2014年12月07日

ようこそ、ドルビーアトモス。

お待たせを致しました。
国内盤ドルビーアトモス収録ソフトの第2弾、「トランセンデンス」の視聴レポートです。

141207-1.jpgなんせ、例の「ネイチャー」があの感じ・・。

期待半分の、心配が半分。

活字媒体から読み取れる、ドルビーアトモスの印象なんてのは今思うと、何ともあやふやなものです。
それは、映画館のレビューと混合したのかも知れません。
更にはレビューする個人の主観による違いがあるのでしょう。

それらの情報を、自分が今までに蓄積したサラウンド再生の経験値に照らし合わせて想像するイメージ・・。
その延長線上に乗らないような、想定外の革新的なサラウンドフォーマット・・それがドルビーアトモスだと考えていました。

しかし、そのように抱いていたイメージと、現実に体験した印象との、かい離が大き過ぎた。

さては自身の感性がおかしいのか?(いや、媒体側かこちらか、どちらかの修行が足りんのだ)

今度の「トランセンデンス」も、もしもそういう感想だったならば、自分が今までに蓄積したサラウンドの経験値は何だったのか?

僕は落胆し、ひねくれ、ふてくされて、引退宣言をするつもりでいました。(笑)

しかし、

タイトルからお察し下さい。
ドルビーアトモス。やっとその本当の姿が垣間見えた。そんな印象です。

正直安堵しました。

「こういう感じなのか」というのが、やっと分かりました。
それに今後の可能性も感じました。

具体的に書きましょう。

映画の最初の方は静かなトーンで進みますから、特に効果的にアトモス音響を感じる場面がありません。
しかし、チャプター5、43分あたりから物語が動き出します。

まず、そこからのBGMと効果音で、天井スピーカーが俄然鳴り出すのです。
(うちの場合は7.2.2chで、トップミドルスピーカーを使用する配置です)

以下、印象的なシーンです。

・BGMのドラムの音が、左右の天井付近(注1)で鳴ります

従来のサラウンドでは、この位置から音が来ることはありません。

・ジョニー・デップ演じる主人公の「声」が、シーンごと後方と頭上(注2)あるいは前方に分かれて定位し、劇中の部屋の響きも、高さを伴うので自然です。

日本語吹き替えの5.1chTrueHDでは、室内の響きはフロントスピーカーを主体として、サラウンドスピーカーにつながるエコーで表現されている感じになりますから、別物という印象です。

・同じ「声」が『エブリン』と、右斜め後方の上、しかも耳元から呼びかけるかのようなシーンがあります。

サラウンドスピーカーが後方の頭上で、しかも至近距離にあるような「位置」からの「声」です。
ちなみにこのシーン、5.1chでは単に後方からの呼びかけになります。

・ナノロボットが地面から蒸発するように拡散されるシーン。

眼前に充満し、天井まで上がって行くそれは、従来のサラウンドと比べて密度が違います。
このシーンを5.1chに切り替えると、いわゆる中抜けならぬ、天抜けになる感じがあります。

141207-2.jpg正直なところ、個人的には思わず「おおー」と声を上げるような解りやすいサラウンドが、もっと欲しいというのはあります。

しかし、元々派手に効果音が飛び回るような映画ではない本作でも、ドルビーアトモスの効果と、サウンドデザインの表現の可能性を見ることが出来ました。

ドルビーアトモス自体、まだ始まったばかりですから、今後どんどん進化することが期待できる見通しを得たという思いです。

 
では、前回も書いたように「トランセンデンス」単品の評価を出しておきます。
あくまでも音、ドルビーアトモスの音響に関して、自身の主観による評価です。

5段階のうちの「4.5」とします。


では「家庭用ドルビーアトモス」への評価。

これは「E」としておきます。


「ネイチャー」もそうでしたが、何段階評価なのか、まだ明確にしません。
第3弾の「トランスフォーマー・ロストエイジ」を視聴後に明かします。


注記1と2につきましては、長くなりましたので次回のテーマにします。
トップミドルスピーカーの位置と、天井からの音の定位の関係について思う所があるのです。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】トランセンデンス【Blu-ray】 [ ジョニー・デップ ]

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック