2016年07月24日

ホームシアターの音量について。 その2

ホームシアターにおける音量の話なのですが、評論家さんの試聴時の音量と一般家庭のそれが、かい離しているのではないか?そういう疑問がこの話の元になっています。

『じゃあ、あんたのところはどうなんだ?』・・ですよね。

160724-1.jpgまず、うちの住環境です。
1軒家の木造2階にあるシアタールームの防音工事はしてありません。

3方位は道路と用水路と駐車場で開放です。
しかし1方位のみ、アパートが(2階建て2世帯)隣接と言うか壁まで1.5mの近接という環境にあります。

主な視聴時間帯です。
休日の昼間の場合は、どうも暗室に篭もる気がしませんでして、視聴はもっぱら曜日を問わず、夕刻から夜間というのが多いです。
わざわざ騒音に気を使う時間帯になってしまっていますが・・。

夜間の視聴では、まず家人のクレームに気を使います。
そして近接したアパートへの音漏れも同様ですが、その前に自身のプライバシーの漏洩が気になります。
隣人に何を見ているか、聴いているのかが知られてしまいますから。


さて、そういう環境で最も視聴比率の高いのが、WOWOWの海外ドラマなどを中心にしたTVの2chコンテンツで、再生時はDolby SurroundかDTS:Xです。
・・これらのボリュウムは、-30から-28dBです。

160724-2.jpg次は、WOWOWOの5.1ch映画。・・こちらは頑張って-26dB。スマホの騒音計ではMAXで72dB。

画像は、ドルビーアトモスのチェックディスクにある「Audio sphere」で、同じ条件で騒音計もほぼ同様。

せっかくなので、例の「ボリュウム全開」レポートで取り上げられた「ガルパン劇場版」で、どこまで出せるのか試してみました。

・・これには時間を選びました。休日の昼の視聴で-15dBまで上げました。騒音計は、77dBから「カール自走臼砲」の砲撃シーンで80dBでした。

なお、以上のすべてのケースで、オーディシーの「Dynamic EQ」は常時ON。
「Dynamic Volume」の方も、後述するガルパンを除いて「Light」でON。

うちの常用としては、大きくても-26dBのボリュウム位置です。
だから夜遅くなると、さらに下がります。
そして、この音量まではAVアンプの聴感補正機能をOFFすることはほとんど無いです。

ただし音量を上げた場合の「ガルパン劇場版」の再生。これは-20dbに近づいた辺りから「Dynamic Volume」のみOFFにしました。(ここは次回で詳細を)

以上のような実情ですが、上に書いた視聴時間帯を見ると本末転倒であり、音量を出したければ昼にするべきでしょう。
しかし、音量も大きく出せば良いと言う訳ではないと思いました。

「ガルパン劇場版」の-15dB・・ここが個人的限度で、ここでやめました。必要と思いませんでした。

なぜかと言いますと・・
近くにあるサラウンドスピーカーの直接音と低音の音圧で耳が痛いこと。
大音量に対する、変な緊張感を強いること。
・・こういうことが理由で、-20dB以上の常用は無理です。

あるいは環境や個人の嗜好次第で、全開に近い大音量も「慣れ」で可能かも知れません。
確かに映画館やライブ会場では非日常の大音量ですし、例のレポートも、ああいう企画ゆえの全開なのでしょう。

しかし評論家さんが試聴時に用いる音量は、一般のユーザーにはあまり現実的でない音量だと思われます。
だから聴感補正機能を一律OFF前提とする、AVアンプのレビューは片手落ちだと思います。
大音量シアター向けの偏向です。


次回は、上で詳細に触れなかったオーディシーの「Dynamic EQ」と「Dynamic Volume」の仕組みと視聴音量の考察を書きます。



ヤマハの新型AVアンプ上位2機種は、スピーカーの位置測定で、高さに加えて水平方向の角度測定をも可能としています。
すなわち、スピーカーの正確な位置をAVアンプ側で認識出来るのです。
他社もこの方向に追従して行くべきでしょうね。

【送料無料】 ヤマハ 【ハイレゾ対応】AVアンプ(チタン) RX-A3060H

YAMAHA/ヤマハ RX-A2060-H(チタン) AVレシーバー 【AVENTAGE/アベンタージュ】【送料代引き手数料無料!】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


 

posted by shu at 15:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | AVアンプの機能、操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさん、こんばんは!!

うちは、ほぼ6畳間なのニアフィールド環境なので、、-30dBほぼ固定です。
以前のソニーアンプから、同じぐらいの音量で聴いています。

私自身は、イベント、オフ会に行ったりして聴いていますが、大人しい方だと思います。
私的には、これぐらいが心地よいのですが・・・(笑)

以前、ある評論家さんのイベントへ参加したときは、物凄い音で、ちょっと耳がおかしくなった感じがしました。
年齢もいっておられたからでしょうか。
これで、良い音を判別するのは、凄いなあ〜と逆に思ってしまいました。
Posted by ajisai at 2016年07月25日 19:59
ajisaiさん、こんばんは。

試聴会ではやはり、音量は出していますね。
ある程度以上はあった方が良いということなのでしょうけど。
物凄い音・・ですか。おおよそプロは大音量が基本なのでしょうか。

問題はそれが自分の家で可能か。と言うより、どう落とし込むか。
気持よく聴けるのが良いですねー。
Posted by shu at 2016年07月25日 21:15
 いつも楽しみに記事を拝見しております、ginyamanekoと申します。
 早速ですが、ウチにもガルパンの劇場版がありまして、どのぐらいの音量になっているのか、スマホの騒音測定器で計測してみました。
 試聴環境は、木造2階建の戸建ての2階部屋で、89db/4ohmのフロア型SPをCX-A5100+MX-A5000で鳴らしており、試聴距離は2.5mです。
 ガルパンBDを夜間に試聴する場合、ボリューム位置は-35dbくらいにしています。(控えめです)
 この状態で、暗騒音が24db、会話メインのシーンが62db程度、冒頭の砲撃シーンおよびカール自走臼砲の着弾音が102dbと測定されました。
 会話シーンは少し音量が小さいのですが、戦闘シーンの平均音量が90dbを超えるため、これ以上ボリュームを上げられません。なお、補正はYPAOボリュームをONにしてあります。
 AV-WATCHの記事にある、「ボリュームはほぼ全開で試聴」とあるのが、ちょっと信じられません。
Posted by ginyamaneko at 2016年07月25日 22:22
ginyamanekoさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

カール自走臼砲の着弾が102dB出ますか!
これでボリュウム控えめですかぁ?(笑)

CX-A5100+MX-A5000のボリュウム表示はデノンに比べて随分と控えめな様ですが、YPAOボリュームONが効いているためでしょうか。
今のボリュウムの位置からは、確かに全開までは出来ませんね。

あの記事は、あのクラスの機種ゆえの全開なのでしょう。

またよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2016年07月25日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック