2014年01月13日

オートセットアップの精度は? チャンネルレベル編1

「やはり低音が後ろから来てしまうか・・」

これは11.2chのサブウーファー2台を後方に置いた時の最初の感想でした。(過去記事はこちら

「原因はやはりあれだろう」

前から気になっていた事でした。
それが今回からのテーマ、チャンネルレベルです。

140125-1.jpgこれはDENON、Marantz、ONKYOが採用するオートセットアップの「Audyssey MultEQ XT 32」によるデフォルトの設定値です。

140125-2.jpgチャンネルレベルすなわち、各スピーカーの音量はAVアンプのオートセットアップで設定されますが、これがどうも怪しい。

それに気づいたのは、いわゆるチェックディスクでテストした時です。

僕が持っているのはDVD版の「HiVi CAST」とBD版「Super HiVi CAST」の2つ。
前者は5.1ch仕様で後者は7.1ch仕様です。

このうち「HiVi CAST」の方にサラウンドスピーカーの音色チェックのチャプターがあります。
ここで隣り合ったスピーカーごとに2chの音楽が鳴らせるのです。

これで聴くサラウンドスピーカーの左右2chの音が不自然に大きいのです
AVアンプのテストトーンでは同じ様ですが(と言うか判りにくいですが)実際に出て来る音が明らかにフロントやセンタースピーカーのそれより大きいのでした。

それは今更の問題かって?ですよね。

そうですね。それ以前、通常の再生でサラウンドサウンドには特別、違和感が無かったのです。

実際、デモンストレーションでヘリが旋回するようなチャプターがありますが、そういう再生では「こんなものか」と思う許容範囲で聴いていたのだと思います。

むしろ後ろの音が大きい方がサラウンドは分かりやすいか。
今思うとそういう感じでスルーして来たとも言えます。

ところが冒頭書いたようにサブウーファーを後ろに持ってきた事で、明らかに後方よりのバランスが露呈したという訳です。

ただでさえ、サブウーファーと言えども、それがある方に音は引っ張られますから余計です。

原因は何か?
これは追々何となく見えて来ます。

まずは、自分の耳ですべてのスピーカーの音量を合わせなければ
この方法はどうすべきか?

次はここからです。
 

HiVi CAST [DVD]
Super Hivi Cast [Blu-ray]

 

posted by shu at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | AVアンプの機能、操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385061450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック