2014年11月15日

スピーカー配置図更新。(2014.11.15 ドルビーアトモス対応)

パイオニアのAVアンプ、SC-LX78の導入に合わせて、天井スピーカーの設置と基本の9.2ch配置をリセッティングしました。

141115haichi-1.jpg

SC-LX78は9.2ch対応です。都合11.2ch分のスピーカーがありますが、選択出来るスピーカーは9.2ch分です。

なので、ドルビーアトモス用としては、7.2.2ch。
それ以外の再生では、フロントハイトスピーカーを使用する9.2chとなります。

141115haichi-2.jpg


今回の変更点は以下の通りです。


・ドルビーアトモス用の天井スピーカー

トップミドル2本使用を選択。

141115-00.jpgスピーカーは以前サラウンドバックに使用していた、KEFのHTS3001 SEです。

ドルビーアトモスの視聴のみならば、5.2.4ch(天井に4本)という配置が優位なのでしょう。

しかし、少ないと言われていた7.1ch収録のブルーレイディスクの映画ソフトも、最近割合が増えて来たように思います。

なので、ドルビーアトモス以外の再生環境として、サラウンドバックを使用した7.1chのベースを残し、フロントハイトを加えた9.2ch配置を選んでいます。

トップミドルスピーカーの位置は、ドルビーの推奨位置の範囲なのですが、65度というのは一番前寄りという事になります。
理由としましては、取説でも前寄りを勧めていることもありますし、僕自身がほぼ部屋の中心に近い「この辺が鳴って欲しい」という希望的観測に基づいたものです。

2015.1.1追記
現在、トップミドルスピーカーは仰角69度、視聴位置からですと、前に48センチの位置をベストポジションと断定して変更してあります。


・サラウンドスピーカー

フロントワイドスピーカーとして使用していたiQ7を、サラウンドスピーカーとして新たに配置しました。
位置は視聴位置のほぼ真横です。

以前所有していた、デノンのAVR-4311に搭載の「オーディシーDSX」では、フロントワイドスピーカーがとても効果的で、今回も当初はフロントワイドスピーカーを残す配置を試しました。

しかし、SC-LX78に搭載の「DTS Neo:X」他では、その効果は抑え気味でした。
開きの角度も左右に60度までは採れませんでしたので、ここはむしろ、SC-LX78のバーチャルスピーカー機能が思いの他、有用な事もあり、フロントワイドスピーカーは無しとしました。

これで以前からの懸案事項でもありました、サラウンドにフロントと同等のスピーカーを使う事が出来ました。

ドルビーは、アトモス再生のサラウンドスピーカーは、メインスピーカーと同じ高さとし、1.25倍の高さまでを推奨しているとの事です。天井スピーカーとの住み分けのためでしょう。

141115-1.jpgiQ7の高さは上げ底をして、メインスピーカーのQ700よりやや高めにしてあります。

上げ底の下が、ハミレックスの「SB-125」

その上に、オーディオムカイの「山西黒オーディオボードBL77 350X250X30」

スパイク受けは「紫檀製 スパイク受け 22mm」です。

隙間の青いのは百均のフェルトです。フラッターエコー対策です。(ええ、ここにも出ます)

サラウンドスピーカーの真横配置は他のスピーカーに比べて、耳を直撃しますので、わずかに高さと振り角(今はわずかな後方振り)を付けた方が直撃を軽減します。


・サラウンドバックスピーカー

以前のサラウンドからiQ1を移設し、高さもスタンド置きでサラウンドスピーカーの高さに準じました。

141115-2.jpgiQ1のサイズに合わせて、スタンドを急遽自作しました。

選択した材料はテーブル用の「足」の流用ですので、都合高さ815mmのスタンドです。
スピーカー高さは、サラウンドスピーカーのiQ7よりも幾らか高めとなっています。


141115-01.jpgサラウンドとサラウンドバック、後方のスピーカーは以前よりサイズアップとなりました。

これで7.1chのスピーカーは全て、床置きとなりました。


・サブウーファー

サブウーファー2台を後方では、さすがに低音は後ろ寄りになります。
MCACC Proの「デュアルサブウーファーEQ補正」を頼りに、前後2台配置にしました。
AVR-4311では低音の位相が合わず、前後配置では使えませんでした。


・フロントハイトスピーカー
スピーカーに変更は無しですが、SC-LX78ではダイアログリフトが使えますので、フロントハイトスピーカーの設置は有効だと思います。


今までの配置図はこちら。
130814-1heimenzu.jpg

130814-2sokumenzu.jpg



【送料無料】【ポイント2倍】ハミレックス HAMILEX SB-125 スピーカースタンド ブロック型スピ...

元祖御影石ブームの火付け役オーディオ ムカイ弊社のオーディオボードは、すべて6面(全面)鏡...

★送料無料★/発送方法:一般郵便/【発送から到着まで】:約平日5-7日4個セット 紫檀製 スパイ...

 

posted by shu at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408982252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック