2016年12月23日

サウンドスクリーン導入のシミュレーション。

唐突ですが、これを実行すると思われるのは早計ですよ。
個人的に考えてもみなかった案件なのですが、シミュレーションのご要望にお答えしたまでです。

120インチサウンドスクリーンを拙宅に導入するならばどういう感じになるのか・・という内容となっております。

そもそも何で、サウンドスクリーンなのか?
映画館と同じ音を通す特殊なスクリーンですから、スピーカーを覆い隠す形で設置出来るのです。
なので以下の懸案の解消がメリットとなるわけです。

・画面の下に置かれたセンタースピーカーの音、セリフと画面との一体感のずれをどうしても払拭したい。
・部屋に120インチが入ったとしても、左右にフロントスピーカーを置くスペースが取れない。
・同じ意味でフロントスピーカーの開き角度の設定が自由になる。


では現実的な設置の問題はどうでしょうか?

下の図面は、現在の拙宅のスピーカー配置に120インチのサウンドスクリーンを設置する場合のシミュレーションです。
赤い線、幅2660が120インチのスクリーンです。
60度配置のフロントスピーカーは、ほぼスクリーンで隠される形になります。
161223-2.jpg

では検証を。

まず、

・スクリーンの取付けは天井面となる。

これは最初の難関でしょうね。素人には難しい工事になるでしょう。

161223-1.jpg・当然、センタースピーカーの高さを持ち上げる必要がある。

普通に考えると、フロントスピーカーのツイーターと同じ高さに合わせることがベストなのでしょう。

しかし、その方法は考えなければなりません。(高めのスタンドを2組、あるいは棚状のもの?)

(青枠が120インチのイメージ。既設は100インチ。)

・フロントスピーカーの前に垂らしたスクリーンはその分、視聴位置に近づく

一方で、画面とほぼ同一面にスピーカーを並べる事で、映像との一体感は向上するかと思われます。

しかし、図面上での視聴距離は約1.9m。うーん、どーでしょう?

161223-3.jpg


図中Aの約40センチほどのスペース、これは音質のために部屋の角から離したゆえの空間ですが、これを妥協して詰めると、視聴距離はそれなりに伸びます。

その場合、この図面の位置関係のままですと大丈夫ですが、スクリーンの高さを見やすいように、もっと下げた場合、Bの部分でプロジェクターの光軸が視聴者の頭に掛らないように注意が必要です。

なので、Cのプロジェクターの投射位置は大画面になるほど高く設置する方が画面の高さの位置決めに余裕が出ると思います。

他の機種は知りませんが、エプソンのEH-TW8300の場合は投射打ち込み角がゼロなので、レンズシフトの使用は必須となります。
まさか今だに「レンズシフトはなるべく使うべからず」などという人はいないと思いますが。


みきつかささん、いかがでしょうか。
サウンドスクリーンまでをお考えならば、もうご承知の内容ではありませんでしたか?
ちょっと見た限りでは、サウンドスクリーンは90インチからあるようですが、その価格はまあご承知ですよね。


僕ですか?前にも書いたように、この部屋で理想のサラウンド配置を追求すると、90インチの普通のスクリーンにダウンサイジングで良いと考えるくらいですから、無いと思いますね。

以上、私見でのシミュレーションは肯定的な内容になりませんが、個人の趣味の世界のことです。

「それ要ります?」なんていう押し付けはいたしません。どうかお好きなようにやってください。(笑)



【送料無料】 キクチ科学 120インチ電動巻き上げタイプスクリーン イーストン サウンド・エコスクリーン E2SKE120HD 【メーカー直送・代金引換不可・時間指定・返品不可】

 

posted by shu at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | スクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんばんは。
投射図見たかったです。
ありがとうございます。
スクリーン背後を詰めても視聴距離は2メートルちょっとなので
短いかもしれませんね。

家のシステムでセンタースピーカーをスクリーンの前に持って来て
試しに視聴してみました。やはり素晴らしかったです。
(画像には邪魔ですが。。)
セリフがダイレクトで飛んで来ます。
是非やってみて下さい。
Posted by みきつかさ at 2016年12月25日 03:28
センタースピーカーをスクリーンの前に、ですか。

それを体験したらもう、戻れないでしょうね。
ご健闘をお祈りしています。

Posted by shu at 2016年12月25日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445174214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック