2016年03月21日

今この時期のAVアンプ選び。

実は今月に入ってから、次期AVアンプの候補を何にするか・・もっぱらそのことにしか興味がなくなりました。

原因は例の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBDに、アトモスの収録が無いというニュース。
これはアトモス専用機所有者のモチベーションを、ダダ下がりにさせました。

これに加えて、DTS:Xのアップデートを受けたD&Mのユーザーからの「Neural:X」のレビューが散見されるようになった事、これが心中を穏やかにさせてくれませんでした。

明らかに最前線から外され、後方戦線に追いやられた感があります。
(大げさですけど本心です)

しかし今、いや昨年の初めごろからAVアンプの選択はだんだんと、さらに難しくなっています。

その難しさが露呈したのが、ONKYO&PIONEERのDTS:Xへの対応です。
昨年の10月発売の製品のアップデートはほぼ1年掛かり。他社に遅れること半年というユーザーにとっては非常に厳しい事態になりました。

ドルビーアトモスに加えて、DTS:Xという新たな音声フォーマットが時期をずらして登場するというこの変革期・・もっと言えばDTS:Xにはステージ2なるバージョンアップが控える予定で、さらにはAuro-3Dという第3のフォーマットも欧米ではスタートしているという事実。

こういう先行情報に踊らされるのは全く良くはありませんが、この時期に何を買っても安泰という訳には行かないという想像だけはつきます。(トリノフは別にして)


では、次期AVアンプ購入の選択肢として個人的な考えは・・

・今このタイミングで購入に踏み切る。
今やりたいこと、どうしたいかを優先して考えますが、半年後に新型が出る事を承知で。ということにはなります。

・では、もう半年待つ。

このまま前線から後退したまま、情報収集のみにあと半年費やすということができるかどうか・・。

もちろん、後から出る新型の方が良いのは何の製品でも同じでしょう。
特にAVアンプの場合はその機能が1年違うと、出来る出来ないという差が大きすぎます。
しかし具体的にどうなるのかは推測の域を出ず、考え過ぎもどうかと思います。


具体的候補は・・

・手持ちのプリメインアンプ、PMA-2000REを外部アンプとして使い、7.2.4chを実現できること。

予定では今年の秋に新型のPIONEER機を・・というのが考えられましたが、PMA-2000REとは相性が合わなかったので現実的には厳しいと思いました。

そうなるとデノンのAVR-X4200W、マランツのSR7010辺り。
ヤマハ機は、アトモスとDTS:Xとの掛けあわせをこの秋の新型では実現する可能性がありますから、そこまで「待ち」ならば選択肢に入ります。


能書きはこの辺にしますか。

前の記事で触れたように、既に結論は出ています

購入時期は今。
この時期に買えるベストな選択・・意外にもそれは通常では候補にならないはずで、上に挙げた機種の他にありました。


それは過去に所有したAVC-3808、AVR-4311以来の勝手知ったるデノンのAVR。





この機種です。
160321-1.jpg


これで最前線に復帰、追撃を開始します。(バカだねえ)



追記 
『今年は地味にやると言っただろうが』
『これだともはや、Bライフにあらず』という怒号が聞こえて来そうです。

続報で釈明します。


最新ファーストインプレです!
「Dolby Surround」と「Neural:X」には、優劣がつくような決定的違いはないと思います。
雰囲気だけの違いと見ています。


需要調査にご協力ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。


AVR-X7200WA DENON[デノン]  AVアンプ

タグ:AVアンプ DTS:X

 

posted by shu at 12:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
DTS:Xに対応し、隠し球のPMA-2000REを生かせる意味でDENONしかないと思っていました。

BライフならAVR-X4200Wですが、LX78よりも格下になり7.1.4が使えないので買い換える
意味はありません。

となると、AVR-X7200WAしかないはずですが、これではAライフになってしまいますので
それにこだわらずに選択をされるのか注目していました。

今日、PJの試聴会があり、うちのヤマハと異なり分厚い音がするなと思って見てみたら
AVR-X7200WAでした。分厚いと行っても水準以上の解像感やクリアネスはありました。

そして「今からDTS:Xを慣らします」と言うのでAVR-X7200WAの表示窓を見たら「DTS:X」の
文字が! 2〜3分程度だったのでよく分かりませんでしたが、ポルターガイスト現象の
場面で、やたらとあちこちで音がしていました。

AVR-X7200WA+PMA-2000REだともっと凄いことになるでしょうね。音場補正怪物のMCACCと
異なり、自動音場補正後にかなり調整する必要があるでしょうし、その意味でいじり甲斐が
ありますね。

Posted by ふえやっこだい at 2016年03月21日 17:30
ふえやっこだいさん、こんばんは。

ご意向に従わせていただきました。(笑)
冗談ですが、過去の書き込みは大変参考になっています。ありがたいです。

確かに価格的に手が出せない製品でした。Bライフ的にはですね。(笑)
30万を超えるものは購入対象にしていませんし、分割支払いの残高は10万円台でなければいけません。

しかし、ちょっと調べてるとわかりますが、下取りプラスアルファと本体の値引きで予想外の価格がでました。この条件が無かった場合にSR7010かX4200Wを買ったかと言うと、それは無かったです

分厚い音・・確かにその通りです!

追々書いて行きますが、いじりやすさの点ではパイオニアの方があります。
他にも比べると、ちょっと惜しいという部分もあります。

まだほとんど手を加えていませんが、この状態でも全く別のサラウンドが聴けます。
情報量は違いますよ。特に中低域にかけてがです。

Posted by shu at 2016年03月21日 18:37
最前線復帰おめでとうございます。笑
これからの快進撃、期待しております!
因みに私はヤマハのCX-A5100 です。
ハイトスピーカー仕様とトップスピーカー仕様を試しましたがハイト仕様に軍配が上がりました。
ハイト仕様の方が上方空間が広く、しかもしっかり頭上でも音が低位します。
トップに設置してしまつたスピーカーは、今後の更なる多チャンネル化?の為にそのままにしておくつもりです。笑

Posted by TACKA at 2016年03月21日 20:26
TACKAさん、こんばんは。
恐縮です。ありがとうございます。

TACKAさんもCX-A5100をお持ちでしたか。
ヤマハならば、ハイトの方が理にかなっているような気がします。
シネマDSPをフルスイング出来ますからですね。

CX-A5100所有のハイエンダーの方々から、何かプレッシャーを感じるのですが、気のせいでしょうか。(笑)
またよろしくお願いいたします。

Posted by shu at 2016年03月22日 00:22
shuさん
やはり やりましたね
おめでとうございます。
shuさんのサラウンドに向き合う姿勢は、素晴らしいですね
さらにの深化、楽しみにしております。
Posted by Gigasabe at 2016年03月23日 06:38
Gigasabeさん

ありがとうございます。
いやいや、恥ずかしいですね。
ピエロにならないように気をつけます。
Posted by shu at 2016年03月23日 07:17
こんにちは。初めてコメントします。
いつも楽しく、そしてためになる記事楽しみに拝見させていただいています。

この度はx7200waの導入おめでとうございます。かく言う私も同機のユーザーです。

shuさんには釈迦に説法とおもいますが、この機種オート設定のみだとなんだか薄味の音に聞こえますが、マニュアルで設定していくと格段に良くなると感じています。

x7200waを利用した今後の記事に期待しています!
Posted by HOT@ at 2016年03月24日 08:55
先日、試聴会で聞いたAVR-X7200WAの音なんですが、一言で言うと「映画館で聞く音」
そのまんまと言う感じでした。映画館で聞く音は、いわゆるHIFIではありません。

D&MのAVアンプは、映画用と音楽用できっちりコンセプトを分けているんだなと
思いました。

CX-A5100は、ハイテク技術で広大な音場と超高精細な音質は確かに驚異的なんですが
映画館ではあんな繊細な音はしませんね(笑)。

プロジェクターもそうで、4Kの高精細やHDRのダイナミックレンジが話題ですが
映画館の映像は暗くてボケボケだったりします。

先日、試聴会で見たプロジェクターの高精細な4Kと鮮烈なHDRの映像は確かに
客観的に超高画質ですが、とても刺激的で黒はやや浮き気味で、何となくテレビ的で
しっとりとした映画館の映像とは異質の映像でした。

ホームシアターは、音も映像も映画館を目指していると言うより、何となく別の
世界に向かっているように感じました。

高解像度でやや金属的なESSに対して、力強く木質的な旭化成のDAC方が個人的には
音楽的にも好みなので、音楽用の2ndAVアンプとしてマランツのAVアンプもいつか
欲しいと思ってます。
Posted by ふえやっこだい at 2016年03月24日 09:57
HOT@さん 

はじめまして。ありがとうございます。

>釈迦に説法とおもいますが、

そんな事をおっしゃらずにポイントがあったら教えてください。(笑)

>オート設定のみだとなんだか薄味の音に聞こえます

自分には十分濃い味に思いますが(笑)見方を変えますとあの部分のことかな、と思えるフシはあります。
徐々に追い込んでみます。

またよろしくお願いします。
Posted by shu at 2016年03月24日 22:07
ふえやっこだいさん

先に言われてしまいました。(笑)

そうですね、本当に映画館の音のようだと思っていたところです。
むしろホームシアターは、こういう方向を目指していたはず・・という音を具現化した聴かせ方だと感じます。

Posted by shu at 2016年03月24日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック