2014年09月28日

ドルビーアトモス、導入シミュレーション。

ドルビーアトモス導入のために必要なシミュレーションをしてみました。

当然の事ながらドルビーアトモス導入イコール、AVアンプの買い換えになります。
これは大きな買い物です。
ただ、今回はAVアンプのみの購入で収まるので、まだ、助かっています。
専用の対応プレーヤーではなく、現行のBDプレーヤーが使えますので。

個人的に以下の条件で候補を考えてみました。

・定価30万円以上の機種は購入しない。
(すっぱり、きりにします。当方Bライフですから)

・現在の環境を活かしたい。特にフロントワイドSPはそのまま使いたい。
(ドルビーアトモス以外の再生時)

・追加のスピーカーの購入はしない。

・2台のサブウーファーの積極的制御ができる事。


次にやはり、天井スピーカーの設置を考える必要があります。

そこで図面を書いてみました。
140928-1.jpg
ドルビーの推奨に沿った天井スピーカーの設置位置になります。
緑色の点線の範囲がトップフロントSP、赤がトップミドルSP。水色がトップバック(トップリア)SPの設置位置となります。

天井スピーカーが2本ならば、トップミドルSPの位置。
メーカーによってはやや前寄りを勧めていますね。

4本ならばトップフロントSPとトップバックSPの位置で、視聴位置から均等の振り分けで設置するのだそうです。
図面ではトップバックSPが後ろの壁に近すぎを避けて、90センチの振り分けにしてあります。

これを見ますと、トップリアSPの位置はサラウンドバックSPの位置とほとんど被っています。
と言うことは、AVアンプ側の設定で、サラウンドバックSPをそのまま利用することも出来ます。

これに加えて、個人的な追加の作業としては、サラウンドSPを下方に降ろす必要も感じます。
上下の音を分ける意味でですね。

ですが、そう杓子定規に考えずとも、スピーカーアサインの自由度が高いAVアンプでは、フロントハイトSPとサラウンドバックSPがあれば、ドルビーアトモス再生は可能という事なんです。

が、しかし・・ドルビー指定の「天井スピーカーは下向きにすべし」という正規の設置方法の意味を簡単に無視する訳にも行かないと言うのが、僕の本音です。


とまあこんな感じですが、アトモスの再生環境のイメージが出来たでしょうか?

『そもそも天井にスピーカーなんぞ付けられん』

確かに。そうなんですけどね。





・・さあどうするか。

いつまでもそう言って引っ張っておく訳にもいかず・・

今、これに着手していまして・・

140928-2.jpgわかりますか?。上下が逆ですが。
はたして、上手く付くかどうか。



実はもうアレも・・。

また次回。




↓ドルビーアトモス対応ブルーレイディスクの第一号はこれらしいです。



【10%OFF】送料無料!!新品未開封【Blu-ray ブルーレイ】ネイチャー [GNXF-1802]

 

posted by shu at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドルビーアトモス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406172544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック