2014年03月03日

ルームチューニングについて。 

ルームチューニング・・。
良いオーディオ機器を揃えても、最後はその入れ物である部屋、それ自体のチューニングはとても重要です。

音にこだわるならば、その効果は無視できないんです。

今回からはその話をしたいと思います。
自分で経験して来て、そう実感したからです。

ルームチューニングをするとどう変わるのか?
今回はいつもと違って、最初にそれを先に書いてしまいましょう。

その効果を思いつくまま・・

・音の濁りが無くなる。
・低音の伸びが良くなる。
・低音のこもりが減少する。
・低音の出方がすっきりする。
・ダンピングの効いた低音が出る。
・細かい音がはっきり聞える。
・音場(サウンドイメージ)が広がる。
・音像がスピーカーの上に持ち上がる。
・センターのイメージがはっきりする。
・高音が耳障りにならない。
・結果音量を出せる。(うるさく無くなる)
・ライブ音源がリアルに聴けるようになる。
・サラウンドスピーカーの存在が消える。(薄くなる。周りが鳴っているイメージになる)

これはあくまでも個人の主観によるもので、感覚です。感じ方なので個人差があろうかと思いますし、記述は僕自身の表現の仕方によるものなので、ニュアンスとして受け取って下さい。

これらは、以下の項目を対策することで実現します。(個人調べ)

・フラッターエコー(手を叩くとビーンと響く音。泣き龍)の撲滅。
・吸音で余計な響きを無くすこと。
・低音のだぶつきを無くすこと。
・定在波を散らす(減らす)こと。
・拡散用アイテムを使用する。

では具体的に何をするのか?

以前から僕がやってきた事を順に(一部順不同)書きますと、以下の様な事です。
(えー、しかし所詮素人です。個人の趣味です。細かいツッコミはご容赦下さい)

1、ミクロンウールを壁に貼って、フラッターエコーを解消する。

140303-1.jpgミクロンウールはショップで進められるまま、使ってみました。
なので、どの周波数を吸うとか云々は気にしていません。
視聴位置に限らず、どの場所でもフラッターエコーが鳴らないようにしました。


2、天井の角のコーナーに。言わばフタをする。

140303-2.jpgこれもショップの店員さんから教えてもらったものです。
中身は薄いアルミの三角板で、その裏にはミクロンウールを詰めてあります。

外側は洗濯ネットに着色して、強引に三角型にしてあるだけです。

効果の程は?これで天井の高さが出ましたかね。オートセットのイコライザーカーブも、左右スピーカーの差(カーブの山のでこぼこ)が少なくなりました。(なぜか左右の周波数調整の結果が同じようになった)


3、床にラグマットを敷いて、天井との反射対策。

もちろん吸音のためと、センタースピーカーと床との反射対策でもあります。


4、視聴位置の後ろの壁にカーテンを取り付けて、定在波を緩和する。

130623-1.jpgフロントスピーカーから出る低音が、定在波によって聞こえにくいポイントを改善するためです。

言い換えれば低音が出過ぎるポイントを抑えてピーク、ディップを少なくする効果がありました。


5、柱状拡散体を自作で、音の拡散。

140303-3.jpg詳細はこちら(人様の模倣なのでここでは控えます)
効果は素晴らしいものがありました。


そして一番最近手を付けたのが、
6、専用のアイテムを使用した方法です。

それがこれ、KRYNAのルームチューニング材で拡散用の「Azteca(アステカ)」です。

140303-4.jpg僕のようにいろいろ混ぜこぜなアイテムの使用では、ともすると見た目におかしな空間が出来上がってしまいます。

仮にまっさらな部屋から始めるなら、拡散材の「Azteca」と合わせて吸音材の「Watayuki」や「Dokayuki」を使うと、そこそこなオーディオルームへとスマートなチューニングが出来るものと思います。


まずはAzteca。これがまた効きました。
上に書いた方法の内、「吸音」が多くを占めていましたが、振り返ると「拡散」も、思いの他重要だったのです。

といったところで、次回はこのAztecaについて詳しく。
 
KRYNA拡散材 Azteca(ナチュラル) AZM-N [AZMN]


【代引き不可】KRYNA WY-B(黒) ルームチューニング材 クライナ WatayukiII

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんばんは!
アステカ、面白いですね!(^^♪

僕も少し手を付け始めましたが、
なかなか加減が難しく試行錯誤をしています!!
その都度、壁に穴を開けてますが、そろそろ
かみさんが爆発するかもしれません。。(^▽^;)

両面テープか何かで仮止めして場所を決めないと
マズイような気がします。shuさんはどうされてますか??

Posted by take51 at 2014年03月05日 21:43
take51さん こんばんは。

確かに穴だらけになってしまいます。(笑)
あらかじめ、およその位置を推測で決めておいてから取付けしています。
それでも穴はあくわけですけど・・。

ま、後で塞ぐようにされたらいかがでしょう。
クロスの穴塞ぎのような名称の商品がホームセンターにありますので。
最終的にはそれですね。

>なかなか加減が難しく試行錯誤をしています!!

定位感などを追求すると難しいかもです。
一方で、左右や上方向への広がりなどはツボを押さえると簡単でした。
Posted by shu at 2014年03月05日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック