2016年09月22日

オーディオラックを動かすには?

本格的なオーディオラックが欲しいのだけど、スパイクが標準なので配線の時の移動はどうするのか?
やはりオプションでキャスターを選んだほうが無難だろうか?

こういう迷いをお持ちの方へ・・
せっかくなので、キャスターは止めてスパイク仕様のままで行きましょう。

160918-6.jpgご懸念のラックの移動には、こういう道具を使ったら良いのです。

これは家庭の家具の移動に使うもので、「リフター(てこ)」と「台車」のセットで、〇〇キャリーとか、〇〇ヘルパーとかの名称で、ホームセンターにもあります。

機械装置などの重量物の移動にも、基本このような道具を使うのです。

ここまででピンと来た方には、以下の説明は要りませんよね。
しかし、記事稼ぎのため一応書いておきます。(笑)

要は「リフター」でラックを持ち上げて、「台車」に乗せることで移動を可能にするのです。

ではその方法です。

160918-7.jpgまず、リフター(てこ)で棚板の下を上げます。

しかし、リフターの先端は金属です。このままでは間違いなく棚板が傷になります。

え、底面だから気にしない?
そのくらいの性格でしたら、悩みごとも少ないでしょうね。(笑)

160918-8.jpg僕は心理的にダメなので、かまぼこ板を挟みます。

てこの原理でぐいっと持ち上げて台車で受けるわけです。

160918-9.jpgしかし、最初から台車の高さが足りずに、棚板との間に隙間がある場合は、台車にもかまぼこ板を乗せます。

そうしてから、リフターで持ち上げた棚板を台車で受けます。

160918-10.jpgなにも律儀にフットの方を台車で受ける必要はありませんで、棚板の下で受けます。
この状態で、僅かですがフットが浮いた状態になっています。

リフトの量の少ない方法、物を動かす量の少ない方が当然、危険が少ないのです。

160918-11.jpg基本的にはこれの繰り返しです。

3点支持でも、ラックは移動出来るはずです。
うちの場合、こちらの2箇所でも配線が出来る様に向きを変えること(壁から離す)が可能です。

160515-10.jpgラックが縦型で高い場合は、リフトアップ時の傾きに気をつけましょう。
このように正面側からでは無く、横の方からのリフトアップが無難でしょう。

このラックもいずれスパイクに取り替えてみようか・・。



さて、オーディオビジュアルシーンは、またまた大きな過渡期を迎えています。
1つ目は、音の方。ドルビーアトモス ホームやDTS:Xというイマーシブオーディオへの対応。
2つ目が、映像の方。UHD BDのソフトと再生機器のリリースが始まりつつあること。

個人的にはご存じの通り、1つ目の方に多大な時間と費用を掛けたため、2つめを直ぐにという訳には行きません。

ですが、考え方の参考としていただく意味で、ある機器の導入シミュレーションを書いてみるつもりです。






楽ちんパワフルキャリー 家具 移動送料無料 アーネスト New楽ちんパワフルキャリー 76224 模様替え 引っ越し キャリー 家具の移動 家具・家電の移動キャリー【D】


 

posted by shu at 12:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさまへ

 こんにちわ はじめまして。  信州の片隅でAVライフを楽しむ不届き者です。

この記事のリフターは所有しています。 スピーカーの片隅を上げたくて購入しました。 

実は今日はこの件ではなくお礼を申し上げたくて (照)

 私は昨年の今頃にatmos化を完成しました。 その時に大いに参考にさせて頂いたのがshu様の、このブログでした。 何となくの流れでatmosアンプを導入と成って仕舞い、一番の難題はやはりトップスピーカーの配置でした。  店なんて頼りになりませんし、と言うか購入は通販だし。  何処に、どうやって取り付けたら良いのやら? と、悩んでいた時にこのブログと出会い、色々と参考にさせて頂きました。 

 まぁ− 自分なりには良く出来たな!と思っていますが、「ドルビ-・サラウンド」(この呼称には抵抗があるが)などは大活躍ですね。。 拙宅のアンプもヴァージョンアップが済み、DTS:Xにも対応はしていますが、ソフトの少なさにはガッカリです。 一方、atmosも最近ではソフトが高騰していて、DVDとの抱き合わせや、UHDBDとの抱き合わせじゃないと購入が出来なかったりと、一般庶民には厳しいソフト事情です。 

 それでもatmos化(dts:x化とは言い難い)の恩恵は大いに感じていて、ロスレスは兎も角、ロッシーでもAACでも3D音場感は味わえる素晴らしい物ですね。 shu様はこの辺りをどう感じられていますか? 

 
 秋ですね・・ 各地でAV関連のショーが行われていて新製品のラッシュです。 気に成らない訳は無く、アンテナは延ばし切っていますが・・・ 昨年はatmos化で出費が嵩みましたので、今年は自重。 これは来年も続く事でしょうね。  ウチはシステムが古い物ばかりなので故障が心配です。 今はメインスピーカーの買い替えに向けて貯蓄中ですが・・ 中々貯まりません。 

 
 syu様の これからのご活躍をお祈りいたします。 

ありがとうございました。
Posted by 信州人 at 2016年10月12日 17:15
信州人さん、こんばんは。はじめまして。

これはこれは、ご丁寧にありがとうございます。
そうでしたか。参考にしていただいたのですね。恐縮です。
多少でもお役に立てて何よりです。

信州人さん、アトモス化1周年になりますか。
僕はもう2周年になりますけれども、想像以上に質、量共に盛り上がりませんね。

アトモスやDTS:X・・当初これらは「オブジェクト・オーディオ」と呼ばれていましたね。
ところが、実際に出来たソフトでは「オブジェクト」の存在、有無自体が怪しい・・

なので、アトモスリミックスなんかまで包括する意味で「イマーシブ・オーディオ」という呼称に置き換えて、ユーザーの視点を誤魔化した・・僕はそう見ています。(笑)

しかし僕らのように、なんとか意地でも見た目どうでも(笑)天井スピーカーを設置した恩恵というのは、おっしゃる通り確かにあります。そこだけが救いです。

最近はNeural:Xの方を使うことが多いです。
屋根を打つ雨音がリアルに感じるんですよね。

やはりベストは7.1.4配置。7.1ch音源ソフトプラスNeural:Xは、DTS:Xいらなんじゃね。とも思える効果があると思います。
(もっともDTS:Xの実態がまだ不明と言うか、ほとんど行方不明ですが)

これからの新製品ですよね。過渡期ですね。

何かまだ現実感が薄いです。そうそう手を出せるお値段ものではありませんし。
個人的にはこの辺りでリミッターを叩いている気がします。


わざわざの書き込みを、ありがとうございました。

Posted by shu at 2016年10月12日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック