2015年05月17日

BDP-LX88 vs. PD-70 vs. BDP-LX58 vs. Azur751BD

BDP-LX88の2ch再生・・音調はBDP-LX58を更に上回るメリハリ型・・。

これは意外でした。LX58を更に誇張した感じの音質でした。
デノンほどでは無いはずですが、個人的に評するとこれは、ゴリゴリではないか?と。
良く言えば、音の輪郭をさらに良く描き出しているのか?


そして、ここで同じパイオニア製のSACDプレーヤーである、PD-70



以前視聴した時の感想はこうでした。
出てくる音調はとてもナチュラルです。
音像はやや奥気味に広がります。
押し出しの強いデノン機とは好対照です。
音調はクールな方でしょう。

今回改めて聴き比べた音質、実はBDP-LX58の方に近いのです。
しかし、品位は専用プレーヤーであるPD-70が、わずかに上回るようで、音像に高さが出ます。

僕にはPD-70やBDP-LX58の方が、LX88よりも聴き疲れのしない音調に感じました。


そして再び、Cambridge Audio Azur751BD(当時の実売14万8000円程、後継機の型番は752BD)の音質確認を。

PD-70はナチュラルで音像は奥気味と書きました。
Azur751BDのそれは、趣きの異なるナチュラルサウンドであり、音像も更に奥気味に広がります。
国産と違う、英国メーカー独自の音楽的チューニングなのでしょうか。

販売員N氏は、『LX88と比べてこちらを選ぶ人が居ておかしくないです』と言いますし、合わせるアンプも20万円クラス以上との組み合わせで十分使えるとのことです。
(普段の付き合いから、既納客向けのお世辞では無いと思います。汗)


総評です。

意外にもと言うか、ユニバーサルプレーヤーの割にはAzur751BDが良い音でした。

そして取捨選択をするとすれば、シアターユースを考えてBDP-LX58。
Azur751BDに比べて、メリハリ基調の音質は映画では生きると思います。

PD-70とBDP-LX58の同時所有は音質が被ってしまいますので、買い物としてはもったいないかも知れません。

Azur751BDは、CDやSACD再生専用として残す価値があります。

仮に単品のCDプレーヤーを購入するなら、まったく違うテイスト、あるいはこの上のクラスを選ぶ方が良い買い物だろうと思います。(まあAzur751BDのままで良いのです)

BDP-LX88は、ちょっと違った位置づけにありまして、なんとも。
(悪い意味では無く、個人的判断の土俵には上がって来ないです。)


ついでの映像比較

BDP-LX58とAzur751BDの映像も比べました。

LX58はデフォルトモード、751BDの方は自身で多少のイコライジングをしてあり、素の比較ではありませんが、LX58はコントラストが効いて明るく、滑らかな質感にアドバンテージが期待出来ると見ました。


おまけ

150517-1.jpgAzur751BDは、ピュアダイレクトを選択した方が(映像回路と本体表示を消した状態)音はさらに良いです。

ホコリと傷防止のために、このようなフェルトを乗せていたのですが、こういう物は無い方が良いようです。
音がわずかにシャッキリする様に思います。



【送料無料】パイオニアブルーレイディスクプレーヤー BDP-LX58

Azur752BD Cambridge Audio(ケンブリッジオーディオ) ブルーレイプレーヤー

 

posted by shu at 12:59 | Comment(13) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shu さん、こんにちは。

私も同様の印象を持ちました。

私は UD9004 を Blu-ray/DVD プレーヤーとして、SCD-XA5400ES(ソニー)を Multi-Ch オーディオに使用しています。 
UD9004 は明らかに旧世代になっており、BDP-LX88 には期待していました。 もしかすると、UD9004 / SCD-XA5400ES をまとめて1台にできるのではと。

試聴アンプは、SC-LX88、Accuphase E360です。 KEFのスピーカーでした。
バランス出力(2ch)での試聴では、ES9018 らしいといえばらしいのですが、派手に思えました。メリハリがあるともいえますが、疲れます。 Multi-Ch についても、HDMI を通して聞かせていただきましたが、同様の印象です。 

すなわち、ミュージカル映画よりはアクション映画、クラシック・ジャズよりJPOP(AKB48 とか)で生き生きと活躍するような音質に思えました。 もちろん、アンプにひっぱられているのかもしれませんが。 

BDP-LX88 は、UD9004 が旧機種となって久しい現在となっては、いずれ購入するのだろうと思ってはいますが、UD9004が元気なうちはいらないかなという印象です。

Posted by n'Guin at 2015年05月17日 18:14
n'Guinさん こんばんは。

やはりそう思われましたか。

なんでも昭和の音と言うか、一世代前の音を作ったのだとお店では聞きました。
ちょっと聴き疲れしそうなんですね。

Posted by shu at 2015年05月17日 19:37
shuさん、はじめまして。

 私はもっぱらオーディオ派なのですが、折り入ってshuさんに教えていただきたいことがあります。
CD、SACD、SACD-Multi、DVD-Audio、DSDディスクのすべてを鑑賞する私としては、パイオニアのBDP-LX88は新規購入として合理的な選択かなと思っていたのですが、shuさんのご感想ではこの機種に対しては「デノンほどでは無いはずですが、個人的に評するとこれは、ゴリゴリではないか?」という印象を持たれたとのこと。

 実は私、かつてデノンのDCD-SX(SX-1ではありません)を買って、その音の「ゴリゴリ」感について行けず、すぐに手放してしまった経験があるのです。音に対する感受性はshuさんと私はたぶん近いものがあるようにも思えるのですが、音質だけで考えた場合、デノンのゴリゴリ感が苦手な人はLX88よりもLX58の方が向いているとお考えでしょうか。こういうことでは試聴するのが理想なのですが、環境が整わず、悩んでいます。お忙しいところを申し訳ありませんが、ご教示いただけますと幸いです。
Posted by Tom at 2015年05月21日 12:42
Tomさん、はじめまして。shuです。

書き込みありがとうございます。
僕の耳の感想で良いかどうかなんですが・・

まず、基準になっているのが、手持ちのAzur751BDだということです。
そしてPD-70はとてもナチュラルな音調だと思っていました。
しかし今回試聴して、それはそれなりにメリハリがありました。
これはBDP-LX58と同様で、記事に書いた通りです。
思ったよりパイオニアトーンも元気がある方だと思いました。

それを踏まえて、BDP-LX88はさらに味付けが濃く感じました。
比べると確かに、耳当たりの良いのはLX58の方でした。

だからと言って、LX58で良いか?なのですが、

過去にお持ちだったデノンのSXクラスとの比較になりますと同じ土俵で語れるのか解りません。
僕が知るのはせいぜいDCD-1500REや1650REくらいなものです。
大した事も書いてません。↓
http://dfly1.seesaa.net/article/379185800.html

自身では何ともお答え出来ないものですから、記事中のN氏に再度聞いてみました。
以下要約です。
「やはり88はデノンの音に近い感じは受けました」
「ユニバーサルプレーヤーならばOPPOかケンブリッジオーディオの方か」
「DACを用意するという方法もあります」

個人的な考えでは、BDP-LX58を選びましても、88との比較では価格なりに品位は下がります。
なので、オーディオプレーヤーに別のものを探した方が良いのかな、とは思いました。

何分直接試聴をした訳では無く、さらには人の意見の受け売りになっています。
やはり最後はご試聴を、と言うのがN氏も同様の意見になってしまいます、ご理解ください。

さらにどなたかご意見をお持ちならば、書き込みをお願いします。
Posted by shu at 2015年05月21日 17:48
 Shuさん、早速のご教示をありがとうございました。大変参考になりました。
私は現在、SACDとDSDディスクはPD-70で鑑賞しており、価格からは想像できない高品位な音質に満足しているところです。この前に使っていた、価格比で8倍高かったDCD-SXよりも「良い音」が得られているように私には思われ、オーディオへの見方が少し変わったのでした。価格を考えればより良いに決まっているLX88よりもひょっとしたら58の方が…、などと考えるようになったのも、このような経験があったからです。おかげさまで今のところLX58の方に考えが傾いています。重ねて、ありがとうございました。
 ところで、Shuさんは技術系の方ということで、もしよろしければもうひとつ質問をさせて下さい。これも上記の私的経験に絡むのですが、CDプレーヤーからデジタル信号をそのままアンプに送ってアンプ側でアナログ変換する場合、CDプレーヤーの価格・スペックによって再生音質に差が出るということが理論上あり得るのでしょうか。私見では、デジタル信号はそれが過失なく送られているかどうかがすべてであって、仮に信号に欠損があれば音の途切れや、そもそも音が出ないという症状に帰結するものと考えられます。そこに音質の変化は生じようがない(繰り返しますがこれはあくまでもプレーヤーからアンプまでに限った、しかも理論上の議論です)。私のこの駄文も、デジタル信号に過失があれば文字化けしたり、またそもそもShuさん宛てに送信が出来なかったりするでしょうが、私の所有するPCの価格・スペックによって字が上手くなったり下手になったりすることはない筈です。
 私たち文系畑の人間は「○○によって音が変わった」という議論をしばしば好むのですが、私自身最近この手の話には懐疑的になってきました。デジタル伝送を前提とした場合、プレーヤーの価格・スペックは音質に影響を与えない、という考えは理論上誤りでしょうか。お考えをお聞かせ下さると幸甚に存じます。
                                       Tom 拝
Posted by Tom at 2015年05月21日 21:08
Tomさん、こんばんは。
参考になれば幸いです。

しかし今回の質問は正直荷が重いです。

当方、技術系ではありましても、電気関係ではなくメカ、金属加工の方です。
大抵叩けば響く、あるいは製造においても見た通り、図面上の数字で割り切れる、云わば実体のあるモノを相手にしています。
しかし「○○によって音が変わった」という類の話、方法、アイテムなど頭から否定はしません。

>CDプレーヤーの価格・スペックによって再生音質に差が出るということが理論上あり得るのでしょうか。

この電気的な「理論上」の部分を説明出来ません。
また同様の事象について比較確認をした経験もありません。
したがって、見聞きした情報などから持っている印象程度の事しかありません。

果たして、いかなる価格、スペックのプレーヤーも、まったく同様にデジタル信号が損失なく伝送されるのか?という、疑問は持っています。

その程度の答えしか出来ません。
Posted by shu at 2015年05月22日 00:26
Shuさん、ご回答をありがとうございました。

さすがに技術系の方だけあってお答えも実証的な姿勢に貫かれ、さすが、と感じ入りました。
最終部分でおっしゃる通り、このあたりの疑問をどのように解釈・処理するかがこの趣味の醍醐味であるということも出来ますね。

Shuさんのおかげで、今回の買い換えはBDP-LX58で固まりました。
使用後の感想がまとまりましたらまたお邪魔したいと思います。今回は本当にありがとうございました

                                   Tom拝
Posted by Tom at 2015年05月22日 11:51
Tomさん、こんにちは。

そのようなお言葉、誠に恐縮です。

私もBDP-LX58はいずれ購入したいと思っています。
ご感想を楽しみにお待ちしています。

こちらこそ今回は勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by shu at 2015年05月22日 12:51
Tom さん、Shuさん こんばんは。

>CD、SACD、SACD-Multi、DVD-Audio、DSDディスクのすべてを鑑賞する私としては、
>パイオニアのBDP-LX88は新規購入として合理的な選択かなと思っていたのですが、
>shuさんのご感想ではこの機種に対しては「デノンほどでは無いはずですが、
>個人的に評するとこれは、ゴリゴリではないか?」という印象を持たれたとのこと。
Tom さんが現在どんな機器で再生しているか、そして、どんな問題点があるのか教えてください。

オーディオだけ(映像なし)なのなら、現行機種では、お勧めの機種はありません。
Posted by n'Guin at 2015年05月23日 20:23
私はBDP-LX58ユーザですが、LX88にはデジタルフィルター(音質調整)機能が
あるので、おそらくLX88はLX58を包含するものだと思っています。


Posted by AR at 2015年05月24日 20:51
n'Guinさん、こんばんは。

Tomさんはもうここを見ていないかもしれませんね。
お話は「過去に問題があって、また同じ失敗をしたくないので悩んでいる」という趣旨で受け取りました。

>オーディオだけ(映像なし)なのなら、現行機種では、お勧めの機種はありません。

ここの説明をよろしければ書いて下さい。
Posted by shu at 2015年05月24日 23:30
ARさん、こんばんは。

>おそらくLX88はLX58を包含するものだと思っています。

と言うことは、LX58風の(近い)音に調整できるのでしょうか?
Posted by shu at 2015年05月24日 23:36
LX58とLX88は取説が一緒で、LX88のほうが魅力的な機能があります。
N30とN50に至ってはリモコンまで一緒で、開腹すると韓国製パーツ満載
(SUMYOUNGとかいうサムスンのパクリっぽい)の超コスト削減マシンでした。

LX58はまだ保証が残っているので開けてませんが
パイオニアのオーディオ部門末期モデルなので
持ってる開発費は似たようなものだと思います。。

いずれにしても、これからはDSD等の配信だと思うのでLX58を
買って満足できなかったら、ハイレゾDSDプレーヤー購入が正しいと思います。
※Blu-Ray Audioを無視できればですが・・

 ちなみにLX58はネットワークプレーヤになりますが、
私の環境では、LANケーブルを4芯にした(CAT5に落とす)のが
不思議なことに一番ノイズが減りました。
Posted by AR at 2015年05月25日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック