2014年09月07日

ドルビーアトモスのスピーカー配置が見えて来ました。 その2

ドルビーアトモス、関心はいががですか?
『そんなの出来ないよ』という方もいらっしゃるでしょう。
今回、記事の最後にある「お願い」を用意しています。ぜひご協力下さい。

まずは本文です。

家庭でドルビーアトモスを再生するには、もちろん対応のAVアンプに加えて、天井スピーカーを下向きで2本ないし4本を設置することが基本であるようです。

しかし従来のサラウンド配置に配慮した折衷案もあって、柔軟性を持たせているように見えます。
それは、天井近くの高い位置にあるスピーカーならば、アトモス用に使用可能であると・・。

つまり「フロントハイト」それと「リアハイト」など高い位置という条件ならば「サラウンドバック」も含めた、各スピーカーが使用可能だということです。

これはヤマハのAVアンプユーザーには一番都合が良いと言う事になるでしょう。

「フロントハイト」と「リアハイト」これは、ヤマハで言うところの「フロントプレゼンス」と「リアプレゼンス」だからです。


ここでちょっと、我が家の場合でシミュレーションしてみます。
140907-1.jpg

天井スピーカーを設置の場合、2本ではが青色。4本では赤色が、そのおよその配置になります。
これは側面図なので、実際には画面奥行き方向に2本づつ並びます。

この代わりにフロントハイトや、サラウンドバックののHTS3001SEがアトモス用に使えるという事です。

仮にヤマハの「RX-A3040」を使う場合を考えますと・・・

ヤマハのAVアンプには「フロントワイド」の設定がありませんので、そのiQ7を「サラウンド」の位置に移動すれば、従来のサラウンド、iQ1を「リアハイト」すなわち「リアプレセンス」とすることが可能かな、と考えたりします。

140413-5.jpgしかし、ドルビーアトモス用の「真下向き」の基本スピーカーと、従来の「天吊り」または「壁掛け」の流用、これでサラウンドの聴こえ方、実用性、満足度はどうなのか?

まだ判りませんね。

誰かの実践レビューを待ってからにしますか?



ところで、ドルビーアトモス。気にはなりますが、皆さんはどう思っていますか?

そこでお願いがあります。

こちらのページにて、アンケートを実施します。ぜひご協力下さい。
詳細はそのページをご覧ください。



参考にさせていただきました。↓


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ホームシアターファイル 2014年 10月号 [雑誌]


 

posted by shu at 11:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | ドルビーアトモス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
 ATMOSですが、在来工法の家なら90p間隔で下地があるので、
この強度さえ上げればそれほど大変でも無いはずです。

ただし、NeoXと3Dで軽くやっつけられたので、しばらく様子を見ます。
また、やるなら13ch以上にしてみたい(工事も必要だし)ので、
発表モデルは役不足です。
 また、ch数が多いと文句を言ってる人がいますが、
10年以上前から22.2chになると言われていたはずですね。
Posted by AR at 2014年09月15日 22:34
ARさん、コメントありがとうございます。

天井スピーカーの設置は、やる気と自由に出来る部屋が、あるかどうかに懸かって来ますね。

しばらく様子見されますか?
確かに第1世代のAVアンプを購入するのは難しいところだと思います。

先日、Marantzから発表されたAVアンプでは、9.1.2仕様でしたから、9.1.4仕様が今後あるのかどうか。
やはり、そこを考えると第2世代のAVアンプを待つという選択肢もあるわけですね。
Posted by shu at 2014年09月16日 00:03
こんにちは。私は待つつもりです。

 今月の4日にAVACに行き色々聞いたのですが
DENONのATMOSが一番自由度が高いと店員が話していました。
 どうやらいわゆるヤマハ配置からフロントプレゼンスを
トップフロント化したりできるようです。
 9.2.4とかは出ないと言っていましたが、ONKYOのAVプリは出るらしいです。
モノが出てみないとわかりませんが、信憑性はありました。
Posted by AR at 2014年09月16日 19:10
ARさん、こんばんは。
情報をありがとうございます。

DENONは天井近くにあるスピーカーならば、それを利用できるというところで、確かに自由度はありますね。

9.2.4は出そうに無いですか。
フロントワイド、サラウンドバック込みの9chに天井4chは最強だと思いますが、まだ処理能力が届かないのでしょうね。
この辺りを考えると第2世代機以降で対応する可能性はあるような気もします。

ONKYOはAVプリですか・・。
DENONはAVR-4520の後継機がどう出るか、気になるところではあります。

しかしAVアンプも上位グレードは、じわじわと高価になる一方なので、個人的にはあるところで妥協点を見つけるつもりです。

ではまたよろしくおねがいします。


Posted by shu at 2014年09月16日 22:12
私の場合は、現況が Marantz AV8801 なので、これに変わる音質の製品が出てくるまで待ちです。 

パワーアンプのほうを若干変えたので、全てバランス伝送になりました。同じメーカーのアンプの変更なので、ほとんどかわらないかと思っていたら、だいぶ変わりました。 音像がさらにシャープになり、びっくりです。 12.2 ch にチャレンジするかもしれません。


ちなみに、BDP も、UD9004 でかなりの旧製品になっています。 新しく出てくるパイオニアの BDP に興味を持っていましたが、製品の概要を知って、聞いてみないとわからないなぁと思っているところです。
Posted by n'Guin at 2014年09月17日 13:06
n'Guinさん、こんばんは。

やはり全てのラインナップが揃うまでは動けませんね。
そうすると半年くらいは様子見でしょうか。

12.2chとは、えーと、アトモス絡みででしょうか?

いずれにしても、相当の資金が必要ですね。(笑)

Posted by shu at 2014年09月18日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック