2014年08月16日

真夏の妄想'14 Let it go

今後の願望を思いつくまま挙げてみようという、連休中ならではの企画となっております。
妄想と言っておきながら、過去には実現させている事もあり、古い読者さんには考えがバレバレだと思います。

この先何と言っても無視できないのが、家庭用ドルビーアトモスへの対応をどうするか?です。

画像はパイオニアの新型、SC-LX58。9.2ch仕様。

ドルビーアトモスについては、最近各社からミドルクラスのAVアンプの発表がされ始めており、その内容の一部が見えて来ました。

その中身については、また次の記事で触れることにします。

そのドルビーアトモス、久々の新しいサラウンドの仕組みです。
業界はこの新たな仕組みに大いなる販促の期待を込めている(多少の疑念も正直あるでしょうが)ことでしょう。

この業界とメディアが打つ、「ドルビーアトモスフェア」?の、流れにまんまと乗せられて行くと、その導入コストは約20〜30万円台。

で、ですよ。この辺りを転機として、別の流れの方に行くか。とも考えたりします。

そこでドルビーアトモスをどうするかという事に絡めた妄想です。


1. このまま半年から1年は何もしない。(これを妄想とは言いませんが)

まだ、いろいろな事が見えていませんからね。


2. AVR-4520の後継機(AVR-X5200W?)を待つ。

イネーブルドスピーカーが使えれば、それを2ch分設置する。

DENONのAVアンプなら、今のスピーカー構成を活かせる可能性が高いです。
まあ、フェアにまんまと乗っかって、部屋をスピーカーだらけにすると言うことです。


3. リアルスピーカーの天井設置を前提に考える。

そう決めたら、パイオニア機もターゲットとするか。

スピーカーの天井設置は、不可能と言う訳ではありません。DIYでね。
現時点で天井のリアルスピーカー有りきに、こだわりを見せるのはパイオニアなんですね。
パイオニア伝統の凝った技術や仕組みの開放も個人的には嫌いではありませんし、新型のSC-LX58の中身も魅力的です。
だだしその音は・・事前試聴で吟味が必要でしょう。(P機には賛否両論があるという印象がありますので)

しかしこの場合には、左右サラウンドスピーカーのリセッティングまたは更新が必要になるんです。
(これも別記事で触れましょう)


4. この辺りで清く、サラウンドを打ち止めにする。

今でさえ11.2chもあるのだから、妬まれてしまいますし、キリがありませんし、お金も掛るばかりです。


5. その代わり、同じコストでピュアオーディオにシフトする。(やはり金、使うんかい)

ピュア専用のスピーカーが欲しいです。ターゲットはエラックの「BS 312」なんです。


そう、Let it go。
時節柄レリゴーと言ったら、ありのーままのー♪なんでしょうけど。(笑)

その、正にありのままの表現をするレリゴーなスピーカー?。

あのサイズから繰り出すパフォーマンス、気に入ってしまいました。

スタンドとセットで約30万円!(ベストコンビネーションは純正スタンドとの組み合わせだそうです)
非常に高価な買い物ではありますが、もっと単純にいい音に触れるというのも、良いかなと思いましたね。

ただ、今の部屋にこれを併設しようとしますと、ベストな置き場所にその都度移動させるという手間が出てきます。フロントのQ700に被ってしまいますので。
これは実用的にはどうなのか・・・?


いずれにしても、ここは1つの転機になりますね。

『ここは思案のしどころじゃのう。』



ところで、タイトルにLet it goをわざわざ付けた訳は?

正しい和訳は、「放っておけ」または「あきらめろ」だそうです。

『うーん』


【送料無料】【09/上旬発売予定】 パイオニア【ハイレゾ音源対応】 SC-LX58 AVアンプ (SCLX58)

【送料無料】【価格はお問合せください】ELAC BS312エラック ブックシェルフスピーカー(ペア)

 

posted by shu at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403845929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック