2015年02月01日

天井スピーカーは2本か、4本か?

記事リクエストに感謝します。
おこがましいですが、皆さんの気概にお答えします。

ドルビーアトモス ホームの、天井スピーカー4本構成(5.2.4)をテストした感想です。

150125-2.jpg天井スピーカー2本と4本の差はどうか?
・・これは正直、予想以上にありました

2本の場合と何がどう違うのか・・

第一印象での雰囲気はがらりと変わります。
あえて言えば「2本」の場合に比べて、直上からの音圧は後退します。

その代わりに、空間を満たす音の密度がもっと濃くなるという印象です。

例えばフロントハイトスピーカー使用によるプロロジックIIzの高さ表現は、前方の壁一面といった印象でしたが、5.2.4のドルビーアトモス ホームは、視聴位置を取り囲む空間まで含まれて来る感じです。

「2本」では不足感があった、視聴位置前方の空間表現。ここが「4本」にすることで埋まって来た印象があります。
僕が昨年書いた「ネイチャー」の視聴記事で指摘した不満点がおおよそ解消しますし、リア側への偏りも軽減します。(これはサラウンドバックSPが無いせいか?)

具体的には、視聴位置と画面との間の空間に音が満たされて来るのです。
結果、鳥の鳴き声、虫の羽音などの定位がリアルになって、こんな音が入っていたのかと言うのも大げさではありません。
滝壺でカメラがひっくり返って水没するシーンでは、既出のレビューにあるような、水の圧迫感を体感出来るようになります。

これを踏まえると「ネイチャー」の評価は、2ランク上げても良いくらいです。

『お前、なに手のひら返してんだ』・・こういうツッコミを想定しますが、「7.2.2での視聴結果です」という明記は、して来たつもりですのでご了承下さい。

天井スピーカーの役割とは、そんなにもに大きいのか?

まずは本数・・
2本から4本になった構成での鳴り方・・これはぜひ確認したいところでした。
それは、4本が別々に鳴り分けされるのか?という点です。

これは間違いなく、左右はもとより、前後の鳴り分けもされています。

「トランスフォーマー/ロストエイジ」の終盤、ケイドらが乗った車がスペースシップの強大な磁力で吸い上げられるシーン・・ここでトップフロントとトップリアは前後交互に鳴り分けされるのです。

天井スピーカーの本数が増えたことによる、SE(効果音)等、表現自体の差は絶対的にあります。

しかし、ここまで色々試す中で、気付いたことがあります。

天井スピーカーからは色んな音が出て来ます。
セリフの場合もあれば、SE、BGMの場合もあります。
BGMの時は主旋律では無くベースライン(伴奏)のみといった振り分けもあります。(トランスフォーマーで、オプティマス・プライムのトレーラーが、走行中に新型にリフォーミングする場面がそうです)

しかしそれらは、ここぞという時にだけ鳴ります。

あとの時間は全くの無音という状態が普通です。
例えるなら、サブウーファーの低音ch(LFE)のような稼働イメージです。
その稼働率の印象としては3割4割くらいではないか、という印象なのです。
もっと鳴らしてくれても良いのでは思うくらいです・・。

この事から、アトモス独自の空間表現は、天井スピーカーだけで担っている訳では無いというのが判りました。
イメージとしては意外でしょう。僕もそうでした。

アトモスのサラウンド音場は、あとの5本のスピーカーでほぼ構築されています。

ではなぜ、天井スピーカー2本より4本の方が空間表現の密度が変わって聴こえるのか?
おそらくAVアンプ側で、スピーカー構成別に最適化されるからだと思うのです。

天井スピーカー無しでもアトモス独自の音場感は出ると思います。
しかし、2本、4本と段階別にグレードが上がるのです。

メーカー主催の試聴会、レビュー記事などは天井4本によるものであったはずです。


さて、テストを終えて一旦、元の7.2.2配置に戻しました。
やはり天井スピーカーは、「4本」が最も有効でした。

実は、こう言い切ることをためらいました。

家庭用としては、無用の長物と捉えられる向きもあるでしょう。
これから実践しようと考える人には、一層ハードルを上げることに成りかねません。

しかし、言い方を替えるとドルビーアトモス ホームには、段階があるということです。

『やっぱり無理だから見送ります』では寂しいです。

「ドルビーアトモス ホーム」は確かに、従来のチャンネルベースサラウンドと一線を画す、新時代のサラウンドフォーマットだと言えます。
ご自身の出来る段階に、チャレンジしていだだきたいと思います。



追記
アップミックスの事にも触れたいのですが、長くなりましたので次回にします。

さて、僕個人としてはどうするか・・5.2.4配置の本格転換に踏み切ろうか、どうしよう・・と言った話も次回以降で。


僕が当初想定した、理想的な天井スピーカーの候補は、KEFのTシリーズでした。
その実践例がこちらの「ホームシアターファイル」の40ページに載っています。



【送料無料】 ホームシアターファイル Av Review (エーブイレビュー) 2015年 3月号増刊 【雑誌】

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
アップ、ありがとうございました。DTS:Xも参入してくるので、今年は天井に
簡単に貼り付けられる厚み2cm程度の薄型の天井用スピーカーが発売されるのでは
ないかと予想しています。薄型のスピーカーを作る技術は確立されているようです。

今日、ホームシアターファイルを買いに行ったんですが、ありませんでした。
本屋も元気のないAV関連の扱いを少なくしてきているように思えます。

Posted by ふえやっこだい at 2015年02月01日 23:47
ふえやっこだいさん おはようございます。

アトモスの家庭用は少なくとも、空間にホログラムのようにSEを定位させるような、夢の様なサラウンドでは無いのですが、既存のものと違うのは確かです。

今後商品としての専用天井スピーカーは必須でしょうね。
薄いスピーカーは以前コメントいただいた、例のものですね。

ホームシアターファイル、やはりありませんでしたか?
僕も発売日に2件行って、ありませんでした。(笑)
需要が少ないのか、注文分しか扱わないのでしょうね。
Posted by shu at 2015年02月02日 10:10
shuさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

現在、フロントハイト配置のなんちゃってアトモスで運用しております。
(ONKYOユーザーですが、所有のアンプは5.2.2chが限界です。)
私の場合、アトモス導入前はフロントハイトもなく普通の5.1chだったので(故に、プロロジックIIzの高さ表現は未体験)、アトモス導入による上方への音の広がり感についてはそれなりに満足しております。
とはいえ、確かに前方の広がり感は良いのですが、頭上からの音圧といったものは感じません。
フロントハイトなんで、これが限界なのかなとは思っております。

トップ4本の別次元を体験してみたいのは山々ですが、私のアンプではムリです。
そこで、ひとつご意見を頂けたらなと。。。

トップ2本で運用する場合、フロントハイトとトップフロント(あるいは、トップリア)では、明確な違いが出ると思われますか?
さらなる向上が期待できるなら、トップフロント/トップリア配置への変更も検討したいです。
Posted by しんたろう at 2015年02月02日 10:27
しんたろうさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
なるほど、ONKYOをお使いですか。

>トップ2本で運用する場合、フロントハイトとトップフロント(あるいは、トップリア)では、明確な違いが出ると思われますか?

ONKYOのAVアンプですと、フロントハイトとトップフロント、そしてトップミドルの各配置が選択出来るようですが、視聴位置後方になるトップリアには対応していないようです。
お話のトップリアとはトップミドル(頭上)の事でよろしいのでしょうか?

断言までは出来ませんが、トップミドルの位置の方が頭上からの音圧は感じられるかと思います。
頭上を左右に移動する音の感じ方は良くなるはずです。

トップフロントの方では、囲まれ感の違い程度で、頭上からの音圧まではどかうかな?と思います。

2本運用の場合のドルビーの推奨はトップミドルのはずですし、個人的にもこちらをおすすめします。
その場合の位置については、2つ前の記事を参考になさってください。

またよろしくお願いいたします。
Posted by shu at 2015年02月02日 20:32
はじめましてのくせに、いきなりの質問すいません。
そして、返信有難うございます。

はい、ONKYOアンプなのでトップミドル(頭上)で間違いありません。
こちらのブログを拝見しながら書き込んだもので、ついつい。。。

やはり、アトモスに関しては、トップミドルの方が効果が期待できそうですよね。
私はリビングシアターなのでなかなか天井設置は難しいのですが、イネーブルドスピーカー導入も含めて、トップミドル配置への変更を検討したいと思います。

それにしても、アトモスのラインアップが増えませんね。
ゼロ・グラビティのアトモス版も販売が延期になりましたし。。。

専用ルームをお持ちのshuさんとは、環境も所有する機材のランクも違いますが、これからも宜しくお願いします!
Posted by しんたろう at 2015年02月03日 08:21
しんたろうさん、こんにちは。

とんでもありません。
機材のランクとか、その辺もまったく気にしないでください。(笑)

確かにゼロ・グラビティの延期は残念です。間延び感が半端ないですね。

では、またよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2015年02月03日 12:25
ご無沙汰しております。

昨日、友人と一緒にアバックにてAVアンプの比較試聴をしてきました。
Atomos対応の機種限定で、デノンX7200、マランツSR7009、オンキョー
NR1030、パイオニアLX-78及び88です。

パイオニアx8シリーズの試聴は初めてでしたが、音質に関してはダン
トツに好印象でした。
友人はマランツSR7009を検討していたのですが、パイオニアの方が良か
ったと言っていました。

マランツSR7009の中域が濃厚で、AVアンプというよりはちょっとピュア
系の音作りですが、個々の音の粒立ちが明確なパイオニア機と比べて
しまうと、音に広がりが無く、ダンゴな音に聴こえてしまいます。

オンキョーは中低域が薄く、昔のソニーのアンプみたいな音で、あまり
好きな音ではありませんでした。

デノンX7200はかなりマランツに似た感じの音ですが、A100からの買い
替えを考える程のインパクトが無かったのがちょっと残念です。

LX-78と88は中音域の出方の違いを感じましたが、88の方は全体的に個々
の音の主張が強い気がして、まあ、組み合わせるスピーカーの特性にも
よるかとは思いますが、個人的には78の方がバランス良くて好きですね。
買い換えるならLXかなという感じです。

その内にブログに書こうかと思っていますが、一応、ご参考まで。
Posted by ラッツ at 2015年02月08日 12:04
ラッツさん、どうも。こんにちは。

情報ありがとうございます。
なるほど、X7200がどんなだか興味がありましたが、そういう感じでしたか。

実は正直安堵しました。
ラッツさんは以前、P機に関してはかなり辛口批評でしたので、それが78の購入時には頭をよぎっていたんです。(笑)
しかし、このシリーズは良いようですね。デノンとの比較で持たれたインパクトの違いはわかります。

78にはそのような評価もありですか。ほとんど注目されない機種なので肩身が狭いですが、それは心強いです。(笑)
Posted by shu at 2015年02月08日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック