2014年06月04日

最近の雑感です。

ここを忘れられないように、つなぎの意味で強引に記事を書くことにしました。
こちらも、アップの仕方を忘れてしまわないように。(笑)


・4Kの試験放送が始まったとか。

僕自身こちらに関して興味が沸かないのは、過去に何度か触れていました。
一番の理由はコスト。ですが、なぜにTVの高画質化をそう急ぐのか。


4Kテレビ、まあ大画面のプロジェクターは別として、そこまでインパクトがありますかね。

正直私見ながら、普通の2Kテレビとの違いが判らない人も、たくさんいるのではないでしょうか?

なぜそう思うのか。

地デジ化以降、TVはハイビジョン化されたわけですが、それで世間から画質が凄いとか、きれいとか、良くなったとか、感動したとか、思いのほかこういう言葉を耳にした印象が薄いんですね。

世間一般の人はそれほど、TVの綺麗とか画質にこだわりが無いのではないか?・・と思ったりします。

アナログハイビジョンの時代からその高画質を享受してきた身であり、デジタル化で別物と言えるほどの、さらなる高画質化に感動した僕らマニアとは視点が違うと。

未だにレンタルではDVD、ブラウン管テレビに地デジチューナーでの視聴という環境で全く問題ない。
実情はそっちに近いのかなと思ったりします。
私見ですよ。あくまでも。

しかし、今が買い替えのタイミングに来ているという人には、4KTVを買っておく事に何ら異論はありません。


・季節が一気に夏ですが。

季節の変わり目には、オートセットアップをやり直すとと良いでしょう。
サブウーファーの距離などは気温で結構変わったりするものですから。


・サラウンドスピーカーの選択。

サラウンドスピーカー、場合によってはリアスピーカーとか呼ばれる、それのことです。
基本的な5.1chの場合には、後ろのサラウンドスピーカーはその2本しか無いわけです。

このサラウンドスピーカーの選択、初心者の方で最初にサラウンドスピーカーを購入する場合、リアだけ別メーカーとか、そういう選択をする人が居られます。

せっかくですからメーカーやシリーズは合わせておきましょうよ。
いろいろ理由はあると思いますが、この機会を逃すと後で揃えるのは難しいですよ。


・あと、もうちょっと何とかしたい・・。

140604-1.jpgそういう場合のネタの1つ、4月号のHiViに載っていたこれ。(古いなあ)
水道管の断熱材です。

これは何となく効果があったように思いました。
画も音も何か違う、わずかに良くなったような感じがしましたね。

それともう一つ、変わったモノを紹介しておきます。
140415-1.jpg右の欄にも出しましたが、GTKグリスなる商品です。
これは接点復活剤として使えます。

ちょっと万人向けでないところがありまして、ここで詳しくは語りませんが、例えば電源ケーブル交換の効果がわかるような人ならば、その効果が実感出来ると思います。

正直、興味のある人にしか、おすすめ出来ない商品ではあります。

ではまた。


REGZA 4Kデジタルハイビジョン液晶テレビ50V型東芝 REGZA 4Kデジタルハイビジョン液晶テレビ50V...

【オーディオ&ビジュアルの専門店アバック】VPL-VW500ES SONY(ソニー) 4Kプロジェクター


タグ:4K

 

posted by shu at 22:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
記事をありがとうございます。

4K については、私は興味がないです。 我が家は90inch ですが、現状の 2K でさえ、既に画素の判別はスクリーンの前まで行かないと見えません。 老眼でみえないという突っ込みはなしでお願いしますが(笑)

近況報告: ここのホームページを参考にして11.1ch になったわけですが、先日 Sony SCD-XA5400ES を購入して、MultiCh SACD を聞くようになりました。 これも楽しいです。

追伸: Chicago (Diamond Edition) お薦めします。
http://www.stereosound.co.jp/column/cinemaleader/article/2014/01/11/27553.html
オデッセイが良く効きます。
Posted by n'Guin at 2014年06月07日 20:52
n'Guinさん こんばんは。

その後、順調なご様子ですね。

老眼には困ったものですが、スクリーンの鑑賞では問題ありませんね。先の方は見えるので。(笑)

僕もしばらくは、チマチマと小ネタを試しながら、2Kプロジェクターの高画質を追求します。

そう、2Kをこぴっと(分かります?)やります。

Chicago、7.1ch!
そうですか。わかりました。ありがとうございます。

またよろしくお願いたします。

Posted by shu at 2014年06月07日 21:59
shu さん

レスをありがとうございます。

私は近眼(軽度ですが)なので、近くは眼鏡なしでもかなり大丈夫ですが、遠くが困ります。 私は自作もするのですが、0.5 mm (0.5 cm ではありません)単位の半田付けは拡大鏡なしではできません。

“こぴっと” は、調べてわかりました。 私も、こぴっとがんばります。
Posted by n'Guin at 2014年06月09日 22:03
n'Guinさん こんばんは。

そうでしたか。0.5mmとはまた細かい半田付けですね。
僕にも全くそれは裸眼では無理です。


わざわざ意味を調べていただきましたか?
それは恐縮でした。

実は地元の言葉だったりします。



Posted by shu at 2014年06月09日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398723236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック