2016年01月17日

スピーカーケーブルのグレードアップ。 その1

新築などを機会に「ホームシアターのスピーカーケーブルは壁の中に配線したい」という気持ちは解ります。あるいは施工事例などから、そのようなイメージをお持ちではないでしょうか。

これがリビングルームや専用のシアタールームでしたら、設計段階から当然考慮すべき項目ではあります。
見た目をきれいに、スマートにしたいからですね。当然生活動線を妨げないためという理由もあります。

しかし、自分の自由に出来るパーソナルスペースならば、必ずしも壁内配線が必要かどうか?
しかも一過性の興味によるものでは無く、趣味として続けて行くという見通しがあるならばどうでしょう。

個人的な経験からお話しますと・・

フロントの3本に関して、あるいは床置きのサラウンドスピーカーも含めて、いずれスピーカーケーブルのグレードアップをした場合、壁内配線用のCD管を物理的に通らなくなります。
メーターあたりの価格が上がると、硬く、太いケーブルという選択肢も出て来るからです。

何より、ホームシアターのスピーカーケーブルは、2chピュアオーディオのそれとは比較にならない長さになります。
これを壁内に通すと、さらに余計な長さを必要とする訳で、当然コストも上がります。

よって先々の実情は、こうなることを考慮した方が良いかも知れません。

160117-1.jpg単純に最短距離で、そのままワイルドに床を這わします。

逆にこうなると「見せる」という意味合いもありますけど。

151213-1.jpgこの電源ケーブルか?とも見える太さのスピーカーケーブルは、センタースピーカーのQ600cをバイワイヤリングするために選んだ、Zonotoneの「6NSP-4400S Meister」です。

外径は10oあって、手にするとシースは硬く取り回し難いケーブルです。

その硬いという印象は内部にも及び、芯線を剥く作業でさらに実感することになります。
この締め付けが音質に関わるこだわりなのかも知れません。

先に、これに交換した効果のほどを書いておきます。

第一印象は正直、アレ?な感じでした。

まず、音量が低くなった感じ。
意外にも思われますが、機器であってもケーブル関係でも、音に関するグレードを上げて行くと案外、初めの印象はこういう感じなのです。
より純度が上がって行く感じと、印象としてのボリュウム感は相反するように感じます。

しかし、これまでフロント3本に使用してきたベルデンのスタジオ718Mk2と比べて、音の抜けが良くなった感じはすぐに分かりました。
個人的に馴染みのあるアコースティック・ギターの音を、ケーブルをつなぎ変えて比較してみたところ、鮮度と微細なニュアンスの違いが、よりリアルに感じました。

さて、実に厄介な芯線剥きの作業についてはこの次で書きます。


なんでゾノトーン?
見た目キレイですし。コスパも。案パイだと思います。



 

posted by shu at 20:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | 6NSP-4400S Meister | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさん
いつも楽しい記事をありがとうございます。
今年も色んなチャレンジ楽しみしています
アトモスその後は、いかがですか❔
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by Gigasabe at 2016年01月17日 22:36
Gigasabeさん、こんばんは。
ありがとうございます。

その後ですか?
今のところ目新しい事はまだ・・と言うよりも、アトモスのコンテンツの方がユーザーの満足度を満たすほどには追いついていないと思いますね。

個人的には正直手詰まり感もありますが、ソフト面、ハード面共に1年この現状のままって言うのも無いとは思いますので、何か思い立ったら書くことにします。(汗)

Posted by shu at 2016年01月17日 23:44
同じような体験ですが、AVアンプがZ7の時は31.5dBだったのですが、CX-A5100に
してから小さく聞こえてと言うか、おとなしく聞こえて今では28.5dBになりました。
音量を上げてもうるさく聞こえず、音数だけが多くなった感じです。



Posted by ふえやっこだい at 2016年01月19日 17:31
すみません。-をつけ忘れていました。-31.5dB→-28.5dBです。
Posted by ふえやっこだい at 2016年01月19日 17:33
ふえやっこだいさん、こんばんは。

やはりそうなのですか。
僕もそのように感じるようになった最初の機会は、ちょうどZ11の視聴の時でした。

何かこう、音がシェイプされるような・・ともすると一般受けには物足りないような第一印象になるのですが、上級機になるとこうなんだと思いましたね。
Posted by shu at 2016年01月19日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック