2016年12月29日

ブログ納め。

なんだか、もうこんな時期になってしまいました。
個人的な今年の振り返りをしておきます。

一番大きい出来事は、3月にAVアンプをパイオニアのSC-LX78からデノンのAVR-X7200WAに買い替えたことでした。

これはDTS:X関連の対応に後手を踏んだパイオニアを見限る形にしてしまったものの、実際にソフトがリリースされたのは6月の事。その後はその存在さえ霞むような有り様になろうとは思いもよらず・・。
それでもNeural:Xが半年早く使えたのが、せめてもの救いというものでした。

そのAVR-X7200WAをこれまで使ったところの感想を書いておきます。

160515-1.jpgSC-LX78に比べて、デノンのフラッグシップらしく音質自体では勝っています。

しかし、サラウンドの定位のシャープさ。音場の広さ。静寂からの爆裂音等の瞬発力。
これらの点ではパイオニアのAVアンプ、それとMCACC PROに歩がありました。

それと決定的なのは、いじれるか、そうでないか。
デノンのAudyssey (オーディシー)は基本いじりにくいですし、ユーザーメモリーもありません。
そもそもユーザーにマニュアル調整が開放されている感じが少ないです。
その点は正直物足りないです。

ところで、オブジェクトベース・サラウンドの、チェックディスクのようなものが発売される感じがしないですね。
なので、見本とか指標になる基準のソフトが無いわけです。
(あるいは映画のこれっていうのを自分で見つけるか?)

だから、その後の天井スピーカー込みサラウンドの追い込みは、ほとんどお手上げ。
オートセットアップにほぼお任せ状態のまま妥協せざるを得ないのが実情です。

ま、BDソフトの出来自体がそこまで要求してはいません。実態は11.1chの天井スピーカーありバージョンみたいなものです。
サラウンドマニアからすると、「オブジェクトどこ行った?」という、空回り状態なのですが、AVR-X7200WAの音質に寄りかかって現状で良しとするしか、いや、することになっています。

あとは、音量と聴感補正機能の検証をやりました。

160724-2.jpgホームシアターの再生音量はどの程度か?

意外に大音量な人の方が、印象としてはむしろ多いような気もしました。
耳に負担のない範囲で個々に楽しむことでしょうね。

聴感補正機能とは、デノンで言うところの「Dynamic EQ」と「Dynamic Volume」についてでした。
160811-3.jpgその後「Dynamic EQ」は、ほぼ常用。

「Dynamic Volume」は、テレビドラマなどの2chのコンテンツではON。
元々ダイナミックレンジの広いパッケージソフトでは、瞬時に出る音の頭を押さえてしまう不自然さを無くすためにOFF。

「Dynamic Volume」をOFFににすることで、音圧は下がるわけですが、その分ボリュームを上げて全体の音痩せをカバーするようにしています。


以上、簡単に今年の振り返り。個人の備忘録でした。


訪問者さん、以前からのリピーターの皆さん、コメントいただきました方々、お世話になりました。

来年もより良きオーディオ・ビジュアルライフとなりますよう、お祈りします。



皆さんお待ちかねはこれ↓でしたか?
それとも来年出る高い方?

OPPO オッポ UHD4Kブルーレイディスクプレーヤー UDP-203JP

 

posted by shu at 16:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
今年一年お疲れ様でした。
現機種がセッティングをいじくり倒せていないことで、shuさんの本領が発揮出来ていないということですか。
一般ユーザーさんであれば自動設定で終わるところですが、深いユーザーさんには音質以外にも、設定の自由度も重要なんだなぁという事を知りました。そしてその自由度もホームシアターの醍醐味のひとつであるということでしょうか。
来年も楽しみにしています、大変とは思いますが、ゆっくりでも更新して頂けると嬉しいです。
良いお年を!(^^)
Posted by カレーライス師匠 at 2016年12月30日 15:38
カレーライス師匠さん、しばらくでした。

>本領が発揮出来ていないということですか。

あ、そう思われますか。
客観的に文字にしてもらうと、自分でもそうかなと思いました。
確かに突っ込めないところがありますが、贅沢な話ですよね。

ありがとうございます。良いお年をお迎えください。



Posted by shu at 2016年12月30日 16:46
すでにご存知かもしれませんがある掲示板にあった書き込みのコピペです。

【公式】Dolby Speaker Setup Guideがリニューアル
https://www.dolby.com/us/en/guide/speaker-setup/index.html

【公式】Dolby Test Tone (Atmos)を公開
DEMO DISCに入ってるやつのDolby Digital Plus版
https://www.dolby.com/us/en/guide/test-tones.html
Posted by 通りすがり at 2016年12月31日 02:44
おはようございます!!
今年もshuさんからは色んな刺激をいただきました!!
来年も宜しくお願いします!!

もし未見ならゲームオブスローンズを見て
音の感想を聞かせていただきたいです!!
是非、お願いします!!(^.^)

ではよいお年を!!(^^♪
Posted by take51 at 2016年12月31日 09:06
私もゲームオブスローンズ、おすすめです。ドラマながら第5、第6シーズンはatmosです。
ストーリー的には第1シーズンからがおすすめです。

oppoに関しては、高い方のジャパンプレミアム版が出ると学習されたので、見合わせる人が
多いと思います。

良いお年を


Posted by ふえやっこだい at 2016年12月31日 09:52
通りすがりさん

情報ありがとうございます。
ちらりとは見ました。細分化されてましたね。最大は9.1.6ですか・・。
テストトーンはデモディスクと違うアプローチの内容では無いようですが、あとで確認してみます。


take51さん

おはようございます。
こちらこそお世話になしました。
「ゲームオブスローンズ」ですか。守備範囲外なものでまだ未見です。リサーチしてみます。
ありがとうございます。

良いお年をお迎えください。


ふえやっこだいさん

今年もお世話になりました。

やはり「ゲームオブスローンズ」良いですか。それもドラマなのにATMOS収録ですか。なるほど・・。

UHD BDプレーヤーも今のところはOPPO中心に回りそうな感じですね。

良いお年をお迎えください。

Posted by shu at 2016年12月31日 10:36
通りすがりさんからご紹介の、アトモスのテストトーンについて。

PC上で開いて確認しました。
僕が所有のDolbyのデモディスクに収録されているものと同じものでした。

Posted by shu at 2017年01月01日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445351504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック