると思います。

4K画素を使い切る4Kソースでは差があります。2Kソースではリアル4Kと
JVCのe-shiftの差はかなり小さくなっていますね。

また、リアル4K化は代償としてコントラスト(暗部表現再生能力)が低下する
反比例の関係にあります。





Posted by ふえやっこだい at 2017年10月17日 14:57
JVCの750Rが2つ型遅れになるので、その中古がおすすめです。TW8300と価格はそれほど
変わらないと思いますが、画質の差は圧倒的です。550Rの中古も良いですが、JVCの強みが
出ません。

4Kソース、HDRにこだわらなければ700Rも良いです。30万円を切るのではないでしょうか。
私が使っていますが、2Kソースでは十分以上の高画質で、2KソースならTW8300以上だと
思います。

sonyは535に比べて515の出来がイマイチ、新型の245は良いのですが高価なので、予算が
ないと厳しいです。

Posted by ふえやっこだい at 2017年10月17日 20:53
ふえやっこだいさん、こんばんは。 

ちょうど「では現実的なおすすめはどれですか?」というのをお聞きしようと思っていたところです。(笑)

なるほど、2つ型遅れの750Rでもイケるのですか。

TW8300購入の予算を持っていて、今、あるいは半年1年くらいの間に4K対応プロジェクターが欲しいのなら中古狙いの方が正しい選択ということですかね。

そうでもしないと、相当に出遅れてしまいますからね。

参考になりました。ありがとうございます。

ちなみにJVCだと700番台ですか。570Rというのはどんな感じでしょうか?550Rと同じ傾向ですか?
Posted by shu at 2017年10月17日 22:49
TW8300の予算を持っているなら話は早いですね。おそらくもう少し足せば750Rの中古が
射程距離に入ってきます。770R>750Rですが、差は大きくありません。

新型の990Rは凄いようですが。

TW8300のshift性能による精細化はは750Rに遠く及ばず、750Rの3代前の70Rと2代前の75Rの
間くらいだと思います。2Kソースにおいては我が愛機の700Rよりも下だと思いました。

それと非常に重要な点は、TW8300は4Kソースの入力に制限がありますが、750R・570Rは
18Gbpsで4K入力でフル対応になります。4K対応の点で、これは非常に大きいです。

570Rなら7、やはり50Rをおすすめします。予算の関係で550Rにするなら仕方ないですが。

黒1に大して、750Rは12万の明るさの光を出せるので暗部階調がしっかり描写できます。
570Rの場合は4万しか出せないので、暗い場面で黒つぶれします。

また両者12万の光に合わせると750Rは黒1ですが、570Rは黒3と浮いてしまいます。570Rは
多少黒が浮いても明るい方で勝負をしているなと思いました。

shuさんの部屋はあまり迷光対策がされていないので、コントラストが低下しやすく
元のコントラストが高い750Rの方が良いと思います。専用部屋ならハイミロンを貼って
ほしいところですが。

また色域が違い、4Kソースの色を生かすには広い色域が必要で、570Rでは狭く足りません。
750RはDCI-P3という色域を100%カバーしており、4Kソースの発色を、ほぼ再現できます。

4Kの規格は、理論的にBT.2020という広大な色域を使えますが、ハリウッドはDCI-P3の
色域内で作るそうです。
Posted by ふえやっこだい at 2017年10月18日 10:24
8行目の訂正

570Rなら7、やはり50Rをおすすめします。→570Rなら、やはり750Rをおすすめします。
Posted by ふえやっこだい at 2017年10月18日 10:26
ふえやっこだいさん、詳細にありがとうございます。

普段は70万90万の商品に着目することはまったく無いものですから参考になります。

40万のTW8300が、そういう内容であるならば購入意欲は削がれました。
まだそのレベルなのかと。

ならば570Rの処分品の方が良いのかと・・・何も知らなければこちらを選ぶのが現実的選択肢としては近いですけどね。

しかし内容を色々見て行くと中古にしても50万円くらいの資金は必要なようですね。

まだまだ4Kプロジェクターという商品自体の価格設定が高い内は、ハイエンドクラスの内容を追うのは個人的に正直厳しいです。

Posted by shu at 2017年10月18日 21:49
990Rが発売されれば、また中古価格は下落すると思います。買うのを1年遅らせても
7シリーズにした方が良いです。5シリーズでは4Kの発色を生かせません。

http://blog.avac.co.jp/akihabara/2017/02/54k-hdr-3857.html

これが参考になります。ここは770Rを使っていますが、750と大差はありません。
それぞれの写真をクリックしていただければ、フル画像が出てきます。

e-shiftと言えども、epson同士で、またJVCとは違うことが分かると思います。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=20995343/#tab

これは私の試聴会報告です。

Posted by ふえやっこだい at 2017年10月19日 09:40
良くわかりました。
しかしながら白旗です。降参です。財力の限界を超えています。
この趣味もこのあたりで詰んだという感じがします。

JVCの7シリーズを・・1年後でも分不相応な買い物です。
8300の購入資金があるような書き方をしましたが、仮定のお話です。すみません。

リンク先の比較画像を見ましたところ、ソニーのVW535の映像に好感を持ちました。
例えばVW245が悪く無いのなら、現在48万円のVW245の値落ちを待つか、生産完了時の処分品狙いが現実的なところです。

いろいろとありがとうございます。


Cafe Tomさん

リアル4Kプロジェクターが庶民のものになるのは当分先で、オリンピックの年くらいには果たしてどうか?でしょう。
僕もそうしますが、このことはしばらく忘れていた方が良いかも知れませんよ。(笑)
Posted by shu at 2017年10月19日 22:53
ぱっと見は535は鮮やかで高精細で綺麗です。しかし暗い場面になると厳しいですね。
JVCと比べると2ランク落ちで、映像が黒つぶれしてちょっと悲しいです。

実は、私は4Kにほとんど興味がありません。基本、録画かレンタルでセルソフトは
買いません。セルのみでしかも高額な4Kソフトは対象外です。

今、700Rを使っていますが、2Kソフトだけなら既に映画館レベルを超えているので
不満はありません。

4Kがレンタルまで降りてくるのはオリンピック年以降でしょうから、その時に
購入というのは、冷静に考えて正しいと思います。

もし4Kにこだわりがなくオリンピックまでに一時的に使う可能性があるなら
DLA-X70Rをお勧めします。中古価格は17万円台ですが、実は700Rと比べてそれほど
遜色はありません。

私がはじめて70Rを見た時、暗い場面の質感や発色で同時併射していたソニーの
1100ES(当時150万円)より良いと思いました。

テレビ的で鮮やかで画質がお好みなら、ソニー系のHW系の中古になりますが
黒は浮いて暗い場面は厳しいですね。

PJの購入を控えられるなら専用部屋のようですし、個人的には壁にハイミロンを
貼った方がコスパが高いと思います。これだけで既存のPJの性能が飛躍的に
上がります。
Posted by ふえやっこだい at 2017年10月19日 23:28
ハイミロンですよね。

検討してみます。
Posted by shu at 2017年10月19日 23:37
迷光はスクリーンから横壁、天井スクリーン2mがもっとも迷光が多いので、その分だけ
紙ハイミロンを貼り付ければ良いと思います。特に天井が重要です。

紙ハイミロン18mもあれば十分だと思います。3万円位でしょうか。黒布より高いですが
迷光対策のフラッグシップなので効果は段違いで、PJが1〜2ランク上がります。

壁に直接貼ったり、板に貼り付けて必要時立てかける方法もあります。
Posted by ふえやっこだい at 2017年10月20日 12:01
まず天井ですか。
以前ご助言いただきました内容も含めて自室の画像でシミュレーションしてみます。
Posted by shu at 2017年10月20日 12:27
HC7000は、特別に黒の質感、コントラストを高めたためにやや暗めの映像ですが
ハイミロンを設置すると映像が明るく見えます。

迷光が減る分だけスクリーンに当たる光量は減るはずですが、周りが暗いために
目の瞳孔が開くためだと思います。

迷光対策としては1mだけでも効果があります。2mになると迷光が減りますが
眼前全体が暗くなって瞳孔を開いてくると思います。

初めてハイミロンを付けた時、「まぶしい」と思いました。HC7000は他の液晶PJに
比べて黒を追求した機種だけに、ハイミロンの効果が高いと思います。

スクリーン以外が光らずに真っ黒で映像だけが見えるというのは、没入感を
飛躍的に高めてくれます。

Posted by ふえやっこだい at 2017年10月20日 16:10
没入感・・なるほど。
Posted by shu at 2017年10月20日 23:54
ここに投稿した流れで価格.comに写真を掲載しました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000927777/SortID=21301396/#tab
Posted by ふえやっこだい at 2017年10月24日 11:05
せっかくなので、そちらに行きます。
Posted by shu at 2017年10月24日 19:53
そういえばオーディオムカイさん、楽天の店11月いっぱいで閉められちゃったみたいです。
趣味を商売の一端にしてて好きだったんですが・・・。
僕の会社でも黒御影等、取り寄せることが出来るみたいなんですが、取り寄せ運賃や最小ロット等の都合で取り寄せが出来なくて残念でした。
オーディオボードを求める人が世に溢れるほどいれば商売にもなるんでしょうが、今のご時勢だと出来ませんよね(笑)
Posted by usso_can at 2017年12月13日 18:14
usso_canさん

こんばんは。

え、オーディオムカイさんが?

それは知らなかったです。
広告を外さないといけませんね。ありがとうございます。

需要はあったはずなんですけど・・残念ですね。

Posted by shu at 2017年12月13日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]