2015年05月31日

新型AVアンプ、各社リリース間近か?

例のごとく対応の早いオンキヨーから、DTS:Xに対応したAVアンプが発表されましたね。

DTS:X搭載を控えているお陰で、現行機種が買い控えられているとか、いないとか。
だから他のメーカーも、現行モデルの生産を早めに切上げ、新型の発表を幾らか前倒して来るかも知れません。

ただ一方で、ドルビーアトモスにもDTS:Xにもスピーカー配置の問題のハードルが高すぎて『どうでも良い』『こだわらない』という考えの人も大勢いらっしゃると思います。

そういう人たちがAVアンプの買い替えタイミングで考えた場合、「DTS:X非対応の2014年モデル」は非常にお得に購入する事が出来ると思うのです。

AVアンプの「2014年モデル」ミドルクラス以上は、捨て駒にされたドルビーアトモス専用機でもあります。(AVアンプ黒歴史の遺物)

僕が所有するパイオニアのSC-LX78、その仲間LX88、LX58などはそろそろ新型への切り替えがありそうです。
このタイミングで叩き買いをしてみましょう。

ただ、時間的にあんまり粘ると品物自体が無くなる可能性がありますので、発表されたら直ぐか、もう動くべきかと思いますが。

この手の型落ち問題について、当然のごとくメーカーから既納客へのフォローなどありません。
しれーっと、新型出します告知をするだけですし、メディアにとっても捨て駒の存在は過去の事にしか過ぎません。

せいぜい大手ショップが「旧モデル買い取り額大幅アップセール」を打つことが唯一のフォロー、還元なのでしょう。
僕個人は残債を残したまま、2重ローンなどは考えられませんし、地方のショップではそんなセール(メーカーの協力)はまず無いでしょう。

だから僕に代わって「2014モデル」の叩き買いをやって下さい。(笑)


ところで、あえて書きますと、今年の新型AVアンプの注目点・・
実現されるか疑問ですが、以下の通りです。

・新たなスピーカー配置の提案があるか。

現状の問題点、改善点が無いはずはありません。
しかし、ドルビーとの間のライセンスの問題で実現はどうでしょう。

・ヤマハがアトモスとシネマDSPを掛けあわせて来るか。
 
ドルビーアトモスは、どのAVアンプでもストレートデコードでしか再生出来ない仕組みです。
バーチャルスピーカーも使えません。
「ストレートデコード」というのは余程のパワー、スピーカーの質、環境などが揃ったハイエンドなシステム以外では、ほとんどの場合「物足りない」ものです。

そこでヤマハのシネマDSPとの掛けあわせです。
家庭では足りていない映画館のようなスピーカー配置空間を再現して、全く別のアトモスを聴かせる可能性が有ります。(シネマDSPの好き嫌いはまた別の話ですが)

・AVアンプ側ではありませんが、DTS:Xのソフトがバンバン出るのか?

これはもう具体的ソフトが明らかになっていますね。
意外とドルビーより対応が速そうな感じはあります。


さて、次回からはSC-LX78の使用レポを書いてみます。
ドルビーアトモス以外の基本性能の部分に触れる機会がありませんでしたので。
アトモス、DTS:X、どうでもいい人に。

これを、のたのた書いていると新型の発表があるでしょう。



【オーディオ&ビジュアルの専門店アバック】TX-NR646 ONKYO(オンキヨー) AVアンプ

タグ:TX-NR646

 

posted by shu at 12:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさん
こんばんは、
大型家電量販店でY社のAVアンプ販売の方に聞きましたらDTS:Xはスピーカー配置は現行5.1ch7.1ch配置で大丈夫だそうでアトモスのように天井スピーカーが必要なわけでもなさそうな事も言ってました。
Y社お得意のエフェクトスピーカー配置が基準になるのでは?

BDタイトルも既に数十タイトル製作されてるそうで年内には100タイトル出るのではないかと?
現在のDTS-HDMAはほとんどDTS:Xになるとも言ってたので
このままではアトモスは消える予感がしますね。
Posted by HD105cinema at 2015年06月02日 02:00
DTS:Xのスピーカー配置の図や写真を見ていると、天井のスピーカーは、アトモスの
トップスピーカー位置よりもハイトスピーカーの位置が多いですね。アトモスよりも
導入が楽そうです。

またアトモスと違ってDTS:Xは制約がないようなので、ヤマハはDTS:XとシネマDSPの
掛け合わせをやってくるかもしれませんね。
Posted by ふえやっこだい at 2015年06月02日 12:28
HD105cinemaさん、こんばんは。

DTSは後出しで上手い(商売上手)という感じでしょうか。
「天井スピーカー有りき」を前面に出さず、敷居を低く見せていますね。

年内100タイトル!そうですか・・本当ならアトモスは何だった?ですね。
Posted by shu at 2015年06月02日 22:11
ふえやっこだいさん、こんばんは。

はっきり書きませんでしたが、昨年の時点で2世代機の方を待った方が良いAVアンプ、それがヤマハでした。
どう見てもシネマDSPが掛からないと、掛かるのでは価値が半減するというものです。

まず、掛け合わせはやってくるはずです。
その上で、ヤマハ独自のスピーカー配置のままで通しそうですね。

Posted by shu at 2015年06月02日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック